野並 浩

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 10:42
 
アバター
研究者氏名
野並 浩
 
ノナミ ヒロシ
eメール
nonamiagr.ehime-u.ac.jp
URL
http://web.agr.ehime-u.ac.jp/~pbb/
所属
愛媛大学
部署
農学研究科
職名
教授
学位
Ph. D. (Plant Biology)(University of Illinois), 修士(農学)(九州大学大学院), 学士(農学)(九州大学)
その他の所属
プロテオサイエンスセンター
科研費研究者番号
00211467

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
愛媛大学プロテオサイエンスセンター プロテオミクス研究部門 教授
 
2006年
 - 
2014年
 日本学術会議
 
2001年
   
 
 東京農工大学農学部
 
2000年
   
 
 東京農工大学農学部
 
2000年
 - 
2001年
 九州大学大学院生物資源環境科学府
 
1999年
 - 
2000年
 東京農工大学農学部
 
1998年
   
 
 東京大学大学院農学生命科学研究科
 
1997年
   
 
- 愛媛大学大学院連合農学研究科
 
1996年
   
 
- 愛媛大学農学部
 
1992年
 - 
1997年
 愛媛大学大学院連合農学研究科
 
1989年
   
 
- 愛媛大学大学院農学研究科(修士課程)
 
1988年
 - 
1996年
 愛媛大学農学部
 
1987年
 - 
1988年
 米国デラウエアー大学海洋科学部
 
1987年
   
 
 米国テキサス農工大学土壌作物学部
 
1981年5月
 - 
1986年1月
Department of Plant Biology University of Illinois Research Assistant (J.S. Boyer's Lab)
 
1986年
   
 
 西ドイツバイロイト大学植物生態学研究室
 
1981年
 - 
1986年
 米国イリノイ大学大学院植物科学部
 

学歴

 
 
 - 
1980年
九州大学 農学研究科 生物環境調節学
 
 
 - 
1986年
イリノイ大学 生物科学研究科 植物科学
 
 
 - 
1978年
九州大学 農学部 農学科
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
日本生物環境委工学会 会長
 
1989年
 - 
2006年
日本生物環境調節学会  理事
 
2003年
 - 
2006年
日本生物環境調節学会  編集委員長
 
2007年
 - 
2010年
日本生物環境工学会  生物生体計測部会長
 
2011年
 - 
2016年
日本生物環境工学会  英文誌 編集長
 

受賞

 
2018年
新農林社 新農林社賞 「農業工学分野での特に優れた研究業績」
 
2018年
日本農業工学会 日本農業工学会賞 「細胞膨圧計測に伴うソフトイオン化細胞分子計測の開発」
 
2013年
日本農業工学会 日本農業工学会フェロー
 
2013年
Global Medical Discovery Key Scientific Article 「Living Cell Manipulation, Manageable Sampling, and Shotgun Picoliter Electrospray Mass Spectrometry for Profiling Metabolites.」 Analytical Biochemistry (Volume 433, Issue 1, 1 February 2013, Pages 70–78)
 
2012年
日本生物環境工学会 国際学術貢献賞 「植物の細胞状態計測に伴うメタボローム測定に関する研究並びに英文誌の振興」
 

Misc

 
Yuto Hatakeyama, Chisato Masumoto-Kubo, Hiroshi Nonami, Satoshi Morita, Kenzo Hiraoka, Yayoi Onda, Taiken Nakashima, Hiroshi Nakano, Hiroshi Wada
Planta   248 1263-1275   2018年11月
© 2018, The Author(s). Main conclusion: Vacuolar compartments being sustained among the amyloplasts inadequately accumulated in rice endosperm cells are the main cause of chalky ring formation under dry wind conditions. Foehn-induced dry wind duri...
Dilshadbek T. Usmanov, Dilshadbek T. Usmanov, Mridul K. Mandal, Kenzo Hiraoka, Satoshi Ninomiya, Hiroshi Wada, Masaya Matsumura, Sachiyo Sanada-Morimura, Hiroshi Nonami, Shinichi Yamabe
Food Chemistry   260 53-60   2018年9月
© 2018 Elsevier Ltd Rapid, direct, on-site and noninvasive food analysis is strongly needed for quality control of food. To satisfy this demand, the technique of dipping probe electrospray ionization/mass spectrometry (dPESI/MS) was developed. The...
Dilshadbek T. Usmanov, Dilshadbek T. Usmanov, Khatam B. Ashurov, Satoshi Ninomiya, Kenzo Hiraoka, Hiroshi Wada, Hiroshi Nakano, Masaya Matsumura, Sachiyo Sanada-Morimura, Hiroshi Nonami
Rapid Communications in Mass Spectrometry   32 407-413   2018年3月
Copyright © 2017 John Wiley & Sons, Ltd. Rationale: Probe electrospray ionization (PESI) is only applicable to liquid or wet samples. In this study, a sheath-flow PESI method for remote sampling mass spectrometry that can be applied to dry sampl...
Dilshadbek T. Usmanov, Dilshadbek T. Usmanov, Kenzo Hiraoka, Satoshi Ninomiya, Lee Chuin Chen, Hiroshi Wada, Masaya Matsumura, Sachiyo Sanada-Morimura, Keisuke Nakata, Hiroshi Nonami
Analytical Methods   9 4958-4963   2017年9月
© 2017 The Royal Society of Chemistry. The temporal profiles of ion signals were measured for probe electrospray ionization (PESI) and nano-electrospray ionization (nESI) by changing the pulse width of the high voltage applied to the emitters (PES...
Rio Takaishi, Dilshadbek Tursunbayevich Usmanov, Dilshadbek Tursunbayevich Usmanov, Satoshi Ninomiya, Yuji Sakai, Kenzo Hiraoka, Hiroshi Wada, Masaya Matsumura, Sachiyo Sanada-Morimura, Hiroshi Nonami, Shinichi Yamabe
International Journal of Mass Spectrometry   419 29-36   2017年8月
© 2017 Elsevier B.V. Fluorene and 9,9-dialkyl fluorenes were examined by electrospray droplet impact/secondary ion mass spectrometry (EDI/SIMS). From the major peaks: M+[rad], [M+H]+, [M−R]+, and [M−R−(R−H)]+detected by EDI/SIMS, information on th...

書籍等出版物

 
植物水分生理学
養賢堂養賢堂   2001年   
植物種苗工場 (環境ストレスに応答する植物)
川島書店川島書店   1993年   
新版・生物環境調節ハンドブック(日本生物環境調節学会編)
養賢堂養賢堂   1995年   
植物工場ハンドブック (高辻正基編)1章 基礎理論 植物生理・水分生理
東海大学出版会東海大学出版会   1997年   
組織・器官レベルの水分状態.寺島一郎[編集]環境応答,朝倉植物生理学講座5
朝倉書店朝倉書店   2001年   

Works

 
蒸散状態における葉の伸長と生長に伴った水ポテンシャル場
1993年
組織培養体における生長に伴った水ポテンシャル場によって誘導される細胞伸長
1993年
ニンジンの不定胚分化過程における細胞の水分生理状態
1993年
Leaf expansion and growth-induced water potential under transpiring conditions
1993年
Cell elongation sustained by growth-induced water potential gradients in tissue-cultured plantlets.
1993年

競争的資金等の研究課題

 
レーザーイオン化のためのマトリックス物質の開発
研究期間: 1993年   
果実の肥大機構に関する水分生理学的研究
研究期間: 1990年   
生体物質の超微量分析法の開発
研究期間: 1986年   
水ポテンシャル計測法の開発
研究期間: 1988年