KUWANO Hiroyuki

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/14 02:50
 
アバター
研究者氏名
KUWANO Hiroyuki
 
クワノ ヒロユキ
URL
http://surgery.dept.med.gunma-u.ac.jp/
所属
群馬大学
学位
医学博士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
群馬大学  教授
 
1986年
 - 
1994年
九州大学医学部 助手
 
1994年
 - 
1997年
九州大学医学部 講師
 
1997年
 - 
1998年
九州大学医学部 助教授
 
1998年
   
 
- 群馬大学医学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
九州大学 医学研究科 外科系
 
 
 - 
1978年
九州大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本食道学会 理事
 
 
   
 
日本成人病学会 評議員
 
 
   
 
日本消化器内視鏡学会 評議員
 
 
   
 
日本胸部外科学会 評議員
 
 
   
 
日本癌学会 評議員
 

受賞

 
2013年
ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞
 

Misc

 
The incremental effect of positron emission tomography on diagnostic accuracy in the initial staging of esophageal carcinoma.
KATO HIROYUKI / MIYAZAKI T / NAKAJIMA M / TAKITA J / KIMURA H / FARIED A / SOHDA M / FUKAI Y / MASUDA N / MANDA R / OJIMA H / TSUKADA K / KUWANO HIROYUKI / ORIUCHI NOBORU / ENDO KEIGO
Cancer   103 148-156   2005年
Correlation of 18-fluorodeoxyglucose (FDG) accumulation with glucose transporter (Glut-1) expression in esophageal squamous cell carcinoma.
KATO HIROYUKI / TAJIMA J / MIYAZAKI T / NAKAJIMA M / FUKAI Y / MASUDA N / FUKUCHI M / MANDA R / OJIMA H / TSUKADA K / KUWANO HIROYUKI / ORIUCHI NOBORU / ENDO KEIGO
Anticancer Research   23 3263-3272   2003年
Subcutaneous hemangioma of the breast: report of a case.
Tabe Y / Uchida N / Shiojima M / Sasamoto H / YOKOO HIDEAKI / KUWANO HIROYUKI
Kitakanto Med J   54(3):227-229    2004年
Sentinel lymph nodes with technetium-99m colloidal rhenium sulfide in patients with esophageal carcinoma.
KATO HIROYUKI / MIYAZAKI T / NAKAJIMA M / TAKITA J / SOHDA M / FUKAI Y / MATSUDA N / FUKUCHI M / MANDA R / OJIMA H / TSUKADA Katsuhiko / ASAO TAKAYUKI / KUWANO HIROYUKI / ORIUCHI NOBORU / ENDO KEIGO
Cancer   98(5) 933-939   2003年
Comparison between whole-body positron emission tomography and bone scintigraphy in evaluating bony metastases of esophageal carcinomas.
KATO Hiroyuki / MIYAZAKI T / NAKAJIMA M / TAKITA J / KIMURA H / FARIED A / SOHADA M / FUKAI Y / MASUDA N / FUKUCHI M / MANDA R / OJIMA H / TSUKADA K / KUWANO H / ORIUCHI N / ENOD KEIGO
Anticancer Res   25 4439-4444   2005年

書籍等出版物

 
頸部食道切除再建術@@専門医をめざすための経験すべき上部消化管手術
メジカルビュー社   2001年   
?消化器疾患 A.4.食道癌 b.進行癌の化学療法、放射線療法、狭窄対策@@消化器疾患最新の治療 2001-2002
南江堂   2001年   
進行食道癌と今後の展望@@消化器外科最新の進歩
へるす出版   2001年   
Superficial Esophageal Carcinomas Associated with Multiple Lesions that Do Not@@Superficial Esophageal Neoplasm
Springer-Verlag   2002年   
最近の食道癌における分子生物学的動向@@集学的癌治療の研究と臨床
篠原出版新社   2002年   

講演・口頭発表等

 
食道がん細胞を用いたセレン強化ブロッコリースプラウトによる抗がん作用の検討
第17回日本微量元素学会   2006年   
一般演題「潰瘍性大腸炎の外科治療方針:特に小児における術式の選択やポーチ炎の治療方針について」.
第60回日本消化器外科学会定期学術総会   2005年   
一般演題「根治切除不能胃癌に対するTS-1/Paclitaxel 第Ⅰ/Ⅱ相試験」.
第60回日本消化器外科学会定期学術総会   2005年   
一般演題「食道癌におけるTGF-b系の異常とその治療としてのプロテアソーム阻害剤の臨床応用への期待」.
第60回日本消化器外科学会定期学術総会   2005年   
一般演題「進行大腸癌におけるMMP-7とLaminin-5γ2鎖の発現の検討」.
第60回日本消化器外科学会定期学術総会   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
腫瘍関連リンパ管新生の意義-腫瘍の転移へどのように関与しているか-
科学研究費補助金
研究期間: 1999年 - 2002年
消化器癌の発生・進展における細胞間情報伝達系の解明
科学研究費補助金
研究期間: 1999年 - 2001年
ヒト粘膜下層を用いた浸潤能の測定系の開発
科学研究費補助金
研究期間: 1999年 - 2001年
抗癌剤耐性に関与する糖鎖抗原の改変によるmodulation therapyの開発
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2001年
胃切除術後の幽門輪収縮弛緩メカニズムの解明―幽門輪温存の妥当性の評価―
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2003年

特許

 
内視鏡下の手術用器具
2005-348844
癌関連遺伝子
特許出願2001-359503 公開番号 : 特許公開2003-159074
ヒトミッドカイン遺伝子プロモーター領域の多型変異の遺伝子型から出生および成人化の可能性を予測する方法
出願番号 : 特許出願2002-223863 ,公開番号 : 特許公開2007-1
術後消化管麻痺の予防・治療剤
特願:2006-296900 特開:2008-115081