加来 恒壽

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
加来 恒壽
 
カク ツネヒサ
所属
九州大学
部署
医学部 保健学科 看護学専攻
職名
教授
学位
医学博士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1990年
九州大学 助手
 
1990年
 - 
1999年
九州大学 講師
 
1999年
 - 
2001年
九州大学医療技術短期大学部 助教授
 
2001年
 - 
2002年
 九州大学医療技術短期大学部 教授
 
2002年
   
 
- 九州大学医学部保健学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
九州大学 医学研究科 外科系
 
 
 - 
1978年
九州大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1995年
   
 
日本臨床細胞学会  評議員
 
1998年
   
 
日本婦人科腫瘍学会  評議員
 

Misc

 
子宮頸癌Ia期の診断基準と臨床的意義
日本婦人科病理・コルポスコピー学会雑誌   11(2) 132-139   1993年
閉経前後における子宮体癌の臨床病理学的検討
日本更年期医学会雑誌   2(1) 94-98   1994年
子宮頚部腺癌を巡る諸問題
日本産科婦人科学会九州連合地方部会雑誌   50 129-132   1999年
卵巣腫瘍の病理組織学(2)癌
産科と婦人科   66(1) 39-46   1999年
子宮平滑筋肉腫の診断と治療
産科と婦人科   66(6) 823-829   1999年

書籍等出版物

 
卵巣腫瘍の手術, 良性腫瘍
新女性医学大系43婦人科腫瘍の手術療法 中山書店   2001年   
臨床エビデンス婦人科学(組織診(コルポスコピーを含む) :分担執筆 加耒恒壽 佐藤和雄 藤本征一郎 
メヂカルビュー社   2003年   
エクセルナース、検査編(編者 松岡緑、樗木晶子  分担執筆 加耒恒壽 )
メディカル レビュー社   2004年   
2004年,1月
子宮体部腫瘍 改訂第2版 婦人科腫瘍の臨床病理(監修:滝一郎 共著:辻本正彦 加耒恒壽)
メヂカルビュー社   2004年   
2004年,1月
子宮腫瘍病理アトラス(編集:岩倉浩、本山悌一、森谷卓也、手島伸一  分担執筆:加耒恒壽、他)
文光堂   2007年   
2007年,2月

講演・口頭発表等

 
子宮頸部悪性腺腫の臨床病理像(特別講演)
婦人科放射線科フォーラム   2000年   
子宮内膜増殖症、子宮内膜癌を巡る話題と臨床的取り扱い(特別講演)
第16回子宮内膜研究会   2000年   
「上皮内癌の捉え方」子宮頸部 (教育シンポジウム)
国際病理アカデミー日本支部   2003年   
急速増大し術前化学療法に抵抗性であった子宮頸部癌肉腫の一例
第64回日本産科婦人科学会九州連合地方部会、第58回日本産婦人科医会九州ブロック会   2007年   
子宮頸部病変におけるN⁄C比の検討-Dysplasia,CIS,SCCの比較-
第23回日本臨床細胞学会九州連合会学会   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
子宮体癌の臨床病理学的研究
経常研究
研究期間: 1988年   
子宮頸部腺癌の臨床病理学的研究
経常研究
研究期間: 1989年   
婦人科癌における血管新生
科学研究費補助金
研究期間: 1997年   
婦人科悪性腫瘍におけるQOL
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2002年