天野 洋

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/07 10:43
 
アバター
研究者氏名
天野 洋
 
アマノ ヒロシ
所属
京都大学
部署
大学院農学研究科 地域環境科学専攻 農学研究科 地域環境科学専攻
職名
教授,教授
学位
Ph.D.(トロント大学), M.Sc.(トロント大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
   
 
千葉大学園芸学部 助手
 
1989年
   
 
千葉大学園芸学部 助教授
 
1996年
   
 
千葉大学園芸学部 教授
 
2009年
   
 
京都大学大学院農学研究科 教授
 

委員歴

 
1992年
 - 
1994年
日本ダニ学会  学会長(2007-2009)
 
1993年
 - 
1994年
日本応用動物昆虫学会  
 

受賞

 
2000年
日本応用動物昆虫学会賞
 

論文

 
Toyoshima S., H. Kishimoto, M. Kaneko and H. Amano
Journal of Acarological Society of Japan   25(1) 37-43   2016年5月   [査読有り]
Dispersal of diapausing Tetranychus urticae and Tetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae)
Ghazy N. A., H. Otsuki, T. Sekido, S. Yano and H. Amano
Entomologia Experimentalis et Applicata   160 126-132   2016年   [査読有り]
Ghazy N. A., Mh. Osakabe, Negm M. W. Schausberger P., Gotoh T. and Amano H.
Biological Control   96 120-134   2016年   [査読有り]
本田 善之・笠井 敦・天野 洋
日本応用動物昆虫学会誌   59(2) 73-78   2015年5月   [査読有り]
Negm M. W., L. Johann, N. J. Ferla and H. Amano
Systematic and Applied Acarology   20(8) 961-966   2015年   [査読有り]
Ghazy N. A., M. Osakabe, T. Aboshi, N. Mori and H. Amano
Physiological Entomology   40(4) 296-303   2015年   [査読有り]
Suzuki, T., C-H. Wang, T. Gotoh, H. Amano and K. Ohyama
Experimental and Applied Acarology      2015年   [査読有り]
Environment management technology for controlling spider mites
K. Ohyama; T. Suzuki; H. Amano; Shah; N. A. Ghazy
Acta Horticulturae   1099 357-362   2015年   [査読有り]
齊藤美樹・本田善之・森 直樹・天野 洋
日本応用動物昆虫学会誌   58(2) 153-161   2014年   [査読有り]
G. Clotuche; S. Yano; T. Akino; H. Amano
Experimental and Applied Acarology   63 377-387   2014年   [査読有り]
N. A. Ghazy; T. Suzuki; H. Amano; K. Ohyama
Pest Management Science   70(3) 483-487   2014年   [査読有り]
N. A. Ghazy; K. Ohyama; H. Amano; T. Suzuki
BioControl   59 185-194   2014年   [査読有り]
Toyoshima, S., H. Kishimoto, H. Morii and H. Amano
Journal of Acarological Society of Japan, 23:29-33      2014年   [査読有り]
N. A. Ghazy; H. Amano
Experimental and Applied Acarology   63(4) 535-544   2014年   [査読有り]
T. Aboshi; N. Shimizu; Y. Nakajima; Y. Honda; Y. Kuwahara; H. Amano; N. Mori
Insect Biochemistry and Molecular Biology   43(11) 991-996   2013年11月   [査読有り]
N. A. Ghazy; T. Suzuki; H. Amano; K. Ohyama
Journal of Applied Entomology   137(5) 376-382   2013年6月   [査読有り]
S. Toyoshima; H. Amano
Journal of Acarological Society of Japan   22(1) 25-36   2013年5月   [査読有り]
本田善之・清水佐知子・半田信司・笠井 敦・天野 洋
日本応用動物昆虫学会誌   57(3) 235-242   2013年   [査読有り]
本田善之・清水佐知子・半田信司・笠井 敦・天野 洋
日本応用動物昆虫学会誌, 57(3):235-242      2013年   [査読有り]
豊島真吾・天野 洋
日本応用動物昆虫学会誌   56(4) 176-179   2012年11月   [査読有り]
T. Suzuki; N.A. Ghazy; H. Amano; K. Ohyama
Experimental and Applied Acarology   58(2) 101-110   2012年10月   [査読有り]
N.A. Ghazy; T. Suzuki; M. Shah; H. Amano; K. Ohyama
BioControl   57(5) 635-641   2012年10月   [査読有り]
