山本 由徳

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/11 16:28
 
アバター
研究者氏名
山本 由徳
 
ヤマモト ヨシノリ
学位
農学博士,農学修士(東北大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
高知大学 教育研究部 自然科学系 農学部門 教授
 
1975年
 - 
1981年
高知大学農学部 助手
 
1981年
 - 
1990年
高知大学農学部 助教授
 
1990年
   
 
- 高知大学農学部 教授
 
2003年
   
 
- 高知大学農学部附属暖地フィ-ルドサイエンス教育研究センタ-長
 

学歴

 
 
 - 
1974年
東北大学 農学研究科 農学
 
 
 - 
1972年
高知大学 農学部 暖地農学
 

委員歴

 
2002年
 - 
2003年
日本作物学会  副会長、評議員
 
2002年
 - 
2003年
日本熱帯農業学会  評議員
 
2004年
 - 
2005年
サゴヤシ学会  副会長、評議員
 
2001年
 - 
2002年
日本草地学会  評議員
 

受賞

 
2004年
日本熱帯農業学会学術賞
 

Misc

 
水稲の移植における植傷みとその意義に関する研究
山本由徳
高知大学農学紀要   54    1991年
水稲の植傷みに関する研究(第3報)
日本作物学会紀事   58(4)    1989年
水稲の植傷みに関する研究(第4報)(共著)
日本作物学会紀事   59(1)    1990年
水稲の植傷みに関する研究(第5報)(共著)
日本作物学会紀事   59(2)    1990年
水稲の植傷みに関する研究(第6報)(共著)
日本作物学会紀事   59(4)    1990年

書籍等出版物

 
作物にとって移植とはなにか-苗の活着生態と生育相-
農文協   1997年   ISBN:4-540-97051-8
サゴヤシ
国際農林業協力協会   1998年   
作物学事典(共著)
朝倉書店   2002年   ISBN:4-254-41023-9
2002.
新編農学大事典(育苗・移植の項)
養賢堂   2004年   ISBN:4-8425-0354-8
高校教科書 作物(第3章イネ)
農文協   2004年   ISBN:4-540-99158-2

Works

 
水稲の機械移植栽培における生育・収量の株間変動
1988年
マレーシア・サラワク州におけるサゴヤシの栽培と利用に関する第1次現地調査
1989年
マレーシア・サラワク州におけるサゴヤシの栽培と利用に関する第2次現地調査
1991年
マレーシア・サラワク州におけるサゴヤシの栽培と利用に関する第3次現地調査
1993年
マレーシア・サラワク州におけるサゴヤシの栽培と利用に関する第4次現地調査
1996年

競争的資金等の研究課題

 
多収性水稲の生理・生態学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1995年   
中国江蘇省在の揚州大学農学院との共同研究として、中国産多収性水稲品種や国際稲研究所、日本、韓国育成の多収性水稲品種の生理・生態学的特性と多収実現のための栽培方法の最適条件の探索
サゴヤシの栽培利用の現状とデンプン生産性に関する栽培生理学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1989年   
東南アジア、メラネシアに分布するデンプン蓄積ヤシであるサゴヤシの栽培利用の現状とサゴヤシの土壌、気象環境や種類(民俗変種)による生育やデンプン生産性、デンプンの理化学的特性の差異についての研究
水稲の苗素質と生産性
研究期間: 1972年   
水稲苗の種類と植傷み-活着過程の解析、乳苗の育苗方法の開発,活着の良否と収量との関係の解析,栽植密度と収量性の解析
熱帯産デンプン蓄積ヤシ類の栽培・利用の現状と生育,デンプン生産性の栽培生理学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2006年   
インドネシアを中心に東南アジアの熱帯産デンプン蓄積ヤシ類の栽培,利用の現状と生育,デンプン生産性についての栽培生理学的研究
わが国西南暖地におけるウコンの生産性に関する研究
研究期間: 1991年   
インドネシア,沖縄,高知,和歌山県等から収集したウコンの種類類縁関係の同定を行うとともに,栽培方法による根茎の収量性,クルクミン含量,クルクミン収量等への影響についての検討