HAYASHIDA Osamu

J-GLOBAL         Last updated: May 30, 2019 at 02:46
 
Avatar
Name
HAYASHIDA Osamu
E-mail
hayashidaadm.fukuoka-u.ac.jp
URL
http://www.sci.fukuoka-u.ac.jp/nano/laboratory.html#list07
Affiliation
Fukuoka University
Section
Faculty of Science, Department of Chemistry
Research funding number
20231532
ORCID ID
0000-0003-0226-191X

Profile

Osamu Hayashida, born in 1965 in Nagasaki, Japan, completed his undergraduate study and graduate study for his Master’s degree at Kyushu University in 1988 and 1990, respectively. He subsequently became research associate and received his Ph.D. degree in 1994 under the supervision of Professor Murakami in the Department of Organic Synthesis (now Department of Chemical Science and Technology), Faculty of Engineering at Kyushu University. In 1996, he was promoted an associate professor of the Institute for Fundamental Research of Organic Chemistry (now Institute for Materials Chemistry and Engineering), Kyushu University. In 2009, he moved to the Department of Chemistry, Faculty of Science, Fukuoka University as a full professor. From 2001 to 2002, he stayed at the Scripps Research Institute as visiting scientist. He had been a PRESTO investigator for 4 years (from 2004 to 2007), which is supported by Japan Science and Technology (JST) Agency. His research activity is focused on the development of macrocyclic compounds and supramolecular assemblies capable of performing functional simulation of naturally occurring receptors in aqueous media. 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Nov 1990
 - 
Mar 1996
助手, 工学部, 九州大学
 
Apr 1996
 - 
Mar 2007
助教授, 工学部, 九州大学
 
Mar 2001
 - 
Mar 2002
文部省在外研究員, Skaggs Institute for Chemical Biology, 米国 Scripps 研究所
 
Oct 2004
 - 
Mar 2008
研究代表者(兼任), 戦略的創造研究事業 個人研究型(さきがけタイプ), 科学技術振興機構
 
Apr 2007
 - 
Mar 2009
准教授, 先導物質化学研究所, 九州大学
 

Education

 
Apr 1984
 - 
Mar 1988
合成化学科, Faculty of Engineering, Kyushu University
 
Apr 1988
 - 
Mar 1990
合成化学専攻, Graduate School, Division of Engineering, Kyushu University
 

Awards & Honors

 
May 2004
2004年度有機合成化学協会九州山口支部奨励賞, 有機合成化学協会九州山口支部
 

Published Papers

 
Modular design for fluorophore homodimer probes using diethylentriamine as a common spacer
Shuhei Kusano, Keisuke Matsumoto and Osamu Hayashida
Org. Biomol. Chem.      2019   [Refereed]
Synthesis of Branch-Type Cyclophane Tetramers Having a Multivalently Enhanced Guest-Binding Ability
Osamu Hayashida*, Chihiro Nada, Shuhei Kusano
Adv. Chem. Eng. Sci.   4(4) 76-86   Jan 2019   [Refereed]
Synthesis of water-soluble anthracene-appended benzoxaboroles and evaluation of their cis-1,2-diol recognition properties
Shuhei Kusano, Sae Konishi, Yuji Yamada and Osamu Hayashida
Org. Biomol. Chem.   16(26) 4619-4622   May 2018   [Refereed]
Synthesis of water-soluble triazinophanes and evaluation of their molecular recognition properties
Shuhei Kusano,* Sae Konishi, Ryuta Ishikawa, Norihiro Sato, Satoshi Kawata, Fumi Nagatsugi, Osamu Hayashida*
Eur. J. Org. Chem.   (12) 1618-1623   Mar 2017   [Refereed]
Synthesis of A Cysteine-Linked Cyclophane Dimer Having Two Rhodamine Moieties and Its Reduction-Responsive Degradation as Studied by Fluorescence Spectroscopy
Osamu Hayashida*, Kana Nishino, Shuhei Kusano
J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem.   87(3) 267-274   Mar 2017   [Refereed]

Misc

 
Preparation and Multivalently Enhanced Guest-binding Affinity of Water-soluble Cyclophane Oligomers
Osamu Hayashida, Kouki Matsubara, Shuhei Kusano
Research   22(3) 41-43   Sep 2017
Preparation and Characterization of Nano-sized Host Hosts
Osamu Hayashida, Kousei Shioji, Hiroyuki Nakagawa
福岡大学理学集報   45(1)    2015
Preparation and Characterization of Nano-sized Host Hosts
Osamu Hayashida, Kousei Shioji, Hiroyuki Nakagawa
福岡大学理学集報   45(1)    2015
Preparation and Characterization of Nano-sized Molecules
Osamu Hayashida, Kousei Shioji, Hiroyuki Nakagawa
研究部論集   2 7-13   Mar 2015
Preparation and Multivalently Enhanced Guest-binding Affinity of Water-soluble Cyclophane Oligomers
Osamu Hayashida, Kouki Matsubara, Setsuko Ando, Yuji Koga
Research   18(2) 36-37   Mar 2013

