岡田 幸雄

J-GLOBALへ         更新日: 12/08/02 02:46
 
アバター
研究者氏名
岡田 幸雄
 
オカダ ユキオ
所属
長崎大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻
職名
准教授
学位
理学博士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1980年
 - 
1993年
 長崎大学歯学部 助手
 
1993年
 - 
2004年
 長崎大学歯学部 助教授
 
2004年
   
 
 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(歯学系) 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
岡山大学 理学研究科 生物
 

受賞

 
1997年
第13回高砂研究奨励賞
 

Misc

 
Inositol 1, 4, 5-trisphosphate-gated conductance in isolated rat olfactory neurons
Okada Y, Teeter JH, Restrepo D
Journal of Neurophysiology   72(2) 595-602   1994年
Okada Y, Imendra KG, Miyazaki T, Hotokezaka H, Fujiyama R, Toda K
PLoS ONE   6(4) e19158   2011年
Activation of a cation conductance by acetic acid in taste cells isolated from the bullfrog
Okada Y, Miyamoto T, Sato T
Journal of Experimental Biology   187 19-132   1994年
Ionic basis of receptor potential of frog taste cells induced by acid stimuli
Miyamoto Y, Okada Y, Sato T
Journal of Physiology   405 699-711   1988年
Okada Y, Imendra KG, Miyazaki T, Hotokezaka H, Fujiyama R, Zeredo JL, Miyamoto T, Toda K
Journal of Experimental Biology   208(24) 4747-4756   2005年

書籍等出版物

 
Neurodiology of Mastication-from Molecular to Systems Approach
Elsevier Science B. V.   1999年   
ギャノング生理学 原書23版
丸善株式会社   2011年   
ギャノング生理学 原書22版
丸善株式会社   2006年   

Works

 
副甲状腺Ca感知におけるDAGリパーゼからリポキシゲナーゼへの情報伝達
2008年 - 2011年
副甲状腺(上皮小体)が細胞外Ca2+を検出する時に働く細胞内情報伝達機序
2002年 - 2005年
副甲状腺が細胞外Ca2+を検出する時に働く脂質性シグナル分子
2005年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
脊椎動物の味細胞味応答のトランスダクション機序
研究期間: 1980年   
副甲状腺の細胞内シグナル伝達機序
研究期間: 2000年   
脊椎動物嗅細胞嗅応答のトランスダクション機序
研究期間: 1991年