N.A. Ghazy; T. Suzuki; M. Shah; H. Amano; K. Ohyama
Biological Control   60(3) 241-246   2012年3月   [査読有り]
松村美小夜・川島充博・天野 洋
関西病虫研報   54 161-162   2012年   [査読有り]
土着天敵ミヤコカブリダニの低温・低飽差貯蔵法
大山克己・鈴木丈詞・ガジイ ノルエディン アブルハドゥル・天野 洋
農業および園芸   87(9) 900-906   2012年   [査読有り]
S. Toyoshima; H. Amano
Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology   56(4) 176-179   2012年   [査読有り]
M. Shah; T. Suzuki; N.A. Ghazy; H. Amano; K. Ohyama
Experimental and Applied Acarology   55(2) 183-190   2011年10月   [査読有り]
M. Shah; T. Suzuki; N.A. Ghazy; H. Amano; K. Ohyama
Journal of Insect Physiology   57(9) 1185-1189   2011年9月   [査読有り]
T. Suzuki; M. Shah; N.A. Ghazy; M. Takeda; H. Amano; K. Ohyama
Applied Entomology and Zoology   46(3) 449-454   2011年8月   [査読有り]
T. Shimoda; H. Kishimoto; J. Takabayashi; H. Amano; M. Dicke
Biological Control   53(3) 273-279   2010年6月   [査読有り]
N. Hinomoto; T. Shintaku; H. Amano
Journal of Acarological Society of Japan 19:9-14.   19(1) 9-14   2010年5月   [査読有り]
T.T.P. Nguyen; H. Amano
Journal of Asia-Pacific Entomology   13(1) 65-68   2010年3月   [査読有り]
國本佳範, 仲魔朋葉, 天野 洋, 高藤晃雄
日本ダニ学会誌 = Journal of the Acarological Society of Japan   18(1) 7-16   2009年5月   [査読有り]
K. Ohashi; S. Ehara; Y. Kunimoto; H. Amano; A. Takafuji
Journal of Acarological Society of Japan   18(1) 29-31   2009年5月   [査読有り]
T. Shimoda; H. Kishimoto; J. Takabayashi; H. Amano; M. Dicke
Experimental and Applied Acarology   47(2) 111-120   2009年2月   [査読有り]
國本佳範・仲魔朋葉・天野 洋・高藤晃雄
日本ダニ学会誌   18 7-16   2009年   [査読有り]
T.T.P. Nguyen; H. Amano
Journal of Asia-Pacific Entomology   12(4) 297-299   2009年   [査読有り]
古味 一洋・荒川 良・天野 洋
日本ダニ学会誌   17(1) 29-35   2008年5月   [査読有り]
古味一洋・荒川 良・天野 洋
日本ダニ学会誌   17(1) 23-28   2008年5月   [査読有り]
T. Suzuki; Y. Fukunaga; H. Amano; M. Takeda; E. Goto
Applied Entomology and Zoology   43(2) 213-218   2008年   [査読有り]
H. Tanaka; H. Amano
Entomological Science   11(2) 221-229   2008年   [査読有り]
S. Toyoshima; F. Ihara; H. Amano
Applied Entomology and Zoology   43(3) 443-450   2008年   [査読有り]
千葉大学環境健康フィールド科学センターの活動と今後の展望 -柏の葉キャンパスとその周辺地域をモデルとしたサステイナビリティ学の構築-
大山克己・天野 洋・安藤敏夫・森 千里・宮脇 勝・渡辺 均・喜多敏明
食と緑の科学   62 85-89   2008年   [査読有り]
Takafuji, A., R. Tajima and H. Amano
Journal of Acarological Society of Japan   16(1) 29-34   2007年5月   [査読有り]
Tanaka, H. and H. Amano
Species Diversity   12 211-215   2007年   [査読有り]
First records of the subfamily Ortheziolinae (Hemiptera: Ortheziidae) in Japan, with descriptions of two new species
H. Tanaka; H. Amano
Zootaxa   (1516) 31-37   2007年   [査読有り]
Tyrophagus mite (Acari: Acatidae) as agricultural pests in Japan with special reference to spinach cultivation. In: Acarology XI: Proceedings of the International Congress (Eds by Morales-Malacara et al.)
Kasuga S. and H. Amano
Universidad Nacional Autónoma de México, México   443-450   2007年   [査読有り]
Kasuga, S., H. Kanno and H. Amano
Journal of Acarological Society of Japan   15(2) 139-143   2006年11月   [査読有り]
