杉原 厚吉

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/22 03:23
 
アバター
研究者氏名
杉原 厚吉
URL
http://www.isc.meiji.ac.jp/~kokichis/Welcomej.html
所属
明治大学
部署
研究・知財戦略機構
職名
特任教授
学位
工学博士(東京大学), 工学博士(東京大学)

プロフィール

1973年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、電子技術総合研究所、名古屋大学、東京大学などを経て、2009年4月より現職。専門は数理工学。ロボットの目を開発する研究の中で、不可能図形のだまし絵を立体化する手法を見つけ、立体錯視の分野へも研究を広げてきた。さまざまな不可能立体を創作し、立体錯視アーティストとしても活躍している。国際ベスト錯覚コンテスト優勝2回(2010年、2013年)、準優勝2回(2015年、2016年)。著書には、「だまし絵のトリック」(化学同人)、「エッシャー・マジック」(東京大学出版会)、「錯視図鑑」(誠文堂新光社)、「大学教授という仕事」(水曜社)、「理科系のための英文作法」(中公新書)、「スウガクってなんの役に立ちますか?」(誠文堂新光社)などがある。

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
 
2011年4月
 - 
2014年9月
明治大学大学院 先端数理科学研究科 特任教授
 
2009年6月
   
 
東京大学 名誉教授
 
2009年4月
 - 
2011年3月
明治大学 研究・知財戦略機構先端数理科学インスティテュート 特任教授・副所長
 
2001年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院 情報理工学系研究科数理情報学専攻 教授
 

学歴

 
1971年6月
 - 
1973年3月
東京大学 工学系研究科 計数工学
 
1967年4月
 - 
1971年6月
東京大学 工学部 計数工学科
 

受賞

 
2018年10月
Best Illusion of the Year Contest Best Illusion of the Year Contest 2018, First Prize Triply Ambiguous Object
受賞者: Kokichi Sugihara
 
2017年9月
日本応用数理学会 2017年度JJIAM部門論文賞 A new type of impossible objects that become partly invisible, in a mirror
 
2017年9月
Best Illusion of the Year Contest Best Illusion of the Year Contest 2017, Top 10 Partial Disappearance Illusion
受賞者: Kokichi Sugihara
 
2017年8月
Digital Modeling Contest 2017 finalist Capricious Hearts
 
2016年10月
日本基礎心理学会 第8回錯視・錯聴コンテスト入賞 右を向きたがる矢印
 

論文

 
多面体線画の言語法則
8 382-405   1978年   [査読有り]
Artificial Intelligence   12(1)    1979年5月
頂点辞書を利用した距離データ解析
Classification of Impossible objects
Perception   11(1)    1982年1月
不可能物体の分類
Mathematical structures of line drawing of polyhedrons ---Toward man-machine communication by means of line drawings
IEEE Transactions of Pattern Analysis and Machine Intelligence   PAMI-4(5)    1982年9月
多面体透視図の数理的構造
On some problems in the design of plane skeletal structures
SIAM Journal on Algebraic and Discrete Methods   4 355-362   1983年   [査読有り]

Misc

 
Voronoi図-世界チャンピンオンまでの道
共立出版   25(1) 24-34   1993年
位相優先法-暴走の心配のない幾何アルゴリズムの設計法
PIXEL   (124) 90-91   1993年
図形の中心軸の安定した生成法
坂井秀行
電子情報通信学会論文誌   J85-D-II(11) 1637-1644   2002年

書籍等出版物

 
Machine Interpretation of Line Drawings
MIT Press   1986年   
Spatial Tessellations -Concepts and Applications of Voronoi Diagrams
John Wiley & Sons   1992年   
不可能物体の数理
森北出版   1993年   
計算代数と計算幾何
岩波書店   1993年   
理科系のための英文作法
中央公論社   1994年   

講演・口頭発表等

 
Range data understanding guided by a junction dictionary
Yoshiaki Shirai
the Fifth International Joint Conference on Artificial Intelligence   1977年8月25日   
A mathematical approach to the determination of the structure of concepts
Masao Iri
IEEE International Conference on Cybernetics and Society   1978年11月4日   
Quantitative analysis of line drawings of polyhedral scenes
the Fourth International Conference on Pattern Recognition   1978年11月10日   
Automatic construction of junction dictionaries and their exploitation for the analysis of range data
the Sixth International Joint Conference on Artificial Intelligence   1979年8月21日   
Regular pattern projection for surface measurement
Kiyoshi Okazaki, Feng Kaifua, Noboru Sugie
the Second International Symposium on Robotics Research   1984年8月22日   

Works

 
つくって!!ふしぎ・びっくり!!?? 杉原厚吉先生のトリック工作
その他   2017年7月
錯覚トリックキット
その他   2017年7月
鏡で変身!?ふしぎ立体セット~驚きの錯覚 不可能立体の世界
その他   2017年7月

競争的資金等の研究課題

 
視覚の心理・数理モデリングと第5世代不可能立体
基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
不可能立体実物大模型の試作と自然環境下における立体錯視の研究
三菱財団: 
研究期間: 2015年10月 - 2016年9月    代表者: 杉原厚吉
多義柱体錯視の解明とその錯視効果の制御法の確立
独立行政法人 日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 杉原厚吉
タイリング工学:目標図形近似タイルの計算法とその応用
基盤研究 (B)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
ロバスト幾何計算のための次元移動法の開発
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月

特許

 
特許第6112718号 : 時計装置及び時計プログラム
杉原厚吉,友枝明保,小野隼
特願2017-187524 : 錯視立体群
杉原厚吉
特許第6041296号 : 時計装置及び時計プログラム
杉原厚吉,友枝明保,小野隼