米谷 民明

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 13:20
 
アバター
研究者氏名
米谷 民明
 
ヨネヤ タミアキ
URL
http://hep1.c.u-tokyo.ac.jp/~tam/tam.html
所属
東京大学
部署
大学院総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系
職名
名誉教授
学位
理学博士, 理学修士
その他の所属
放送大学教養学部

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1974年
 - 
1975年
日本学術振興会 奨励研究員
 
1975年
 - 
1980年
北海道大学理学部 助手
 
1976年
 - 
1978年
(1976-1978 ニューヨーク市立大学大学院 研究員)
 
1980年
 - 
1991年
東京大学教養学部 助教授
 
1991年
 - 
1996年
東京大学教養学部 教授
 

学歴

 
1969年4月
 - 
1974年3月
北海道大学 大学院理学研究科 Department of Physics
 
1965年4月
 - 
1969年3月
北海道大学 理学部 物理
 

委員歴

 
2004年4月
 - 
2017年3月
岡山県  岡山光量子研究所評議員
 
2005年10月
 - 
2012年1月
Asian Winter School on Theoretical Physics  member of steering committee
 
2007年4月
 - 
2009年3月
素粒子論委員会  素粒子メダル選考委員
 
2005年1月
 - 
2006年12月
日本学術振興会  科学研究費専門委員
 
2004年8月
 - 
2006年7月
日本学術振興会  特別研究員等専門委員
 
2004年4月
 - 
2006年3月
素粒子論委員会  素粒子メダル選考委員
 
2000年12月
 - 
2002年11月
大学評価・学位授与機構  評価委員会評価員
 
1997年7月
 - 
1997年9月
高エネルギー物理学研究機構素粒子原子核研究所  理論部門外部評価委員
 

受賞

 
1986年
西宮湯川記念賞
 
2007年
日本物理学会論文賞
 

論文

 
Lectures on Higher-Gauge Symmetries from Nambu Brackets and Covariantized M(atrix) Theory
米谷 民明
Noncommutative Geometry and Physics   3-48   2017年   [査読有り][招待有り]
Generalized Hamilton–Jacobi theory of Nambu mechanics
米谷 民明
PTEP   2017(2) 023A0   2017年   [査読有り]
Covariantized Matrix theory for D-particles
米谷 民明
JHEP1606   058   2016年   [査読有り]
Gravity from strings: Personal reminiscence on early developments
米谷 民明
The Birth of String Theory   459-473   2012年   [査読有り][招待有り]
Direct test of the gauge-gravity correspondence for Matrix theory correlation functions
米谷 民明
JHEP   1112 020   2011年   [査読有り]
Towards quantum field theory of D-particles
米谷 民明
Prog.Theor.Phys.Suppl.   188 63-74   2011年   [招待有り]
Monte Carlo studies of Matrix theory correlation functions
米谷 民明
Phys.Rev.Lett.   104 151601   2010年   [査読有り]
An Attempt Towards Field Theory of D0 Branes: Quantum M-Field Theory
米谷 民明
Int.J.Mod.Phys.   A23 2343-2351   2008年   [査読有り]
Space-Time Uncertainty and Approaches to D-Brane Field Theory
米谷 民明
Prog.Theor.Phys.Suppl.   171 87-98   2007年   [招待有り]
Field theory of Yang-Mills quantum mechanics for D-particles
米谷 民明
Prog.Theor.Phys.   118 135-167   2007年   [招待有り]
String Theory
Tamiaki Yoneya
Journ. Phys. Soc. Japan 76, 11020-1--9(2007).   76 11020-1-9   2007年   [査読有り][招待有り]
1/2-BPS Correlators as c=1 S-matrix
Antal Jevicki and Tamiaki Yoneya
JHEP   03 001   2007年   [査読有り]
Akitsugu Miwa, Tamiaki Yoneya
JHEP0612:060,2006   0612 060   2006年9月   [査読有り]
We study the expectation values of Wilson-loop operators with the
insertionsof local operators Z^J and Zbar^J with large R-charge J from the bulk
viewpoint of AdS/CFT correspondence. Classical solutions of strings attached to
such deformed Wilson ...
Tamiaki Yoneya
Prog.Theor.Phys.Suppl.164:82-102,2007   164 82-102   2006年7月   [招待有り]
We give a brief expository discussion on the holographic correspondence of
correlation functions in the large J limit of AdS/CFT conjecture. We first
review our proposals on the interpretation of the so-called GKPW relation in
the large J limit or...
Tamiaki Yoneya
JHEP0512:028,2005      2005年10月   [査読有り]
We extend the fermion representation of single-charge 1/2-BPS operators in
the four-dimensional N=4 super Yang-Mills theory to general (multi-charge)
1/2-BPS operators such that all six directions of scalar fields play roles on
an equal footing. T...
Suguru Dobashi, Tamiaki Yoneya
Nucl. Phys.B   711, 54-82    2005年   [査読有り]
Suguru Dobashi, Tamiaki Yoneya
Nucl. Phys. B   711, 3-53    2005年   [査読有り]
Masako Asano, Yasuhiro Sekino, Tamiaki Yoneya
Nucl.Phys. B678 (2004) 197-232   678, 197-2323    2003年8月   [査読有り]
As an extension of the so-called BMN conjecture, we investigate the
plane-wave limit for possible holographic connection between bulk string
theories in non-conformal backgrounds of DTex-branes and the corresponding
supersymmetric gauge theories f...
Tamiaki Yoneya
Prog.Theor.Phys.Suppl.152:108-120,2004      2003年4月   [招待有り]
The issue of holographic principle in the PP-wave limit of the AdS/CFT
correspondence is discussed, in the hope of clarifying some confusions in the
literature. We show that, in the plane-wave limit, the relation between the
partition function in ...
Suguru Dobashi, Hidehiko Shimada, Tamiaki Yoneya
Nucl. Phys.   B665, 94--128    2003年   [査読有り]

