佐伯 胖

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/06 07:49
 
アバター
研究者氏名
佐伯 胖
 
サエキ ユタカ
所属
田園調布学園大学
部署
大学院人間学研究科 子ども人間学専攻
職名
教授
その他の所属
東京大学青山学院大学信濃教育会教育研究所

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
田園調布学園大学大学院 人間学研究科 教授
 
 
 - 
現在
青山学院 名誉教授
 
 
   
 
青山学院大学 社会情報学部 教授
 
 
   
 
青山学院大学 文学部教育学科 教授
 
 
 - 
現在
東京大学 名誉教授
 
 
   
 
東京大学 大学院教育学研究科長・教育学部長 大学院教育学研究科長・教育学部長
 
 
   
 
東京大学 大学院教育学研究科 教授
 
 
   
 
東京理科大学 理工学部 助教授
 

学歴

 
 
   
 
ワシントン大学大学院 学芸学科 心理学専攻 博士課程 
 
 
   
 
ワシントン大学大学院 学芸学科 心理学専攻 修士課程 
 
 
   
 
慶應義塾大学 工学研究科 管理工学専攻修士課程
 
 
   
 
慶應義塾大学 工学部 管理工学科
 

受賞

 
2012年
日本認知科学会 フェロー賞
 
2009年
CIEC(コンピュータ利用教育協議会) 功労賞
 
1993年
第48回電気学術振興賞・著作賞『ヒューマン・コンピュータ交流技術』(電気学会)
 
1987年
第2回電気通信普及財団賞論文賞『コンピュータと教育』(電気通信普及財団)
 
1972年
第3回研究奨励賞“Conjoint Measurementを利用した評価関数決定システム”(日本経営情報開発協会)
 

論文

 
特別支援教育におけるニーズ概念の再検討
佐伯 胖 & 呉文慧
田園調布学園大学紀要   (12) 97-116   2018年3月   [査読有り]
学びの場が生まれるとは
佐伯 胖
教育心理学年報   54集 153-160   2015年3月   [招待有り]
そもそも「学ぶ」とはどういうことか:正統的周辺参加論の前と後
佐伯 胖
組織科学   42巻(2号) 38-49   2014年12月   [招待有り]
認識の根源としての共感
佐伯 胖
神経心理学   29巻(1号) 14-21   2013年3月   [招待有り]
産褥入院中の初産婦が受ける育児支援ー「二人称的かかわり」を中心に―
永田裕子・佐伯 胖
子育て研究   3巻 3-12   2013年3月   [査読有り]

Misc

 
学びを問い続けて
佐伯 胖
信濃教育   (1583号) 14-46   2018年10月   [依頼有り]
「自然的ケアリング」と道徳
佐伯 胖
信濃教育   (1576号) 72-83   2018年3月   [依頼有り]
「感じること」と「知ること」
佐伯 胖
幼児の教育   117巻(1号) 36-39   2018年1月   [依頼有り]
「主体的・対話的で深い学び」とは
佐伯 胖
信濃教育   (1574号) 78-88   2018年1月   [依頼有り]
「謙虚さ(ヒュミリティ)」ということ
佐伯 胖
信濃教育   (1573号) 85-95   2017年12月   [依頼有り]
「ダイエット算数」とは何か
佐伯 胖
信濃教育   (1570号) 62-71   2017年9月   [依頼有り]
「ひとの心がわかる」ということ
佐伯 胖
信濃教育   (1569号) 86-97   2017年8月   [依頼有り]
「感じる」という知り方
佐伯 胖
信濃教育   (1568号) 80-87   2017年7月   [依頼有り]
「みんな」ということばのあやうさ
佐伯 胖
信濃教育   (1567号) 76-83   2017年6月   [依頼有り]
「教育」という世界のふしぎ
佐伯 胖
信濃教育   (1566号) 85-93   2017年5月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
自主シンポジウム:子どもが感じる世界を感じるー保育における”おもしろさ”の探求ー(指定討論)
佐伯 胖
日本保育学会第72回大会   2019年5月4日   
「対話」が生まれるとき~たましいの訴えを聴く~
佐伯 胖
日本発達心理学会第30会大会   2019年3月18日   
二人称的アプローチ:発達心理学の新しいパラダイム
佐伯 胖
日本発達心理学会第30回大会   2019年3月17日   
自主シンポジウム:子どもが感じる世界を感じる(指定討論)
佐伯 胖
日本保育学会第71回大会   2018年5月13日   
自主シンポジウム 保育の営みの二人称的転換-保育実践を二人称的に記述するとは-(指定討論)
佐伯 胖
日本保育学会第70回大会   2017年5月21日   
How a second person approach is misunderstood. (The discussant to the invited lecture by Vasudevi Reddy, “Feeling minds in engagement: The origin of social understanding") [招待有り]
佐伯 胖
発達心理学会第27回大会   2016年4月30日   
自主シンポジウム 子どもがケアする世界をケアする―保育の営みの二人称的転換―(指定討論)
佐伯 胖
日本保育学会第69回大会   2016年5月7日   
自主シンポジウム 子どもがケアする世界をケアする:二人称的/三人称的かかわり(指定討論)
佐伯 胖
日本保育学会第68回大会   2015年5月10日   
子どもがケアする世界をケアする①:遊びと人的/モノ的かかわり
・ 林浩子・宇田川久美子・岩田恵子・佐伯胖
日本保育学会第67回大会   2014年5月18日   
基調講演:子どもを「ヒューマン」として見る [招待有り]
佐伯 胖
日本乳幼児教育学会第23回大会   2013年11月23日   
自主シンポジウム:子どもがケアする世界をケアする(指定討論)
佐伯 胖
日本保育学会第66会大会   2013年5月12日   
The concretely objectified as a model for abstract learning: Double stimulation in math education
In Symposium,“Rethinking double stimulation: Expansion and application of Vygotsky's legacy for instruction and learning”(organized by Y.Moro), The Fifth Congress of the International Society for Cultural Research and Activity Theory(単独)   2002年   
協調的科学的討論支援システムの開発
日本科学教育学会第26回年会『日本科学教育学会年会論文集』26,pp.159-160(共同)   2002年   
(指定討論)ワークショップ:アナロジー研究の新しい方向性を求めて(2)
日本心理学会第70回大会   2006年   
シンポジウム:“文化”を生きる─実践と制度─
日本心理学会第70回大会(単独)   2006年   
(指定討論)遊び・ナラティブ・学習─演劇を核とした保育活動の創出(自主シンポジウム14)
日本発達心理学会第18回大会(埼玉大学主催)(単独)   2007年   
(話題提供)他学会からの期待:「認知科学」の立場から(シンポジウム2:教育工学研究の望まれる方法論─実践・政策・市場原理を踏まえたデザイン)
日本教育工学会第23回全国大会(『日本教育工学会第23回全国大会講演論文集』pp.39-42)(単独)   2007年   
子どもがケアする世界をケアする②:自閉傾向のある子どもと人的/モノ的かかわり
佐伯 胖
日本保育学会第67回大会   

