山本 輝雄

J-GLOBALへ         更新日: 11/03/22 00:00
 
アバター
研究者氏名
山本 輝雄
 
ヤマモト テルオ
URL
http://www.fukuoka-wjc.ac.jp/fiu/index.html
学位
工学博士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1971年
 - 
1998年
九州大学工学部 助手
 
1998年
 - 
2006年
 福岡国際大学 国際コミュニケーション学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1971年
九州大学 工学研究科 建築学
 
 
 - 
1967年
九州大学 工学部 建築学
 

Misc

 
所謂「かくれ切支丹」の里、今村カトリック教会に就いて 共著者 佐久間巌
日本建築学会九州支部研究報告   (16), 211-1-4    1967年
清涼殿について(九州大学工学部建築学科太田静六教授へ提出のレポート)
私家版      1967年
異国情緒をそそる島・平戸島の2つの洋風教会堂について 共著者 佐藤浩
日本建築学会九州支部研究報告   (17), 221-1-4    1968年
推定筑後国分寺遺跡の発掘調査成果
筑後国分寺-久留米市国分寺町所在推定国分寺跡の調査-   (), 7-8    1970年
大宰府史跡第5次発掘調査と復元条坊について
大宰府史跡-第5次発掘調査-   (), 10-11    1970年

書籍等出版物

 
今村カトリック教会(卒業論文)
九州大学工学部建築学科へ提出   1967年   
Ⅰ.仏塔の歴史を始める前に,Ⅱ.仏塔の起源,発生とその”形”と”心”に関して-日本にいる私から見て-(修士論文)
九州大学工学研究科(建築学専攻)へ提出   1969年   
大橋解体工事報告書-久留米市大橋町所在の元禄銘石橋の調査
福岡県久留米土木事務所   1975年   
三島神社の石造鳥居,福厳寺伽藍,梅崎武美氏宅(ジョーゴ造民家)の項,分担執筆
『柳川市の文化財(Ⅰ)』(柳川市役所刊)   1978年   
筑後善導寺の建築、の項分担執筆
『筑後大本山善導寺』(九州歴史資料館刊)   1981年   

講演・口頭発表等

 
日本における“禅”と“念仏”の場所についてー先ず、その「場所選び」と「場所づくり」。そして、‥‥ー
日本設計九州支店   2005年   
黄檗派禅の開祖・隠元禅師と念仏の理解者・独湛禅師の「信仰の場所づくり」について
萬福寺黄龍閣別館真空の間   2005年   
「場所」“選び”と「尋常の場所」“づくり”と“信”の確立の関連について
日本設計九州支店   2005年   
人間・環境学への夢―場所と人間―建築学の将来(九州での九十会最後の講演)
日本設計九州支店   2006年   

所属学協会

 
 

Works

 
福岡県三井郡大刀洗町今村カトリック協会(代表者 太田静六) 同行者 太田静六、土田充義、佐藤浩、佐久間巌
1967年
福岡県豊前市求菩堤山における修験道の遺構(代表者 太田静六) 同行者 太田静六、佐久間巌
1967年
福岡市今津の元寇防塁の発掘調査(代表 岡崎敬)
1968年
大宰府史跡(福岡県太宰府市)発掘調査
1968年
相の島(福岡県)における民家(代表者 太田静六) 同行者 目野智子
1968年

競争的資金等の研究課題

 
禅と念仏の建築空間に関する歴史的展開過程についての研究
科学研究費補助金
研究期間: 1963年 - 2012年
住まいにおける信仰空間についての実証的および理論的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1963年 - 2012年
歴史的環境の保全に関する理論的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1963年 - 2006年
日本の場所に関する人間・環境学的研究
研究期間: 1963年 - 2007年
場所づくりに関する研究
研究期間: 2007年