佐野 栄

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/29 03:07
 
アバター
研究者氏名
佐野 栄
 
サノ サカエ
所属
愛媛大学
部署
教育学部 理科教育講座 地学
職名
教授
学位
学術博士(岡山大学), 理学修士(岡山大学)

経歴

 
2008年
   
 
- 愛媛大学教育学部
 
2007年
 - 
2008年
 愛媛大学教育学部
 
2006年
   
 
 ポツダム大学地質科学研究科
 
1996年
 - 
1997年
 ポツダム大学地質科学研究科
 
1994年
 - 
2007年
 愛媛大学教育学部
 

学歴

 
 
 - 
1989年
岡山大学 自然科学研究科 物質科学
 
 
 - 
1986年
岡山大学 理学研究科 地学専攻
 
 
 - 
1989年
オタゴ大学 地質学部 
 
 
 - 
1984年
島根大学 理学部 地質学
 

委員歴

 
2006年
 - 
2007年
日本地質学会  代議員
 
2006年
 - 
2007年
日本地質学会  四国支部事務局
 

受賞

 
2004年
第2回4大学間 学生交流自主的・実践的研究プロジェクト 最優秀賞
 
2003年
第1回4大学間 学生交流自主的・実践的研究プロジェクト
 
2006年
第4回4大学間 学生交流自主的・実践的研究プロジェクト 優秀賞
 

論文

 
NAKAMURA Chisato, SAKAKIBARA Masayuki, SANO Sakae, IKEDA Michiharu, TSUJI Tomohiro, YASUNA Nanami
第四紀研究   54(6) 359-366   2015年12月   [査読有り]
Takashi Miyazaki, Jun Ichi Kimura, Ryoko Senda, Bogdan S. Vaglarov, Qing Chang, Toshiro Takahashi, Yuka Hirahara, Folkmar Hauff, Yasutaka Hayasaka, Sakae Sano, Gen Shimoda, Osamu Ishizuka, Hiroshi Kawabata, Naoto Hirano, Shiki Machida, Teruaki Ishii, Kenichiro Tani, Takeyoshi Yoshida
Geochemistry, Geophysics, Geosystems   16 3309-3332   2015年9月   [査読有り]
© 2015. American Geophysical Union. All Rights Reserved. The source mantle of the basaltic ocean crust on the western half of the Pacific Plate was examined using Pb-Nd-Hf isotopes. The results showed that the subducted Izanagi-Pacific Ridge (IPR)...
榊原 正幸, 佐野 栄, 久保田 有紀
環境放射能除染学会誌 = Journal of the Society for Remediation of Radioactive Contamination in the Environment   2(1) 13-18   2014年3月   [査読有り]
竹原 明成, 榊原 正幸, 佐野 栄
地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集   19 590-593   2013年6月
向 平和, 隅田 学, 福山 隆雄, 大橋 淳史, 日詰 雅博, 佐野 栄
日本教科教育学会誌   35(3) 55-64   2012年12月   [査読有り]
本稿は,愛媛大学教育学部において実施した「理科観察実験体験プログラム」の報告である。本プログラムは平成20年に公示された小学校学習指導要領に対応できる教員を養成するために,小学校理科で取り扱う観察・実験を網羅的に体験するプログラムである。さらに本プログラムは,小学校教員を目指す学生であれば,学部学科を問わず,参加を認めるものとした。参加学生は延べ人数で約800名であり,教育学部のみならず,理学部,農学部などの他学部の学生も参加した。本プログラムの実施により,参加学生は観察・実験に対する基礎...
YUHARA Masaki, SANO Sakae, TAKAHASHI Yutaka
地質調査研究報告   62(11-12) 461-467   2011年12月   [査読有り]
SAKAKIBARA Masayuki, OHMORI Yuko, HA Nguyen Thi Hoang, SANO Sakae, SERA Koichiro
Clean Soil Air Water   39(8) 735-741   2011年8月   [査読有り]
HA Nguyen Thi Hoang, SAKAKIBARA Masayuki, SANO Sakae
Bioresour Technol   102(3) 2228-2234   2011年2月   [査読有り]
HA Nguyen Thi Hoang, SAKAKIBARA Masayuki, SANO Sakae, NHUAN Mai Trong
J Hazard Mater   186(2-3) 1384-1391   2011年2月   [査読有り]
HA Nguyen Thi Hoang, SAKAKIBARA Masayuki, OHMORI Yuko, SANO Sakae, ITO Yoshihiko, TAMOTO Shuichi, KONDO Toshihito
地質汚染-医療地質-社会地質学会誌   6(3/4) 35-42   2010年12月   [査読有り]
佐野 栄, 鑓河内 薫, 小池 達士
愛媛大学教育実践総合センター紀要   (28) 23-33   2010年
久保田 有紀, 榊原 正幸, 佐野 栄
愛媛大学理学部紀要   16 7-13   2010年
HA Nguyen Thi Hoang, SAKAKIBARA Masayuki, SANO Sakae, SERA Koichiro
Proc Symp Geo-Environ Geo-Tech   19th 87-92   2009年12月
