土屋 卓也

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/29 20:36
 
アバター
研究者氏名
土屋 卓也
 
ツチヤ タクヤ
URL
http://daisy.math.sci.ehime-u.ac.jp/users/tsuchiya/
所属
愛媛大学
部署
大学院理工学研究科 数理物質科学専攻
職名
教授
学位
Ph.D.(メリーランド大学)
科研費研究者番号
00163832
ORCID ID
0000-0002-0005-1663

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
   
 
愛媛大学 理工学研究科 教授
 
2004年2月
 - 
2006年3月
愛媛大学 理学部数理科学科(2004年2月から2005年3月まで)数学科(2005年4月から2006年3月まで) 教授
 
1990年12月
 - 
2004年1月
愛媛大学 理学部数学科(1990年12月から1996年3月まで)数理科学科(1996年4月から2004年1月まで) 助教授
 
1983年4月
 - 
1990年11月
九州大学 理学部数学科 助手
 

学歴

 
1987年9月
 - 
1990年12月
University of Maryland Department of Applied Mathematics Doctor
 
1981年4月
 - 
1983年3月
九州大学 大学院理学研究科 数学専攻
 
1977年4月
 - 
1981年3月
信州大学 理学部 数学科
 

委員歴

 
2018年3月
 - 
現在
日本数学会  評議員
 
2006年3月
 - 
2008年3月
日本応用数理学会  評議員
 
2004年
 - 
現在
日本応用数理学会  研究部会「環瀬戸内応用数理研究部会」監事
 

受賞

 
2017年6月
日本応用数理学会 フェロー
 
2015年9月
日本応用数理学会 日本応用数理学会論文賞 A Babuška-Aziz type proof of the circumradius condition
受賞者: 小林 健太、土屋 卓也
 
私たちの論文

Kenta Kobayashi, Takuya Tsuchiya,
A Babuška-Aziz type proof of the circumradius condition
(Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics2014, Vol.31, No.1, pp.193-210)

について、日本応用数理学会の2015年度論文賞JJIAM部門を受賞しました。詳しくは
http://www2.jsiam.org...

論文

 
Grodet Aymeric, Tsuchiya Takuya
Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics   35(2) 707-725   2018年7月   [査読有り]
Kenta Kobayashi, Takuya Tsuchiya
Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics   34 509-530   2017年8月   [査読有り]
© 2017, The JJIAM Publishing Committee and Springer Japan KK. We consider surface area approximations by Lagrange and Crouzeix-Raviart interpolations on triangulations. For Lagrange interpolation, we give an alternative proof for Young’s classical...
Takashi Suzuki, Takuya Tsuchiya
Journal of the Mathematical Society of Japan   68(4) 1389-1419   2016年10月   [査読有り]
The Green function of the Laplacian with the homogeneous Dirichlet boundary condition on bounded domains is considered. The variation of the Green function with respect to domain perturbations is called the Hadamard variation. In this paper, we pr...
Kenta Kobayashi, Takuya Tsuchiya
Applications of Mathematics   61 121-133   2016年4月   [査読有り]
We consider the error analysis of Lagrange interpolation on triangles and tetrahedrons. For Lagrange interpolation of order one, Babuška and Aziz showed that squeezing a right isosceles triangle perpendicularly does not deteriorate the optimal app...
Kenta Kobayashi, Takuya Tsuchiya
Applications of Mathematics   60 485-499   2015年10月   [査読有り]
We present the error analysis of Lagrange interpolation on triangles. A new a priori error estimate is derived in which the bound is expressed in terms of the diameter and circumradius of a triangle. No geometric conditions on triangles are impose...

Misc

 
小林健太, 土屋卓也
応用数理   28(1) 18‐25   2018年3月
小林 健太, 土屋 卓也
数理解析研究所講究録   (2037) 36-43   2017年7月
小林 健太, 土屋 卓也
数理解析研究所講究録   (2005) 145-148   2016年11月
Kenta Kobayashi, Takuya Tsuchiya
   2016年6月
This paper describes the analysis of Lagrange interpolation errors on
tetrahedrons. In many textbooks, the error analysis of Lagrange interpolation
is conducted under geometric assumptions such as shape regularity or the
(generalized) maximum angl...
Aymeric Grodet, Takuya Tsuchiya
   2015年11月
We describe a technique to improve Smith's branch-and-bound algorithm for the
Euclidean Steiner tree problem in Rd. The algorithm relies on the enumeration
and optimization of full Steiner topologies for corresponding subsets of
regular points. We...

