田辺 信介

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/29 03:07
 
アバター
研究者氏名
田辺 信介
 
タナベ シンスケ
URL
http://www.ehime-u.ac.jp/~cmes/tanabe/index.html
所属
愛媛大学
部署
沿岸環境科学研究センター 化学汚染・毒性解析部門
職名
教授,沿岸環境科学研究センター 生物環境試料バンク長
学位
農学博士(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1975年
愛媛大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1973年
愛媛大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本環境科学会  理事
 
2001年
   
 
日本環境毒性学会  会長
 
2002年
   
 
日本環境化学会  理事
 
1998年
 - 
1998年
内分泌撹乱化学物質学会  理事
 

受賞

 
1985年
日本海洋学会岡田賞
 
1999年
日産科学賞
 
2000年
ISI引用最高栄誉賞(環境化学分野)
 
2003年
ベトナム政府フレンドシップメダル
 
2004年
日本環境化学会学術賞
 

Misc

 
海洋におけるPCBの分布と挙動
日本海洋学会誌   41(5) 358-370   1985年
残留性有機塩素化合物をトレーサーとして用いた化学的接近方によるイシイルカの生物過程解明の試み
基地式さけ・ます漁業混獲動物対策調査委託事業報告書   74-114   1988年
宇和海の海域特性と養植漁場環境の保全
愛媛大学教育研究学内特別経費報告書   1-114   1989年
コプラナーPCB
科学   62(5) 273-274   1992年
海洋汚染と生態系
SOS   (123) 4-7   1992年

書籍等出版物

 
海洋の有機塩素化合物汚染
地球環境ハンドブック、朝倉書店   1994年   
有機塩素化合物によるバイカル湖の汚染
バイカル湖、東京大学出版会   1994年   
有害物質による汚染
海洋環境問題の変還と課題-海洋環境を考える、恒星社厚生閣   1994年   
海洋汚染とクジラ・イルカ類
日本動物大百科, 哺乳類, 平凡社   1996年   
環境ホルモン-何が問題なのか-
岩波ブックレットNo456 岩波書店   1998年   

Works

 
宇和海漁場環境調査-化学物質調査
1999年 - 2000年
内分泌撹乱物質による生殖への影響と作用機構に関する研究
1998年 - 2000年
指標生物による有害物質海洋汚染の監視手法の高度化に関する研究
1997年 - 2001年
環境中の複合化学物質による次世代影響リスクの評価とリスク対応支援に関する研究
2000年 - 2002年
有害化学物質の地球規模での時空間変動機構および分解過程に関する研究
2000年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
有機塩素化合物の地球規模での分布,挙動,ゆくえ
研究期間: 1973年   
野生動物における有機塩素化合物および重金属の生物濃縮と生体影響
研究期間: 1973年   
有機スズ化合物による生態系の汚染
研究期間: 1973年   
有機臭素化合物による地球規模の生態系汚染
研究期間: 2003年