榊原 正幸, 中村 千怜, 岩崎 仁美, 池田 倫冶, 佐野 栄, 檀原 徹
火山   54(6) 241-251   2009年12月   [査読有り]
The Hirano volcanic ash in Nomura Town, southwestern Shikoku, Japan, has been characterized by petrography, refractive index and geochemical composition of volcanic glass (major and trace elements), and fission-track age of zircon. The Hirano volc...
HA Nguyen Thi Hoang, SAKAKIBARA Masayuki, SANO Sakae
Clean Soil Air Water   37(9) 720-725   2009年9月   [査読有り]
SAKAKIBARA Masayuki, HARADA Aki, SANO Sakae, HORI Rie S.
地質汚染-医療地質-社会地質学会誌   5(1/2) 1-9   2009年6月   [査読有り]
NGUYEN Thi Hoang Ha, SAKAKIBARA Masayuki, SANO Sakae, HORI Rie S., SERA Koichiro
Clean Soil Air Water   37(3) 203-208   2009年3月   [査読有り]
重金属汚染された水・堆積物におけるマツバイによるファイトレメディエーションおよびファイトマイニング
第15回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集   525-530   2009年
アンチモン汚染された土壌のヘクソカズラによるファイトレメディエーション
第15回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集   167-170   2009年
渡邉 重義, 佐野 栄, 隅田 学
愛媛大学教育実践総合センター紀要   (27) 79-93   2009年
小池 達士, 高橋 治郎, 佐野 栄
愛媛大学教育実践総合センター紀要   (27) 63-77   2009年
内海 あずさ, 榊原 正幸, 佐野 栄, 世良 耕一郎, 川又 明徳
愛媛大学理学部紀要   15 17-26   2009年
マツバイによる廃止鉱山残土堆積場の重金属汚染された水・底質環境の浄化
第14回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集   130-133   2008年
渡邉 重義, 佐野 栄, 隅田 学
愛媛大学教育実践総合センター紀要   (26) 9-21   2008年
砒素を蓄積したモエジマシダによる砒素蒸散とその条件
第13回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集   35-38   2007年
北海道の休廃止鉱山周辺における自生植物の重金属耐性および集積能力
第13回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集   426-430   2007年
榊原 正幸, 梅木 育世, 佐野 栄, 井上 雅裕
愛媛大学理学部紀要   13 1-6   2007年
The sporophyte of the fern Pteris vittata is known to be a hyperaccumulator of arsenic in its fronds to>2.3% of its dry weight. However, very little has been stated about hyperaccumulation of arsenic by gametophytes of P. vittata. Here we report t...
渡邉 重義, 隅田 学, 佐野 栄
愛媛大学教育実践総合センター紀要   (25) 1-14   2007年
Phytoextraction and Phytovolatilization of arsenic from As-Contaminated Soils by PTERIS VITTATA.
Contaminated Soils   12 267-272   2007年   [査読有り]
Sorption of antimony in stream water by weathered and altered rock
Contaminated Soils   12 149-158   2007年   [査読有り]
河川水中のヒ素・アンチモン濃度と鉄水酸化物による元素の移動について:市之川鉱山周辺の事例
地質汚染-医療地質-社会地質学会地質汚染-医療地質-社会地質学会誌   3(2) 11-19   2007年   [査読有り]
海嶺下,上部マントル-MOHO遷移帯のマグマ過程
海洋出版株式会社月刊地球   29 2-8   2007年
小川 梨絵, 佐野 栄, 榊原 正幸
愛媛大学教育学部紀要   53(1) 131-136   2006年10月
大野 浩一, 佐野 栄, 榊原 正幸
愛媛大学理学部紀要   12 11-18   2006年3月
Abundance of trace elements including toxic heavy metals in water along the Tobe River system are determined by inductively coupled plasma-mass spectrometry (ICP-MS) to identify the origin of high contents of arsenic and antimony in the water arou...
福地 恵子, 佐野 栄, 渡邉 重義, 榊原 正幸
愛媛大学理学部紀要   12 19-27   2006年3月