Kasuga, S. and H. Amano
Journal of Acarological Society of Japan   15(1) 69-73   2006年5月   [査読有り]
Biology and predation of the Japanese strain of Neoseiulus californicus (McGregor) (Acari:Phytoseiidae)
Canlas, L. J., H. Amano, N. Ochiai and M. Takeda
Systematic and Applied Acarology   11 141-157   2006年   [査読有り]
A new record of Pulvinaria urbicola Cockerell, 1983 (Hemiptera, Coccidae) from Japan
Tanaka, H., H. Amano and T. Uesato
Japanese Journal of Systematic Entomology   12 177-181   2006年   [査読有り]
S. Toyoshima; H. Amano
Applied Entomology and Zoology   41(2) 349-355   2006年   [査読有り]
M. Kawashima; H. Amano
Experimental and Applied Acarology   39(2) 105-114   2006年   [査読有り]
Three new species of phytoseiid mites (Acari: Phytoseiidae) from Japan
S. Ehara; S. Toyoshima; H. Amano
International Journal of Acarology   32(4) 345-350   2006年   [査読有り]
M. Osakabe; K. Goka; S. Toda; T. Shintaku; H. Amano
Experimental and Applied Acarology   36(1-2) 25-40   2005年5月   [査読有り]
Effects of selected insecticides on Diadegma semiclausum (Hymenoptera: Ichneumonidae) and Oomyzus sokolowskii (Hymenoptera: Eulophidae), parasitoids of Plutella xylostella (Lepidoptera: Plutellidae)
Haseeb, M., H. Amano and T-X.Liu
Insect Science   12 163-170   2005年   [査読有り]
Newsteadia yanbaruensisi, a new species from Okinawa Is., Japan (Hemiptera, Ortheziidae)
Tanaka, H. and H. Amano
Japanese Journal of Systematic Entomology   11 283-286   2005年   [査読有り]
S. Kasuga; K.-I. Honda; A. Kawai; H. Amano
Applied Entomology and Zoology   40(2) 303-308   2005年   [査読有り]
S. Kasuga; H. Amano
Applied Entomology and Zoology   40(3) 507-511   2005年   [査読有り]
H. Tanaka; H. Amano
Entomological Science   8(1) 79-84   2005年   [査読有り]
Ehara S. and H. Amano
Journal of Acarological Society of Japan   13(1) 1-30   2004年5月   [査読有り]
Amano, H., Y. Ishii and Y. Kobori
Journal of Acarological Society of Japan   13(1) 65-70   2004年5月   [査読有り]
Santoso, S., A. Takafuji, H. Amano and A. Ozawa
Journal of Acarological Society of Japan   13(1) 77-82   2004年5月   [査読有り]
Monitoring Tyrophagus similis and Rhizoglyphus robini (Acari: Acaridae) in agricultural soil using a bait trap
Kasuga, S., K. Honda, A. Kawai and H. Amano
Phytophaga   14 293-298   2004年   [査読有り]
Two new species of Pulvinaria (Homoptera, Coccidae) from Japan
Tanaka, H. and H. Amano
Japanese Journal of Systematic Entomology   10 265-270   2004年   [査読有り]
T. Sato; N. Shinkaji; H. Amano
Applied Entomology and Zoology   39(4) 591-596   2004年   [査読有り]
T. Tsunoda; S. Kasuga; H. Amano
Experimental and Applied Acarology   32(1-2) 69-78   2004年   [査読有り]
Y. Kobori; H. Amano
Applied Entomology and Zoology   39(2) 255-261   2004年   [査読有り]
Seasonal occurrence and association of a gall-forming eriophyid mite and predacious phytoseiid mites (Acari: Eriophyidae, Phytoseiidae) in Japan
M. Kawashima; H. Amano
