川勝 年洋

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:03
 
アバター
研究者氏名
川勝 年洋
 
カワカツ トシヒロ
eメール
kawakatucmpt.phys.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/863b282847eb900d04a8dc9611dc78ce.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科・理学部 物理学専攻
職名
教授
学位
博士(工学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2001年5月
 - 
現在
東北大学理学研究科物理学専攻 教授
 
1998年3月
 - 
2001年4月
名古屋大学工学研究科計算理工学専攻 助教授
 
1994年7月
 - 
1998年2月
東京都立大学理学研究科物理学専攻 助教授
 
1988年10月
 - 
1994年6月
九州大学理学部物理学科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1989年3月
京都大学 工学研究科 数理工学専攻
 
 
 - 
1983年3月
京都大学 工学部 数理工学科
 

委員歴

 
2003年4月
 - 
2015年3月
日本原子力研究所 先端基礎研究センター  研究嘱託
 
2004年4月
 - 
現在
新化学発展協会 高分子ワークショップ  顧問
 
2008年4月
 - 
2014年3月
東京大学物性研究所附属物質設計評価施設運営委員会  委員
 
2015年11月
 - 
現在
計算物質科学人材育成コンソーシアム(PCoMS) イノベーション創出人材育成(IPD)委員会  委員長
 
2015年1月
 - 
現在
Academic advisory board member for the School of Mathematics and Physics, Universith of Loncoln, UK  アドバイザリーボードメンバー
 

受賞

 
2005年8月
IEEE / RSJ IEEE / RSJ IROS 2004 Best Paper Award
受賞者: Akio Ishiguro, Masahiro Shimizu and Toshihiro Kawakatsu
 

論文

 
Self-Consistent Field Theory of Inhomogeneous Dense Polymer Systems
Tetsufumi Shima, Hirokazu Kuni, Yutaka Okabe, Masao Doi, Xue-Feng Yuan, and Toshihiro Kawakatsu
Macromolecules   36(24) 9199-9204   2003年12月   [査読有り]
Epitaxial Transition from Gyroid to Cylinder in a Diblock Copolymer Melt
Takashi Honda and Toshihiro Kawakatsu
Macromolecules   39(6) 2340-2349   2006年3月   [査読有り]
Dynamic Density Functional Study on the Structure of Thin Polymer Blend Films with a Free Surface
Hiroshi Morita, Toshihiro Kawakatsu and Masao Doi
Macromolecules   34(25) 8777-8783   2001年12月   [査読有り]
Late Stage Dynamics of Phase Separation Processes of Binary Mixtures Containing Surfactants
Toshihiro Kawakatsu, Kyozi Kawasaki, Michihiro Furusaka, Hirofumi Okabayashi and Toshiji Kanaya
Journal of Chemical Physics   99(10) 8200-8217   1993年11月   [査読有り]
Equilibrium Shape of Two-Component Unilamellar Membranes and Vesicles
KAWAKATSU Toshihiro, et al.
Europhysics Letters   19(1) 57-62   1992年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Statistical Physics of Polymers --- An Introduction ---
Toshihiro Kawakatsu
2004年6月   
高分子物理の基礎-統計物理的手法を中心に-(臨時別冊 数理科学)
川勝年洋
2001年3月   
統計物理学
川勝年洋
朝倉書店   2008年4月   ISBN:978-4-254-13774-3
物理学大事典
川勝年洋 (担当:共著, 範囲:第15章 高分子 563ページ-584ページ)
朝倉書店   2005年10月   
Computer Simulations of Nano-Scale Phenomena Based on the Dynamic Density Functional Theories; Applications of SUSHI in the OCTA System
Takashi Honda and Toshihiro Kawakatsu (担当:共著, 範囲:461-493 頁)
Springer-Verlag   2007年   

講演・口頭発表等

 
Bridging microscopic and mesoscopic properties in multiscale modeling of polymer melts and composite systems
CDMSI International Workshop on “Scale bridging for the atomistic design of high performance materials”   2017年2月20日   
高分子濃厚系の相分離構造の動力学
高分子学会東北支部講演会   2017年2月7日   
Dynamics of dense polymer blends and blockcopolymer systems
CECAM Workshop on “Multiscale Simulation Methods for Soft Matter Systems”   2016年10月4日   
Phase separation dynamics of polymer blends and blockcopolymer systems
The A3 mini-Workshop on Soft matter   2016年3月23日   
Dynamic Self-Consistent Field Theory for Entangled Polymer Systems
Lorentz Center Workshop on “The Future of Multi-Scale Soft Matter Modeling”   2015年8月31日   

競争的資金等の研究課題

 
複雑液体の動力学に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2000年4月 - 現在
流動場中での高分子の動力学
科学研究費補助金
研究期間: 2000年4月 - 現在

その他

 
2016年8月   ポスト「京」萌芽的課題「基礎科学の挑戦 - 複合・マルチスケール問題を通した極限への挑戦」サブ課題B「相転移と流動」
 ナノバブル形成と微小成分添加効果、雲の形成過程、機械流動中での気泡・液滴生成過程、マグマの流動、高分子・コロイド流動、バイオ流動など自然界に幅広く観測される多相共存構造を持つ混相流を対象として、マルチスケールの流動シミュレーション用プラットフォーム(MSSP)を開発し、超並列大規模分子動力学シミュレーションとの比較検討および上記の具体例への適用による方法論の検証を行うことで、未知の複雑流動に対してそのマクロな特性をミクロなモデルを用いて予測する手法の開発を目指す。
2016年7月   超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト
ソフトマテリアルの統合シミュレーションソフトOCTAを拡張するとともに、フィラー粒子が分散した高分子系のシミュレーション技術を開発する。
2005年4月   マクロ物性研究
高分子材料等のマクロ物性のシミュレーションコード開発と物性の解明
2004年4月   プラスチック材料の強度及び熱特性に関する理論的研究
フィラー粒子を含むプラスチック材料の弾性率や熱膨張係数を、分子シミュレーションおよび自己無撞着場理論を用いて予測する。