We determined trace element abundance in twenty seven ferns and related lichen from the Mannen area, Tobe Town, Ehime Prefecture, to find plants for phytoremediation. Although the most ferns do not show specific accumulation for any toxic elements...
千葉 悦子, 榊原 正幸, 佐野 栄
愛媛大学理学部紀要   12 1-9   2006年3月
Olivine-orthopyroxene-andesite in Tobe Town, Ehime Prefecture, Japan has been investigated based on geology and petrology. It intrudes into the Mannen altered andesite but it has not undergone hydrothermal alteration. The olivine-orthopyroxene-and...
愛媛県砥部町の万年変質安山岩体に貫入する高マグネシア安山岩
愛媛大学理学部紀要   12 1-9   2006年
マツバイを用いたファイトレメディエーションによる重金属に汚染された水環境の浄化
第12回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集   545-548   2006年
佐野 栄, 榊原 正幸, 渡邉 彩
愛媛大学理学部紀要   11 1-6   2005年3月
Precise quantitative analyses of arsenic for a small amount of dried plant samples (~10 mg) by instrumental neutron activation analyses (INAA) and inductively coupled plasma-mass spectrometry (ICP-MS) were developed to evaluate environmental purif...
千葉 悦子, 榊原 正幸, 佐野 栄, 堀 利栄, 中井 芳恵
愛媛大学理学部紀要   11 39-46   2005年3月
The weathering process of Mannen altered andesite in Tobe Town, Ehime Prefecture, Japan, has been investigated based on geology, petrography and geochemistry. The Mannen andesite intrudes into the Sanbagawa metamorphic rocks and the Middle Miocene...
佐野 栄, 岡田 知子, 榊原 正幸, 千葉 悦子
愛媛大学理学部紀要   11 47-57   2005年3月
Seventeen trace element abundance (Li, Al, V, Cr, Mn, Co, Ni, Cu, Zn, Ga, As, Rb, Sr, Cd, Cs, Ba and Pb) for 4 fountains and 8 river waters derived from the high As-bearing Mannen andesite body, Tobe-town, Ehime prefecture, were determined for env...
榊原 正幸, 梅木 育世, 牧野 純子, 千葉 悦子, 佐野 栄
愛媛大学理学部紀要   11 59-64   2005年3月
Mine drainage and yellowish brownish precipitation (so called "yellow boy") in the Ichinokawa mine, Saijyo City, Ehime prefecture, Japan, have been geochemically investigated. The mine drainage reaching the Ichinokawa River originates in the Senga...
榊原 正幸, 中井 芳恵, 千葉 悦子, 近石 沙知子, 佐野 栄, 堀 利栄
愛媛大学理学部紀要   11 27-37   2005年3月
Mode of occurrences of sulfide minerals and As concentrations of samples from a HORIzontal boring core of Mannen altered andesite in the Tobe Town, Ehime Prefecture, Japan, has been investigated based on petrography, mineralogy and geochemistry. T...
榊原 正幸, 渡邉 彩, 井上 雅裕, 佐野 栄
愛媛大学理学部紀要   11 7-12   2005年3月
Arsenic hyperaccumulation and tolerance in gametophytes and spores ofPteris vittata L. (brake fern) have been investigated. Gametophytes are able to grow normally in medium containing 50 to 200 or 300 μM arsenite and arsenate. In medium containing...
渡邉 彩, 榊原 正幸, 佐野 栄, 近藤 敏仁, 井上 雅裕, 堀 利栄, 鈴木 哲也, 竹花 大介
愛媛大学理学部紀要   11 13-18   2005年3月
Phytoremediation is the use of plants for the in situ cleanup of contaminated soils, sediments, and ground water. Pot-scale experiment evaluated phytoremediation by Pteris vittata L. (Chinese brake fern) for mudstone containing arsenic (12.3 mg/kg...
