土肥 昭夫

J-GLOBALへ         更新日: 02/12/10 00:00
 
アバター
研究者氏名
土肥 昭夫
 
ドイ テルオ
所属
長崎大学
職名
助手
学位
理学博士, 理学修士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1969年
九州大学 理学研究科 生物学生態学
 
 
 - 
1967年
九州大学 理学部 生物学
 

委員歴

 
1997年
 - 
2000年
日本哺乳類学会  評議員
 
1996年
 - 
2000年
野生生物保護学会  編集委員,評議員
 

Misc

 
ニホンカモシカの糞場利用(共著)
北九州市立自然史博物館紀要   16 105-111   1997年
帰化動物をめぐる諸問題(共著)
個体群生態学会報   (55) 72-78   1998年
樹木年代学的手法によるニホンジカの生息数・分布域の時間的変化の推定 (共著)
日本林学会誌   81(2) 147-152   1999年
糞粒法によるシカ密度推定式の改良 (共著)
哺乳類科学   40(1) 1-17   2000年
シカ用生け捕りワナEN-TRAPの試作・適用
哺乳類科学   40(2) 145-153   2000年

書籍等出版物

 
現代の哺乳類学
朝倉書店   1991年   
サバンナの生きものたち
西日本新聞社   1980年   
哺乳類の生態学(共著)
東京大学出版会   1997年   

Works

 
エチオピアにおける哺乳類の社会生態学研究
1978年 - 1982年
熱帯多雨林の大規模大災後の回復過程に関する研究-東カリマンタン・クタイ保護区の調査
1986年
野生化したイエネコの社会生態学的研究およびオーストラリア動物相攪乱の実態
1988年 - 1990年

競争的資金等の研究課題

 
対馬国定公園における自然環境保全と野生生物保護
イリオモテヤマネコの生態学的研究
長崎県野崎島のニホンジカ個体群の研究