宮内 崇裕

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/15 15:54
 
アバター
研究者氏名
宮内 崇裕
 
ミヤウチ タカヒロ
URL
http://www-es.s.chiba-u.ac.jp/~tmiyauch/index.htm
所属
千葉大学
部署
大学院 理学研究院 地球科学研究部門
職名
教授
学位
理学博士, Doctor of Science(東京都立大学)
科研費研究者番号
00212241

研究分野

 
 
  • 地球惑星科学 / 地質学 / 地形学

経歴

 
2006年10月
 - 
現在
千葉大学 大学院理学研究院地球科学研究部門 教授
 
1995年4月
 - 
2006年9月
千葉大学 理学部地球科学科 助教授
 
1989年3月
 - 
1995年3月
千葉大学 理学部地学科 助手
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1987年3月
東京都立大学 大学院理学研究科 地理学専攻
 

委員歴

 
2000年2月
 - 
現在
文部科学省  地震調査推進本部専門委員
 
1995年
 - 
現在
国土交通省国土地理院  全国主要(都市圏)活断層整備検討委員会
 
2012年12月
 - 
2017年1月
原子力規制庁  原子力発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合
 

受賞

 
2001年3月
日本地理学会 日本地理学会賞
 
1986年3月
日本地理学会 日本地理学会研究奨励賞
 
1997年3月
日本地質学会 日本地質学会論文賞
 

論文

 
Paleo-uplift along the Kaikōura coastline: evidence from Holocene marine terraces
INQUA-PATA      2017年11月   [査読有り][招待有り]
Holocene environmental changes and paleo-tsunami history in Onuma on the southern part of the Sanriku Coast, northeast Japan
Marine Geology   286 126-139   2016年2月   [査読有り]
The source model and recurrence interval of Genroku-type Kanto earthquakes estimated from pale-shoreline data
68 10   2016年1月   [査読有り]

Misc

 
詳細活断層デジタルマップ新編
今泉俊文,宮内崇裕,堤浩之,中田高
140   2018年3月
宮内 崇裕, 三縄 岳大, 伊藤 谷生, 加藤 一, 河村 知徳, 井川 猛, 浅尾 一己
The Quaternary Research   45(4) 263-274   2006年
Late Quaternary tectonic and isostatic regional crustal uplift in the Korean Peninsula through paleoshoreline analysis, compared with Japanese Islands
Transaction of Japanese Geomorphlological Union   22 277-285   2001年
第四紀逆断層アトラス
東京大学出版会      2002年
東北日本北部における後期更新世海成面の対比と編年
地理学評論 Gegraphical Review of Japan   61(5) 404-422   1988年
飛島の海岸段丘
地学雑誌   100(3) 317-336   1992年
イタリアにおける最近の海成第四系および海岸段丘の編年・層序
第四紀研究 The Quaternary Research   34(2) 65-79   1995年
伊藤 谷生, 井川 猛, 足立 幾久, 伊勢崎 修弘, 平田 直, 浅沼 俊夫, 宮内 崇裕, 松本 みどり, 高橋 通浩, 松澤 進一, 鈴木 雅也, 石田 啓祐, 奥池 司郎, 木村 学, 國友 孝洋, 後藤 忠徳, 澤田 臣啓, 竹下 徹, 仲谷 英夫, 長谷川 修一, 前田 卓哉, 村田 明広, 山北 聡, 山口 和雄, 山口 覚
地質学雑誌 The Journal of the Geological Society of Japan   102(4) 346-360   1996年
活断層研究 Active Fault Research   (16) 1-6   1997年
活断層研究 Active faults Research   (17) 26-30   1998年
活断層研究 Actine Faults Research   (18) 14-22
「200万分の1日本列島活断層図-過去数十万年間の断層活動の特徴-
第四紀研究 The Quaternary Research   40(3) 235-242   2001年
地震 Journal of the Seismological Society of Japan   53(4) 357-372   2001年
活断層研究 Active Fault Research   24号 53-62   2004年
Datazione del methodo Th230/U234 di Cladocora Coespitosa(121Ka) in depositi a Strombus bubonius(Vibo Valentia Marina, Italia meridionale)
Il Quaternario   6(1) 139-144   1993年
Geochronology of Pleistocene marine terraces and regional tectonics in the Tyhhrenian coast, South Calabria, Italy
Il Quaternario   7(1) 17-34   1994年
Vertical tectonic movement in northeastern Marlborough : Stratigraphic, radiocarbon, and paleoecological data from Holocene estuaries
New Zealand Journal of Geology and Geophysics   38 269-282   1995年
Pleistocene coastal terraces of Kaikoura Peninsula and the Marlborough coast, South Island, New Zealand
New Zealand Journal of Geology and Geophsics   39 51-73   1996年
Late Quaternary regional crustal movement in the Korea Peninsula and Japanese Islands through paleoshoreline Analysis
Transactions, Japanese Geomorphological Union   22(3) 227-285   2001年
日本の活断層
東大出版会      1991年
変動地形とテクトニクス
古今書院      1990年
地球表層環境の解析法
朝倉書店      1992年
地球環境科学概説
朝倉書店      1996年
世界の地形
東京大学出版会      1997年
日本の逆断層アトラス
東京大学出版会      2002年
日本の地形-北海道編-
東京大学出版会      2003年
詳細活断層デジタルマップ(DVD-ROMと解説)
東京大学出版会      2002年
Active faults of Japan
Press of University of Tokyo      1991年
Tectonic Geomorphology
Kokon-shoin      1990年
Enrironmental Earth Sciences
Asakura shoten      1996年
Landforms of the World
University of Tokyo Press      1997年

書籍等出版物

 
詳細活断層デジタルマップ新編
今泉俊文,宮内崇裕,堤浩之,中田高
2018年3月   

Works

 
変動地形学
地形形成史
情報地理学
tectonic geomorphology
Geomorphic evolution

競争的資金等の研究課題

 
活構造運動に起因する地形の形成プロセスに関する研究。とくに,活断層地形の成立過程と活断層型地震の発生予測,および海成段丘の波状変位・隆起沈降現象の解明にもとづく海溝型地震の履歴と将来予測。