愛媛県砥部町の万年変質安山岩体のボーリングコアにおける硫化鉱物の産状および砒素濃度
愛媛大学理学部紀要   11 27-38   2005年
地域防災における「学校の役割」に関する愛媛大学教育学部教育連携校との共同研究 自然災害およびストーカー被害から児童を守る対策に関する研究
愛媛大学教育実践総合センター愛媛大学教育実践総合センター紀要   (23) 9-22   2005年
地域素材を活用した理科・環境教育資料
愛媛大学教育学部紀要(教育科学)   50(2) 157-171   2004年
地域防災における「学校の役割」に関する愛媛大学教育学部教育連携校との共同研究 第1報 東海沖・南海地震に対する防災意識調査
愛媛大学教育実践総合センター紀要   22 1-18   2004年
硫砒鉄鉱を含む変質安山岩のモエジマシダによるファイトレメディエーションに関する基礎的実験
第14回環境地質学シンポジウム論文集   11-20   2004年   [査読有り]
愛媛県砥部町万年地域における砒素に富む変質安山岩の風化作用と地表水の砒素濃度の関係
第14回環境地質学シンポジウム論文集   129-134   2004年   [査読有り]
モエジマシダによる砒素を溶出する泥岩のファイトレメディエーション
第14回環境地質学シンポジウム論文集   255-258   2004年   [査読有り]
地域防災における「学校の役割」に関する愛媛大学教育学部教育連携校との共同研究 第2報 ハザードマップ作成による防災計画の立案と対策
愛媛大学教育実践総合センター紀要   (22) 19-24   2004年
SANO S, OFFLER R, HYODO H, WATANABE T
Gondwana Research   7(3) 817-831   2004年   [査読有り]
Sr and Nd isotope geochemistry of Hole 1179D basalts
Proceedings of the Ocean Drilling Program, Scientific Results Volume   191 1-11   2004年   [査読有り]
被災地域における教育活動および地域防災に対する学校の役割に関する共同研究 第1報 東雲小学校、湯築小学校児童の合同学校生活に関する調査
愛媛大学教育実践総合センター紀要   21 191-228   2003年
被災地域における教育活動および地域防災に対する学校の役割に関する共同研究 第2報 東雲小学校、湯築小学校児童の通学路の安全性に関する調査
愛媛大学教育実践総合センター紀要   21 229-232   2003年
環境岩石学によるファイトレメディエーション技術の実用化への展開-ヒ素に富む安山岩地域の開発を例として-
第13回環境地質学シンポジウム論文集   205-210   2003年   [査読有り]
ヒ素に富む変質安山岩の環境岩石学的研究
第13回環境地質学シンポジウム論文集   199-204   2003年   [査読有り]
佐野 栄, 関谷 竜児, 井内 美郎, 天野 敦子
愛媛大学教育学部紀要(自然科学)   23(1) 13-24   2002年9月
Chemical compositions of cored sea floor sediments from six stations (Yawatahama, Mikame, Hoketsu, Uwajima, Shitaba and Kitanada Bays) in Uwakai Sea along the western part of the Shikoku Island were analysed by instrumental neutron activation anal...
Petrological, Geochemical and Isotopic Constraints on the Harzburg Intrusion, Germany
Journal of Petrology   43(8) 1529-1549   2002年   [査読有り]
佐野 栄, 井内 美郎, 金井 豊, 丸岡 範子
愛媛大学教育学部紀要(自然科学)   20(2) 1-9   2000年2月
SANO S, HAYASAKA Y, TAZAKI K
The Island Arc   9(1) 81-96   2000年   [査読有り]
高橋 治郎, 山崎 哲司, 佐野 栄[他]
愛媛大学教育学部紀要(教育科学)   45(2) 135-144   1999年2月
附属中学校における防災計画
愛媛大学教育実践総合センター紀要   17 45-54   1999年
沈み込み過程での堆積物および緑色岩中の微量元素の挙動
地質学論集   (52) 195-204   1999年   [査読有り]
パキスタンのクロムと白金
地質ニュース   (525) 76-81   1998年
木村 純一, 土谷 信高, 佐野 栄, 中馬 教允, 吉田 武義
地球化学   31(3) 133-151   1997年8月   [査読有り]
Recent advances in inductively coupled plasma source-mass spectrometry (ICP-MS) has enabled us to determine trace and ultra-trace elements contained in various geochemical samples. Due to the high sensitivity and rapid mass scanning features of IC...
ICP質量分析法による微量元素定量分析
地球化学   31 133-151   1997年   [査読有り]
Geochemistry of dike rocks in Dun Mountain Ophiolite, Nelson, New Zealand
New Zealand Journal of Geology and Geophysics   40 127-136   1997年   [査読有り]
佐野 栄, 田崎 耕一, 田村 洋子 [他]
愛媛大学教育学部紀要. 第III部, 自然科学   16(2) 21-29   1996年2月
吉崎 正, 田村 洋子, 佐野 栄, 堀 利栄, 小松 正幸
