花木 啓祐

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/27 07:24
 
アバター
研究者氏名
花木 啓祐
 
ハナキ ケイスケ
eメール
hanakitoyo.jp
所属
東洋大学
部署
情報連携学部
職名
教授
学位
工学博士(東京大学)
科研費研究者番号
00134015

研究分野

 
 

経歴

 
1980年4月
 - 
1983年3月
東北大学工学部 助手
 
1983年4月
 - 
1985年4月
東京大学工学部 助教授
 
1985年4月
 - 
1987年4月
アジア工科大学院(バンコク) 助教授
 
1987年4月
 - 
1992年11月
東京大学工学部 助教授
 
1992年11月
 - 
1992年12月
東京大学工学部 教授
 
1993年1月
 - 
1998年3月
東京大学先端科学技術研究センター 教授
 
1998年4月
 - 
2017年3月
東京大学大学院工学系研究科 教授
 
2017年4月
 - 
現在
東洋大学情報連携学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
東京大学 工学系研究科博士課程 都市工学専門課程
 
 
 - 
1975年
東京大学 工学部 都市工学科
 

委員歴

 
2014年10月
 - 
2017年9月
日本学術会議  副会長
 
2011年10月
 - 
2017年9月
日本学術会議  会員(第三部)
 
2003年3月
 - 
2017年3月
環境科学会  理事、副会長、会長
 
1995年
   
 
日本水環境学会  顧問(前会長)
 
2008年
   
 
土木学会  前理事
 
 
   
 
廃棄物資源循環学会  評議員
 

受賞

 
1993年
土木学会第29回環境工学研究フォーラム優秀論文賞
 
1994年
日本下水道協会有功賞(論文賞)
 
1997年
月刊「水」論文賞
 
2005年
日本水環境学会 学術賞
 
2005年
月刊「水」賞
 
2008年2月
環境科学会 学術賞
 
2012年6月
日本水環境学会 学会賞
 

論文

 
栗栖聖,齊藤修,荒巻俊也,花木啓祐
環境科学会誌   Vol. 30, 307-324    2017年9月   [査読有り]
インドネシアおよびインドにおけるエネルギー作物栽培による農薬についての障害調整生存年(DALY)の簡易な計算法を用いた環境リスクの相対的な評価について
荒井眞一,花木啓祐
環境情報科学   Vol. 46, No. 2, 52-61    2017年7月   [査読有り]
Kazi Shamima Akter, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki
Water   9, 331, 1-14    2017年5月   [査読有り]
Insight into pro-environmental behaviors and people’s perceptions in a developing country
Sarunnoud Phuphisith, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki
Journal of Environmental Information Science   Vol.45, No.5, 9-20.    2017年3月   [査読有り]
Health benefits of urban allotment gardening: improved physical and psychological wellbeing and social integration
Masashi Soga, Daniel T.C. Cox, Yuichi Yamaura, Kevin J. Gaston, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki
International Journal of Environmental Research and Public Health   Vol. 14, No. 1, 71    2017年1月   [査読有り]
Eri Amasawa, Tomohiko Ihara and Keisuke Hanaki
International Journal of Life Cycle Assessment   Online available 07 November 2017    2017年   [査読有り]
Masashi Soga, Kevin J. Gaston, Tomoyo F. Koyanagi, Kiyo Kurisu and Keisuke Hanaki
Biological Conservation   Vol. 203, November 2016, 143?150    2016年11月   [査読有り]
牧誠也,中谷隼,栗栖聖,花木啓祐
環境科学会誌   Vol. 29, No. 6, 283-295    2016年11月   [査読有り]
Miho Kamei, Keisuke Hanaki and Kiyo Kurisu
Sustainable Cities and Society   Vol. 27, 73-82    2016年11月   [査読有り]
Eri Amasawa, Tomohiko Ihara, Takashi Ohta and Keisuke Hanaki
Journal of Cleaner Production   Vol. 135, 1340-1350    2016年11月   [査読有り]

