渡部 保夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/02 10:03
 
アバター
研究者氏名
渡部 保夫
 
ワタナベ ヤスオ
URL
http://web.agr.ehime-u.ac.jp/~biochem/index.html
所属
愛媛大学
部署
大学院農学研究科生命機能学専攻
職名
教授
学位
博士(農学)(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年10月
 - 
現在
愛媛大学 農学部 教授
 
2007年4月
 - 
2009年9月
愛媛大学 農学部 准教授
 
1996年6月
 - 
2007年3月
愛媛大学 農学部 助教授
 
1982年11月
 - 
1996年6月
愛媛大学 農学部 助手
 
1981年4月
 - 
1982年11月
愛媛大学 農学部 技術補佐員
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1981年3月
愛媛大学 農学部 研究生
 
1977年4月
 - 
1979年3月
愛媛大学 農学研究科 農芸化学
 
1973年4月
 - 
1977年3月
愛媛大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本農芸化学会  中四国支部評議員
 
2011年
   
 
日本農芸化学会  県代表役員
 
2011年
   
 
日本農芸化学会  全国評議員
 
2005年
 - 
2006年
日本農芸化学会  理事
 
2011年
   
 
日本生物工学会  県代表評議員
 

論文

 
Watanabe S, Tajima K, Matsui K, Watanabe Y
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   80(12) 2371-2375   2016年12月   [査読有り]
Watanabe S, Tajima K, Fujii S, Fukumori F, Hara R, Fukuda R, Miyazaki M, Kino K, Watanabe Y
Scientific reports   6 38720   2016年12月   [査読有り]
Watanabe S, Utsumi Y, Sawayama S, Watanabe Y
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   1-8   2016年7月   [査読有り]
Watanabe S, Sueda R, Fukumori F, Watanabe Y
PloS one   10(9) e0138434   2015年9月   [査読有り]
Copyright: © 2015 Watanabe et al. Opines, in particular nopaline and octopine, are specific compounds found in crown gall tumor tissues induced by infections with Agrobacterium species, and are synthesized by well-studied NAD(P)H-dependent dehydro...
Watanabe Y, Kawata K, Watanabe S
Journal of food science   80(6) H1418-24   2015年6月   [査読有り]
Watanabe S, Hiraoka Y, Endo S, Tanimoto Y, Tozawa Y, Watanabe Y
Journal of biotechnology   199 9-16   2015年4月   [査読有り]
Watanabe S, Tanimoto Y, Nishiwaki H, Watanabe Y
PloS one   10(3) e0120349   2015年   [査読有り]
Watanabe S, Tanimoto Y, Yamauchi S, Tozawa Y, Sawayama S, Watanabe Y
FEBS open bio   4 240-250   2014年   [査読有り]
Watanabe S, Morimoto D, Fukumori F, Shinomiya H, Nishiwaki H, Kawano-Kawada M, Sasai Y, Tozawa Y, Watanabe Y
The Journal of biological chemistry   287(39) 32674-32688   2012年9月   [査読有り]
渡部保夫, 鳥居枝里子, 渡辺誠也, 前田耕作
日本食品科学工学会誌   59(6) 291-294   2012年6月
各種麦類のヌカを用いて(PLP無添加で)GABA生産能を測定したところ,裸麦やもち麦を含む六条大麦に由来するヌカに高いGABA生産性を確認した.理由として,それらのヌカに含まれるGABA生産酵素(グルタミン酸脱炭酸酵素)のホロ酵素の割合が小麦や二条大麦に比べて高いことにあると推察された.これらはGABAの機能性を付与した食品を製造開発するために,利用可能な成果である.
渡部保夫, 鳥居枝里子, 大野一仁, 前田耕作
日本食品科学工学会誌   58(4) 182-185   2011年4月
本研究は,愛媛県が生産量1位である裸麦類に属するもち麦を食品原料としての利用を活性化するためにGABA機能付加を試みた.精麦した精麦もち麦粒とグルタミン酸溶液を混合して浸漬後,水切りして湿った精麦もち麦をもう一度保温することで,高含量のGABAを含むもち麦粒が製造できた.0.3%から1%グルタミン酸溶液(pH4から8)に浸漬するが,もち麦の表皮を剥いだ精麦もち麦粒を用いることが重要であった.
渡部 保夫, 西部 恵子, 阿部 俊之助
Food function   7 9-12   2011年
渡部 保夫, 武智 由紀, 金澤 寛子
Food Function   4(2) 7479-79   2008年10月
ONISHI Junko, ROY Molay Kumar, JUNEJA Lekh Raj, WATANABE Yasuo, TAMAI Youichi
Journal of Peptide Science   14(9) 1032-1038   2008年
Bioscience Biotechnology and Biochemistry   70(2) 377-386   2006年
WATANABE Yasuo, TAKECHI Yuki, NAGAYAMA Kisako, TAMAI Youichi
Enzyme and Microbial Technology   39(4) 654-659   2006年
Co-expression of the Na+/H+-antiporter and H+-ATPase genes of the salt-tolerant yeast Zygosaccharomyces rouxii in Saccharomyces cerevisiae
FEMS Yeast Research   5(4/5) 411-417   2005年