愛媛大学理学部紀要   2 15-25   1996年
Geology and Isotope Geochemistry of the Jijal Complex, Kohistan, Northern Pakistan
Proceedings of Geoscience Colloquium, Geoscience Laboratory, Geological Survey of Pakistan, Islamabad   (15) 127-135   1996年
蛍光X線分析法による珪酸塩岩石の主要元素の分析
愛媛大学理学部紀要   2 15-25   1996年
中性子放射化分析法による標準岩石試料の分析
愛媛大学教育学部紀要(自然科学)   16 21-29   1995年
Geology and Petrography of the Landi Raud Chromite Deposits: a Part of the Malakaud Ultramafic Complex, N.W.F.P., Pakistan
Proceedings of Geoscience Colloquium, Geoscience Laboratory, Geological Survey of Pakistan, Islamabad   (9) 5-16   1995年
佐野 栄, 田崎 耕一
愛媛大学教育学部紀要. 第III部, 自然科学   15(1) 55-65   1994年9月
Occurrence of Blueschists at Tuwa near Charbagh, NWFP., Pakistan
Proceedings of Geoscience Colloquium, Geoscience Laboratory, Geological Survey of Pakistan, Islamabad   (8) 94-99   1994年
岩石・鉱物のSr・Nd同位体比測定用試料JB-1の測定結果
愛媛大学教育学部紀要(自然科学)   15(1) 55-65   1994年
田崎耕市, 佐野栄, 永尾隆志, 鹿島愛彦
岩鉱   89(10) 373-389   1994年   [査読有り]
Origin of Chromite Ore Deposits: A Review -View of Petrologic Approach on Origin of Chromite Ore Deposits in Pakistan Ophiolites
Proceedings of Geoscience Colloquium, Geoscience Laboratory, Geological Survey of Pakistan, Islamabad   (5) 97-112   1993年
Preliminary Geochemical Exploration of Chromite Deposit in Malakand
Proceedings of Geoscience Colloquium, Geoscience Laboratory, Geological Survey of Pakistan, Islamabad   (6) 35-41   1993年
佐野 栄, 浅海 祥子, 谷本 盛光
愛媛大学教育学部紀要(教育科学)   39(1) 167-177   1992年9月
Origin of Ophiolites from Maizuru Tectonic Belt, Southwest Japan
Bulletin of the Kanagawa Pref. Museum Natural Science   21 1-20   1992年
佐野 栄
岩鉱   87(7) 272-282   1992年   [査読有り]
Geotraverse Across the Southwest Japan Arc: An Overview of Tectonic Setting of Southwest Japan
IGC Field Trip Guide Book, 29th, Metamorphic Belts and Related Plutonism in the Japanese Islands   (5) 171-253   1992年   [査読有り]
高橋 治郎, 山崎 哲司, 佐野 栄
愛媛大学教育学部紀要(自然科学)   12(1) 127-132   1991年9月
佐野 栄
愛媛大学教育学部紀要(教育科学)   38(1) 183-194   1991年9月
Petrogenesis of the Red Hills Peridotite in the Dun Mountain Ophiolite Belt
Memoirs of the Faculty of Education, Ehime University,(Natural Science)   12(1) 1-118   1991年
NdとSrの同位体組成からみた帝釈緑色岩類の起源
地質学論集   (33) 69-80   1989年   [査読有り]
丹波帯の緑色岩
地質学論集   (33) 53-67   1989年   [査読有り]
Geochemistry of the Yakuno Ophiolite in southwest Japan
Journal of the Faculty of Science, Hokkaido University, Series ? Geology and Mineralogy   22 297-312   1987年   [査読有り]
Sr and Nd Isotopic Compositions and Rb, Sr, Sm and Nd Concentrations of Standard Samples
Technical Report of ISEI, Okayama University, Ser.B   (4) 1-16   1987年
西日本内帯に産する白亜紀~古第三紀火成岩類のεSr、εNdの広域的変異に関する考察
火成作用研究会紙   (80) 15-21   1987年
花崗岩体におけるマグマ混合の可能性 -Sr同位体"全岩アイソクロン年代"と鉱物年代との不一致からのアプローチ-
火成作用研究会紙   (79) 29-33   1987年
Nd同位体組成からみたマントルの不均質性
地球科学   41(1) 23-34   1987年   [査読有り]

