植木 弘信

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/31 11:49
 
アバター
研究者氏名
植木 弘信
 
ウエキ ヒロノブ
所属
長崎大学
部署
大学院工学研究科
職名
教授
学位
工学博士(九州大学), 工学修士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
長崎大学 大学院工学研究科(組織変更) 教授
 
2004年4月
 - 
2011年3月
長崎大学 工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
長崎大学 工学部 機械工学
 
 
 - 
1983年
九州大学 工学研究科 機械工学
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
現在
自動車技術会  九州支部理事
 
2010年4月
 - 
現在
日本マリンエンジニアリング学会  ディーゼル機関研究委員会委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
日本機械学会  人材活躍・中小企業支援事業委員会
 
2009年4月
 - 
2017年3月
日本機械学会  エンジンシステム部門九州先進エンジンテクノロジー研究会主査
 
2016年4月
   
 
日本機械学会  RC276研究会委員
 
2011年4月
 - 
2012年3月
自動車技術会  代議員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
日本機械学会  評議員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本液体微粒化学会  理事
 
2009年4月
 - 
2010年3月
日本機械学会  九州支部商議員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本機械学会  流体工学部門運営委員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本機械学会  動力エネルギーシステム部門運営委員
 
1997年
 - 
2001年
日本機械学会  エンジンシステム基礎燃焼研究会(]G0002[)幹事
 

論文

 
森賢斗, 駒田佳介, 植木弘信
日本機械学会論文集(Web)   83(850) ROMBUNNO.16‐00507(J‐STAGE)   2017年
駒田佳介, 川原田光典, 宇田川和正, 鈴木浩高, 坂口大作, 植木弘信
日本機械学会論文集(Web)   83(845) ROMBUNNO.16‐00313(J‐STAGE)   2017年
川原田光典, 坂口大作, 植木弘信, 石田正弘
日本機械学会論文集(Web)   82(836) 15‐00466(J‐STAGE)-00466-15-00466   2016年
A laser 2-focus velocimeter (L2F) was used for measurements of velocity and size of droplets in diesel fuel sprays. Diesel fuel was injected intermittently into the atmosphere using a 8-hole injector nozzle. The diameter of the nozzle orifice was ...
Kawaharada Noritsune, Sakaguchi Daisaku, Ueki Hironobu, Ishida Masahiro
JOURNAL OF THERMAL SCIENCE AND TECHNOLOGY   10(2)    2015年   [査読有り]
甲斐田 亮, 渡邉 正太郎, 山本 昌平, 坂口 大作, 植木 弘信, 石田 正弘
自動車技術会論文集   45(3) 515-520   2014年
ブタノール混合軽油の排気特性に及ぼすブタノール混合割合および排気再循環比の影響を実験的に追究し,ブタノール混合軽油のすす低減効果をKIVA-3Vを用いて数値解析することによって,すす低減はブタノールのすす生成性向TSIの低さに基づくものと,着火遅れの増加に基づく予混合化促進によることを明らかにした.
Shohei Yamamoto, Shotaro Watanabe, Keisuke Komada, Daisaku Sakaguchi, Hironobu Ueki, Masahiro Ishida
SAE International Journal of Fuels and Lubricants   6    2013年9月
In order to utilize bio-alcohols as the fuel for diesel engines, combustion characteristics of alcohol blended with gas oil were compared between ethanol and n-butanol in a direct injection diesel engine. In the case of the same cetane number betw...
山本 昌平, 坂口 大作, 植木 弘信, 石田 正弘
日本機械学会論文集 B編   79(799) 380-389   2013年1月
In order to realize a premixed compression ignition (PCI) engine by utilizing bio-alcohol, combustion characteristics of bio-alcohol blended with gas oil were compared between ethanol and n-butanol in a diesel engine. The effects of the ethanol bl...
山本 昌平, 坂口 大作, 植木 弘信, 石田 正弘
日本機械学会論文集 B編   79(807) 2477-2485   2013年1月
Utilization of bio-ethanol as an alternative fuel for diesel engines is one of the effective strategy for suppression of global warming because of its high thermal efficiency. In order to realize a premixed compression ignition (PCI) engine by uti...
Sakaguchi Daisaku, Fujii Takuji, Ueki Hironobu, Ishida Masahiro, Hayami Hiroshi
JOURNAL OF THERMAL SCIENCE   21(4) 384-390   2012年7月   [査読有り]
川原田光典,駒田佳介,坂口大作,植木弘信,石田正弘
自動車技術会論文集   43(1) 103-108   2012年
レール圧が40MPaのインジェクタにより大気中に間欠噴射された噴霧液滴の速度,サイズおよび飛行方向を2次元位相ドップラー流速計を用いて計測した.噴孔から40mm下流において,噴霧中心に比べて外縁では内向き液滴の割合が高いこと,また内向き液滴の速度およびサイズが外向き液滴に比べて小さいことを明らかにした.