Heterologous expression of Zygosaccharomyces rouxii glycerol 3-phosphate dehydrogenase gene (ZrGPD1) and glycerol dehydrogenase gene (ZrGCY1) in Saccharomyces cerevisiae.
Watanabe Y, Tsuchimoto S, Tamai Y
FEMS yeast research   4(4-5) 505-510   2004年1月   [査読有り]
WATANABE Y, SHIMONO Y, TSUJI H, TAMAI Y
FEMS Microbiology Letters   209(1) 39-43   2002年
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   66(6) 1400-1402   2002年
ROY M K, KUWABARA Y, HARA K, WATANABE Y, TAMAI Y
J. Dairy Science   85(9) 2065-2074   2002年
渡部保夫, 岩城知子, 玉井洋一
日本醸造協会誌   96(1) 23-32   2001年1月
味噌, 醤油諸味にひろく分布し, 24-26%の食塩下でも, 旺盛に増殖・発酵を営む耐塩性酵母がZygosaccharomycesrouxiiである。この酵母がかような高濃度の食塩環境に耐えられる理由, つまり, 耐塩性の機作については, 細胞膜脂質組成の変化によるNa+の膜透過性の低下, 適合溶質 (ポリオール) の蓄積による浸透圧調節, さらには, 細胞膜プロトンポンプの関与でNa+を細胞外へ排出して, 細胞内塩濃度の調節など種々明らかにされている。長年, 耐塩性酵母の耐塩性で重要と考...
ROY M K, WATANABE Y, TAMAI Y
Biotechnol.Appl.Biochem.   31(2) 95-100   2000年
渡部保夫, 岩城知子, 玉井洋一
生物工学会誌   77(2) 73-76   1999年2月
Two putative MAP Kinase genes, ZrHOG1 and ZrHOGZ, Cloned from the salt-tolerant yeast Zygosaccharomyces rouxii are functionally homologous to the Saccharomyces cerevisiae HOG1 gene
Microbiology U. K.   145(1) 241-248   1999年
WATANABE Y, IWAKI T, SHIMONO Y, ICHIMIYA A, NAGAOKA Y, TAMAI Y
J.Biosci.Bioeng.   88(2) 136-142   1999年
MORIMOTO T, OISHI H, WATANABE Y, TAMAI Y
Biosci. Biotechnol. Biochem.   62(8) 1633-1636   1998年
Characterization of a Second Gene (ZSOD22) of Na+/H+ Antiporter from Salt-folerant Yeast Zygosaccharomyus rouxii and Functional Expression of ZSOP2 and ZSOD22 in Saccharomyces cerevisiae
Yeast   14(13) 1167-1174   1998年
玉井洋一, 渡部保夫
生物工学会誌   74(6) 457-468   1996年11月
Phospholipid deacylating enzymes of yeast have been studied primarily in Saccharomyces cerevisiae, a baker's yeast, and Candida albicans, a pathogenic yeast. In recent years, the genes of S. cerevisiae and Torulaspora delbrueckii have been cloned,...
渡部 保夫, 玉井 洋一
日本農芸化学会日本農芸化学会誌   70(8) 897-899   1996年8月
TAMAI Y, YOSHIMITSU N, WATANABE Y, KUWABARA Y, NAGAI S
J. Ferment. Bioeng.   81(2) 181-182   1996年
OISHI H, TSUDA S, WATANABE Y, TAMAI Y
Biosci. Biotech. Biochem.   60(7) 1087-1092   1996年
WATANABE Y, IMAI K, OISHI H, TAMAI Y
FEMS Microbiol. Lett.   145(3) 415-420   1996年
Effects of inorganic phosphorus compounds on the hydrolysis of phosphatidylcholine liposomes by phospholipid-deacylating enzymes
Biotechnol. Appl. Biochem.   21(2) 101-110   1995年
玉井 洋一, 大石 英樹, 中川 功, 渡部 保夫, 新本 洋士, 桑原 雄二, 山登 健二, 永井 清一郎
日本食品科学工学会   42(5) 383-387   1995年
KUWABARA Y, NAGAI S, YOSHIMITSU N, NAKAGAWA I, WATANABE Y, TAMAI Y
J. Ferment. Bioeng.   80(3) 294-295   1995年
SAEKI K, IWATA J, TAMAI Y, WATANABE Y
J. Ferment. Bioeng.   77(5) 554-556   1994年
WATANABE Y, YASHIKI Y, SULTANA G N‐N, MARUYAMA M, KANGAWA K, TAMAI Y
FEMS Microbiol. Lett.   124(1) 29-34   1994年
SAEKI K, IWATA J, YAMAZAKI S, WATANABE Y, TAMAI Y
J. Ferment. Bioeng.   78(6) 407-412   1994年
WATANABE Y, YAMAGUCHI M, SAKAMOTO J, TAMAI Y
Yeast   9(3) 213-220   1993年
Calcium ion dependent interaction of inorganic phosphorus compounds with phosphatidy lcholine
J. Biochem.   114(2) 251-254   1993年
WATANABE Y, SANEMITSU Y, TAMAI Y
FEMS Microbiol. Lett.   114(1) 105-108   1993年
Orthophosphate, pyrophosphate, and some polyphosphates are specific inhibitors of phospholipase B from Torulaspora delbrueckii