International Journal of Acarology   30(1) 9-15   2004年   [査読有り]
Impact of differential parasitoid attack on the number of chambers in multilocular galls of two closely related gall midges (Diptera: Cecidomyiidae)
K. Tabuchi; H. Amano
Evolutionary Ecology Research   6(5) 695-707   2004年   [査読有り]
Y. Kobori; H. Amano
Applied Entomology and Zoology   38(2) 249-253   2003年   [査読有り]
Some Japanese phytoseiid mites (Acari: Phytoseiidae) mostly from Ishigaki and Taketomi Islands
Ehara, S. and H. Amano
Entomological Science   5 321-329   2002年   [査読有り]
S. Kasuga; H. Amano
Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology   46(2) 99-101   2002年   [査読有り]
Special issue: Population biology of plant-inhabiting mites. Part II (Editors)
Takafuji, A., J. Bruin and H. Amano
Experimental and Applied Acarology   25 353-440   2001年   [査読有り]
M. Haseeb; Y. Kobori; H. Amano; H. Nemoto
Applied Entomology and Zoology   36(3) 353-360   2001年   [査読有り]
T. Tsunoda; H. Amano
Applied Entomology and Zoology   36(3) 393-397   2001年   [査読有り]
Biological control of insect pests in Japan (A) Control of multiple pests of tea, and spider mites in greenhouses
Takafuji A. and H. Amano
Extension Bulletin, FFTC   499 1-9   2001年   [招待有り]
Biological control of insect pests in Japan (B) Use of natural enemies to control pests on deciduous fruit trees
Amano H. and A. Takafuji
Extension Bulletin, FFTC   499 10-17   2001年   [招待有り]
Ehara, S., T. Gotoh and H.Amano
Journal of Acarological Society of Japan   9(2) 113-118   2000年11月   [査読有り]
春日志高・天野 洋
日本ダニ学会誌   9(1) 31-42   2000年5月   [査読有り]
Special issue: Population biology of plant-inhabiting mites. Part I (Editors)
Takafuji, A., J. Bruin and H. Amano
Experimental and Applied Acarology   24 317-495   2000年   [査読有り]
S. Toyoshima; M. Nakamura; Y. Nagahama; H. Amano
Experimental and Applied Acarology   24(5-6) 441-451   2000年   [査読有り]
M. Haseeb; H. Amano; H. Nemoto
BioControl   45(2) 165-178   2000年   [査読有り]
S. Kasuga; H. Amano
Applied Entomology and Zoology   35(2) 237-244   2000年   [査読有り]
A. Koike; H. Nemoto; H. Amano
Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology   44(1) 35-40   2000年   [査読有り]
M. Nakamura; H. Nemoto; H. Amano
Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology   44(1) 17-26   2000年   [査読有り]
Effects of pesticides on the mortality and beneficial capacity of Diadegma semiclausum (Hymenoptera: Ichneumonidae), a primary parasitoid of the diamondback moth
Haseeb M., H. Amano and H. Nemoto
IOBC/wprs Bulletin   23(9) 39-48   2000年   [査読有り]
Toyoshima, S. and H. Amano
Journal of Acarological Society of Japan   8(2) 135-142   1999年11月   [査読有り]
富山県のチューリップ球根に発生するコナダニ類
加藤達也・多賀由美子・築尾嘉章・天野 洋
北陸病害虫研究会報   47 21-25   1999年   [査読有り]
X.G. Sun; H. Amano
Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology   43(3) 123-127   1999年   [査読有り]
小池 朗・根本 久・天野 洋
日本応用動物昆虫学会誌   42(1) 21-23   1998年2月   [査読有り]

