高山 廣光

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/16 10:07
 
アバター
研究者氏名
高山 廣光
 
タカヤマ ヒロミツ
URL
http://www.p.chiba-u.jp/lab/skb/index.html
所属
千葉大学
部署
大学院 薬学研究院 創薬科学
職名
教授
学位
薬学博士(千葉大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
現在
千葉大学 大学院薬学研究院 教授
 
2004年4月
 - 
現在
Chiba University Graduate School of Pharmaceutical Sciences Full Professor
 
1994年10月
 - 
2004年3月
Chiba University Faculty of Pharmaceutical Sciences Associate Professor
 
1986年7月
 - 
1994年9月
Chiba University Faculty of Pharmaceutical Sciences Assistant Professor
 
1984年4月
 - 
1986年6月
Toyama Medical and Pharmaceutical University Faculty of Pharmaceutical Sciences Assistant Professor
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本薬学会  監事
 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本薬学会  医薬化学部会長
 
2014年4月
 - 
2016年3月
千葉大学大学院  薬学研究院長、薬学部長
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本薬学会  理事
 

受賞

 
2018年3月
The Pharmaceutical Society of Japan The Pharmaceutical Society of Japan Award
 
2018年3月
日本薬学会 学会賞
 
2015年9月
The Japanese Society of Pharmacognosy The Japanese Society of Pharmacognosy Award
 
2015年9月
日本生薬学会賞
 
2014年11月
日本薬学会医薬化学部会 メディシナルケミストリーシンポジウム優秀賞
受賞者: 北島 満里子、寺田 祐子、田口 芙悠美、浅場 ヌネッツ、小暮 紀行、渡辺 達夫、高山 廣光
 

論文

 
M. Kitajima, T. Yanagisawa, M. Tsukahara, Y. Yamaguchi, N. Kogure, R. Kikura-Hanajiri, Y. Goda, O. Iida, Y. Sugimura, N. Kawahara, and H. Takayama
Tetrahedron   74(4) 441-452   2018年4月   [査読有り]
CHO N, KOBAYASHI K, YOSHIDA M, KOGURE N, TAKAYAMA H, CHIBA K
Drug. Metab. Pharmacokinet.   32(1) 46-52   2017年   [査読有り]
ONOZAWA T, KITAJIMA M, KOGURE N, PEERAKAM N, SANTIARWORN D, TAKAYAMA H
J. Nat. Prod.   80(7) 2156-2160   2017年   [査読有り]
TOORIYAMA S, MIMORI Y, WU Y, KOGURE N, KITAJIMA M, TAKAYAMA H
Org. Lett.   19(10) 2722-2725   2017年   [査読有り]
KITAJIMA M, MORITA A, ENDO S, KOGURE N, HIGASHI K, MORIBE K TAKAYAMA H
Heterocycles   95(1) 181-186   2017年   [査読有り]
HIRAMA T, UMEMURA T, KOGURE N, KITAJIMA M, TAKAYAMA H
Tetrahedron Lett.   58(3) 223-226   2017年   [査読有り]
TOHGE T, WENDENBURG R, ISIHARA H, NAKABAYASHI R, WATANABE M, SULPICE R, HOEFGEN R, TAKAYAMA H, SAITO K, STITT M, FERNIE A R
Nature Communications   7    2016年   [査読有り]
KITAJIMA M, NAKAZAWA M, WU Y, KOGURE N, ZHANG R, TAKAYAMA H
Tetrahedron   72(42) 6696   2016年   [査読有り]
TOKUDA R, OKAMOTO Y, KOYAMA T, KOGURE N, KITAJIMA M, TAKAYAMA H
Org. Lett.   18(14) 3493   2016年   [査読有り]
KOGURE N, MARUYAMA M, WONGSERIPIPATANA S, KITAJIMA M, TAKAYAMA H
Chem. Pharm. Bull.   64(7) 799   2016年   [査読有り]

書籍等出版物

 
天然物の化学II
高山 廣光 (担当:分担執筆, 範囲:インドールアルカロイド/ヒトを虜にする不思議な力)
東京化学同人   2018年6月   
トキシコロジー 第3版
高山 廣光 (担当:分担執筆, 範囲:天然毒性物質)
朝倉書店   2018年4月   
アルカロイドの科学 
高山 廣光 (担当:編者, 範囲:序章 Overview アルカロイド研究の概観, 第9章 生合成にヒントを得たアルカロイドの化学合成)
化学同人   2017年6月   
スタンダード薬学シリーズII 3 化学系薬学 III. 自然が生み出す薬物
高山 廣光 (担当:分担執筆)
東京化学同人   2016年   
パートナー天然物化学 改訂第3版
高山 廣光 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 アルカロイド及びその他の含窒素化合物)
南江堂   2016年   

Works

 
含窒素天然有機化合物(アルカロイド)の探索と合成
脳機能改善薬の開発研究
新規オピオイド性鎮痛剤の創製研究
違法ドラッグの乱用防止策に関する研究
天然物由来の抗腫瘍剤の開発研究

競争的資金等の研究課題

 
アルカロイド由来の新規有機不斉触媒と特定配列オリゴヌクレオチド認識分子の創製
科研費(挑戦的研究 萌芽)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 高山 廣光
植物アルカロイドの探索と合成研究を基盤とした、疼痛および脳機能改善薬の創成
科研費(基盤研究B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 高山 廣光
天然オピオイド類の体内動態解明を目的としたSPECT用プローブの創製
科研費(挑戦的萌芽)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 高山 廣光
薬用資源植物を素材とした記憶と痛みを制御する天然分子の探索と創薬研究への展開
科研費(基盤研究B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 高山 廣光
ピロリジジンアルカロイド類分析用標準試薬の作製と分析法の検討
農林水産省: レギュラトリーサイエンス新技術開発事業
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 高山 廣光

特許

 
特願PCT/JP2014/078632 : オピオイド鎮痛剤
高山 廣光
WO 2015064573 A1
特許US 8648090 : Indole alkaloid derivatives having opioid receptor agonistic effect, and therapeutic compositions and methods relating to same
Takayama H, Kitajima M, Matsumoto K, Horie S
U.S. Pat. App. No. 60986370
特開2011-121895 : ボアカンガアフリカーナより得られるカンナビノイド受容体阻害薬およびその利用
花尻 瑠璃, 合田 幸広, 高山 廣光, 飯田 満, 薮下 尚智
特許第5308352号 : オピオイド鎮痛剤
高山 廣光, 北島 満里子, 松本 健次郎, 堀江 俊治
国際出願番号 JP2008071689
国際公開番号 WO2009069764
特許US 8247428 : Indole alkaloid derivatives having opioid receptor agonistic effect, and therapeutic compositions and methods relating to same
Takayama H, Kitajima M, Matsumoto K, Horie S

社会貢献活動

 
Journal of Natural Medicines
【編集長】  日本生薬学会/Springer  2008年4月 - 2014年3月
MEDCHEM NEWS
【編集長】  日本薬学会 医薬化学部会  2009年4月 - 2011年3月
ファルマシア委員 (副委員長1999年度)
【編集】  日本薬学会  1997年4月 - 2000年3月