Misc

 
遠藤 晴美, 榊原 正幸, 佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   2011(0) 399-399   2011年
渡邊 重義, 佐野 栄, 高橋 治郎, 大野 誠司
日本科学教育学会研究会研究報告   17(5) 103-108   2003年3月
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   2010(0) 491-491   2010年
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   2009(0) 485-485   2009年
榊原 正幸, 大森 優子, チーホアンハー グエン, 佐野 栄, 世良 耕一郎, 堀 利栄
日本地質学会学術大会講演要旨   115    2008年9月
佐野 栄, 河野 里代子, 木津 友実, 榊原 正幸
日本地質学会学術大会講演要旨   115    2008年9月
榊原 正幸, 大森 優子, グエン チー・ホアン・ハー, 佐野 栄, 世良 耕一郎, 堀 利栄
日本地質学会学術大会講演要旨   2008(0) 293-293   2008年
佐野 栄, 河野 里代子, 木津 友実, 榊原 正幸
日本地質学会学術大会講演要旨   2008(0) 513-513   2008年
佐野 栄, 米家 悠介, 土肥 加奈, 渡邉 重義, 榊原 正幸
日本地質学会学術大会講演要旨   114    2007年9月
渡邉 重義, 隅田 学, 佐野 栄, 熊谷 隆至, 日詰 雅博
日本理科教育学会全国大会要項   (57)    2007年8月
佐野 栄, 米家 悠介, 土肥 加奈, 渡邉 重義, 榊原 正幸
日本地質学会学術大会講演要旨   2007(0) 615-615   2007年
佐野 栄, 榊原 正幸, 辻 智大
日本地質学会学術大会講演要旨   112    2005年9月
渡邉 彩, 榊原 正幸, 佐野 栄, 井上 雅裕, 堀 利栄, 近藤 敏仁
日本地質学会学術大会講演要旨   112    2005年9月
佐野 栄, 木村 純一
日本岩石鉱物鉱床学会 学術講演会 講演要旨集   2005(0) 18-18   2005年
千葉 悦子, 榊原 正幸, 佐野 栄, 堀 利栄
日本岩石鉱物鉱床学会 学術講演会 講演要旨集   2005(0) 26-26   2005年
本研究では,愛媛県西条市,市之川中流域に分布する市之川礫岩を対象として,環境岩石学的検討を行い,熱水変質作用および地表付近の環境における主要・微量元素の移動・再濃集プロセスについて考察した.市之川礫岩の礫はすべて熱水変質作用を受けていることから,礫岩形成後に熱水変質作用を被り,熱水沈殿物としてドロマイトを主とする基質が沈殿したと考えられる.その際,As,Sb,Sなどが添加,SiO2,Fe2O3,MgOなどが溶脱した.黄鉄鉱が...
榊原 正幸, 佐野 栄, 辻 智大, 東村 美香
日本地質学会学術大会講演要旨   111    2004年9月
中島 隆, 佐野 栄, 白波瀬 輝夫
地質学雑誌   102(9) XXIII-XXVI   1996年
パキスタン北部のコヒスタン地塊は, 白亜紀にテチス海が閉じてユーラシア大陸とインド亜大陸が衝突した際, テチス海にあった島弧が挟み込まれて, その横倒しになった地殻断面が地表露出したものと言われている. 断面の最深部は, 上部マントル/下部地殻境界に達すると言われている. この仮想地殻断面の最下部から最上部までが, パキスタン北部のインダス川沿いに建設されたカラコルム・ハイウェイに沿って観察される.
渡邉 彩, 高木 梢, 榊原 正幸, 井上 雅弘, 堀 利栄, 佐野 栄, 久保田 領志
日本地質学会学術大会講演要旨   111    2004年9月
千葉 悦子, 中井 芳恵, 近石 沙知子, 榊原 正幸, 堀 利栄, 佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   111    2004年9月
防犯から防災へ:「まもるくんの家」を防災に役立てられないか? その1.「まもるくんの家」マップの作成とその現状について.
日本学術振興会科学研究費補助金(萌芽研究研究成果報告書(平成14,15年度)   34-40   2004年
新居浜多喜浜南部丘陵地における斜面災害の地質学的検討
愛媛大学自然災害学術調査団2004年愛媛県下における自然災害学術調査報告書   43-50   2004年
愛媛県西条ー新居浜地域における中央構造線と斜面災害の関係
愛媛大学自然災害学術調査団2004年愛媛県下における自然災害学術調査報告書   26-42   2004年
榊原 正幸, 東村 美香, 佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   110    2003年9月
佐野 栄, Offler R.
日本地質学会学術大会講演要旨   110    2003年9月
「城山学習」の構想・実践・評価 -地域素材の発掘・教材化から授業実践へ-
平成14年度教育改善推進費(学部長裁量経費)研究「学際的アプローチを用いた地域素材の開発研究」(愛媛大学)   159-168   2003年
川原の石を題材にした地域素材の教材化 -重信川の川原の石を例に-
平成14年度教育改善推進費(学部長裁量経費)研究「学際的アプローチを用いた地域素材の開発研究」(愛媛大学)   171-179   2003年
愛媛県砥部町の岩盤・土壌・河川水・地下水の砒素汚染およびその環境浄化に関する研究
平成14年度理学部長裁量経費研究成果報告書(愛媛大学)   1-104   2003年
<他なるもの>としての自然
平成14年度愛媛大学教育学部長裁量経費報告書「<他なるもの>へのまなざし -<学び>の成立への多面的アプローチ-」   68-74   2003年
被災地域における教育活動の調査・研究 -芸予地震と子どもたち-
愛媛大学学芸予地震学術調査最終報告書(愛媛大学)   279-301   2002年
超苦鉄質岩を構成する鉱物組成からみた最上部マントル~地殻漸移帯でのマグマの挙動
文部省科学研究費補助金(基盤研究(C)研究成果報告書(平成11~13年度)   1-61   2002年
通学に関するアンケートおよび通学路の安全調査結果からみた芸予地震が子どもたちに与えた影響
平成13年度教育改善推進費(学部長裁量経費)研究「総合的な学習としての安全教育と防災教育」(愛媛大学)   18-30   2002年
Clinopyroxene REE Geochemistry of the Red Hills Peridotite: Interpretation of Magma Processes at the Mantle-Crust Transition Zone Beneath a Paleo Mid-Oceanic Ridge