Misc

 
温度条件から見たクロマダラ, ノテツシジミの日本列島定着の可能性
大津建大, 平井規央, 石井実, 鈴木丈詞, 天野洋
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会, 大阪, 2016年3月26日-29日 (ポスター)      2016年3月
日本列島におけるクロマダラソテツシジミの越冬可能性
大津建大, 平井規央, 石井実, 鈴木丈詞, 天野洋
日本鱗翅学会第62回大会, 鳥取, 2015年10月31日-11月1日 (口頭)      2015年10月
Biology of Neoseiulus californicus and Tetranychus urticae at simulated natural temperature
Ghazy N. A. and H. Amano
第59回日本応用動物昆虫学会大会, 2015年3月27-29日, 山形大学      2015年3月
Cold storage potential of predacious phytoseiid mites: Review
Ghazy N. A., K. Ohyama, H. Amano, and T. Suzuki
International Congress on Biopesticide 7, 2014年10月19-25日, Antalya (Turkey)      2014年10月
屋外の環境を屋内に再現する変動環境シミュレーターの開発:第2号試作機
鈴木丈詞,高野友二郎,北嶋康樹,後藤哲雄,平井規央,渋谷俊夫,大山克己,天野洋
第58回日本応用動物昆虫学会(高知大学)   179   2014年3月
Rapid cold hardening response in the predatory mite Neoseiulus californicus (Poster)
Ghazy N. A. and H. Amano
第58回日本応用動物昆虫学会(高知大学)   194   2014年3月
Ghazy N. A., K. Ohyama, H. Amano, and T. Suzuki
2nd Global conference on entomology (in Kuching, Malaysia)      2013年11月
カブリダニによる生物的防除の考え方と利用環境の整備
天野 洋
第23回天敵利用研究会(鬼怒川温泉ホテル)      2013年10月
無酸素処理による植物苗の害虫フリー化技術の開発:ハダニ類に対する影響
鈴木丈詞・王至弘・北嶋康樹・後藤哲雄・天野洋・大山克己
   2013年9月
Air temperature optimization for humidity-controlled cold storage of the predatory mites Neoseiulus californicus and Phytoseiulus persimilis (Acari: Phytoseiidae)
Ghazy N. A., T. Suzuki, H. Amano, and K. Ohyama
第22回日本ダニ学会大会(静岡県総合研修所もくせい会館)      2013年9月
土着カブリダニ類の識別技術の現状と今後の展開
豊島真吾、日本典秀、岸本英成、天野 洋
第57回日本応用動物昆虫学会(日本大学藤沢キャンパス)、講演要旨集   79   2013年3月
ホウレンソウケナガコナダニの歩行に及ぼす温湿度の影響
笠井 敦、鈴木丈詞、大山克己、天野 洋
第57回日本応用動物昆虫学会(日本大学藤沢キャンパス)、講演要旨集   77   2013年3月
Presumed paternal genome loss during embryogenesis of predatory phytoseiid mites
Toyoshima S. and H. Amano
   2012年8月   [依頼有り]
Underground ecology of mites in soil porosity and its significance in pest management
Amano H.
ICE2012 (Daegu, Korea Aug.20-24)      2012年8月   [依頼有り]
Reproductive capacity of greenhouse spinach mite, Tyrophagus similis Volgin, feeding on commonly used organic fertilizers
Baloch M. N., N. Mori, T. Aboshi and H. Amano
ICE2012 (Daegu, Korea Aug.20-24)      2012年8月   [依頼有り]
Expansion and occurrence of Neoseiulus californicus (McGregor) (Acari: Phytoseiidae), a prospective predacious mite species, in Japan and Korea, and the conservation for biological control of spider mites
Kishimoto H., M. Kawashima, C. Jung and H. Amano
ICE2012 (Daegu, Korea Aug.20-24)      2012年8月   [依頼有り]
Humidity-controlled cold storage of the predatory mite, Neoseiulus californicus (McGregor) (Acari: Phytoseiidae), an important natural enemy of spider mites
Ghazy N. A., Takeshi Suzuki, Hiroshi Amano and Katsumi Ohyama
ICE2012 (Daegu, Korea Aug.20-24)      2012年8月
Environmental management technology for controlling spider mites
Ohyama K., T. Suzuki, H. Amano, M. Shah and N.A. Ghazy
2nd Symposium on Horticultute in Europe, Angers, France, 1-5 July 2012      2012年7月
外来カブリダニ類の識別方法
豊島真吾・天野 洋
第56回日本応用動物昆虫学会(近畿大学)   91   2012年3月