Misc

 
米谷民明
数理科学   56(7) 22‐28   2018年7月   [依頼有り]
米谷民明
パリティ   33(6) 4‐10   2018年6月   [依頼有り]
米谷 民明
日本物理學會誌   72(4) 231-235   2017年   [依頼有り]
<p>南部力学と南部ブラケットは,通常のハミルトン形式の拡張として,南部が1973年に提唱した新しい力学形式である.その概要と意義を非専門家向きに解説する.また,弦理論およびM理論との関連,影響についても簡単に触れる.</p>
米谷 民明
数理科学   54(10) 22-27   2016年10月   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   54(3) 5-7   2016年3月   [依頼有り]
米谷 民明
パリティ   30(11) 32-35   2015年11月   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   51(5) 5-9   2013年5月   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   49(2) 77-83   2011年2月   [依頼有り]
米谷 民明
日本物理学会講演概要集   65(0)    2010年   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   47(12) 58-62   2009年12月   [依頼有り]
阿部 龍蔵, 米谷 民明
数理科学   47(7) 5-10   2009年7月   [依頼有り]
米谷 民明, 河東 泰之
数理科学   46(5) 5-10   2008年5月   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   46(2) 7-14   2008年2月   [依頼有り]
アインシュタインの夢と超弦理論
米谷 民明
札南この10年(紙上講演会,北海道札幌南高等学校創立110周年記念誌)   245-249   2006年   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   43(9) 40-46   2005年9月   [依頼有り]
柴田 文明, 清水 富士夫, 米谷 民明
科学   75(2) 170-189   2005年2月   [依頼有り]
米谷 民明
パリティ   19(10) 50-52   2004年10月   [依頼有り]
Gravity from strings
米谷 民明
Concise Encyclopedia of Supersymmetry   176-178   2004年   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   41(1) 5-12   2003年1月   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   40(4) 60-66   2002年4月   [依頼有り]
青木 秀夫, 上田 正仁, 金子 邦彦, 谷森 達, 田崎 晴明, 米谷 民明, 細谷 暁夫
日本物理學會誌   56(9) 648-659   2001年9月   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   39(9) 49-55   2001年9月   [依頼有り]
米谷 民明
パリティ   16(3) 10-15   2001年3月   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   38(4) 5-12   2000年4月   [依頼有り]
大川 祐司, 米谷 民明
日本物理学会講演概要集   54(0)    1999年
米谷 民明
日本物理學會誌   53(5) 312-319   1998年5月   [依頼有り]
超弦理論の研究はここ1-2年急速に展開している. 弦理論研究者自身にとっても, 数年前には予想が難しかったような方向に展開しつつあり, これをきっかけにしてそう遠くない将来に大きなブレイクスルーが起こることを予感させるものがある. 以下では, 非専門家の方々向きに現状と最近の発展について概略を説明し, その意義について考えてみたい.
米谷 民明
パリティ   13(2) 16-22   1998年2月   [依頼有り]
量子重力理論
米谷 民明