4th International Workshop on Orogenic Lherzolites and Mantle Processes   129-130   2002年
Paleozoic subduction tectonics in New England Fold Belt, Australia
International Symposium on the Amalgamation of Precambrian Blocks and the Role of the Paleozoic Orogens in Asia   83-85   2002年
佐野 栄, OFFLER R., 西谷 達郎, AGASHEV A., 兵藤 博信, 渡辺 暉夫
日本地質学会学術大会講演要旨   108    2001年9月
総合学習に関する多面的・実践的研究-地域を生かした野外教育の研究-
平成12年度教育改善推進費(学部長裁量経費)研究報告書(愛媛大学)   1-82   2001年
Strontium and Neodymium Isotope Geochemistry of Ophiolitic Rocks in the Peel-Manning Fault Systems, NSW.
文部省科学研究費補助金(海外学術調査)研究成果報告書(平成10、11年度)   60-86   2000年
Southern Tasman Fold Belt System in Late Neoproterozoic -- insight from study on Mt Arrowsmith volcanics and Attunga eclogite
文部省科学研究費補助金(海外学術調査)研究成果報告書(平成10、11年度)   11-30   2000年
40Ar/39Ar geochronology of some mafic rocks from New England Fold Belt(Greenvale, Glenrock station and Pigna Barney)
文部省科学研究費補助金(海外学術調査)研究成果報告書(平成10、11年度)   87-104   2000年
佐野 栄, Oberhansli R., Romer R., Vinx R.
日本地質学会学術大会講演要旨   106    1999年10月
中島 隆, 佐野 栄, 白波瀬 輝夫
地質學雜誌   102(9) XXIII-XXVI   1996年9月
田村 洋子, 佐野 栄, 加々美 寛雄, 柚原 雅樹
日本地質学会学術大会講演要旨   103    1996年3月
佐野 栄, 中島 隆, KHAN Said Rahim
日本地質学会学術大会講演要旨   103    1996年3月
沈み込み過程での緑色岩および堆積物中の微量元素の挙動
総合研究(A)「付加体形成における緑色岩の意義」研究報告   79-83   1996年
愛媛県中島.興居島周辺の瀬戸内火山岩類の岩石学的地球化学的特徴
文部省科学研究費補助金(一般研究A)「瀬戸内区における中新世の地殻深部高温異常帯形成過程の研究」研究成果報告書(平成5~7年度)   191-228   1996年
佐野 栄, 田崎 耕市, 永尾 隆志, 渡辺 暉夫, 小出 良幸
日本地質学会学術大会講演要旨   102    1995年3月
佐野 栄, KHAN Said Rahim, 中川 充, 太田 英順
日本地質学会学術大会講演要旨   101    1994年9月
田崎 耕市, 佐野 栄, 永尾 隆志, 鹿島 愛彦
岩鉱   89(10) 373-389   1994年
Shikoku Karst, the mountainous limestone plateau extending from west to east in central Shikoku, is one of Upper Paleozoic limestone plateau in the southwest Japan outer belt. Basal greenstones, overlain by the limestone bed are composed of weakly...
田崎 耕市, 佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   100    1993年3月
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   99    1992年3月
小出 良幸, 佐野 栄
神奈川県立博物館研究報告 自然科学   (21) p1-20   1992年3月
佐野 栄
岩鉱   87(7) 272-282   1992年
Radiometric age and origin of metagabbros and the related plagio-granites constituting "Yakuno ophiolite" in Maizuru Tectonic Belt, southwest Japan, have been examined by using the Nd isotopic compositions.<br> It has been considered that the meta...
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   98    1991年3月
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   97    1990年9月
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   96    1989年4月
小出 良幸, 佐野 栄, 田崎 耕市
日本地質学会学術大会講演要旨   95    1988年4月
田崎 耕市, 佐野 栄, 河内 洋佑, 渡辺 暉夫
日本地質学会学術大会講演要旨   95    1988年4月
四国みかぶ帯はんれい岩のNd同位体比
日本地質学会関西支部会報   (106) 13-14   1988年
田崎 耕市, 佐野 栄, 加々美 寛雄, 西村 祐二郎
日本地質学会学術大会講演要旨   94    1987年4月
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   94    1987年4月
帝釈台緑岩岩類の起源に関する同位体岩石学的考察
文部省科学研究費補助金(総合研究A)研究成果報告書   (4) 19-21   1987年
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   93    1986年4月
佐野 栄, 渡辺 暉夫, 小林 英夫, 横山 博
日本地質学会学術大会講演要旨   92    1985年3月
渡辺 暉夫, 千貫 浩, 佐野 栄, 小林 英夫
日本地質学会学術大会講演要旨   92    1985年3月
佐野 栄, 矢野 寛幸, 渡辺 暉夫, 小板橋 重一
日本地質学会学術大会講演要旨   89    1982年5月

