FUJITA Shuichi

J-GLOBAL         Last updated: Aug 30, 2019 at 15:38
 
Avatar
Name
FUJITA Shuichi
Affiliation
Nagasaki University
Section
Graduate School of Biomedical Sciences
Degree
(BLANK)(Nagasaki University)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1985
Faculty of Dentistry, Kyushu University
 

Misc

 
舌癌切除後の再建皮弁に発生した扁平上皮癌の1例
梅林 真由美, 大場 誠悟, 古賀 喬充, 河井 洋祐, 藤田 修一, 朝比奈 泉
日本口腔外科学会雑誌   64(8) 502-506   Aug 2018
症例は54歳女性で、右側舌縁部の疼痛を主訴に受診した。右側舌縁部に接触痛と潰瘍を伴う35×30mm大の腫瘤を認めた。右側舌癌と臨床診断し、生検で扁平上皮癌の病理組織学診断を得た。右側舌扁平上皮癌に対し、右側舌部分切除術、右側根治的頸部郭清術変法および前腕皮弁による再建術を施行した。移植皮弁の血流障害が生じたため、術後5日目に大胸筋皮弁による再建を行った。経過良好であったが、術後5年に移植大胸筋皮弁上に直径10mmの無痛性のびらん形成を認めた。MRIで、右側舌縁部に10×10×3mm大で、表...
楢原 峻, 大場 誠悟, 川崎 貴子, 藤田 修一, 朝比奈 泉
日本口腔診断学会雑誌   31(1) 53-57   Feb 2018
症例は30歳代男性で、左側上顎臼歯部の疼痛で受診した。右側に症状は無かったが、パノラマX線画像で右側上顎臼歯部のX線不透過像を指摘された。右側上顎臼歯部頬側歯槽骨に無痛性のび漫性膨隆を認めた。パノラマX線写真では、右側上顎第一大臼歯根尖から上顎結節にかけて境界が比較的明瞭な類円形の内部の透過性が不均一なX線不透過像を認めた。CT写真では、右側上顎第二大臼歯相当部に辺縁不整の不透過像を認めた。腫瘍は右側第一大臼歯根尖と近接していたが、連続性は認めなかった。鼻腔側壁後方および上顎洞後壁と一部接...
Katase N, Nishimatsu SI, Yamauchi A, Yamamura M, Terada K, Itadani M, Okada N, Hassan NMM, Nagatsuka H, Ikeda T, Nohno T, Fujita S
Oncology research   26(1) 45-58   Jan 2018   [Refereed]
Ozaki-Honda Y, Seki S, Fujiwara M, Matsuura M, Fujita S, Ikeda H, Umeda M, Ayuse T, Ikeda T
Cancer microenvironment : official journal of the International Cancer Microenvironment Society   10(1-3) 87-94   Dec 2017   [Refereed]
Ikeda T, Seki S, Fujiwara M, Matsuura M, Ozaki-Honda Y, Fujita S, Ikeda H, Umeda M, Asahina I
Oncology letters   14(3) 3711-3716   Sep 2017   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
口腔扁平上皮癌のリンパ節転移における微小環境の形成 基質改変因子の免疫組織学的解析
藤田 修一, 片瀬 直樹
Journal of Oral Biosciences Supplement   Sep 2018   
頭頸部扁平上皮癌由来細胞でのDKK3ノックダウンは腫瘍細胞の悪性度を低下させる
片瀬 直樹, 藤田 修一
Journal of Oral Biosciences Supplement   Sep 2018   
腫瘍胞巣全体もしくは浸潤先端におけるE-cadherinおよびN-cadherinの発現程度を用いた口腔扁平上皮癌患者の予後予測
本田 由, 藤田 修一, 池田 通
Journal of Oral Biosciences Supplement   Sep 2017   
頭頸部扁平上皮癌細胞におけるDKK3過剰発現は腫瘍細胞の悪性度を増大させる
片瀬 直樹, 藤田 修一
Journal of Oral Biosciences Supplement   Sep 2017   
口腔癌細胞株でのDKK3遺伝子ノックダウンは腫瘍細胞の悪性度を低下させる(Knockdown of DKK3 gene reduces malignant properties of oral squamous cell carcinoma-derived cells)
片瀬 直樹, 西松 伸一郎, 山内 明, 山村 真弘, 藤田 修一, 池田 通
日本病理学会会誌   Mar 2017