書籍等出版物

 
佐久間亜紀・佐伯胖編著 現代の教師論
佐伯 胖 (担当:共編者, 範囲:第9章、終章)
ミネルヴァ書房   2019年4月   
「きめ方」の論理ー社会的決定理論への招待
佐伯 胖 (担当:単訳)
筑摩書房   2018年8月   
ビデオによるリフレクション入門ー実践の多義創発性を拓く
佐伯 胖、刑部育子、苅宿俊文 (担当:共著)
東京大学出版会   2018年6月   
渡邊英則ほか編 新しい保育講座① 保育原理
佐伯 胖 (担当:分担執筆, 範囲:「保育原理」の原理を問う)
ミネルヴァ書房   2018年4月   
岸井慶子・酒井真由子編 コンパス保育内容 人間関係
佐伯 胖 (担当:分担執筆, 範囲:人と人との関係)
建帛社   2018年2月   
発達心理学の新しいパラダイムー人間科学の「二人称的アプローチ」ー
V. Reddy、松沢哲朗、下條信輔、佐伯胖・當眞千賀子 (担当:共著)
中山人間科学振興財団   2017年10月   
「子どもがケアする世界」をケアする
佐伯 胖 (担当:編者)
ミネルヴァ書房   2017年8月   
佐藤慎司・佐伯胖編著 かかわることば
佐伯 胖 (担当:共編者, 範囲:1章 かかわることば、かかわらない言葉)
東京大学出版会   2017年5月   
村上 陽一郎, 銀林 浩, 三宅 なほみ, マイケル コール, 佐伯 胖 (担当:共著)
東京大学出版会   2015年6月   ISBN:4130090984
ヴァスデヴィ・レディ (担当:単訳)
ミネルヴァ書房   2015年3月   ISBN:4623071731

担当経験のある科目

 

Works

 
「適応」か、「相互構成」か、「参加」か(石黒広昭・亀田達也(編)『文化と実践―心の本質的社会性を問う』新曜社)
2010年1月
「人間発達の軸としての「共感」」(『共感─育ち合う保育のなかで─』(佐伯 胖編)(ミネルヴァ書房))
2007年5月
「子どもの遊びにおける協調と対立のゲーム論的分析」(『数理科学』)
2004年6月
「eラーニングにおける協調学習」(『経営システム』)
2003年1月
「子どもの仲間づくりの進化ゲーム論的分析」(『進化ゲームとその展開』佐伯 胖, 亀田達也編(「認知科学の探求」日本認知科学会編)(共立出版))
2002年10月

競争的資金等の研究課題

 
幼児・児童の学習と発達
研究期間: 2006年   
看護教育における状況的学習論の適用
研究期間: 2008年