Biotech. Appl. Biochem.   16(1) 86-96   1992年
Suppression of phospholipase B activity by its carbohydrate moiety
Biotechnol. Appl. Biochem.   16(3) 287-295   1992年
Masafumi Maruyama, Nobuhiro Kusuno, Taichi Tsujimoto, Yasuo Watanabe, Youichi Tamai
Agricultural and Biological Chemistry   55 2399-2400   1991年1月
Molecular cloning and sequencing of plasma membrane H+-ATPase gene from the salt-tolerant yeast Zygosacharomyces rouxii
J. Biochem.   110(2) 237-240   1991年
WATANABE Y, YAMAGUCHI M, SANEMITSU Y, TAMAI Y
Yeast   7(6) 599-606   1991年
Identification and characterization of a thermolabile antigen (TlAb, glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase) in Saccharomyces cerevisiae
Biotechnol. Appl. Biochem.   13(2) 269-276   1991年
Isolation and fundamental characteristics of a Phospholipase B inhibitor from autolyzed Torulaspora delbrueckii
published by Academic Press, Inc. on behalf of International Union of Biochemistry and Molecular Biology SocietiesBiotech. Appl. Biochem.   14(2) 234-242   1991年
Agric. Biol. Chem.   55(9) 2399-2400   1991年
WATANABE Y, IKEUCHI Y, TAMAI Y
Agric. Biol. Chem.   54(10) 2543-2551   1990年
SAEKI K, MIYASHITA Y, WATANABE Y, TAMAI Y
J. Ferment. Bioengin.   70(4) 215-221   1990年
新本 洋士, 渡部 保夫, 玉井 洋一, 高桑 正義
日本農芸化学会日本農芸化学会誌   63(1) 25-28   1989年1月
Torulaspora delbrueckiiの冷凍耐性株Y-134-5と冷凍感受株IFO 0430, IFO 0431のプロトプラストの浸透圧感受性,細胞壁マンナンのアセトリシスパターンと血清学的反応性について比較検討した.その結果,冷凍耐性酵母と感受性酵母のプロトプラストの浸透圧感受性,マンナンのアセトリシスパターンには差はなかった.しかし, IFO 0430, IFO 0431のマンナンがマンノースがマンノースのα-1→3結合に特異的な抗血清と反応したのに対し, Y-1...
TAMAI Y, ISHIKAWA T, ABE S, WATANABE Y
Agric. Biol. Chrm.   53(1) 289-291   1989年
WATANABE Y, TAKAKUWA M
J. Ferment. Technol.   66(4) 461-465   1988年
Purification and some properties of membranebound phospholipase B from Torulaspora delbrueckii
J. Biochem.   104(2) 236-241   1988年
Structure and expression of human B cell stimulatory factor-2 (BSF-2/IL-6) gene
The EMBO Journal   6(10) 2939-2945   1987年
WATANABE Y, TAKAKUWA M
J. Ferment. Technol.   65(4) 365-369   1987年
HIRANO T, YASUKAWA K, HARADA H, TAGA T, WATANABE Y, MATSUDA T, KASHIWAMURA S, NAKAJIMA K, MATSUI H
Nature   324(6092) 73-76   1986年
Yasuo Watanabe, Masayoshi Takakuwa
Agricultural and Biological Chemistry   48 2415-2422   1984年1月
Saccharomyces rouxii is a salt-tolerant yeast, industrially important for miso- and shoyu- making. The change of intracellular lipid composition was examined in shaken cultures of S, rouxii ATCC 42981 grown in medium containing various concentrati...
Yasuo Watanabe, Naoko Abe, Masayoshi Takakuwa
Agric. Biol. Chem.   47(2) 195-201   1983年1月
When pressed baker’s yeast (Saccharomyces cerevisiae) was exposed to the vapour of acetic acid, autolysis of yeast cells was induced in 3 or 4 hr. In order to elucidate the mechanism of the autolysis caused by the AcOH-treatment, we investigated v...
WATANABE Y, MURAKAMI M, TAKAKUWA M
Agric. Biol. Chem.   47(7) 1683-1685   1983年
Masayoshi Takakuwa, Yasuo Watanabe
Agric. Biol. Chem.   45(10) 2167-2173   1981年1月
Variations in lipid components of washings and homogenate of pressed baker's yeast were investigated during the storage of pressed baker's yeast at 30°C. Washings represents the substances which had leaked out from cells. Homogenate represents tho...