駒田 佳介, 坂口 大作, 植木 弘信, 石田 正弘
日本機械学会論文集 B編   77(774) 274-281   2011年12月
A laser 2-focus velocimeter (L2F) has been applied for measurements of velocity and size of droplets in the dense region of diesel spray. Investigated was the fuel spray injected intermittently into the atmosphere from an injector nozzle with the ...
S. Jung, M. Ishida, S. Yamamoto, H. Ueki, D. Sakaguchi
International Journal of Automotive Technology   11 611-616   2010年9月
For realizing a premixed charge compression ignition (PCCI) engine, the effects of bio-ethanol blend oil and exhaust gas recirculation (EGR) on PM-NOx trade-off have been investigated in a single cylinder direct injection diesel engine with the co...
Masahiro ISHIDA, Shohei YAMAMOTO, Hironobu UEKI and Daisaku SAKAGUCHI
The International Journal ENERGY   35(12) 4572-4581   2010年1月
In order to realize a premixed compression ignition (PCI) engine, the effects of bioethanol-gas oil blends and exhaust gas recirculation (EGR) on PM-NO. x trade-off have been investigated focusing on ignition delay, premixed combustion, diffusion ...
Daisaku SAKAGUCHI, Shohei YAMAMOTO, Hironobu UEKI and Masahiro ISHDIA
Journal of Fluid Science and Technology   5(1) 75-85   2010年
村上 天元, 石田 正弘, 坂口 大作, 植木 弘信, 速水 洋
日本機械学会論文集 B編   76(770) 1491-1498   2010年
A low solidity cascade diffuser (LSD) shows features of a wide operating range and a high pressure ratio, however, a high level of noise. The first objective of the present study is to show that the noise can be reduced effectively without deterio...
坂口 大作, 石田 正弘, 村上 天元, 植木 弘信, 速水 洋
日本機械学会論文集 B編   76(768) 1169-1175   2010年
This paper deals with the effect of the blade leading edge location of low solidity cascade diffuser (LSD) on noise and diffuser performance in a centrifugal blower. The noise of the vaneless diffuser, varied little in a wide flow rate range, on t...
坂口 大作, 植木 弘信, 石田 正弘, アミダ オルウォレ
自動車技術会論文集   39(6) 137-142   2008年11月
データ取得周波数が15MHzのマイクロプローブL2Fを用いてディーゼル噴霧を噴孔から15mmの噴霧中心で計測した。噴射期間の前半では測定点に初めに現れる液滴の速度より後に現れる液滴の速度が高いこと、噴霧が測定点に到達する時期の液滴の数密度は後に現れる液滴の数密度より高いことが明らかとなった。
D. Sakaguchi, O.Amida, H. Ueki and M. Ishida
Journal of Thermal Science   17(1) 90-96   2008年3月
In order to investigate the distribution of droplet sizes in the core region of diesel fuel spray, instantaneous measurement of droplet sizes was conducted by an advanced laser 2-focus velocimeter (L2F). The micro-scale probe of the L2F is made up...
植木 弘信, 石田 正弘, 坂口 大作, アミダ オルウォレ
自動車技術会論文集   39(5) 5_53-5_58   2008年
噴孔径0.11mmのインジェクタから噴射される噴霧を、15MHzでデータ取得が可能なL2Fを用いて測定した。レール圧を70および100MPaに設定し、レール圧の上昇とともに液滴の速度は増加し、液滴サイズは減少すること、またレール圧の上昇によって液滴数密度が増加することを明らかにした。
H. Ueki,M. Ishida and D. Sakaguchi
Journal of Thermal Science,International Journal of Thermal and Fluid Sciences,also seen in Proceedings of the International Symposium on Experimental and Computational Aerothermodynamics of Internal Flows (7th ISAIF)Paper No.0022 pp.1-6 (2005-9)   Vol.14(No.2) 181-186   2005年1月
In order to investigate the effect of transient needle opening on early stage of spray behavior, simultaneous measurements of velocity and size of droplet were conducted by a newly developed laser 2-focus velocimeter (L2F). The micro-scale probe o...

