morita osamu

J-GLOBAL         Last updated: May 13, 2016 at 10:06
 
Avatar
Name
morita osamu
Research funding number
70112290

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Fukuoka University Office for a Sustainable Future
 
Apr 1974
 - 
Oct 1976
運輸省 運輸技官
 
Nov 1976
 - 
Apr 1992
Research Associate of Kyushu University
 
Apr 1992
 - 
Mar 2000
Associate Professor of Kyushu University
 
Apr 2000
 - 
Mar 2010
Associate Professor of a graduate school of Kyushu University
 

Education

 
Apr 1971
 - 
Mar 1974
Cource of Physics, Division of Science, Graduate School of Kyushu University
 

Published Papers

 
Artificial Rainfall by the Aircraft Seeding of Liquid Carbon dioxide near Miyake and Mikura Islands of Izu Islands in 2012 and 2013
Taichi Maki, Osamu Morita, Yoshinori Suzuki, Kenji Wakimizu and Koji Nishiyama
Journal of Arid Land Studies   24(1) 65-68   Jan 2014   [Refereed]
2012年2月27日とと2013年3月14日に,伊豆諸島の三宅島周辺で実施した液体炭酸散布による人工降雨実験についてその詳細を述べた.前者は未発達の積雲に対して,後者は層雲に対して液体対炭酸を散布した結果,顕著な降水現象を生じた.
2013年3月における東京都三宅島・御蔵島付近での液体炭酸散布による人工降雨実験
真木太一,守田治,鈴木義則,脇水健次,西山浩司
沙漠研究   24(2) 277-284   Feb 2014   [Refereed]
2013年3月14日伊豆諸島三宅島付近において,厚さ1000m程度の薄い層雲に対して,その雲底で液体炭酸を散布したところ,積雲が発達し降水を生じた.その結果散布経路に沿って幅3km長さ50kmにわたって雲が消えた.この溝は2本できたが,やがて1つにまとまり直径50kmほどの円形の孔になったことが気象衛星データによって確認された.
Taichi Maki, Osamu Morita, Yoshinori Suzuki, Kenji Wakimizu, Koji NIshiyama
Jounal of Agricultural Meteorology   69(3) 147-157   Jun 2013   [Refereed]
2013年3月14日と15日に伊豆諸島三宅島・御蔵島周辺で行った液体炭酸散布による人工降雨実験について述べた.液体炭酸を散布した雲は層雲であったが1時間後には液体炭酸を散布した経路に沿って雲が消えたのを確認した.気象衛星写真でも雲が円形に雲が消えた様子が観測された.
Taichi Maki, Osamu Morita, Yosinori Suzuki, Kenji Wakimizu, Koji Nishiyama
Journal of Development in Sustainable Agriculture   8(1) 13-24   Jan 2013   [Refereed]
2012年2月26日,27日に伊豆諸島の三宅島と御蔵島周辺で,液体炭酸散布法による人工降雨実験を行ったところ,100万トンもの雨を降らせることに成功した.その実験内容について詳細に記述した.
Meteorological Characteristics of Heavy Rainfall Disaster at Kyushu Island in July, 2012
Osamu Morita, Eiji Yamaguchi
Western Regional Division Report of Natural Disaster Research Cousil   37 33-36   Feb 2013
2012年7月,九州北部と中部で大きな気象災害が起こった.その時の気象状況を詳細に調べた結果,福岡県八女市における集中豪雨は,2本の線状降水系が合流して起こったことが分かった.

Misc

 
The Meteorological Characteristics of Typhoon 13th in 2006 (TD0613)
Osamu Morita, Eiji Yamaguchi
The Study on the Typhoon 13th 2006 Accompanied by Windstorms, Tornadoes and Flood Damage   15-22   Mar 2007
2006年台風第13号は宮崎県内の各地で日雨量600mmを越える豪雨災害をもたらした。台風による災害は強風と豪雨によるものだが、それは台風の進路、通過時間、影響を受ける地域の地形が大きく影響している。本報告では台風13号に関し、3つの要素について詳細に解析を行った。

Books etc

 
基礎解説 力学
守田 治
朝倉書店   Mar 2015   ISBN:978-4-254-13115-4C30
Artificial Precipitation Method
Taichi Maki, Osamu Morita, Koji Nishiyama, Yosinori Suzuki, Kikurou Tomine, Kenji Wakimizu (Part:Joint Work, 77-89)
Gihoudo Publisher   Mar 2012   ISBN:978-4-7665-3453-6
いくつかの人工降雨法ついて,それぞれの長所と短所について述べた。私たちたちの研究グループは液体炭酸を散布する方法をとっているが,その実施事例についても触れている。私自身は降水の発生する基本的な仕組みについて記述した。
堆積学辞典
朝倉書店   1998   
地衡流乱流
流体力学ハンドブック   1988   
地衡流乱流
流体力学ハンドブック   1987   

Conference Activities & Talks

 
Artificial rainmaking by spraying liqiod carbon dioxide -Case study of the experiment on 26 February 2012-
Osamu Morita, Taichi Maki, Yosinori Suzuki, Kenji Wakimizu, Koji Nishiyama
Stabilization of water resources by relaxation of drought and heavy rainfall by artificial rainmaking   26 Jun 2014   
日本学術会議主催のシンポジウム「人工降雨による渇水・豪雨軽減と水資源」において,2012年2月26日に行った液体炭酸散布による人工降雨実験についてその詳細を報告する.
Selected case of artificial rainmaking experiment from April 2011 to March 2014
Osamu Morita
Symposium for the Scientific Fund for the study "Development of the optimized artificial rainmaking method and the expand of the environmental condition for it"   23 Mar 2014   
2011年度から2013年度にかけて行った人工降雨実験のうち,顕著な成功事例3つを取り上げて詳細に報告した.
Artificial Rainfall by Seeding Liquid Carbon Dioxide near Miyake and Mikura Islands in February 2012 and 2013
Taichi Maki, Osamu MOrita, Yoshinori Suzuki, Kenji Wakimizu, KOji Nishiyama
Desert Technology 11th International Conference   19 Nov 2013   
第11回国債砂漠学会において,見事な成功を収めた2012年2月と2013年2月に行った人工降雨実験について抗告した.
Artificial Rainmaking Experiment by Seedind Liquid Carbon Dioxide near Miyaka and Mikura Islands
Taichi Maki, Osamu Morita, Yoshinori Suzuki, Kenji Wakimizu, Koji Nishiyama
Autumn Meeting of Japan Meteorological Society in 2013   19 Nov 2013   
2013年3月14日〜15日に伊豆諸島の三宅島と御蔵島周辺で行った,液体炭酸散布による人工降雨実験について報告した.
Artificial Rainmaking Experiment near Miyakejima Island in February 2012
Osamu Morita, Taichi Maki, Yoshinori Suzuki, Kenji Wakimizu, Koji Nishiyama
Spring Meeting of Japan Meteorological Society in 2013   15 May 2013   
2011年2月26日〜27日に伊豆諸島の三宅島周辺で行った人工降雨実験について報告した.

Association Memberships