世界が注目する科学「大仮説」(最新科学シリーズ,学習研究社)   106-117   1998年   [依頼有り]
鼎談「数学と物理の不思議な対応原理」
上野 健嗣 江沢 洋 米谷 民明
ミュ・アルファ (Engineer's transfer magazine, 株式会社学生支援会)   (8) 17   1998年   [依頼有り]
対談「万物は振動する」
佐藤 勝彦 米谷 民明
エレキテル(東芝)   (29) 4-9   1998年   [依頼有り]
大川 祐司, 米谷 民明
日本物理学会講演概要集   53(0)    1998年
Collins Graham P., 米谷 民明
パリティ   12(9) 37-43   1997年9月   [依頼有り]
物理学の学び方
米谷 民明
岩波書店「夏の高校生セミナー」      1997年8月   [依頼有り]
物理と数学的イデアの世界
米谷 民明
岩波講座「応用数学」月報   (4)    1997年   [依頼有り]
重力を含む力の統一理論ー弦理論の問題とは何か
米谷 民明
非線形現象の数理科学論文集(総合研究大学院大学)   99-107   1997年   [依頼有り]
黒木 経秀, 大川 祐司, 杉野 文彦, 米谷 民明
日本物理学会講演概要集   52(0)    1997年
米谷 民明
数学セミナ-   35(11) 66-71   1996年11月   [依頼有り]
米谷 民明
数学セミナ-   35(10) 56-60   1996年10月   [依頼有り]
弦理論は究極理論か
米谷 民明
21世紀を動かす科学10大理論(最新科学シリーズ)   128-141   1996年   [依頼有り]
米谷 民明
日本物理学会講演概要集   1993(0)    1993年   [依頼有り]
米谷 民明
素粒子論研究   86(4) D82-D101   1993年   [依頼有り]
In this talk, we first review the possibility of matrix models toward a nonperturbative (critical) string theory. We then discuss whether the c = 1 matrix model can describe the black hole solution of 2D critical string theory. We show that there ...
竹取物語の時間ー「時間」の解き難きもの
米谷 民明
View Kanzaki (神崎製紙株式会社)特集「竹取物語」   15-24   1992年   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   29(11) p36-43   1991年11月   [依頼有り]
米谷 民明
数セミ   30(2) p44-48   1991年2月
米谷 民明
科学   60(4) p242-249   1990年4月   [依頼有り]
Strint theory and quantum gravity
米谷 民明
Quantum String Theory, Proceedings of the Second Yukawa Memorial Symposium   23-33   1988年   [依頼有り]
米谷 民明
日本物理学会誌   42(11) p977-986   1987年11月   [依頼有り]
超弦 (superstring) 理論は重力を含めた相互作用と基本粒子に対する統一理論への有力候補として, 現在素粒子理論の分野で中心的なテーマの一つになっている. この理論の特徴は従来の局所場理論の枠組を点から線への拡張によって踏越える一方, 今まで素粒子相互作用の統一のために考え出されて来た多くの基本的概念のほとんどすべてを自然かつ極めて緊密な仕方で統合していることにある. 本稿では弦理論と量子重力との関連にテーマをしぼってその内容と現状を紹介する.
米谷 民明
科学朝日   47(3) p38-43   1987年3月   [依頼有り]
米谷 民明
素粒子論研究   74(4) D59-D67   1987年
米谷 民明
物理學會誌   42(11) 977-986   1987年   [依頼有り]
超弦 (superstring) 理論は重力を含めた相互作用と基本粒子に対する統一理論への有力候補として, 現在素粒子理論の分野で中心的なテーマの一つになっている. この理論の特徴は従来の局所場理論の枠組を点から線への拡張によって踏越える一方, 今まで素粒子相互作用の統一のために考え出されて来た多くの基本的概念のほとんどすべてを自然かつ極めて緊密な仕方で統合していることにある. 本稿では弦理論と量子重力との関連にテーマをしぼってその内容と現状を紹介する.