Misc

 
植木弘信
微粒化   15(52) 141-143   2007年1月
" PCCI機関における天然ガス予混合気の着火・燃焼および排出ガス特性(DME・天然ガスHCCI燃焼に及ぼすEGRの影響)"
石田正弘, 植木弘信
日本機械学会研究協力部会RC220ディーゼル機関における均一および不均一現象を制御する燃焼物理と燃料化学に関する研究分科会研究報告書(中間)   119-122   2006年
"ディーゼル機関における予混合気の着火・燃焼・ノック限界に関する研究"
石田正弘, 植木弘信
日本機械学会研究協力部会RC207ディーゼル機関のゼロエミッション化と低燃費化のための燃焼物理と燃焼化学に関する研究分科会研究報告書(最終報告)   95-100   2005年
石田正弘, 田貝哲哉, 植木弘信
長崎大学工学部研究報告   34(63) 9-15   2004年7月
"ディーゼル機関における予混合気の着火・燃焼・ノック限界に関する研究"
石田正弘, 植木弘信
日本機械学会研究協力部会RC207ディーゼル機関のゼロエミッション化と低燃費化のための燃焼物理と燃焼化学に関する研究分科会研究報告書(中間報告)   126-131   2004年
坂口大作, 石田正弘, 植木弘信, SUN Z
長崎大学工学部研究報告   30(55) 131-135   2000年7月
石田正弘, 植木弘信, 黒川清司
長崎大学工学部研究報告   30(55) 137-143   2000年7月
坂口大作, 石田正弘, 植木弘信, SUN Z
長崎大学工学部研究報告   30(54) 23-28   2000年1月
植木 弘信, 石田 正弘, 坂口 大作
ターボ機械   28(5) 257-264   2000年
植木弘信
旭硝子財団助成研究成果報告(Web)   1996 96B-C08-P096 (WEB ONLY)   1997年3月
石田正弘, 植木弘信, LUO G‐F, 黒川清司
長崎大学工学部研究報告   25(44) 1-8   1995年1月
石田正弘, LUO G‐F, 植木弘信, 黒川清司
長崎大学工学部研究報告   24(43) 129-134   1994年7月
植木弘信, 石田正弘
ターボ機械   21(10) 628-633   1993年10月
植木 弘信, 石田 正弘
日本機械学会誌   96(898)    1993年
植木弘信, 石田正弘, 片岡洋一, 黒川清司, 吉村良孫
長崎大学工学部研究報告   17(28) 15-22   1987年1月
速水洋, 植木弘信, 妹尾泰利
九州大学生産科学研究所報告   (79) 55-68   1985年12月
植木弘信, 児玉好雄, 栗須正登
長崎大学工学部研究報告   14(23) 107-113   1984年7月
栗須正登, 田中清裕, 児玉好雄, 東克彦, 高橋賢一郎, 植木弘信
長崎大学工学部研究報告   14(23) 99-106   1984年7月
速水洋, 植木弘信, 妹尾泰利
九州大学生産科学研究所報告   (74) 167-174   1983年3月
速水洋, 植木弘信, 東森弘高, 妹尾泰利
九州大学生産科学研究所報告   (74) 159-166   1983年3月
植木弘信, 速水洋
九州大学生産科学研究所報告   (74) 249-254   1983年3月
植木 弘信, 宇都 幸一, 野中 稀平, 栗須 正登
長崎大学工学部研究報告   (12) p11-20   1979年2月
Recently the field survey, the model observation, and the numerical simulation are reported for countermeaserment of pollution in Omura Bay. It's seems that the best way for the improvment of pollution in Omura Bay is to introduce the new sea wate...
植木 弘信, 宇都 幸一, 野中 稀平, 栗須 正登
長崎大学工学部研究報告   (12) p21-28   1979年2月
In this paper, the diffusion of pollution is simulated in Omura Bay, by the electric computer for the case that the new sea water is introduced in Omura Bay. The results of tidal simulation is reported in the other paper. Here, three different ana...

