柳川 堯

J-GLOBALへ         更新日: 13/03/04 14:56
 
アバター
研究者氏名
柳川 堯
 
ヤナガワ タカシ
所属
久留米大学
部署
バイオ統計センター
職名
教授,学長直属 特命教授
学位
理学博士, 理学修士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1966年
九州大学 理学研究科 統計数学
 
 
 - 
1963年
九州大学 理学部 数学
 

委員歴

 
1977年
 - 
現在
International Statistical Institute  Elected member
 
2003年
 - 
2005年
第19期日本学術会議会員
 
1991年
 - 
1993年
日本数学会  評議員
 
1984年
 - 
1992年
日本統計学会  評議員
 
1989年
 - 
1992年
国際(International Biometric Society)バイオメトリックス学会  評議員,経理委員
 
1994年
 - 
1998年
日本応用統計学会  評議員,理事,会長
 
2001年
 - 
2002年
日本計量生物学会  会長,理事
 

受賞

 
2011年
日本計量生物学会 功労賞
 
2007年
日本統計学会 日本統計学会賞
 
2005年
日本計量生物学会 日本計量生物学会賞
 
1981年
Public Health Service Award,US Government
 
1989年
Public Health Service Award,US Government
 

論文

 
柳川 堯
Journal of Statistical Planning and Inference   140(9) 2425-2432   2010年   [査読有り]
Diversity of human finger vein patterns and its application to personal identification
柳川 堯
Bulletin of Informatics and Cybernetics   41 1-9   2009年   [査読有り]
No-observed-adverse-effect levels in severity data
柳川 堯
Journal of American Statistical Association   92 449-454   1997年   [査読有り]

Misc

 
臨床試験における対応のあるデータでの有効率の「同時検証」の一方式
応用統計学   24 59-76   1996年
毒性データの解析:無影響量決定問題について
統計数理   46(1) 193-203   1998年
Mantel-Haenszel法による複数の2×2表の要約
統計数理   46(1) 153-177   1998年

書籍等出版物

 
離散多変量データの解析
共立出版   1986年   
ノンパラメトリック法
培風館   1982年   
統計数学
近代科学社   1990年   
臨床医学のためのバイオ統計学
サイエンティスト社   1995年   

Works

 
コンピュータ集中統計学 : 疾病現象への応用とその数理学
1998年
複雑非線形現象の統計理論の開発と応用
2000年

競争的資金等の研究課題

 
環境汚染物質のリスク評価に関する統計的諸問題
非線形時系列の研究
離散型多変量データ解析法の開発
臨床試験の統計解析の開発