柏木 敬子

J-GLOBALへ         更新日: 10/08/09 00:00
 
アバター
研究者氏名
柏木 敬子
 
カシワギ ケイコ
URL
http://www.p.chiba-u.ac.jp/lab/rinka/
所属
旧所属 千葉大学 大学院 薬学研究院 神経薬物学
職名
助教授
学位
薬学博士(千葉大学), 薬学修士(千葉大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1980年
 - 
1984年
大正製薬(株)総合研究所 研究員
 
1984年
 - 
1987年
千葉大学生物活性研究所 助手
 
1987年
 - 
2001年
千葉大学薬学部 助手
 
2001年
   
 
- 千葉大学大学院薬学研究院 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
千葉大学 薬学研究科 薬学
 
 
 - 
1978年
千葉大学 薬学部 薬学
 

受賞

 
1995年
日本薬学会奨励賞
 
2002年
佐藤記念国内賞
 

Misc

 
Nonspecific inhibition of Escherichia coli ornithine decarboxylase by various ribosomal proteins: Detection of a new rigoxomal protein possessing strong antizyme activity (共著)
Biochim. Biophys. Acta   911(2) 180-190   1987年
Adjustment of polymaine contents in Escherichia coli (共著)
J. Bacteriol.   170(7) 3131-3135   1988年
Isolation of polyamine transport deficient mutants of Escherichia coli and cloning of the genes for polyamine transport proteins (共著)
J. Biol. Chem.   265(34) 20893-20897   1990年
Identification of the polyamine-induced protein as a periplasmic oligopeptide binding protein (共著)
J. Biol. Chem.   265(15) 8387-8391   1990年
Spermidine biosynthesis in Saccharomyces cerevisiae : biosynthesis and processing of a proenzyme form of S-adenosylmethionine decarboxylase (共著)
J. Biol. Chem.   265(36) 22321-22328   1990年

Works

 
ポリアミンによるNMDA受容体活性調節機序
1996年 - 2000年
ポリアミンによるNMDA受容体活性調節機序
2001年

競争的資金等の研究課題

 
細胞増殖・分化に果たすポリアミンの役割
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2006年
ポリアミンの細胞内濃度調節機構
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2006年
脳におけるポリアミンの機能
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2006年

特許

 
尿毒症治療用化合物、その選別方法および該化合物を含有する尿毒症治療剤