米谷 民明
数理科学   24(11) p16-27   1986年11月   [依頼有り]
米谷 民明
物性研究   46(1) 18-21   1986年   [依頼有り]
ここ1~2年素粒子論においては,stringの理論が統一理論として最有力の可能性であることが認識されだしてきて盛んに研究されるようになった。一方,Virasoro代数やVertex operator等,もともとはstring理論において最初に導入された概念が近年他の分野にも様々な形で現われ,具体的に使用されるようになってきている。本講演では世話人の求めに応じて,stringが素粒子論においてどのような意味を持っており,また上記のようなstring theoryの基本的構造がいかなる役割を果...
米谷 民明
科学   51(11) p687-693   1981年11月   [依頼有り]
米谷 民明
自然   36(6) p36-44   1981年6月   [依頼有り]
米谷 民明
素粒子論研究   63(2) B24-B26   1981年   [依頼有り]
米谷 民明
物性研究   37(1) 28-30   1981年   [依頼有り]
米谷 民明
数理科学   18(7) p29-34   1980年7月   [依頼有り]
QCDの位相的構造
米谷 民明
フィジクス, symposium I   181-187   1980年   [依頼有り]
米谷 民明
素粒子論研究   61(3) 619-627   1980年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
初歩からの物理
米谷 民明 (担当:共著, 範囲:第10ー15章)
放送大学教育振興会   2016年3月   
人物で読む物理法則の事典
米沢富美子他 (担当:共編者, 範囲:編集および18項目分担執筆)
朝倉書店   2015年11月   
量子と統計の物理
岸根 順一郎 米谷 民明 (担当:共著, 範囲:第1ー5章,13ー15章)
放送大学教育振興会   2015年3月   
場と時間空間の物理
岸根 順一郎 米谷 民明
放送大学教育振興会   2014年3月   
力と運動の物理
岸根 順一郎 米谷 民明 (担当:共著, 範囲:第1ー6章,11章ー15章)
放送大学教育振興会   2013年3月   
現代物理科学の論理と方法
米谷 民明 (担当:編者, 範囲:第1ー5章,12,13,15章)
放送大学教育振興会   2013年3月   
数理物理 私の研究
米谷民明(荒木不二洋他編) (担当:分担執筆, 範囲:私の研究:終わりなき旅路)
丸善出版   2012年7月   
初歩からの物理学ー物理へようこそ
生井澤 寛 米谷 民明 (担当:共著, 範囲:第10章ー15章)
放送大学教育振興会   2012年3月   
物理の世界
生井澤 寛 米谷 民明 (担当:共著, 範囲:第9章ー15章)
放送大学教育振興会   2011年3月   
光を止められるかーアインシュタインが挑んだこと
米谷 民明
岩波書店   2011年1月   
第2版現代数理科学事典
広中平祐他編 (担当:分担執筆, 範囲:量子重力(p.207-213))
2010年   
量子重力理論 拡がる多彩な最前線
米谷 民明 (担当:分担執筆, 範囲:1序論 量子重力理論の起源)
サイエンス社   2009年10月   
アインシュタインレクチャーズ@駒場
太田浩一 松井 哲男 米谷 民明 (担当:共編者, 範囲:第11講,特別講義)
東京大学出版会   2007年3月   
16歳からの東大冒険講座 [3] 文学/脳と心/数理
米谷 民明 (担当:分担執筆, 範囲:航海27日目 21世紀の物理学ー超弦理論とはどんなものか)
培風館   2005年11月   
スーパーストリング 究極の統一理論を求めて
米谷 民明 (担当:分担執筆, 範囲:II. 弦理論とは何か(点と線,そしてブレーン) 超弦理論の意味)
サイエンス社   2005年10月   
物理学辞典(三訂版)
物理学辞典編集委員会 (担当:共編者, 範囲:力学)
培風館   2005年   
科学/技術のニューフロンティア(1) 岩波講座 科学/技術と人間 第4巻
米谷 民明 (担当:分担執筆, 範囲:第6章 統一理論への道ー弦理論の論理)
岩波書店   1999年2月   
アインシュタインは何を考えたか
岩波書店   1998年   
量子論入門講義
培風館   1998年   
力学
培風館   1993年   