トラップを使ったホウレンソウケナガコナダニの誘引・定着物質の探索
本田善之・天野洋・森直樹・網干貴子・中田恵久
第56回日本応用動物昆虫学会(近畿大学)      2012年3月
Nutritional value of organic fertilizers commonly used in spinach greenhouses for fecundity of a pest mite, Tyrophagus similis Volgin
Baloch M. N., N. Mori, T. Aboshi and H. Amano
第56回日本応用動物昆虫学会(近畿大学)      2012年3月
Effects of air temperature and water vapor pressure deficit on storage of the predatory mite, Neoseiulus californicus (McGregor)(Acari: Phytoseiidae)
Ghazy N. A., T. Suzuki, H. Amano and K. Ohyama
第56回日本応用動物昆虫学会(近畿大学)   82   2012年3月
在来性カブリダニ種の採集情報から見えるもの‐地理的分布と生態‐
天野 洋
第21回日本ダニ学会大会(島根県民会館)      2012年
Nutritional value of lipids in oviposition of Tyrophagus similis Volgin
Baloch N. M., N. Mori, T. Aboshi, Y. Nakajima, A. Kasai and H. Amano
第21回日本ダニ学会大会(島根県民会館)      2012年
ホウレンソウ栽培施設のトゲダニ相に及ぼす耕種的防除の影響
笠井 敦・川島充博・松村美小夜・竹中 薫・天野 洋
第21回日本ダニ学会大会(島根県民会館      2012年
高性能水蒸気調整システムの開発 :ハダニの孵化実験における利用
鈴木丈詞・Noureldin A. Ghazy・天野 洋・大山 克己
第21回日本ダニ学会大会(島根県民会館)      2012年
Can spider mite individuals recognize their conspecific silk during habitat selection? The case of Tetranychus urticae andTetranychus kanzawai
Clotuche G., S. Yano and H. amano
第21回日本ダニ学会大会(島根県民会館)      2012年
ハダニとカブリダニ  ―ダニがダニを食べて生物多様性と農業が保たれる―
天野 洋
NPOシニア自然大学校 自然環境「自然学」講座      2011年11月   [依頼有り]
実践的ダニ学への招き -天敵カブリダニの生態学からコナダニ防除まで-
天野 洋
高知昆虫学セミナ―(高知大学農学部)      2011年11月   [依頼有り]
Long-term storage strategy for the predatory mite, Neoseiulus californicus, under conditions of low air temperature and high relative humidity with reference to post-storage biological traits
Ghazy N. A., T. Suzuki, M. Shah, H. Amano and K. Ohyama
第20回日本ダニ学会大会(高知城西館)      2011年9月
岐阜県のホウレンソウ栽培ハウスで発生するトゲダニ類とそれらのハウス内分布
川島充博・浅野雄二・高久 元・天野 洋
第20回日本ダニ学会大会(高知城西館)      2011年9月
ホウレンソウ栽培ハウスから採取された日本未記載種カブリダニ(新和名:ホウレンソウカブリダニ)の記録
天野 洋・川島充博・松村美小夜・齊藤美樹・豊島真吾
第20回日本ダニ学会大会(高知城西館)      2011年9月
異なる有機質資材がホウレンソウケナガコナダニの増殖・誘引に与える影響
生出裕美子・天野 洋
第55回日本応用動物昆虫学会大会      2011年   [査読有り]
無農薬でもホウレンソウケナガコナダニはここまで防除できる-耕耘による被害抑制効果-
松村美小夜・川島充博・天野 洋
第55回日本応用動物昆虫学会大会      2011年
スワルスキーカブリダニの簡易な識別方法
豊島真吾・天野洋
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   43   2011年
Role of the cannibalistic habit and relative humidity in storage of the predator mite Neoseiulus californicus (Acari: Phytoseiidae)
Ghazy N. A., T. Suzuki, M. Shah, H. Amano and K. Ohyama
第55回日本応用動物昆虫学会大会(九州大学)   211   2011年
Density-dependent dispersal in response to the presence of a predator
Bowler D. E., S. Yano & H. Amano
個体群生態学会第26回年次大会(横浜国大)   30   2010年9月
省スペース型微小生物光周反応調査システムの開発
鈴木丈詞・Maqsood Shah・Noureldin Ghazy・竹田真木生・天野 洋・大山克己
第54回日本応用動物昆虫学会大会(千葉大学)   21   2010年3月
カブリダニの採集標本から種の性比を考察する -クズ上の2種を例として-
天野 洋
第54回日本応用動物昆虫学会大会   103   2010年3月
休作中の潅水によるホウレンソウケナガコナダニ防除の可能性と、土着トゲダニ類の発生消長
松村美小夜・峯 圭司・高久 元・天野 洋
第19回日本ダニ学会大会(宮城教育大学)      2010年
農地周辺の植生が持つ天敵カブリダニ保持及び生物多様性維持機能
天野 洋
第19回日本ダニ学会大会(宮城教育大学)      2010年
Effects of photoperiod on the diapause induction of Kanzawa spider mite, Tetranychus kanzawai
Shah M., T. Suzuki, N. Ghazy, H. Amano and K. Ohyama