Misc

 
渡部保夫
New Food Industry   59(1) 29‐34   2017年1月
渡部 保夫, 前田 明莉, 松井 都
New Food Industry   58(1) 57-66   2016年1月
渡部 保夫, 河田 航貴
New Food Industry   57(6) 17-24   2015年6月
渡部保夫, 清水芽依
New Food Industry   57(1) 65-70   2015年1月
渡部保夫
New Food Industry   56(4) 15-29   2014年4月
渡部保夫
New Food Industry   55(8) 32-38   2013年8月
渡部保夫
New Food Industry   55(7) 36-43   2013年7月
渡部保夫, 石橋智毅, 松井都, 渡辺誠也
New Food Industry   55(3) 1-8   2013年3月
渡部保夫, 前田耕作
愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書   (6) 97-108   2013年3月
渡部保夫
New Food Industry   54(12) 7-16   2012年12月
渡部保夫
New Food Industry   54(11) 47-55   2012年11月
渡部保夫
New Food Industry   54(7) 38-44   2012年7月
渡部保夫
New Food Industry   54(6) 27-34   2012年6月
ZHAO Hong mei, 白石雄大, 田中宏樹, 渡部保夫
愛媛大学農学部紀要   56 33-39   2011年9月
多種類の糖アルコールを一括して脱水素酵素を用いて定量するために,マンニトールとアラビトールについて,Saccharomyces cerevisiaeとKluyvermyces lactisからそれぞれ遣伝子クローニング及びタンパク質の多量発現により目的の酵素の単離精製を行った。本実験ではS. cerevisiaeからグリセロール脱水素酵素の精製と基質特異性の決定を行った。遺伝子組換えによりタンパク質のN-末端あるいはC-末端にタグを付加した後,アフィニティークロマトグラフィーにより精製した...
Sodium excretion mechanism in the salt-tolerant yeast
GLOBAL RESEARCH NETWORK Res.Adv.in Biosci. & Bioeng.   1(1) 1-6   2000年
渡部 保夫, 玉井 洋一
日本農芸化学会化学と生物   34(3) 181-182   1996年3月
酵母Torulaspora delbrueckii由来のホスホリパーゼBの特性と細胞の耐久力に及ぼす影響
日本生物工学会生物工学会誌   74(6) 457-468   1996年
渡部 保夫, 玉井 洋一
日本農芸化学会化学と生物   33(11) 705-713   1995年11月
三輪恵子, 渡部保夫, 玉井洋一
日本農芸化学会誌   68(3) 454   1994年3月
微細藻類の耐塩性機構とその耐塩性遺伝子の利用に関する基礎的研究
財団法人四国産業・技術振興センターカルテック   (21) 35-39   1993年
佐伯和男, 岩田潤子, 渡部保夫, 玉井洋一, 石井晃, 小玉健太郎
愛媛大学農学部紀要   36(2) 485-495   1992年3月
渡部 保夫, 玉井 洋一
醗酵工学会誌 : hakkokogaku kaishi   69(6) 522-523   1991年11月
渡部保夫
日本農芸化学会誌   65(5) 913-914   1991年5月
Existing state of study on the salt-tolerance in yeasts(共著)
69(6) 522-523   1991年
渡部保夫, 峰時俊貴, 高桑正義
愛媛大学農学部紀要   33(1) 89-96   1988年10月

