高田 潤一

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/15 14:40
 
アバター
研究者氏名
高田 潤一
 
タカダ ジュンイチ
eメール
takadatse.ens.titech.ac.jp
URL
http://www.ap.ide.titech.ac.jp/
所属
東京工業大学
部署
環境・社会理工学院
職名
教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
科研費研究者番号
90222083
ORCID ID
takada@ide.titech.ac.jp

研究分野

 
 

経歴

 
1992年4月
 - 
1994年4月
千葉大学 工学部 助手
 
1994年5月
 - 
2000年3月
東京工業大学 理工学国際交流センター 助教授
 
2000年4月
 - 
2006年3月
東京工業大学 大学院理工学研究科 准教授
 
2003年1月
 - 
2007年12月
情報通信研究機構 研究員(非常勤)
 
2006年4月
 - 
2016年3月
東京工業大学 大学院理工学研究科 教授
 
2016年4月
 - 
現在
東京工業大学 環境・社会理工学院 教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年
東京工業大学 理工学研究科 電気・電子工学
 
 
 - 
1987年
東京工業大学 工学部 電気・電子工学
 

受賞

 
2008年
電子情報通信学会 業績賞
 
2006年
平成18年電子情報通信学会通信ソサイエティチュートリアル論文賞
 
2006年
APMC 2006 Prize
 
1993年
電子情報通信学会 論文賞
 
2009年
電子情報通信学会 シニア会員
 

Misc

 
Takahiro AOYAGI, Kenichi TAKIZAWA, Takehiko KOBAYASHI, Jun-ichi TAKADA, Kiyoshi HAMAGUCHI, Ryuji KOHNO
IEICE TRANSACTIONS on Communications   E93-B(4) 846-849   2010年
Ahmed Desoki, Jun-ichi Takada, Ichiro Hagiwara
Acoustical Science and Technology   30(6) 417-428   2009年
Ahmed Desoki, Jun-ichi Takada, and Ichiro Hagiwara
Acoustical Science and Technology   30(3) 187-198   2009年
Lawrence Materum, Jun-ichi Takada, Ichirou Ida, and Yasuyuki Oishi
EURASIP Journal on Wireless Communications and Networking      2009年
青柳 貴洋, 高田 潤一
IEICE TRANSACTIONS on Communications   E92-B(2) 418-424   2009年

書籍等出版物

 
アンテナ工学ハンドブック 第2版
株式会社オーム社   2008年   
Analysis Paper on Promotiong Sustainable Development in Mongolia
UNESCO   2007年   
Advances in Direction of Arrival Estimation
Artech House, USA   2006年   
適応フィルタ理論
科学技術出版   2000年   
環境電磁ノイズハンドブック
朝倉書店   1999年   

講演・口頭発表等

 
Study of Relation between Body Motion and Channel Response of Dynamic Body Area Channel
11th Management Committee Meeting, COST2100   2010年   
Application of ICT and GIS in the World Heritage of Luang Prabang
Asian Academy for Heritage Management   2009年   
FTI-ICT project in Mongolia ‘Level-up’ training on advanced level of ICT for primary school teachers: Monitoring Report
2009年   
GIS Development in World Heritage Sites in Developing Countries 窶骭€ Prevent from becoming “Heritage in Danger”: Case of Luang Prabang, Lao PDR
The Japan Society for International Development, 20th Annual Conference   2009年   
Baseline Survey on FTI-ICT project in Mongolia ‘Level-up’ training on advanced level of ICT for primary school teachers
2009年   

Works

 
ACCU International Exchange Program under the UNESCO/Japan Funds-in-Trust for the Promotion of International Cooperation and Mutual Understanding -2006 University Student Exchange Programme-
2007年3月 - 2007年4月
新世代移動機用適応アンテナシステムに関する研究開発
芸術活動   2002年 - 2006年
双方向時空間チャネルモデル構築の研究
芸術活動   2003年
長波小形アンテナ受信シミュレーション
芸術活動   2002年
基地局アレーアンテナ用空間フェージングシミュレータ
芸術活動   2003年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
次世代マイクロ波移動通信ための多次元電波伝搬特性
その他の研究制度
研究期間: 2009年 - 2012年
第4世代移動通信の標準化が最終段階を迎え,第5世代移動通信技術の開発が始まりつつある.本研究では,10Gbit/s以上の高速伝送を念頭に置いたマイクロ波移動通信のための多次元伝搬特性に関して実験的な特性解明を行う.
コグニティブ無線における信号検出技術
経常研究
研究期間: 2007年 - 2012年
無線通信サービスの高度化にしたがって周波数スペクトルの逼迫は深刻になる一方である.未利用周波数帯を積極的に検知して通信を行うダイナミックスペクトルアクセス型コグニティブ無線が有望視されており,本研究では特に空きスペクトルを高性能に検出する技術を検討している.
ボディエリアネットワークのための電波伝搬研究
研究期間: 2006年 - 2012年
人体各所にセンサを取り付け,医療または健康情報を収集し伝送するボディエリアネットワークにおける電波伝搬の特性について研究する.
ラオス人民民主共和国ルアンパバーン世界遺産地域における持続的開発への情報通信技術の応用
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2012年
ラオス人民民主共和国ルアンパバーンは街並み全体が1995年にユネスコの世界文化遺産に登録されている.観光客の急激な増加に伴い,文化遺産の保存と急速に進む開発との両立が課題とされている.文化遺産の保護・修復などを担当するラオス情報文化省管轄下の「遺産の家」と協力し,文化遺産の持続的開発に資する情報通信技術(ICT)の応用に関して,現地調査および技術協力を実施している.
無線通信の電波伝搬計測・シミュレーション及び通信路モデル
無線通信路としての電波伝搬路に関する多次元(遅延,角度,時変動)の振る舞いを測定及びシミュレーションにより明らかにするとともに,これらの結果を用いた通信路の確率的モデルの構築を行う.