樗木 晶子

J-GLOBALへ         更新日: 14/12/05 15:26
 
アバター
研究者氏名
樗木 晶子
 
チシャキ アキコ
URL
http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/index.html
所属
九州大学
部署
医学部 保健学科 看護学専攻
職名
教授
学位
医学博士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1993年
九州大学医学部附属病院心臓血管研究施設 助手
 
1993年
 - 
1996年
九州大学医学部附属病院 講師
 
1996年
 - 
2000年
九州大学医療技術短期大学部 助教授
 
2000年
 - 
2001年
九州大学医療技術短期大学部 教授
 
2001年
 - 
2003年
 九州大学医学部保健学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
九州大学 医学研究科 内科系
 
 
 - 
1979年
九州大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1994年
   
 
日本心電学会  評議員
 
 
   
 
日本生体医工学会  九州支部理事
 
2001年
   
 
日本時間生物学会  評議員
 
 
   
 
日本循環器病予防学会  理事
 
 
   
 
日本循環器看護学会  指名理事
 

受賞

 
1988年
木村栄一賞 候補
 
1989年
日本心臓財団研究奨励賞
 
1993年
福田記念医療技術振興財団賞
 
1994年
第12回女性のためのエッソ研究奨励賞
 

Misc

 
Atarashi H, Inoue H, Okumura K, Yamashita T, Kumagai N, Origasa H, for the J-RHYTHM Registry Investigators (Chishaki A)
Circ J   75 1328-1333   2011年
Atarashi H, Inoue H, Okumura K, Yamashita T, Origasa H, for the J-RHYTHM Registry Investigators (Chishaki A).
J Cardiol   57 95-99   2011年
Sakai S, Yabuuchi H, Chishaki A,Okafuji T, Matsuo Y, Kamitani T, Setaguchi T, Honda H.
Eur J Radiol   75 173-177   2010年
Aizawa Y, Kohsaka S, Suzuki S, Atarashi H, Kamakura S, Sakurai M, Nakaya H, Fukatani M, Mitamura H, Yamazaki T, Yamashita T, Ogawa S; J-RHYTHM Investigators ( Chishaki A)
Circ J   74 71-76   2010年
Endo A, Kohsaka S, Suzuki S, Atarashi H, Kamakura S, Sakurai M, Nakaya H, Fukatani M, Mitamura H, Yamazaki T, Yamashita T, Ogawa S; J-RHYTHM Investigators(Chishaki A)
Circ J   74 870-875   2010年
Ogawa S, Yamashita T, Yamazaki T, Aizawa Y, Atarashi H, Inoue H, Ohe T, Ohtsu H, Okumura K, Katoh T, Kamakura S, Kumagai K, Kurachi Y, Kodama I, Koretsune Y, Saikawa T, Sakurai M, Sugi K, Tabuchi T, Nakaya H, Nakayama T, Hirai M, Fukatani M, Mitamura H; J-RHYTHM Investigators.(Chishaki A)
Circ J   73 242-248   2009年
Makaya MT, Kato N, Chishaki A, TakeshitaA, Tsuitsui H.
Circ J   73 280-287   2009年
41. Ito K, Takemoto M, Mukai Y, Inoue S, Kaji Y, Chishaki A, Sunagawa K.
Fukuoka Acta Med   100 360-366   2009年
Takeda k, Takemoto M, Mukai Y, Seto T, Ohwaki K, Chishaki A, Sunagawa K.
J Cardiol   53 463-466   2009年
44. Ogawa S, Yamashita T, Yamazaki T, Aizawa Y, Atarashi H, Inoue H, Ohe T, Ohtsu H, Okumura K, Katoh T, Kamakura S, Kumagai K, Kurachi Y, Kodama I, Koretsune Y, Saikawa T, Sakurai M, Sugi K, Tabuchi T, Nakaya H, Nakayama T, Hirai M, Fukatani M, Mitamura H; J-RHYTHM Investigators.(Chushaki A)
Circ J.   73 242-248   2009年
