KUWANO Hiroyuki

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/14 15:41
 
アバター
研究者氏名
KUWANO Hiroyuki
 
クワノ ヒロユキ
URL
http://surgery.dept.med.gunma-u.ac.jp/
学位
医学博士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
群馬大学 
 
 
   
 
群馬大学  教授
 
1986年
 - 
1994年
九州大学医学部 助手
 
1994年
 - 
1997年
九州大学医学部 講師
 
1997年
 - 
1998年
九州大学医学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
九州大学 医学研究科 外科系
 
 
 - 
1978年
九州大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本食道学会 理事
 
 
   
 
日本成人病学会 評議員
 
 
   
 
日本消化器内視鏡学会 評議員
 
 
   
 
日本胸部外科学会 評議員
 
 
   
 
日本癌学会 評議員
 

受賞

 
2013年
ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞
 

論文

 
Watanabe A, Harimoto N, Araki K, Yoshizumi T, Arima K, Yamashita Y, Baba H, Tetsuya H, Kuwano H, Shirabe K
Journal of surgical oncology   118(7) 1088-1095   2018年12月   [査読有り]
Suzuki M, Yokobori T, Gombodorj N, Yashiro M, Turtoi A, Handa T, Ogata K, Oyama T, Shirabe K, Kuwano H
Journal of surgical oncology   118(6) 966-974   2018年11月   [査読有り]
Toyomasu Y, Ogata K, Suzuki M, Yanoma T, Kimura A, Kogure N, Ohno T, Kamiyama Y, Mochiki E, Kuwano H
Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques   28(5) 328-333   2018年10月   [査読有り]
Murata H, Okamoto M, Takahashi T, Motegi M, Ogoshi K, Shoji H, Onishi M, Takakusagi Y, Okonogi N, Kawamura H, Okazaki A, Asao T, Kuwano H, Nakano T
Anticancer research   38(10) 5909-5916   2018年10月   [査読有り]
Kumakura Y, Yokobori T, Sohda M, Shirabe K, Kuwano H
Annals of surgical oncology      2018年10月   [査読有り]

Misc

 
【あたらしい外科局所解剖全図-ランドマークとその出し方】上部消化管 迷走神経腹腔枝温存胃切除に必要な局所解剖
緒方 杏一, 持木 彫人, 調 憲, 桑野 博行
臨床外科   73(11) 58-61   2018年10月
<文献概要>point ・迷走神経腹腔枝温存にあたっては,神経近傍でのエネルギーデバイスの使用は最小限にとどめ,神経をテーピングして愛護的に牽引しながらの繊細な操作が重要である.・迷走神経腹腔枝温存胃切除術は,早期胃癌(cT1N0)を主な対象としており,進行癌でD2郭清を要する症例では腹腔枝温存は行っていない.
【胸部外科を支えるテクノロジーup to date】食道領域 高解像度食道内圧検査(HRM)を用いた食道運動評価法
酒井 真, 斉藤 秀幸, 栗山 健吾, 吉田 知典, 熊倉 裕二, 原 圭吾, 宗田 真, 桑野 博行, 調 憲
胸部外科   71(10) 894-899   2018年9月
消化器癌に対するHyperthermo-Chemo-Radiation Therapy
桑野 博行
Thermal Medicine   34(Suppl.) 74-74   2018年8月
Fairly rare clear cell adenocarcinoma mimicking liver cancer: a case report(和訳中)
Harimoto Norifumi, Hagiwara Kei, Yamanaka Takahiro, Ishii Norihiro, Igarashi Takamichi, Watanabe Akira, Kubo Norio, Araki Kenichirou, Ikota Hayato, Suyama Masafumi, Maki Takeshi, Aishima Shinichi, Kuwano Hiroyuki, Shirabe Ken
Surgical Case Reports   4(August) 1-4   2018年8月
Multimodality Therapy Including Proton Beam Therapy for AFP Producing Esophageal Cancer with Multiple Liver Metastases(和訳中)
Miyazaki Tatsuya, Sohda Makoto, Sakai Makoto, Kumakura Yuji, Yoshida Tomonori, Kuriyama Kengo, Yokobori Takehiko, Miyazaki Masaya, Hirato Junko, Okumura Toshiyuki, Ishikawa Hitoshi, Sakurai Hideyuki, Kuwano Hiroyuki
Internal Medicine   57(16) 2333-2339   2018年8月

書籍等出版物

 
頸部食道切除再建術@@専門医をめざすための経験すべき上部消化管手術
メジカルビュー社   2001年   
?消化器疾患 A.4.食道癌 b.進行癌の化学療法、放射線療法、狭窄対策@@消化器疾患最新の治療 2001-2002
南江堂   2001年   
進行食道癌と今後の展望@@消化器外科最新の進歩
へるす出版   2001年   
Superficial Esophageal Carcinomas Associated with Multiple Lesions that Do Not@@Superficial Esophageal Neoplasm
Springer-Verlag   2002年   
最近の食道癌における分子生物学的動向@@集学的癌治療の研究と臨床
篠原出版新社   2002年   

講演・口頭発表等

 
食道がん細胞を用いたセレン強化ブロッコリースプラウトによる抗がん作用の検討
第17回日本微量元素学会   2006年   
一般演題「潰瘍性大腸炎の外科治療方針:特に小児における術式の選択やポーチ炎の治療方針について」.
第60回日本消化器外科学会定期学術総会   2005年   
一般演題「根治切除不能胃癌に対するTS-1/Paclitaxel 第Ⅰ/Ⅱ相試験」.
第60回日本消化器外科学会定期学術総会   2005年   
一般演題「食道癌におけるTGF-b系の異常とその治療としてのプロテアソーム阻害剤の臨床応用への期待」.
第60回日本消化器外科学会定期学術総会   2005年   
一般演題「進行大腸癌におけるMMP-7とLaminin-5γ2鎖の発現の検討」.
第60回日本消化器外科学会定期学術総会   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
低酸素環境下でのシスプラチン抗腫瘍効果‐イオンおよび細胞可視化による評価‐
科学研究費補助金
研究期間: 2012年 - 2012年
大腸癌におけるオキサリプラチンの末梢神経障害に対する漢方薬:牛車 腎気丸の有用性に関する多施設共同二重盲検ランダム化比較検証試験(臨床第?相試験)
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2010年 - 2012年
がん登録からみたがん診療ガイドラインの普及効果に関する研究−診療動向と治療成績の変化−
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2012年   
上皮間葉移行による抗癌剤耐性能獲得機構と骨髄幹細胞
科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2011年
がん診療ガイドラインの作成(新規・更新)と公開の維持およびその在り方に関する研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2011年

特許

 
内視鏡下の手術用器具
2005-348844
癌関連遺伝子
特許出願2001-359503 公開番号 : 特許公開2003-159074
ヒトミッドカイン遺伝子プロモーター領域の多型変異の遺伝子型から出生および成人化の可能性を予測する方法
出願番号 : 特許出願2002-223863 ,公開番号 : 特許公開2007-1
術後消化管麻痺の予防・治療剤
特願:2006-296900 特開:2008-115081