講演・口頭発表等

 
関新一郎, 斎藤学, 駒田佳介, 坂口大作, 植木弘信
内燃機関シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2018年11月19日   
岡崎智大, 駒田佳介, 植木弘信
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2018年10月15日   
安心院力也, 駒田佳介, 植木弘信
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2018年10月15日   
秋山宜槻, 駒田佳介, 植木弘信
微粒化シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2018年   
関新一郎, 斎藤学, 駒田佳介, 坂口大作, 植木弘信
微粒化シンポジウム講演論文集   2017年12月19日   
大宅一哉, 駒田佳介, 山之内大介, 植木弘信
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2017年10月9日   
秋吉朝喜, 駒田佳介, 山之内大介, 植木弘信
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2017年10月9日   
関広太, 駒田佳介, 成瀬大和, 宇田川和正, 植木弘信
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2017年5月22日   
今村隆浩, 駒田佳介, 成瀬大和, 宇田川和正, 植木弘信
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2017年5月22日   
Keisuke Komada, Yamato Naruse, Hironobu Ueki
COMODIA 2017 - 9th International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanved Engine Systems   2017年1月1日   
Copyright © 2017 by the Japan Society of Mechanical Engineers. L2F (Laser 2-Focus Velocimeter) has been utilized for the measurement of velocity and size of droplets in diesel fuel spray injected from a single-hole nozzle. The L2F had a micro-scal...
鈴木啓太, 成瀬大和, 駒田佳介, 植木弘信
内燃機関シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2016年12月4日   
成瀬大和, 斎藤学, 駒田佳介, 坂口大作, 植木弘信
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2016年9月10日   
大石勇気, 駒田佳介, 坂口大作, 植木弘信
微粒化シンポジウム講演論文集   2015年12月17日   
森本祐基, 川原田光典, 坂口大作, 植木弘信
内燃機関シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2015年12月8日   
森賢斗, 川原田光典, 坂口大作, 植木弘信
内燃機関シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2015年12月8日   
森賢斗, 駒田佳介, 坂口大作, 植木弘信
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2015年10月9日   
森本祐基, 植木弘信, 川原田光典, 坂口大作
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2015年9月12日   
鈴木啓太, 植木弘信, 川原田光典, 坂口大作
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2015年9月12日   
Noritsune Kawaharada, Daisaku Sakaguchi, Hironobu Ueki, Masahiro Ishida
SAE Technical Papers   2015年9月1日   
© 2015 SAE Japan. Measurements of temporal and spatial changes in the velocity and size of droplets of diesel fuel sprays under two injection pressures were conducted near the nozzle orifice by a laser 2-focus velocimeter (L2F). The result showed ...
松田翔, 川原田光典, 坂口大作, 植木弘信, 石田正弘
自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2015年5月18日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
レーザープローブによる超音速噴霧液滴の分裂・分散過程の解明
2017年 - 2019年
マイクロレーザープローブによる遷音速噴霧の液滴分裂過程の解明
2013年 - 2015年
乱れの空間相関計測による高速高数密度噴霧における渦構造の解明
2010年 - 2012年
レーザーマイクロプローブによる高速噴霧微粒化過程の解明
2007年 - 2008年
AL2F法による高濃度噴霧計測の可能性検討
2005年 - 2006年
半導体レーザ2焦点流速計による液体微粒化初期過程の解明
2004年 - 2006年
乱流拡散火炎における温度と速度の3次元空間相関
1998年 - 1999年

競争的資金等の研究課題

 
L2F法によるノズル近傍における流動計測
研究期間: 2014年 - 2016年
浮体式波動ポンプによる海洋環境改善
研究期間: 1988年 - 1998年
光半導体素子を用いたレーザ流速計の開発研究
研究期間: 1989年   
海洋および温泉の温度差による発電システムの研究
研究期間: 1983年 - 1984年
ディーゼル機関の排気ガス浄化に関する研究
研究期間: 1984年   
遠心送風機不安定流動の抑制に関する研究
研究期間: 1984年