第54回日本応用動物昆虫学会大会(千葉大学)      2010年
A space-saving system for testing the photoperiodic response of insects and mites, and its use in diapause experiments for Tetranychus urticae
Suzuki T., M. Shah, N. Ghazy, M. Takeda, H. Amano and K. Ohyama
13th International Congress of Acarology (Recife, Brazil)      2010年   [査読有り]
Long-term storage of Neoseiulus californicus at low temperature high humidity: post storage development, survival and reproduction
Ghazy N., T. Suzuki, M. Shah, H. Amano and K. Ohyama
第19回日本ダニ学会大会(宮城教育大学)      2010年
Effect of night interruption on the diapause induction of Kanzawa spider mite, Tetranychus kanzawai
Shah M., T. Suzuki, N. Ghazy, H. Amano and K. Ohyama
第19回日本ダニ学会大会(宮城教育大学)      2010年
土着カブリダニの特性評価と 持続的利用技術の開発
天野 洋
日本昆虫学会第69回大会 公開シンポジウム 土着天敵の評価と利用技術の展望 (20091011 三重大学)      2009年10月   [依頼有り]
在来性カブリダニ種の分類に関する最近の動向
天野 洋
第18回日本ダニ学会大会(茨城大学)      2009年9月
Comparison of sperm receiving behavior and egg production of mating-interrupted, single-mated and multiple-mated N. californicus females
Nguyen T.T.P and H. Amano
第18回日本ダニ学会大会(茨城大学)      2009年   [査読有り]
Sustainable Management Strategy of Horticultural Pests in Japan under the Global Warming Climatic Conditions
Amano H.
International Symposium of the Strategy against the Climate Change October 28-30, 2009 at the Ramada Plaza Jeju Hotel in Jeju, Korea      2009年   [依頼有り]
土着天敵昆虫類の大量増殖システムの開発と都市施設園芸への応用
天野 洋・高垣美智子・大山克己
植物防疫   62 472-476   2008年   [依頼有り]
Effect of temperature on some aspects of mating behavior and reproduction of a predatory mite, Neoseiulus californicus (McGregor) (Acari: Phytoseiidae)
Nguyen T.T.P and H. Amano
International Symposium on Mites & Whitefly (October 9-11,2008 at Daemyung, Gyeongju, Korea )      2008年
A new tool for studying overwintering phenology of predacious phytoseiid mites on the Japanese pear tree
Kawashima M. and H. Amano
ICA(Netherlands)      2006年
Effects of light period on diapause induction in a Japanese strain of the two-spotted spider mite Tetranychus urticae
Suzuki T., H. Amano, E. Goto and T. Kozai
ICA(Netherlands)      2006年
Watching your orchards with a ecological tool: a case study in Japanese pear orchard
Amano H. and M. Kawashima
APCE (Jeju, Korea)      2005年   [依頼有り]
Possible “nothing-to-lose” biocontrol strategy against phytophagous mites in the apple orchard
Amano H. and M. S. Toyoshima
EURAAC(Berlin)      2004年
天敵類の農薬的使用が生態系へ与える影響
天野 洋
農薬環境科学研究   8 41-50   2000年   [依頼有り]
天野 洋
日本ダニ学会誌   8(1) 1-7   1999年5月   [査読有り][依頼有り]
チリカブリダニの性決定
天野 洋
化学と生物   33 559-560   1995年   [依頼有り]
Collection record of predacious phytoseiid mites in Chiba Prefecture (Acari: Phytoseiidae)
Amano H.
Technical Bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University   48 237-240   1994年   [査読有り]
サンゴジュハムシの生活史と防除対策
天野 洋・真梶徳純・布川美紀
植物防疫   43 139-142   1989年   [依頼有り]
カブリダニの交尾と生殖行動
天野 洋
植物防疫   41 134-137   1987年   [依頼有り]
在来性カブリダニ種の採集情報から見えるもの ―天敵保全への利用―
天野 洋
第57回日本応用動物昆虫学会(日本大学藤沢キャンパス)、講演要旨集   79