書籍等出版物

 
ストラング:計算理工学
土屋 卓也 (担当:共訳, 範囲:第3章 (pp.227-315) 翻訳)
近代科学社   2017年1月   
太田 雅人, 鈴木 貴, 小林 孝行, 土屋 卓也 (担当:共著)
培風館   2015年12月   ISBN:4563011568

講演・口頭発表等

 
Error analysis of Crouzeix–Raviart and Raviart–Thomas finite element methods
土屋 卓也
環瀬戸内ワークショップ   2018年6月26日   
Error analysis of Crouzeix–Raviart and Raviart–Thomas finite element methods
土屋 卓也
SIAM East Asian Section Conference 2018   2018年6月24日   
Crouzeix--Raviart有限要素法と Raviart--Thomas有限要素法の誤差解析
土屋 卓也
計算工学講演会   2018年6月8日   
Error analysis of Lagrange interpolations on tetrahedrons
土屋 卓也
International Workshop on Numerical Methods for Partial Differential Equations   2018年3月28日   
Error analysis of Raviart-Thomas and Crouzeix-Raviart finite element methods
土屋 卓也
ANZIAM2018   2018年2月6日   ANZIAM

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽)
研究期間: 2017年7月 - 2018年3月    代表者: 土屋 卓也
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 土屋 卓也
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 土屋 卓也
任意の三角形上での関数の1次補間に関する外接半径条件を発見し、その精度保証付き数値計算を用いない(つまり伝統的な「紙と鉛筆のみ」の)証明を完成させた。その後、外接半径条件が曲面の面積の定義と密接な関係があることを見いだした。曲面がある程度の滑らかさを持ち、さらに内接多面体が外接半径条件をみたせば、内接多面体の面積は曲面の面積に収束することを示した。この定理は、有名な「Schwarz の提灯」の例を含むので、幾何学的な条件としては「best possible」である。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 土屋 卓也
この研究では、領域の変動が、その領域上で定義されている楕円型微分方程式の境界値問題の解に、どのような影響を及ぼすかについて調べた。特に、境界値問題の解を用いて定義される汎関数について、領域の摂動に関する第一変分、第二変分を計算する方法を確立した。その結果を用いて、有界領域上のGreen関数の領域の摂動に関する古典的なHadamardの変分公式を、簡便に計算する方法を発見した。また、「ダム問題」と呼ばれる自由境界問題について、解を制御する変分原理の領域の変動に関する第一変分、第二変分を計算し...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 土屋 卓也
平成17年度から18年度にかけて以下の研究を行い、成果を挙げてきた。1.ダム問題と呼ばれる自由境界問題に対する反復スキームの収束について、その理論的枠組みを明らかにした。自由境界問題の解の存在証明では、レベルセット法と呼ばれるアプローチが理論的に優位だが、工学の現場では「試行自由境界法」などと呼ばれるより直感的なアプローチが取られえることが多い。しかし、この方法を数学的に厳密に解析することは難しく、これまでほとんど結果がなかった。この研究では、幾何学の極小曲面の手法を使うことにより、反復ス...

社会貢献活動

 
日本応用数理学会 代表会員
【その他】  2017年4月1日 - 2018年3月31日
日本応用数理学会 環瀬戸内研究部会 監事
【運営参加・支援】  2017年4月1日 - 2018年3月31日
愛媛県立宇和島東高校SSH 運営指導委員会委員
【助言・指導】  愛媛県立宇和島東高校  2017年4月1日 - 2018年3月31日
【講師】  科学技術振興機構  第21回JST数学キャラバン  (長野県上田市上田高校)  2017年8月20日
日本応用数理学会 環瀬戸内研究部会 監事
【運営参加・支援】  日本応用数理学会 環瀬戸内研究部会  2016年4月1日 - 2017年3月31日
日本応用数理学会 代表会員
【その他】  日本応用数理学会  2016年4月1日 - 2017年3月31日
愛媛県立宇和島東高校SSH 運営指導委員会委員
【助言・指導】  愛媛県立宇和島東高校  2016年4月1日 - 2017年3月31日
愛媛大学理学部「親子で楽しむ科学実験」実行委員長
【企画, 運営参加・支援】  愛媛大学理学部  「親子で楽しむ科学実験」  2016年8月20日 - 2016年8月21日
教員免許状更新講習 私たちの社会の中の数学
【講師】  文部科学省(愛媛大学)  2016年8月6日 - 2016年8月6日