竹中 繁織

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/22 03:05
 
アバター
研究者氏名
竹中 繁織
 
タケナカ シゲオリ
URL
http://takenaka.che.kyutech.ac.jp/
所属
九州工業大学
部署
大学院工学研究院 物質工学研究系
職名
教授
学位
工学博士(九州大学)
その他の所属
九州工業大学

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
1996年
 九州工業大学情報工学部 助教授
 
2005年
 - 
2008年
 九州工業大学工学部 教授
 
2006年
   
 
 九州工業大学バイオマイクロセンシング技術研究センター センター長
 
2008年
 - 
2009年
 九州工業大学工学部 物質工学科長
 
2008年
 - 
2009年
 九州工業大学工学部 応用化学科長
 

学歴

 
 
 - 
1984年
九州大学 総合理学研究科 分子工学専攻
 
 
 - 
1986年
九州大学 総合理工学研究科 分子工学
 
 
 - 
1982年
九州工業大学 工学部 環境工学科
 

委員歴

 
2002年
 - 
2003年
 財団法人福岡県産業・科学技術振興財団 地域研究開発促進拠点支援事業(研究成果育成型) ワーキンググループ委員(2002-2003)
 
2003年
 - 
2004年
 九州経済産業局 大学発ベンチャーに関する若手研究会 委員(2003-2004)
 
2004年
 - 
2010年
 福岡県 バイオ産業拠点推進会議 企画運営委員(2004-2010)
 
2006年
 - 
2007年
 化学技術戦略推進機構 バイオチップ分科会 委員(2006-2007)
 
2006年
 - 
2007年
 日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員(2006-2007)
 

受賞

 
2001年
あさひ中小企業振興財団第13回中小企業優秀新技術・新製品賞受賞
 
2001年
あさひ中小企業振興財団 第13回中小企業優秀新技術・新製品賞受賞
 
2003年
国際ナノテクノロジー総合展・技術会議「ナノテク大賞
 
2015年
高分子学会三菱化学賞
 
2018年
2017年「分析化学」論文賞
 

Misc

 
O. TSUGE,S. KANEMASA,S. TAKENAKA
Journal of Organic Chemistry   51(10) 1853-1855   1986年
Tandem 1,3-Dipolar Cycloadditions of Pyridinium or Isoquinolinium Methylides with Oliefinic Dipolarohiles Leading to Cycl[3,2,2]azines. "Enamine Route"as New Generation Method of Azomethine Yliedes (共著)
S. KANEMASA,S. TAKENAKA,H. WATANABE,O. TSUGE
Journal of Organic Chemistry   54(2) 420-424   1989年
S. TAKENAKA,T. IHARA,M. TAKAGI
Journal of Molecular Recognition   3(4) 156-162   1990年
R. FUKUDA,S. TAKENAKA,M. TAKAGI
Journal of Chemical Society, Chemical Communications   18 1028-1030   1990年
S. TAKENAKA,T. IHARA,M. HAMANO,M. TAKAGI
Journal of Chemical Society, Chemical Communications   15 1271-1273   1990年

書籍等出版物

 
「先端の分析法 -理工学からナノ・バイオまで-」(梅澤喜夫、澤田嗣郎、寺部茂監修)
エヌ・ティー・エス   1994年   
HPLCによる核酸分析の展開
分子生物学:現在の革新と未来の流れ   1995年   
Advance in Nucleic Acid Analysis by HPLC
Moleular Biology : Current Innovations and Future Trends(Horizon Scientific Press, Wymondham, U. K. )   1995年   
t1サイズのビルディングブロックとしてのオリゴヌクレオチド
未設定   1999年   
Oligonucleotides as a nano scale building block
Recent Res. Devel. Pure & Applied Chem.   1999年   

講演・口頭発表等

 
未入力
未入力   1992年   
未入力
未入力   1994年   
未入力
未入力   1994年   
Nucleotide sequence-selective electrochemical sensing of double stranded DNA by a redox active threading intercalator.
The 1st CMC-Kyushu University Chemistry Symposium   1996年   
Advance in nucleic acids analysis by HPLC.
Recent Developments in Biochemical & Bioseparation Engineering toward the 21st Century   1997年   

Works

 
アカデミッククラスターへの出展, nano tech 2003 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議
2003年
「フーリエ変換赤外分光法を利用したガンマーカー検出技術の開発」,東京コンファレンス2003
2003年
福岡ナノテク推進会議主催「福岡ナノテクNOW2003」,出展
2003年
「DNAが変える未来の医療」, 九州大学21世紀COE公開講座「科学で考えるみんなの生活」
2003年
(展示と講演)「新しい生体チップ技術の紹介」, 第4回モノづくり総合展九州2003
2005年

競争的資金等の研究課題

 
電気化学的遺伝子検出法の開発と電気化学DNAチップへの応用
研究期間: 2007年   
ペプチド-オリゴヌクレオチドコンジュゲートを利用したDNAチップからペプチドチップの構築法の開発
研究期間: 2008年   
電気化学的BSEテストチップの開発
研究期間: 2008年   

特許

 
遺伝子の電気化学的検出法およびその装置
特許第3233851号
DNAの増幅型検出方法
'特開2000-146894
DNAセンサおよびDNA検出法
'特開2000-125865
遺伝子の特殊1本鎖核酸部位の検出用プローブ, 遺伝子の特殊1本鎖核酸部位の検出法及びその装置
特許第2967197号
オリゴヌクレオチドの修飾方法
'特開2001-64298