ASAI Keisuke

J-GLOBAL         Last updated: Sep 14, 2018 at 11:56
 
Avatar
Name
ASAI Keisuke
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/283d7de4045064f03ce104921c9caa0b.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Department of Applied Chemistry Chemistry of Molecular Systems Quantum Physical Chemistry
Job title
Professor
Degree
博士(工学)(The University of Tokyo)
Other affiliation
Tohoku University

Academic & Professional Experience

 
Apr 1986
 - 
Sep 1987
Sony Research Center, Researcher
 
Apr 1991
 - 
Mar 1997
Research Associate, Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 
Apr 1997
 - 
Jan 1999
Lecturer, Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 
Feb 1999
 - 
Jul 2003
Associate professor, Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 
Aug 2003
 - 
Today
Professor, Faculty of Engineering, Tohoku University
 

Education

 
 
 - 
Mar 1991
原子力工学, Graduate School, Division of Engineering, The University of Tokyo
 
 
 - 
Mar 1986
物理工学科, Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 

Committee Memberships

 
Apr 2016
 - 
Today
日本学術振興会  学術システム研究センター専門研究員
 
Apr 2016
 - 
Today
日本放射線化学会  常任理事
 
Aug 2014
 - 
Mar 2016
日本学術振興会国際事業委員会  書面評価員
 
Aug 2014
 - 
Mar 2016
日本学術振興会国際事業委員会  書面審査員
 
Aug 2014
 - 
Mar 2016
日本学術振興会特別研究員等審査会  専門委員
 

Published Papers

 
Yutaka Fujimoto, Keiichiro Saeki, Daisuke Nakauchi, Haruki Fukada, Takayuki Yanagida, Masanori Koshimizu, Keisuke Asai
Mater. Res. Bull.   105 291   Sep 2018   [Refereed]
New intrinsic scintillator with a large effective atomic number: Tl2HfCl6 and Tl2ZrCl6 crystals for X-ray and gamma-ray detection
Yutaka Fujimoto, Keiichiro Saeki, Daisuke Nakauchi, Takayuki Yanagida, Masanori Koshimizu, Keisuke Asai
Sensors and Materials   30 1577   Jul 2018   [Refereed]
Scintillation and VUV-Excited Photoluminescence of Europium-Doped BaF2-Al2O3-B2O3 Glasses
Kenji Shinozaki, Yutaka Fujimoto, Go Okada, Noriaki Kawaguchi, Takayuki Yanagida, Tomoko Akai, Masanori Koshimizu, and Keisuke Asai
J. Mater. Sci: Mater. Electron.   29 11824   Jul 2018   [Refereed]
Evaluation of the scintillation and thermally stimulated luminescence properties of Cs2CdCl4 single crystals
Takumi Sakai, Masanori Koshimizu, Yutaka Fujimoto, Daisuke Nakauchi, Takayuki Yanagida, Keisuke Asai
Sensors and Materials   30 1564   Jul 2018   [Refereed]
Analysis of radiophotoluminescence center formation mechanism in Ag-doped phosphate glasses
Hiroki Kawamoto, Yutaka Fujimoto, Masanori Koshimizu, Go Okada, Takayuki Yanagida, Keisuke Asai
Jpn. J. Appl. Phys.   57 062401   Jun 2018   [Refereed]

Misc

 
有機無機ハイブリッド発光材料の放射線検出材料としての可能性
越水正典,孫彦,河野直樹,浅井圭介
Material Stage   6-8   Jun 2013
半導体ナノ材料を利用した高速シンチレータ開発の現状と今後の課題
越水正典,澁谷憲悟,浅井圭介
放射線   35 253-260   2010
Masanori Koshimizu, Kengo Shibuya, Keisuke Asai
日本結晶成長学会誌   35(2) 24-31   Jul 2008

Books etc

 
MEMS/NEMS工学大全
越水正典,浅井圭介 (Part:Joint Work, 2.2.5 「放射線の作用とその利用」 67頁~73頁)
テクノシステム   2009   ISBN:4-924728-59-2
BOTTOM-UP NANOFABRICATION: Supramolecules, Self-Assemblies, and Organized Films
M. Koshimizu, K. Shibuya, and K. Asai (Part:Joint Work, “Nanostructure for Radiation Detection”Vol.6, pp.175-195)
American Scientific Publishers   2009   ISBN:1-58883-093-4
Encyclopedia of Sensors
K. Shibuya, M. Koshimizu, and K. Asai (Part:Joint Work, Volume 5: Pages (297-315) "Low-dimensional Semiconducting Scintillators")
American Scientific Publishers   2006   
光触媒 基礎・材料開発・応用
梅林励,八巻徹也,浅井圭介 (Part:Joint Work, 2.3.3 可視光応答型光触媒:イオウ添加二酸化チタンの開発と性能評価 637頁~643頁)
エヌ・ティー・エス   May 2005   

