江口 勝美

J-GLOBALへ         更新日: 10/03/16 00:00
 
アバター
研究者氏名
江口 勝美
 
エグチ カツミ
所属
長崎大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻
職名
教授
学位
医学博士(長崎大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1970年
長崎大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1997年
   
 
日本内科学会  評議員
 
1998年
   
 
日本リウマチ学会  理事
 
1999年
   
 
日本臨床免疫学会  理事
 
1992年
   
 
日本炎症学会  評議員
 
1995年
   
 
日本内分泌学会  評議員
 

受賞

 
1996年
日本リウマチ学会賞
 
1996年
三浦記念リウマチ学術研究賞
 
2000年
ツムラ・リウマチ臨床研究賞
 

Misc

 
Expression of adhesion molecules on thyroid tissues from autoimmune thyroid disease.
80 years of Hashimoto Disease, Amsterdam, Excerpta Medica      1993年
甲状腺と免疫 B細胞性免疫
最新内科学大系      1993年
内分泌・代謝の病気とステロイド療法
ステロイドを使うといわれたとき      1999年
血清反応陰性脊椎関節症-ライター病
実践臨床リウマチ病学      1993年
HTLV-I infection in the Pathogenesis of Sj(]E88D8[)gren's syndrome
SIEBOLD MEMORIAL INTERNATIONAL MEDICAL SYMPOSIUM 200 Years Anniversary of Dr. Philipp Eranz von Siebold      1998年

Works

 
リウマチ患者滑膜細胞のサイトカイン産生ならびに
1999年
トロンビンの血管内皮細胞及び神経細胞の活性化とアポートシスの関与
1999年
活性化T細胞アポトーシスに対するFK506の作用
1999年

競争的資金等の研究課題

 
自己免疫疾患における接着分子の役割
成人T細胞白血病ウイルスと自己免疫疾患
アポト-シスと自己免疫疾患
関節リウマチの早期診断と臨床経過の予知