土田 哲也

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/27 03:17
 
アバター
研究者氏名
土田 哲也
所属
埼玉医科大学
部署
医学部皮膚科
職名
教授
学位
医学博士(東京大学)
科研費研究者番号
70126126

委員歴

 
2002年9月
 - 
2004年8月
抗がん剤適正使用ガイドライン作成ワーキンググループ委員  評価委員
 
2004年4月
 - 
2008年3月
科学研究費委員会審査  専門委員(審査員)
 
2004年4月
 - 
現在
がん診療ガイドライン委員会委員  評価委員
 
2004年4月
 - 
現在
皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン作成委員会委員  委員、編集責任者
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本皮膚科学会東京支部運営  支部長
 

論文

 
活性型ビタミンD3外用治療が奏効した小児汎発性膿疱性乾癬の1例
村山喬之、倉持朗、中村晃一郎、土田哲也
日本小児皮膚科学会雑誌   37(1) 31-36   2018年3月   [査読有り]
Nail apparatus melanoma in a Japanese population: a comparative study of surgical procedures and prognoses in a large series of 151 cases
Ogata D, Uhara H, Tsutsumida A, Yamazaki N, Mochida K, Amano M, Yoshikawa S, Kiyohara Y, Tsuchida T
Eur J Dermatol   27(6) 620-626   2017年12月   [査読有り]
筋層内に浸潤した結節性筋膜炎の1例
村山喬之、緒方大、里村英恵、中村晃一郎、倉持朗、土田哲也
皮膚科の臨床   59(13) 2021-2024   2017年12月   [査読有り]
Dermoscopic features of ocular and extraocular sebaceous carcinomas
Satomura H, Ogata D, Arai E, Tsuchida T
J Dermatol   44(11) 1313-1316   2017年11月   [査読有り]
Case of pigmented epithelioid melanocytoma affecting the thumbnail
Ogata D, Arai E, Taguchi M, Ohara K, Saida T, Tsuchida T
J Dermatol   44(11) 1322-1323   2017年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ロドデノール誘発性脱色素斑は自己免疫機序により生じる「Dermatology Year Book 2018-2019 WHAT'S NEW in 臨床皮膚科学」
土田哲也、中村晃一郎、高木理英、川野雅章、松下祥
メディカルレビュー社   2017年12月   
ダーモスコピー「癌診療指針のための病理診断プラクティス 皮膚腫瘍」
土田哲也
中山書店   2017年9月   
「皮膚科新薬の使い方:オプジーボ、ヤーボイ、キイトルーダ、メキニスト、タフィンラー、ゼルボラフ (悪性黒色腫):治療選択におけるポイント」
緒方大、土田哲也
メディカルレビュー社   2017年2月   
「皮膚疾患最新の治療2017-2018 皮膚悪性腫瘍診療ガイドラインの検証」
南江堂   2017年1月   
「皮膚科研修ノート:皮膚科の診察 診察の方法(2)視診・触診」
診断と治療社   2016年4月   

講演・口頭発表等

 
当院で経験したDPP-4阻害薬関連水疱性類天疱瘡の6例
◎伊藤唯、村山喬之、宮野恭平、柳澤宏人、村上拓生、里村英恵、横田亜樹子、中村晃一郎、倉持朗、(土田哲也)
日本皮膚科学会第876回東京地方会   2017年12月16日   日本皮膚科学会東京支部
Peptidoglycans induce chemokine production by dendritic cells in patients with atopic dermatitis
◎Miyano K, Nakamura K, (Tsuchida T)
The 42nd Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   2017年12月15日   The Japanese Society for Investigative Dermatology
Sphingolipid abnormalities occur in SMS2-deficient mice
◎makino A, Skai S, Nishi A, Ichikawa T, Yamashita T, Tokutomw Y, Crumrine D, Uchida Y, Elias PM, (Tsuchida T), Hamanaka S
The 42nd Annual Meeting og the Japanese Society for Investigative Dermatology   2017年12月15日   The Japanese Society for Investigative Dermatology
トラネキサム酸とカルボシステインが被疑薬と考えられた固定薬疹の1例
◎東郷朋佳、宮野恭平、中村晃一郎、倉持朗、(土田哲也)
第47回日本皮膚アレルギー学会・接触皮膚炎学会学術大会 第41回皮膚脈管・膠原病研究会   2017年12月10日   日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会
多発血管炎性肉芽腫症の1例
◎宮野恭平、村山喬之、里村英恵、佐藤詩穂里、中井悠斗、岡部正和、東郷朋佳、中村晃一郎、倉持朗、(土田哲也)
第47回日本皮膚アレルギー学会・接触皮膚炎学会学術大会 第41回皮膚脈管・膠原病研究会   2017年12月9日   日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会

所属学協会

 
 

Works

 
皮膚科領域細菌感染症
土田哲也,渡辺晋一,五十嵐敦之   その他   2004年
脱毛症
土田哲也   その他   2004年
選択的動脈造影・塞栓術を術前に行ったpachydermatoceleの治療例ー神経線維腫症1のpachydermatoceleへの対応ー
土田哲也,倉持 朗,田中淳司,平敷淳子   その他   2004年
新しい診断技術と知っておきたい感染症:ダーモスコピー
土田哲也   その他   2005年4月
皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎
土田哲也,高森建二,松尾聿朗,佐々木りか子,川島眞   その他   2005年4月

競争的資金等の研究課題

 
悪性黒色腫の新しい診断及び治療法の開発に関する研究
厚生労働省: 
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月
神経皮膚症候群に関する研究
厚生労働省: 
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月
悪性黒色腫に対する新しい診療体系の確立に関する研究
厚生労働省: 
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月
難治性悪性腫瘍に対する標準的治療確立のための多施設共同研究
厚生労働省: 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
がん化学療法及び免疫抑制療法中のB型肝炎ウイルス再活性化予防対策法の確立を目指したウイルス要因と宿主要因の包括的研究
厚生労働省: 
研究期間: 2012年5月 - 現在

社会貢献活動

 
J Dermatol Science査読
【】  2004年4月 - 現在
「皮膚科の臨床」編集
【】  2004年4月 - 現在
日本皮膚科学雑誌査読
【】  2004年4月 - 現在
「Skin Cancer」編集
【】  2004年4月 - 2007年3月
東京大学皮膚科学の講義
【】  2004年4月 - 2012年3月