45. Inoue H, Fujiki A, Origasa H, Ogawa S, Okumura K, Kubota I, Aizawa Y, Yamashita T, Atarashi H, Horie M, Ohe T, Doi Y, Shimizu A, Chishaki A, Saikawa T, Yano K, Kitabatake A, Mitamura H, Kodama I, Kamakura S
Int J Cardiol   137 102-107   2009年
46. Takemoto M, Nishizaka M, Matsuzaka R, Kaji Y, Chishaki A, Sunagawa K.
Int Medicine   47 813-814   2008年
47. Nakamura H, Nakaji G, Shimazu H, Yasuda S, Odashiro K, Maruyama T, Kaji Y, Chishaki A.
Fukuoka Acta Medica   98 270-276   2007年
48. Chishaki A, Miyazono M, Makaya M, Chishaki H, Inoue S, Mukai Y, Takemoto M, Kaji R, Koike G, Maruyama T, Sunagawa K, Arimura T, Kubo C.
J Arrhythmia   23 269-276   2007年
53. Yamashita T, Ogawa S, Aizawa Y, Atarashi H, Inoue H, Ohe T, Okumura K, Kato T, Kamakura S,Kumagai K, Kurachi Y, Kodama I,Koretsune Y,Saikawa T, Sakurai M, Sugi K, Nakaya H,Nakayama T, Hirai M,Fukatani M, Mitamura H, Yamazaki T, on behalf of the J-RHYTHM Investigators(Chishaki A)
Circ J   67 738-741   2003年
運動負荷心電図の進歩
病態生理   10(10)    1991年
特集 突然死 不整脈
総合臨床   40(6)    1991年
ホルター心電図を用いた心臓カテーテル中のランダムペーシングによる房室結節の不応期の検討
9(S1) 65-66   1989年
ランダム運動負荷テストによる虚血性心疾患の診断
心臓   22(S1) 17-20   1990年
心房細動時の危険な不整脈の予測:RR間隔散布図を用いた検討
心臓   22,92-96    1990年
経時的RR間隔散布図を用いた洞機能不全症候群の検討
10(S1) 43-44   1990年
急性心筋梗塞発症1ケ月以降に梗塞部位壁運動の著明な改善を見た一例
9(4) 81-87   1991年
狭心症治療薬の作用機序
1,30-35    1983年
急性心筋梗塞後の不整脈
臨床と研究   61,456-461    1984年
頻拍と自律神経機能
最新医学   41(8) 1716-1771   1986年
冠動脈スパスムと心電図
診断と治療   76,1969-1974    1988年
虚血性心疾患と不整脈
10,7-12    1990年
シベンゾリン
最新医学   46(8) 151-156   1991年
刺激伝導系とくに房室結節の細動における関与
総合臨床   41(4) 633-641   1992年
プロスペクティブトライアルによるアスペノンカプセルの長期投与における評価
(14) 527-539   1993年
上室性頻拍症の治療の変遷と臨床的検討
循環器科   (38) 99-103   1995年
抗不整脈薬の心機能に及ぼす影響 多施設共同前向き交又試験によるシベンゾリンとメキシレチンの比較検討
循環器科   (39) 63-72   1996年
III群抗不整脈薬の使用経験
循環器科   (40) 278-283   1996年
心室細動における心房細動の関与
心臓   (28) 112-116   1996年
心筋梗塞後の予後と心拍インパルス応答 -自律神経活動の評価-
循環器科   41(6) 637-40   1997年
慢性心房細動頻脈に伴う左室機能低下および運動耐容能低下が心拍数のコントロールにより速やかに改善した
福岡医学雑誌   87(12) 274-277   1996年
心室性不整脈の評価法-ホルター心電図による不整脈の評価法と治療への応用
14(5) 755-760   1997年
致死性不整脈に対する植え込み型除細動器
心臓ペーシング   13 17-26   1997年
心房細動と血栓塞栓症:多施設共同調査
31(4) 227-238   1998年
致死性不整脈に対する第4世代植え込み型除細動器
不整脈   14 309-321   1998年
心機能低下例における致死的不整脈のアミオダロンによる治療-その心機能に対する影響-
19 677-680   1999年
基礎心疾患を有する不整脈患者における塩酸ピルメノールの効果および安全性の検討
薬理と治療   27 461-472   1999年
心機能低下例における致死的不整脈に対する(]G0003[)群抗不整脈薬とICDによる治療の比較
循環器科   46 222-226   1999年
アスピリンを投与された心房細動例の血栓塞栓症の危険因子:多施設共同後ろ向き調査
35 373-379   2000年
21世紀における循環器病予防への取組み
日本循環器病予防学会誌   36(2) 82   2001年
クリティカル・パスの新人教育への活用
日本循環器病予防学会誌   36(2) 87   2001年
心電図の24時間モニタリング
日本時間生物学会会誌   6(2) 49   2000年

