堀尾 修平

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 12:16
 
アバター
研究者氏名
堀尾 修平
 
ホリオ シュウヘイ
所属
自然科学研究機構 生理学研究所
部署
生体機能調節研究領域 生殖内分泌系発達機構研究部門
職名
特別協力研究員
学位
薬学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
自然科学研究機構 生理学研究所 特別協力研究員
 
2005年
 - 
2007年
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部助手
 
2007年
 - 
2008年
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部助教
 

論文

 
Kono J, Konno K, Talukder AH, Fuse T, Abe M, Uchida K, Horio S, Sakimura K, Watanabe M, Itoi K
Brain structure & function   222(4) 1705-1732   2017年5月   [査読有り]
Horio Shuhei, Kitaike Shuji, Shiuchi Tetsuya, Minokoshi Yasuhiko, Sanbo Makoto, Hirabayashi Takahiro, Yagi Takeshi, Kai Nobuyuki, Kobayashi Kazuto, Ueyama Takashi, Fukui Hiroyuki
NEUROSCIENCE RESEARCH   71 E162   2011年   [査読有り]
Horio S, Fujimoto K, Mizuguchi H, Fukui H
Naunyn-Schmiedeberg's archives of pharmacology   381(4) 305-313   2010年4月   [査読有り]
Shahriar M, Mizuguchi H, Maeyama K, Kitamura Y, Orimoto N, Horio S, Umehara H, Hattori M, Takeda N, Fukui H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   183(3) 2133-2141   2009年8月   [査読有り]
Miyoshi K, Kawakami N, Umehara H, Fujimoto K, Horio S, Fukui H
The Journal of pharmacy and pharmacology   60 747-752   2008年6月   [査読有り]

Misc

 
堀尾修平
日本生理学雑誌(Web)   80(3) 40‐41 (WEB ONLY)   2018年8月
堀尾修平, 山形聡, 小林憲太, 加藤成樹, 崎村建司, 上山敬司, 小林和人, 井樋慶一
日本神経内分泌学会学術集会プログラム・抄録集   44th 39   2017年
堀尾修平, 箕越靖彦, 上山敬司, 小林和人
日本内分泌学会雑誌   91(2) 519   2015年9月
堀尾修平, 箕越靖彦, 上山敬司, 小林和人
肥満研究   21(Supplement) 151   2015年9月
Close relationship between histamine H1 receptor-expressing neurons and CRH neurons in the mouse hypothalamic paraventricular nucleus.
Horio S, Kitaike S, Fukabori R , Ueyama T, Kobayashi K
J Physiol Sci.   65 S293   2015年4月

書籍等出版物

 
Desensitization of muscarinic and ATP receptors in rat thoracic endothelial cells : the role of eftracellular Ca2+.
The Biology of Nitric Oxide Part 6. (Ed. Moncada at al. )Portland Press.   1998年   
Desensitization of Histamine H1 Receptors in Smooth Muscle.
Receptor Desensitigation and Ca2+-Signaling (Ed. M.K. Uchida). Japan Scientific Societies Press.   1996年   

競争的資金等の研究課題

 
神経経路選択的な遺伝子発現を用いた視床下部摂食調節回路の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 堀尾 修平
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 堀尾修平
摂食抑制ニューロンの可視化
科学技術振興機構: 研究成果展開事業 A-STEP FSステージ
研究期間: 2011年8月 - 2012年3月    代表者: 堀尾 修平
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 堀尾修平
摂食行動の調節機構は、過食による肥満症、糖尿病等の治療を考える上で重要である。視床下部に摂食中枢および満腹中枢が存在することは古くから知られていたが、最近レプチンを始めとする種々の摂食調節因子が発見されたのを契機に、より正確な摂食の神経回路が描きなおされている段階である。本研究では、特定のタイプのニューロンのみを特異的に破壊するという選択性にすぐれた手法を用いることで、摂食調節の神経回路を明らかにすることを目指している。このために、視床下部に存在するヒスタミンH1受容体発現ニューロンに着目...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 堀尾修平
中枢におけるヒスタミンH1受容体の役割を明らかにする目的で,まずヒトH1受容体に様々な変異を導入し培養細胞に発現させ,H1受容体シグナル伝達に対する影響を調べた.その結果,H1受容体のアミノ酸残基Thr-140,Thr-142,Ser-396,Ser-398,Thr-478をすべてalanineに置換した変異受容体は,ヒスタミンに対する応答は正常であるが,脱感作(down-regulation)が完全に阻害されることがわかった.もし生体内の正常H1受容体が上記の変異H1受容体に入れ換わると...