書籍等出版物

 
ダニのはなし -人間との関わり-(島野智之・高久 元編)
豊島真吾・天野 洋 (担当:分担執筆, 範囲:農業のダニ③(防除に役立つダニ):148-156)
朝倉書店   2016年1月   
Embyogenesis (ed. Kenichi Sato)
Shingo Toyoshima and Hiroshi Amano (担当:分担執筆, 範囲:Presumed Paternal Genome Loss During Embryogenesis of Predatory Phytoseiid Mites)
InTech   2012年4月   
「カブリダニ類」(pp.88-102)「ナガヒシダニ類」(pp.113-114)「天敵昆虫」(pp.189-191)「天敵昆虫の概説と同定」(pp.286-289)「植物ダニ類の標本作製法と飼育法」(pp.301-311)
天野 洋
原色植物ダニ検索図鑑(江原昭三・後藤哲雄編) 全国農村教育協会   2009年   
Ecology and Evolution of Galling Arthropods and Their Associates (eds. K. Ozaki, J. Yukawa, P. W. Price and T. Ohgushi eds.)
Tabuchi, K. and H. Amano (担当:分担執筆, 範囲:Different oviposition strategies in two closely related gall midges (Diptera: Cecidomyiidae): aggregation versus risk spreading)
Springer-Verlag   2006年   
外来種ハンドブック
天野 洋 (担当:分担執筆, 範囲:「植物寄生性および天敵ダニ類」 (pp. 150-151))
地人書館   2002年   

講演・口頭発表等

 
大型研究資金獲得のためのマネージメントセミナー [招待有り]
天野 洋
平成22年度文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者養成システム改革加速」千葉大学理系女性教員キャリア支援プログラム 研究スキルアップセミナー   2011年3月4日   
21世紀の科学を目指して -天敵カブリダニの生物学- [招待有り]
天野 洋
千葉大学スタートアップCOEプログラム 代謝変換プログラムの生体制御への応用   2010年3月10日   
ホウレンソウケナガコナダニの持続的な新管理戦略をめざして [招待有り]
天野 洋
平成21年度近畿中国四国農業試験研究推進会議 生産環境推進部会 病害虫分科会 問題別研究会   2009年10月5日   
ダニを操って害虫防除 -天敵カブリダニの生物学-
天野 洋
2009年度 農学部京都大学オープンキャンパス   2009年8月7日   

競争的資金等の研究課題

 
環境にやさしい在来天敵オオメカメムシ類を用いた園芸作物害虫防除に関する研究(2002-2003)
ハダニ類やカブリダニ類の進化に関する研究
害虫・ダニ管理における天敵の利用に関する研究
昆虫・ダニ類の個体群動態に関する研究

特許

 
特許5988241 : 生物農薬用容器及び生物農薬の保存方法
大山克己、鈴木丈詞、ガジイ・ノルエディン・アブルハドル、天野 洋