書籍等出版物

 
高齢者のこころとからだ事典
樗木 晶子 (担当:共著)
中央法規出版   2014年9月   
トートラ 人体解剖生理学 原書9版
樗木 晶子 (担当:共著)
丸善出版   2014年1月   
循環器病 予防ハンドブック 第7版 日本循環器病予防学会編
樗木 晶子 (担当:共著)
(株)保健同人社   2014年   
“低体温とJ波“ J波症候群
樗木 晶子
医学出版社   2013年5月   
ベーシックナーシング2015年版
樗木 晶子 (担当:編者)
メディカルレビュー社   2013年3月   
トートラ人体の構造と機能 第4版
樗木 晶子 (担当:共著)
丸善出版   2012年   
抗不整脈薬
樗木 晶子 (担当:共著)
南江堂    2012年   
心室内変行伝導、 不整脈学 杉本恒明編
不整脈学 南江堂   1992年   
抗不整脈薬としてのカルシウム拮抗薬の位置づけ。実地診療におけるカルシウム拮抗薬の手引き
医薬ジャーナル   1993年   
抗不整脈薬としてのカルシウム拮抗薬の位置づけ
実地診療におけるカルシウム拮抗薬の手引き   1993年   
不整脈
臨床医を対象とした診断と治療マニュアル   1995年   
トートラ人体解剖生理学
丸善   2002年   
心電図検査のコツと落とし穴
中山書店   2003年   
新不整脈学 杉本恒明監修、井上博編集 第XII章 心室内伝導異常
南江堂   2003年   
ペースメーカ治療
メディカルレビュー社   2004年   
トートラ人体の構造と機能 第1版
丸善   2004年   
心臓ナビゲーター
メディカルレビュー社   2004年   
エクセルナース 検査編
メディカルレビュー社   2004年   
不整脈診療のコツと落とし穴
中山書店   2004年   
トートラ人体の構造と機能 第3版
丸善   2007年   
心房細動の発作予防と薬物コントロール
中山書店   2007年   
からだの年齢事典
朝倉書店   2008年   
トートラ人体解剖生理学 原書7版
丸善   2008年   
コメディカルのための糖尿病治療の基本的な考え方と心理的アプローチ
医学書店   2009年   

講演・口頭発表等

 
Assessment of cardiac autonomic function by low-grade exercise utilizing heart rate impulse response
The 5th international conference on preventive cardiology   2001年   
自律神経機能のシステム解析法を用いた運動負荷法による評価
第18回日本心電学会学術集会   2001年   
Clinical characteristics and treatment of atrial fibrillation in hyperthyroidism
The XIIth World Congress on Cardiac Pacing and Electrophysiology   2003年   
Variable ventricular arrhythmias in atrial fibrillation
The 1st World Congress on Chronobiology   2003年   
入浴における循環動態の変化—高齢者と若年者の比較
第39回日本循環器管理研究協議会、日本循環器予防学会   2004年   

Works

 
循環器病委託研究「頻拍性不整脈の発生機序と治療に関する研究」
1986年
国循委託研究「抗不整脈薬の適応と限界に関する研究」
1992年
不整脈の薬剤長期治療計画に関する研究
1992年
不整脈の薬剤長期治療計画に関する研究
1994年
心房細動に合併する塞栓症と予防薬に関する調査
1994年

競争的資金等の研究課題

 
ローレンツプロット法を用いた長時間心電図の解析
ランダム運動負荷試験を用いた心機能の評価
心房細動における心室性不整脈の研究
高齢者の安全な入浴のための基礎的研究
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 2002年 - 2005年
植え込み方除細動器患者における心理的影響
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2010年
植え込み方除細動器患者においては不整脈そのものの重症度により、また、除細動器の誤作動などにより、QOLが障害されていることが多くその実態を自記式アンケート調査により検討し、必要な患者においては心理的介入を行う。

特許

 
経皮刺激による血圧安定化装置
PTC/JP2008002922