書籍等出版物

 
現代地球科学入門
学術図書出版学術図書出版社   1992年   
続 山陰地学ハイキング
たたら書房たたら書房   1983年   
しげのぶがわブック 重信川絵読本
2004年   

講演・口頭発表等

 
向 平和, 隅田 学, 熊谷 隆至, 大橋 淳史, 日詰 雅博, 中村 依子, 佐野 栄
日本理科教育学会全国大会要項   2013年8月10日   
向 平和, 隅田 学, 福山 隆雄, 大橋 淳史, 日詰 雅博, 佐野 栄
日本理科教育学会全国大会要項   2012年8月11日   
遠藤 晴美, 榊原 正幸, 佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   2011年   
HA Nguyen Thi Hoang, SAKAKIBARA Masayuki, SANO Sakae
地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集(CD-ROM)   2009年   
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   2009年   
榊原 正幸, 大森 優子, チーホアンハー グエン, 佐野 栄, 世良 耕一郎, 堀 利栄
日本地質学会学術大会講演要旨   2008年9月15日   
佐野 栄, 河野 里代子, 木津 友実, 榊原 正幸
日本地質学会学術大会講演要旨   2008年9月15日   
NGUYEN Thi Hoang Ha, SAKAKIBARA Masayuki, TAKEHANA Daisuke, SANO Sakae, SERA Koichiro, HORI Rie S.
地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集(CD-ROM)   2008年   
佐野 栄, 米家 悠介, 土肥 加奈, 渡邉 重義, 榊原 正幸
日本地質学会学術大会講演要旨   2007年9月1日   
渡邉 彩, 榊原 正幸, 佐野 栄, 井上 雅裕, 堀 利栄, 近藤 敏仁
日本地質学会学術大会講演要旨   2005年9月10日   
佐野 栄, 榊原 正幸, 辻 智大
日本地質学会学術大会講演要旨   2005年9月10日   
千葉 悦子, 榊原 正幸, 佐野 栄, 堀 利栄
日本岩石鉱物鉱床学会 学術講演会 講演要旨集   2005年   
本研究では,愛媛県西条市,市之川中流域に分布する市之川礫岩を対象として,環境岩石学的検討を行い,熱水変質作用および地表付近の環境における主要・微量元素の移動・再濃集プロセスについて考察した.市之川礫岩の礫はすべて熱水変質作用を受けていることから,礫岩形成後に熱水変質作用を被り,熱水沈殿物としてドロマイトを主とする基質が沈殿したと考えられる.その際,As,Sb,Sなどが添加,SiO2,Fe2O3,MgOなどが溶脱した.黄鉄鉱が...
佐野 栄, 木村 純一
日本岩石鉱物鉱床学会 学術講演会 講演要旨集   2005年   
榊原 正幸, 佐野 栄, 辻 智大, 東村 美香
日本地質学会学術大会講演要旨   2004年9月10日   
渡邉 彩, 高木 梢, 榊原 正幸, 井上 雅弘, 堀 利栄, 佐野 栄, 久保田 領志
日本地質学会学術大会講演要旨   2004年9月10日   
千葉 悦子, 中井 芳恵, 近石 沙知子, 榊原 正幸, 堀 利栄, 佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   2004年9月10日   
榊原 正幸, 東村 美香, 佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   2003年9月10日   
佐野 栄, Offler R.
日本地質学会学術大会講演要旨   2003年9月10日   
佐野 栄, OFFLER R., 西谷 達郎, AGASHEV A., 兵藤 博信, 渡辺 暉夫
日本地質学会学術大会講演要旨   2001年9月20日   
佐野 栄, Oberhansli R., Romer R., Vinx R.
日本地質学会学術大会講演要旨   1999年10月5日   
佐野 栄, 中島 隆, KHAN Said Rahim
日本地質学会学術大会講演要旨   1996年3月20日   
田村 洋子, 佐野 栄, 加々美 寛雄, 柚原 雅樹
日本地質学会学術大会講演要旨   1996年3月20日   
佐野 栄, 田崎 耕市, 永尾 隆志, 渡辺 暉夫, 小出 良幸
日本地質学会学術大会講演要旨   1995年3月20日   
佐野 栄, KHAN Said Rahim, 中川 充, 太田 英順
日本地質学会学術大会講演要旨   1994年9月20日   
田崎 耕市, 佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   1993年3月25日   
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   1992年3月25日   
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   1991年3月25日   
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   1990年9月25日   
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   1989年4月25日   
田崎 耕市, 佐野 栄, 河内 洋佑, 渡辺 暉夫
日本地質学会学術大会講演要旨   1988年4月2日   
小出 良幸, 佐野 栄, 田崎 耕市
日本地質学会学術大会講演要旨   1988年4月2日   
田崎 耕市, 佐野 栄, 加々美 寛雄, 西村 祐二郎
日本地質学会学術大会講演要旨   1987年4月2日   
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   1987年4月2日   
佐野 栄
日本地質学会学術大会講演要旨   1986年4月25日   
渡辺 暉夫, 千貫 浩, 佐野 栄, 小林 英夫
日本地質学会学術大会講演要旨   1985年3月25日   
佐野 栄, 渡辺 暉夫, 小林 英夫, 横山 博
日本地質学会学術大会講演要旨   1985年3月25日   
佐野 栄, 矢野 寛幸, 渡辺 暉夫, 小板橋 重一
日本地質学会学術大会講演要旨   1982年5月1日   

競争的資金等の研究課題

 
オフィオライトの岩石学・地球化学
研究期間: 1988年 - 2010年
緑色岩の岩石化学
研究期間: 1984年 - 2005年
海底堆積物の地球化学
研究期間: 1997年 - 2015年
土壌・水・植物の微量元素地球化学
環境研究
研究期間: 2004年