Books etc

 
糖鎖化学の基礎と実用化
監修 小林一清、正田晋一郎 (Part:Joint Work)
シーエムシー出版   Jul 2010   
Synthesis and Functionalization of Nanosized Water-soluble Azacyclophanes, "Bottom-up Nanofabrication: Supramolecules, Self-assemblies, and Organized Films," ed by K. Ariga
American Scientific Publishers, Stevenson Ranch, Vol. 2, Chap. 18, pp. 423-436   2009   
超分子を武器にしてエピジェネティクスに挑む
林田 修
Molecular Informatics   Jan 2006   
機能性ホストとしてのシクロファン「超分子サイエンス 〜基礎から材料への展開〜」
林田 修 (Part:Joint Work, 第1章第3節超分子における分子認識、)
株式会社エヌ•ティー•エス   Jan 2006   
糖鎖化学の最先端技術、人工糖鎖超分子:マクロ環型糖クラスターと糖ヒドロゲルの構築と機能
林田 修、浜地 格 (Part:Joint Work)
株式会社シーエムシー   2005   

Conference Activities & Talks

 
pH応答性と還元応答性を持つシクロファン2量体の合成とホスト機能の評価
○田中 優大、柴田 佳奈、林田修
化学関連支部合同九州大会   13 Jul 2019   
PNIPAMを導入した感温性シクロファンの合成と温度刺激によるゲスト捕捉と分離
○田中 陽菜、林田修
化学関連支部合同九州大会   13 Jul 2019   
ダブシルジスルフィド部位を有する刺激応答型シクロファンの合成と会合特性の評価
○柴田 佳奈、田中 優大、林田修
化学関連支部合同九州大会   13 Jul 2019   
Synthesis of Cyclophane Having PNIPAM Side-Chains and Their Temperature-Responsive Capture and Separation Toward Guest Molecules
Haruna Tanaka・Osamu Hayashida
第17回 ホスト・ゲスト化学シンポジウム   18 May 2019   ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 (AHGSC)
SSynthesis of Water-soluble Cyclophanes Having a Disulfide Moiety and Their Stimulus-controlled Entrapment or Release of Guest Molecules
Osamu Hayashida・Kana Shibata・ Tadahiro Sueoka・Yudai Tanaka
第17回 ホスト・ゲスト化学シンポジウム   18 May 2019   ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 (AHGSC)

Research Grants & Projects

 
薬剤の放出を蛍光で追跡するための多環状ホストの開発
科学研究費補助金: 基盤研究 (C)
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 林田 修
本研究では、薬物運搬体として利用できる機能性の多環状ホストを開発することを目的としている。これまでにクラスター効果の概念を取り入れて開発した多環状ホストがシクロファンの集積化にともなってゲスト捕捉力が飛躍的に向上するなどの基盤技術が利用可能である。一方、ジスルフィド結合は動的共有結合として知られ、酸化還元による外部刺激によってその結合の解離・付加を可逆的に制御することができる。そこで、ジスルフィド結合で連結したシクロファン2量体を基体として、蛍光性のローダミン基を2つ導入したホストを分子設...
ゲストの捕捉および放出を制御できる刺激応答性シクロファン型ホスト多量体の開発
科学研究費補助金: 基板研究(C)
Project Year: Apr 2012 - Mar 2015    Investigator(s): 林田 修
効果的な薬物送達システムを開発するためには、刺激応答型の薬物放出システムが有効であることから、外部刺激に応じてゲストに対する捕捉能が制御できる新規ホスト分子の開発を行った。具体的には、分子骨格内にジスルフィド結合を有するカチオン性とアニオン性のシクロファン(1と2)を合成した。これらシクロファンは環骨格のサイズが従来のホスト分子と比べて大きいために、分子サイズがより大きいBis-ANS、ピレン酪酸(PA)、ピレンメチルアミン(PMA)などをゲストとして検討した。Jobプロット法から、これら...
ホストゲスト化学に基づく薬物送達システムの開発
科学技術振興機構: 研究シーズ探索プログラム
Project Year: Apr 2010 - Mar 2011    Investigator(s): 林田 修
狙った細胞に薬物を効率よく送り届ける分子システムを開発することを目指した。種々検討した結果、ピレン基を導入したシクロファンの合成に成功し、HepG2細胞に効率良く取り込まれることを見出した。また、元来は細胞に取り込まれないゲストに対してホストゲスト複合体を形成することで細胞に取り込ませることに成功した。
クラスター効果に基づくシクロファン多量体の合成および標的ゲストの捕捉と検出
科学研究費補助金: 基盤研究(C)
Project Year: Apr 2009 - Mar 2012    Investigator(s): 林田 修
鎖状のシクロファン2〜5量体をシクロファンの活性エステル体とリジンやリジンペプチドとのアミノリシスにより高収率で得ることに成功した。合成したシクロファン多量体のゲスト捕捉能を蛍光滴定実験と表面プラズモン共鳴法から検討したところ、シクロファンの個数が増すにつれてゲスト捕捉力が飛躍的に向上するクラスター効果を発現した。シクロファンの個数とゲスト捕捉力の相関関係を明らかにすることに成功した。
金抗ガン剤とマクロ環型キャリアからなる分子送達システムの開発
科学研究費補助金: 萌芽研究
Project Year: Apr 2006 - Mar 2009    Investigator(s): 林田 修
白金抗ガン剤と多環性マクロ環型キャリアからなる超分子を用いてガン細胞やガン組織などを標的とした薬物・検査試薬(ゲスト)送達システムへの展開を目指した。種々検討した結果、多環性マクロ環型キャリアおよびカドミウムイオン(II) などを含む金属錯体の合成に成功した。本研究における薬剤ゲスト捕捉能をもつ多環状ホストの分子設計と研究計画の立案のための重要な知見を得ることができた。