講演・口頭発表等

 
Generalized Hamilton-Jacobi Theory of Nambu Mechanics--Toward Quantization [招待有り]
米谷 民明
Sugawara Symposium on Fundamental Problems in Theoretical Physics (0IST, Okinawa)   2018年2月27日   
Matrix-Approach to M Theory [招待有り]
米谷 民明
Workshop on String and M Theory in Okinawa (OIST)   2017年2月9日   
Covariantized M(matrix) Theory [招待有り]
米谷 民明
String Theory, Past and Present (ICTS-TIFR, Bengaluru, India)   2017年1月13日   
Covariantized Matrix Theory I and II [招待有り]
米谷 民明
Higher structures in string theory and M-theory   2016年3月7日   
From Nambu Bracket to String/M Theory? [招待有り]
米谷 民明
International Workshop Kavli IPMU-Riken iTHES, Osaka Univ.   2015年11月17日   
My first encounter with Nambu-san [招待有り]
米谷 民明
Nambu's century: International Symposium on Yoichiro Nambu's Physics   2015年11月16日   
光と場:マックスウェルから弦理論まで [招待有り]
米谷 民明
日本物理学会2015年度科学セミナー   2015年8月20日   
General Relativity from Strings [招待有り]
米谷 民明
Strings 2015 International Conference   2015年6月24日   
弦理論とは何だろうか [招待有り]
米谷 民明
2014年度原子核若手三者夏の学校   2014年8月7日   
Unsolved questions in string theory [招待有り]
米谷 民明
KEK Theory Workshop 2014   2014年2月18日   
アインシュタインの遺産と物理学の課題 [招待有り]
米谷 民明
日本工業倶楽部講演会   2013年4月2日   
ノーベル物理学賞受賞者 南部陽一郎の世界ー自発的対称性の破れとは [招待有り]
米谷 民明
放送大学福井学習センターおよび福井大学地域貢献推進センター共催公開講演会   2012年8月5日   
What is string theory? [招待有り]
米谷 民明
ASIAA/CCMS/IANS/NTU-Phys Joint Colloquia, Taipei   2011年12月20日   
超弦理論とはどんなものか [招待有り]
米谷 民明
放送大学千葉学習センター公開講演会   2011年10月15日   
超弦理論とはどんなものか [招待有り]
米谷 民明
放送大学埼玉学習センター公開講演会   2011年2月6日   
超弦理論とはどんなものか [招待有り]
米谷 民明
信州大学理数学生応援プロジェクト特別講義   2011年2月3日   
超弦理論とはどんなものか [招待有り]
米谷 民明
西宮湯川記念科学セミナー   2010年11月27日   
Towards quantum field theory of D-particles [招待有り]
米谷 民明
International Workshop on String Field Theory, Yukawa Institute, Kyoto Univ.   2010年10月19日   
弦理論とは何か [招待有り]
米谷 民明
日本物理学会第65回年次大会   2010年3月20日   
Matrix theory, super membrane and gauge/gravity correspondence [招待有り]
米谷 民明
International Workshop on Membranes, Minimal Surfaces, and Matrix Limits (A. Einstein Institute, Potsdam, Germany)   2009年10月19日   

担当経験のある科目

 
 

所属学協会

 
 

Works

 
行列模型と量子重力(日本学術振興会日米共同研究)
1993年 - 1996年
ゲージ重力対応と量子重力統一理論の構築(日本学術振興会日米共同研究)
2005年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
ゲージ/重力対応と非摂動的超弦理論の構築
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月    代表者: 米谷 民明
ゲージ/弦対応と量子重力理論の構築
日本学術振興会: 2国間共同研究(相手国対応機関米国科学財団)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 米谷 民明
げージ/重力対応と量子重力理論の構築
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 米谷 民明
超弦理論に基づく量子重力理論の構築
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2001年4月 - 2006年3月    代表者: 米谷 民明
超弦理論の時空構造と対称性
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2000年4月 - 2003年3月    代表者: 米谷 民明

社会貢献活動

 
Progress of Theoretical and Experimental Physics 編集委員
【編集】  日本物理学会  2013年 - 現在
雑誌「数理科学」編集顧問
【助言・指導, 情報提供, 企画】  サイエンス社  現在
Progress of Theoretical Physics 編集委員
【編集】  京都大学基礎物理学研究所  2008年10月 - 2013年