Misc

 
上下水道とICT
花木啓祐
用水と廃水   Vol. 59, No.12, 1    2017年12月
国際学術団体の統合の趨勢
花木啓祐
学術の動向   Vol. 22, No. 1, 88-93    2017年1月
視点を変えて見る下水道
花木啓祐
月刊下水道   Vol. 40, No. 1, 6-10    2017年1月
下水汚泥派生品の普及
花木啓祐
下水道協会誌   Vol. 53, No. 650, 1    2016年12月
Gサイエンス学術会議2016の意義と概要
大西隆,花木啓祐
学術の動向   Vol. 21, No. 6, 92-95    2016年6月
新下水道ビジョンにおける「持続と進化」
花木啓祐
下水道協会誌   Vol. 52, No. 636, 1    2015年10月
下水処理過程での一酸化二窒素排出管理の挑戦
花木啓祐
水環境学会誌   Vol.38(A), No.9, 327    2015年9月
環境科学の特性と学会活動
花木啓祐
環境科学会誌   Vol. 28, No. 3, 191-192    2015年5月
循環に力点を置く下水道事業
花木啓祐
廃棄物資源循環学会誌   Vol. 26, No. 2, 95    2015年3月
賢い下水道管理
花木啓祐
用水と廃水   Vol. 57, No. 1, 36-37    2015年1月

書籍等出版物

 
Biofuels and Sustainability - Holistic Perspectives for Policy-making
Keisuke Hanaki and Joana Portugal-Pereira (担当:共著, 範囲:Chapter6: The effect of biofuel production on greenhouse gas emission reductions)
Springer   2018年3月   
環境工学入門
花木啓祐
実教出版   2014年9月   
‘Low-Carbon Economics’
Keisuke Hanaki
World Scientific Publishing, Singapore   2014年1月   
‘Environmental Leadership Capacity Building in Higher Education’
Tomohiro Akiyama, Keisuke Hanaki and Takashi Mino
Springer   2013年3月   
『新訂 環境工学』
花木啓祐
放送大学教育振興会   2013年3月   
環境工学基礎
花木啓祐
実教出版   2013年1月   
‘Establishing a Resource-circulating Society in Asia: Challenges and Opportunities’
Ai Hiramatsu, Yuji Hara and Keisuke Hanaki
United Nations University Press   2011年5月   
‘Climate Change and Global Sustainability: A Holistic Approach’
Keisuke Hanaki
United Nations University Press   2011年5月   
Treatise on Water Science
Peter Wilderer, Peter Rogers, Stefan Uhlenbrook, Fritz Frimmel, Keisuke Hanaki and Tom Vereijken
Elsevier B.V.   2011年4月   
『地域環境システム』
花木啓祐
朝倉書店   2011年2月   

講演・口頭発表等

 
Potential roles of ICT for sustainable life
Keisuke Hanaki
2018 February Meeting, United Nations University Women’s Association   2018年2月   
自然の恵みと人間の消費活動
花木啓祐
東洋大学国際哲学研究センターシンポジウム「自然と人間の関わりの在り方を追究する」   2017年12月   
Introduction of session “Nexus and security of natural resources towards a peaceful future”
Keisuke Hanaki
World Science Forum 2017   2017年11月   
バーチャルコンパクトシティの可能性
花木啓祐
第45回環境システム研究論文発表会講演集   2017年10月   
製品の環境情報提供と消費者意識:情報媒体に着目したケーススタディ
中谷隼,石川奈那,木村直紀,文多美,栗栖聖,花木啓祐,平尾雅彦
環境科学会2017年会講演集   2017年9月   
ICTがもたらす社会の変化と下水道
花木啓祐
日本下水道新技術機構・下水道新技術セミナー   2017年8月   
Role of ICT in sustainable urban development
Keisuke Hanaki
Special Lecture, Graduation Ceremony, United Nations University, Institute of Advanced Study of Sustainability   2017年7月   
Mobilizing inter- and trans-disciplinary activities by national academy
Keisuke Hanaki
G7 Science Conference -The role of National Academies and International Academy Networks in advising institutions-   2017年5月   
バーチャル・コンパクトシティ
花木啓祐
花木啓祐最終講義   2017年3月   
電子書籍端末による読書習慣と満足度の変化を考慮した読書における環境影響評価
天沢逸里,井原智彦,花木啓祐
第12回日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2017年3月   

競争的資金等の研究課題

 
地球温暖化と都市活動の相互の関わりに関する研究
地球環境研究総合推進費
研究期間: 2000年 - 2009年
主体的行動の誘発による文の京の脱温暖化
JST社会技術研究プログラム(RISTEX)
研究期間: 2010年 - 2013年
東京都文京区において、主体的な脱温暖化活動を普及させる社会実験を行う。幼保小中学校を通じて家庭に、またネットワーク形成を中心として事業所と大学に活動を広げる。