加藤 國安

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/16 14:13
 
アバター
研究者氏名
加藤 國安
 
カトウ クニヤス
学位
博士(文学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
名古屋大学
 
2007年4月
   
 
 名古屋大学文学研究科・教授
 
1997年4月
 - 
2006年3月
 愛媛大学教育学研究科・教授
 
1985年4月
 - 
1997年3月
 愛媛大学教育学部・助教授
 
1982年10月
 - 
1985年4月
 愛媛大学教育学部・講師
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
現在
 施設計画・マネジメント委員会 理事
 
2011年4月
 - 
2012年3月
 留学生委員会 委員
 
2011年4月
 - 
現在
 和漢古典籍整理専門委員会 委員
 
2008年4月
 - 
現在
日本中国学会  評議員
 
2007年4月
 - 
現在
全国漢文教育学会  理事
 

受賞

 
2008年1月
愛媛出版文化賞
 
2006年1月
愛媛出版文化賞
 
2005年11月
漢字文化振興会奨励賞
 

Misc

 
『子規全集』未収録・自筆漢詩抜萃写本 ―「雑記」第三号翻刻・解題
加藤国安
名古屋大学中国語学・文学論集   25 119-136   2013年9月
黄庭堅詩釈析(二)―叔祖・叔父の隠士詠
加藤国安
名古屋大学中国語学文学論集   (24) 109-147   2012年12月
子規文庫蔵『三体詩』の意味するもの―東アジア詩歌圏の黎明
加藤国安
斯文   (121) 13-26   2012年3月
*黄庭堅「外集」「外集詩注」「外集補」考―宮内庁・内閣文庫蔵宋元刻本に関連して
加藤国安
名古屋大学中国語学文学論集   (23) 41-55   2011年12月
*明治人の清代古文(二)―卓然トシテ衆ニ顕ハレンコトヲ期ス―
加藤国安
東洋古典学研究   31 29-56   2011年5月

書籍等出版物

 
明治漢文教科書集成第Ⅰ期(別冊 第Ⅰ期・第Ⅱ期解説)
不二出版   2013年11月   ISBN:978-4-8350-7487-0
子規蔵書と『漢詩稿』研究
研文出版   2014年1月   ISBN:978-4-87636-372-8
*越境する庾信-その軌跡と詩的表象
研文出版   2004年9月   
杜甫研究論集―杜甫の超えてゆく言葉
研文出版   2013年10月   ISBN:9784876363650
*杜甫論の新構想-受容史の視座から
研文出版   1996年10月   

講演・口頭発表等

 
子規「岐蘇雑詩三十首」とその詩囊
東洋文化   2012年   
子規「五台山下の路」について
東洋文化   2011年   
漢文教育のパイオニア簡野道明の若き日の足跡を訪ねて
宇和島市吉田町歴史講座   2010年   
明治人と清初の散文名作
東洋文化振興会   2010年   
正岡子規の「詩眼の徹底」―自筆写本・金州経験・所蔵漢籍より
人文学研究方法の現状と展望―現地調査を中心に   2008年   

Works

 
「「遊心」の祝福―中国文学者・青木正児の世界」講演会
2007年10月
明治詩文
2010年4月 - 2013年7月
「遊心」の祝福―中国文学者・青木正児の世界
2007年10月
日本漢詩 第一輯~第四輯
2009年4月 - 2009年9月
中国古典文学中における人間観・世界観の展開とその特質
1987年4月 - 1990年3月

競争的資金等の研究課題

 
中国古典詩(唐~宋)に関する表現論、作者論。
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2014年
中国の唐宋期における士大夫の文学表現と意識の変化を慰藉の視点からさぐる。
近代日本の漢文読本の研究
研究期間: 2007年 - 2007年
正岡子規の漢詩研究
研究期間: 2000年 - 2014年
これまで研究されてこなかった子規の自筆漢詩資料や所蔵漢籍を調査し、彼の文学論との新たな関連をさぐる。
簡野道明論
研究期間: 2006年 - 2014年
簡野道明の事跡を研究し、漢文教科書や漢和辞典のこれまでの歩みをさぐる。