書籍等出版物

 
ハロー!!!はだかむぎくん まさきのスーパーヒーロー
渡部 保夫 (担当:監修)
2017年3月   
愛媛大学「研究室からこんにちは!」7
渡部 保夫 (担当:共著, 範囲:348-363)
アトラス出版   2013年7月   
醤油酵母の研究 醤油酵母の耐塩性機構
清酒酵母・麹研究会(編集兼発行人) 財団法人日本醸造協会(発行所) 新日本印刷株式会社(印刷所)清酒酵母の研究-90年代の研究   2003年   
Degradation of phospholipids in cell membrane during storage of pressed baker's yeast
Pergamon Press   1981年   
Molecular Basis of Lymphokine Action
the Human Press, Inc.   1987年   

講演・口頭発表等

 
渡辺誠也, 平岡芳信, 遠藤志織, 谷本佳彰, 渡部保夫
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2015年3月5日   
愛媛県地産品はだか麦およびもち麦を用いた食品加工技術による農商工地域連携の推進
渡部 保夫
産学連携学会関西・中四国支部第6回研究・事例発表会   2015年2月   
渡辺誠也, 谷本佳彰, 山内清司, 戸澤譲, 渡部保夫
日本生化学会大会(Web)   2014年   
渡辺誠也, 谷本佳彰, 西脇寿, 戸澤譲, 渡部保夫
日本生化学会大会(Web)   2013年   
渡辺誠也, 森本大地, 福森文康, 四宮博人, 西脇寿, 河田美幸, 笹井雄貴, 戸澤譲, 渡部保夫
日本生化学会大会(Web)   2012年   
小林弘孝, 安達善伸, 玉井洋一, 渡部保夫
日本農芸化学会誌   2001年2月1日   
小林弘孝, 安達善伸, 玉井洋一, 渡部保夫
日本農芸化学会西日本支部大会およびシンポジウム講演要旨集   2000年10月28日   
渡部 保夫, 玉井 洋一
日本生物工学会大会講演要旨集   1998年8月31日   
渡部保夫, 玉井洋一
日本生物工学会大会講演要旨集   1998年   
伊藤真琴, 栗原健志, 渡部保夫, 玉井洋一, 桑原雄二, 永井清一郎
日本生物工学会大会講演要旨集   1997年9月5日   
大石 英樹, 津田 晋二, 渡部 保夫, 玉井 洋一
日本農藝化學會誌   1996年3月5日   
桑原 雄二, 永井 清一郎, 好光 紀子, 中川 功, 渡部 保夫, 玉井 洋一
日本農藝化學會誌   1995年7月5日   
中川功, 渡部保夫, 桑原雄二, 永井清一郎, 玉井洋一
日本生物工学会大会講演要旨集   1994年10月10日   
桑原 雄二, 丸山 雅史, 門脇 秀樹, 田中 勢司, 渡部 保夫, 玉井 洋一
日本醗酵工学会大会講演要旨集   1988年11月9日   
高桑 正義, S.V Bhalkar, 尾形 雅子, 渡部 保夫
日本農藝化學會誌   1987年1月15日   

Works

 
大豆が有するギャバ生成酵素とグルタミン酸の反応条件の最適化に向けた研究開発
2006年 - 2006年
もち麦を用いたギャバの高生産に関する研究
2009年

競争的資金等の研究課題

 
生物の耐塩性に関する研究
研究期間: 1982年   
微生物酵素を遺伝子工学的に利用するための研究
研究期間: 2000年   
遺伝子工学により調製した酵素の利用に関する研究
研究期間: 2003年 - 2006年
食品に含まれる機能性成分に関する研究
研究期間: 2006年   
消化酵素阻害剤に関する研究
研究期間: 2007年   

特許

 
原 和志, 桑原 雄二, 玉井 洋一, 渡部 保夫, ロイ モレイ クマール, 東 拓也
2003-171399
特許US 9,609,890 B2 : Method for producing GABA mocha barley containing GABA and product thereof
前田 耕作, 渡部 保夫