渡邉 秀俊

J-GLOBALへ         更新日: 09/08/10 00:00
 
アバター
研究者氏名
渡邉 秀俊
 
ワタナベ ヒデトシ
URL
http://bwu.bunka.ac.jp/profile/watanabe_hidetoshi/index.html
所属
文化学園大学
部署
造形学部 住環境学科 住居デザイン研究室
職名
教授
学位
工学博士, 工学修士

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1995年
 千葉大学 助手
 
1995年
 - 
1998年
 武庫川女子大学 専任講師
 
1998年
 - 
2009年
 文化女子大学 助教授(准教授)
 

学歴

 
 
 - 
1990年
東京大学 工学系研究科 建築学
 
 
 - 
1985年
千葉大学 工学部 建築工学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本建築学会  建築人間工学小委員会主査
 
 
   
 
日本インテリア学会  理事・評議委員
 

受賞

 
1997年
1997年度日本建築学会奨励賞(論文)
 

Misc

 
ロボットに対する人間の回避距離
遠田敦・渡辺秀俊・佐野友紀・高橋正樹・林田和人
日本建築学会計画系論文報告集   No.601 81-85   2006年
沢田知子、渡辺秀俊、谷口久美子、丸茂みゆき
日本建築学会計画系論文報告集   No.562 135-142   2002年
渡辺秀俊,安藤正雄,高橋鷹志
日本建築学会計画系論文報告集   (474) 107-114   1995年
座り心地の評価観点と知覚・評価の特性:自動車シートの静的座り心地に関する研究:その1
渡邉秀俊,高橋正樹
日本インテリア学会論文報告集   (5) 21-24   1995年
座り心地の評価因子の抽出:自動車用シートの静的座り心地に関する研究:その2
高橋正樹,渡邉秀俊
日本インテリア学会論文報告集   (5) 25-28   1995年

書籍等出版物

 
インテリアの人間工学-住空間の計画と設計のための科学-
産調出版・共著   2008年   
インテリア計画の知識
彰国社・編・分担執筆   2008年   
大工育成塾テキスト 寸法
(財)住宅産業研修財団・(財)生涯学習開発財団・分担執筆   2003年   
環境行動のデーターファイル 空間デザインのための道具箱
彰国社・共編・分担執筆   2003年   
文部科学省著作 高等学校教科書「インテリア計画」
文部科学省・分担執筆   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
1.家具・設備・インテリアエレメントと姿勢・動作
科学研究費補助金
研究期間: 2002年   
身体、姿勢、動作、知覚、アフォーダンス、ユニバーサルデザイン
2.人間とロボット共存するための建築空間の計画要件
科学研究費補助金
研究期間: 2004年   
近未来、生活の中にロボットが入り込んできた場合、人々はロボットに何を期待するのか、その場合の相応しいロボットの形状、人間と対面する位置関係とは、など、ロボットと共存するための建築空間の計画課題についての研究
3.室内空間における自我領域とコミュニケーションの質
研究期間: 2000年   
ダイニングテーブル、オフィスの会議テーブル、子供の学習机などを対象にして、テーブルの形状・寸法とそこで形成される自我領域やコミュニケーションの質との関係について明らかにする研究
4.生活空間の体験記憶と感覚との関係
研究期間: 2002年   
聴覚や嗅覚から思い出される「記憶に残る生活場面」についての調査。聴覚や嗅覚にかかわる刺激が希薄あるいは過剰になりつつある現代において、心豊かな生活を保つためのこれら諸感覚の役割を検証する研究