河野 公栄

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/29 03:07
 
アバター
研究者氏名
河野 公栄
 
カワノ マサヒデ
所属
愛媛大学
部署
農学部 生物資源学科
職名
教授
学位
農学博士(九州大学), 農学修士(愛媛大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
1996年
   
 
日本環境化学会  Secretary member of Kansai Branch
 
1996年
 - 
1997年
日本土壌肥料学会  関西支部会幹事
 

受賞

 
2001年
第8回環境化学論文賞
 
2004年
第11回環境化学論文賞
 

Misc

 
白アリ防除剤クロルデンによる都市環境汚染
総合都市研究   40   1990年
血中のChlordanesとその関連化合物およびその他の有機塩素化合物のGC-ECD分析法
日本農芸化学会誌   56 7   1982年
白蟻防除従事者血中のchlordanesとその関連化合物およびその他の有機塩素化合物
日本農芸化学会誌   56 10   1982年
ベトナム南部の土壌に残留する塩素化炭化水素農薬とPCBs
(50) 147-159   1993年
熱帯および亜熱帯アジア諸国の土壌に蓄積する残留性有機塩素化合物
(81) 61-71   1993年

書籍等出版物

 
ゼニガタアザラシの生態と保護
東海大学出版会   1995年   
Long Range Transport of Pesticides
Lewis Publishersin "Naturally-Produced Organohalogens" ed. A. Grim vall and Ed W. B. deLee, Kluwer Academic Publishers, The Netherland   1990年   
Occurrence of organic halogens in marine mammals(共著)
Kluwer Academic PublishersNaturally-Produced Drganohalogens, A. Grimvall and ED W. B. deLeav(eds), Kluwer Academic Rublishers, The Netherlands   1995年   
Analytical Applications of Nuclear Techniques
国際原子力機関(IAEA)   2004年   
放射化分析ハンドブック
日本アイソトープ協会   2004年   

Works

 
日本とポーランドの化学物質による環境汚染に関する研究
1994年
医療廃棄物焼却灰のエストロジェシ様活性
1997年

競争的資金等の研究課題

 
有機ハロゲン化合物及び残留性有機汚染物質の環境動態
科学研究費補助金
研究期間: 2000年   
残留性有機汚染物質の環境動態と生物蓄積
科学研究費補助金
研究期間: 2000年   
毒性化学物質の分析法の開発
環境研究
研究期間: 2000年   
有機態ハロゲン(EOX)の環境化学
研究期間: 2000年   
有機態ハロゲン(EOX)の環境化学と環境毒性学
その他の研究制度
研究期間: 2000年