野田 幸男

J-GLOBALへ         更新日: 15/05/07 10:00
 
アバター
研究者氏名
野田 幸男
 
ノダ ユキオ
所属
日本原子力研究開発機構
部署
量子ビーム応用研究センター
職名
客員研究員
学位
理学修士(大阪大学), 理学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用部門 客員研究員
 
2014年5月
 - 
2014年11月
韓国原子力研究所 HANARO Brain Pool Fellow
 
1998年5月
 - 
2013年3月
東北大学 教授
 
1994年8月
 - 
1998年5月
千葉大学 教授
 
1989年11月
 - 
1994年8月
千葉大学 助教授
 
1979年4月
 - 
1989年11月
大阪大学 助手
 
1977年10月
 - 
1979年3月
米国ブルックヘブン国立研究所 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1977年
大阪大学 理学研究科 物理学
 
 
 - 
1971年
関西学院大学 理学部 物理学科
 

Misc

 
鬼柳亮嗣,野田幸男,持田智行,菅原正
日本結晶学会誌   49(2) 107-114   2007年
Y. Noda, H. Kimura, Y. Kamada, T. Osawa, Y. Fukuda, Y. Ishikawa, S. Kobayashi, Y. Wakabayashi, H. Sawa, N. Ikeda, K. Kohn
Physica B   385-386 119-122   2006年
M. Fukunaga, K. Nishihata, H. Kimura, Y. Noda, and K. Kohn
Journal of the Physical Society of Japan   77(9) 094711-7-094711-1   2008年
Y. Noda, H. Kimura, M. Fukunaga, S. Kobayashi, I. Kagomiya and K. Kohn
Journal of Physics: Condensed Matter   20 434206(13pp)   2008年
マルチフェロイック物質と回折実験
野田幸男
「科研費特定領域:フラストレーションが創る新しい物性」Frustration News Letter   13 6-7   2012年

書籍等出版物

 
丸善実験化学講座 11 物質の構造III 回折
日本化学会編 丸善株式会社   2006年   
放射光科学入門
東北大学出版会叢書   2004年   
実験物理学講座5 構造解析
丸善株式会社   2001年   
中性子による計測と利用
日本アイソトープ協会編集、丸善 ISBN4-89073-119-9 C3042   1999年   
実験物理学講座2 基礎技術II
本河#Sc#SR三浦編、丸善 ISBN4-621-09506-4 C3342   1999年   

講演・口頭発表等

 
マルチフェロイック物質Tm1-xYbxMn2O5単結晶の磁性と強誘電性
日本物理学会   2013年   
SrTi18O3強誘電相のSHRPD超高分解能粉末構造解析と分極方向
日本物理学会   2013年   
立ち上がった特殊環境微小単結晶中性子構造解析装置SENJUの現状
日本物理学会   2013年   
マルチフェロイック物質YMn2O5の磁気誘起強誘電相における原子変位
日本物理学会   2013年   
A role of the magnetic chirality in polarization flip in YMn2O5
Single-Crystal Diffraction with Polarised Neutrons (Flipper 2013)   2013年