Profile Information

Affiliation
Yamaguchi University Environmental Safety Science and Engineering Graduate School of Science and Engineering Environmental Science and Engineering(Medicine) Graduate School of Science and Engineering(Medicine) YAMAGUCHI UNIVERSITY Associate Professor
Degree
M.Eng.(Kyushu University)
Ph.d(Kyushu University)

Researcher number
60145266
J-GLOBAL ID
200901011389702609

Research Interests

  1

Papers

  19

Books and Other Publications

  2

Presentations

  4

Other

  3
  • 1.炭酸アパタイトを用いた3次元連通気孔をもつ骨補填材の作成方法の検討<br>2.α型リン酸三カルシウムを用いた新しい骨補填材の作成方法の検討<br>3.新しく開発したリン酸カルシウム系骨補填材の生体適合性を骨芽細胞、破骨細胞等を用いて評価
  • 1.3次元連続気孔(フォーム)をもつ骨置換材の創製<br> 現在、スポンジ法を用いてリン酸三カルシウム、ハイドロキシアパタイト、炭酸アパタイトをフォームを創製することに成功している。<br>2.体内で自己硬化して、3次元連続気孔をもつ硬化体の創製<br> リン酸カルシウム等を用いて自己硬化させることには成功している。<br>
  • 1. 多孔質炭酸アパタイト骨補填材の創製方法を考案する。<br>2. 現在創製可能な多孔質炭酸アパタイトは機械的強さ(圧縮強さ)が不足しているため、より高い機械的強さをもつ多孔質アパタイトの創製方法を考案する。