勝俣 隆

J-GLOBALへ         更新日: 12/08/02 02:45
 
アバター
研究者氏名
勝俣 隆
 
カツマタ タカシ
所属
長崎大学
部署
教育学部 国際文化
職名
教授
学位
博士(文学)・ 文学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1980年
 - 
1987年
 国立新居浜工業高等専門学校 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
京都大学 文学研究科 国語国文学専攻
 
 
 - 
1974年
静岡大学 人文学部 人文学科国語国文学専攻
 

委員歴

 
1999年
 - 
2002年
古事記学会  理事
 
1999年
   
 
古事記学会  評議員,理事
 
1998年
   
 
古事記学会  評議員,理事
 

Misc

 
『徒然草』「むまのきつ云々」の謎の解釈について
國語國文   60/11    1991年
The Interpretation of the Song No270 in Manyoshu Vol. III-mainly on the word 'Yamashita'-
Japanese Language and Education   16    1993年
万葉集に描かれた金星についての考察
長崎大学教育学部人文科学研究報告   46,17-31    1993年
枕草子の美意識-清女の二元対立的思考とつきづきしの美意識-
長崎大学教育学部人文科学研究報告   /49,39-54    1994年
Stars and Cosmology in Japanese Mythology(1)
THE ASTRONOMICAL HERALD   88/11,472-477    1995年

書籍等出版物

 
On the Interpretation of the God Sukunabikona -from a View of a Child who has falled down through the Fingers of His Mother
The Gods of KOJIKI, Takashina Publisher Co.   1998年   
少名毘古那神の解釈について-手の俣より久岐志子の視点から-
『古事記の神々上」古事記研究大系五(]G0001[)(共著),高科書院   1998年   
To Read and Understand Japanese Mythology by Means of Comparing the Myths with Constellations
Taishukan Publishing Company Asia Booke NO.23   2000年   
古事記論集
(株)おうふう   2003年   
異郷訪問譚・来訪譚の研究 上代日本文学編
和泉書院   2009年   

講演・口頭発表等

 
日本神話の宇宙観
平成6年度国立天文台談話会   1994年   
海を渡った絵巻物
平成10年度長崎大学国語国文学会   1998年   
国見等の国土称賛表現と国土創生神話の関わり
平成12年度上代文学会大会   2000年   
中世小説における竜蛇の描写について
平成13年度長崎大学国語国文学会   2002年   
勝俣 隆 古事記の成立と構造―国生み神話と国作り神話を巡って― 
平成15年度古事記学会50周年記念大会   2003年   

Works

 
中世小説と散逸物語の関連についての研究(『風葉和歌集』所蔵の物語を中心として)
1995年 - 1998年
中世小説の挿絵と本文の関連についての研究
1998年 - 2002年
中世小説の発生と展開、影響についての研究-本文と挿絵の両面-
2004年 - 2008年
中世小説の生成発展過程の研究―伝本・説話・挿絵を中心に―
2009年

競争的資金等の研究課題

 
記紀神話
中世小説
自然描写