Conference Activities & Talks

 
励起共鳴状態の実現に向けたZnSe/CdSeナノ粒子–2-アミノアクリドン複合体の作製と光学特性評価
大野 洋人,矢幅 拓真,越水 正典,藤本 裕,江馬 一弘,猪瀬 裕太,欅田 英之,趙 晨宇,浅井 圭介
第78回応用物理学会秋季学術講演会   5 Sep 2017   
6p-PA9-19
2017年9月6日(水)
16:00 〜 18:00
PA9 (国際センター1F)
量子井戸構造を有する有機無機ペロブスカイト型化合物のシンチレーション特性
河野 直樹,越水 正典,藤本 裕,岡田 豪,河口 範明,柳田 健之,浅井 圭介
第78回応用物理学会秋季学術講演会   5 Sep 2017   
7p-A401-4
2017年9月7日(木)
14:00 〜 14:15
A401 (401)
SrCl2:Yb2+結晶の蛍光およびシンチレーション特性
関根 大,藤本 裕,越水 正典,中内 大介,柳田 健之,浅井 圭介
第78回応用物理学会秋季学術講演会   5 Sep 2017   
7p-A401-3
2017年9月7日(木)
13:45 〜 14:00
A401 (401)
過渡吸収分光によるEu:SrI2におけるホスト励起状態の解析
越水 正典,室屋 裕佐,山本 洋揮,櫻木 史郎,柳田 健之,藤本 裕,浅井 圭介
第78回応用物理学会秋季学術講演会   5 Sep 2017   
7p-PA8-80
2017年9月7日(木)
16:00 〜 18:00
PA8 (国際センター1F)
過渡吸収分光によるCdWO4での励起状態緩和過程の解析
越水 正典,山下 真一,室屋 裕佐,山本 洋揮,柳田 健之,藤本 裕,浅井 圭介
第78回応用物理学会秋季学術講演会   5 Sep 2017   
7p-PA8-79
2017年9月7日(木)
16:00 〜 18:00
PA8 (国際センター1F)

Research Grants & Projects

 
高性能シンチレーターの開発と新規放射線検出装置への応用
Project Year: Oct 2002 - Sep 2004
革新的ガンマ線計測システムの開発
Project Year: Oct 2004 - Sep 2007
高速応答ナノ材料シンチレータの開発
Project Year: Oct 2009 - Mar 2013
low-dimensional materials: optical properties and radiation effects
JST Basic Research Programs (Core Research for Evolutional Science and Technology :CREST)
Project Year: Oct 1997 - Sep 2002

Patents

 
特許3914985 : ガス吸着下における陽電子消滅法を用いた細孔サイズの評価方法とその評価装置
周豪慎,本間格,山田健郎,浅井圭介,越水正典,三宅範夫
特開2006-170827 : 放射線検出用シンチレーター
特許3779565 : ポジトロンエミッショントモグラフィ装置
特許3779604 : 放射線検出装置
特許3714918 : 放射線検出装置

Others

 
Oct 2009   高速応答ナノ材料シンチレータの開発
近年、放射光施設や核破壊中性子源の開発を受け、高強度の放射線を測定可能な高速対応シンチレータ材料の開発が注目されている。本開発では、半導体ナノ材料の励起子発光を利用した高速シンチレータを開発する。本開発では、高計数率測定用に長寿命成分を除去し、発光効率のより高い材料作製を行う。これらナノ材料シンチレータの開発により、広汎な科学技術分野に波及効果をもたらすと期待される。
Apr 2008   高速応答ナノ材料シンチレータの実用化
化学的手法により作製した量子井戸および量子ドットからの発光を利用した高速シンチレータの開発
Oct 2004   革新的ガンマ線計測システムの開発
我々が成果育成プログラムAで開発した高性能ガンマ線検出装置の実用化を目指す。陽電子放射断層撮影(PET)装置と陽電子寿命測定装置において用いられるガンマ線検出装置を開発ターゲットとする。PET装置用としては、時間分解能を保ったまま多チャンネルでの信号処理を可能とする技術開発を行う。また、陽電子寿命測定装置用としては、測定プログラムの整備を初めとする周辺技術開発を行っている。
Oct 2002   高性能シンチレーター材料を用いた新規放射線検出装置の開発
有機無機層状ペロブスカイト型化合物を初めとする高性能シンチレータ材料を用い、高時間分解能の放射線検出装置の開発を行った。シンチレータの高性能化に留まらず、放射線検出信号を従来のアナログ方式からデジタル方式へと変更することにより、時間分解能の大幅な向上に成功した。特に、陽電子放射断層撮影装置や陽電子寿命測定装置で用いられるガンマ線検出装置では、世界で初めて100ピコ秒以下の時間分解能を達成した。
Oct 1997   自己組織化量子閉じ込め構造
自己組織的に様々な次元を形成する量子閉じ込め物質群を創出し、その量子閉じ込め構造に起因する光学的・電気的物性を解明する。