藤本 博己

J-GLOBALへ         更新日: 14/09/25 11:55
 
アバター
研究者氏名
藤本 博己
 
フジモト ヒロミ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/70e4464de6730dbf5c57a367ce656ded.html
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 災害科学国際研究所 教授
 
2012年
 - 
2013年
東北大学災害科学国際研究所 教授 教授
 
2000年
 - 
2012年
東北大学大学院理学研究科 教授 教授
 
1987年
 - 
2000年
東京大学海洋研究所 助教授 助教授
 
1976年
 - 
1987年
東京大学海洋研究所 助手 助手
 

学歴

 
 
 - 
1976年
東京大学 理学系研究科 地球物理学
 
 
 - 
1971年
東京大学 理学部 地球物理学
 

委員歴

 
2008年
   
 
- 海洋研究開発機構 海洋研究推進委員会 委員
 
2006年
 - 
2008年
東京大学地震研究所 海半球センター外部評価委員会 委員
 
2009年
   
 
- 日本地球掘削科学コンソーシアム 技術開発推進専門部会 委員
 
2009年
   
 
- (独)海洋研究開発機構 「南海トラフ巨大地震連動性評価研究」研究推進委員会 委員
 
2009年
   
 
- (独)日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員
 

受賞

 
2006年
海洋調査技術学会 論文賞
 
1993年
水路技術奨励賞
 

Misc

 
海底地殻変動観測の進捗状況と課題
藤本博己
水路新技術講演集 日本水路協会   20 6-12   2006年
GPS/音響測距結合方式による海底地殻変動観測
藤本博巳
地質と調査   105 10-13   2005年
海底地殻変動観測による沈み込みの現場観測
藤本博巳・三浦哲・日野亮太・木戸元之・長田幸仁
月刊地球,号外   51 188-192   2005年
三陸沖光ケーブル式海底地震・津波観測システムによる津波観測
日野亮太・藤本博巳・桑野亜佐子・西野実・金沢敏彦・酒井慎一・中尾茂
月刊地球   27(3) 190-196   2005年
測地学における海底ケーブルの科学的利用
藤本博巳・日野亮太・金沢敏彦
月刊地球   26(5) 240-248   2004年

書籍等出版物

 
測地・津波
共立出版   2013年   
重力からみる地球
東京大学出版会   2000年   
Gravity, Geoid and Marine Geodesy
Springer-Verlag, Heidelberg   1997年   
海洋調査フロンティア-海を計測する-
1993年   
The Ocean Basins and Margins
Plenum Press, New York   1988年   

講演・口頭発表等

 
DONET計画の下で進めた海底地殻変動観測手法高度化の研究
日本地球惑星科学連合2010 年大会   2010年   
海洋プレートモデルの再考
日本地震学会2009 年度秋期大会   2009年   
上下方向の海底地殻変動観測に用いる圧力センサーの長期ドリフトについて
日本地球惑星科学連合2009 年大会   2009年   
Ocean bottom pressure observation in the midst of Lynn Canal, Southeast Alaska
ASC-SSJ合同大会   2008年   
Development of a GPS/A seafloor positioning system for future application to continuous observation with a moored buoy
ASC-SSJ合同大会   2008年   

Works

 
海底地殻変動観測技術の高度化
2010年
切迫度の高い震源域の先行調査観測
2008年 - 2010年
セミリアルタイム海底地殻変動連続観測に向けたシステム開発
2006年 - 2010年
海底地殻変動観測システムの開発
2003年 - 2006年
日本近海の海溝・トラフの地形図作成
1985年 - 1986年

競争的資金等の研究課題

 
海底地殻変動観測の高度化
受託研究
研究期間: 2003年 - 2012年
プレート境界のダイナミクスに関する研究
研究期間: 2000年 - 2012年
海中ロボットを用いた海底探査