黒田 直敬

J-GLOBALへ         更新日: 12/08/02 02:47
 
アバター
研究者氏名
黒田 直敬
 
クロダ ナオタカ
所属
長崎大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻
職名
教授
学位
薬学博士(九州大学), 薬学修士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1991年
 福岡県赤十字血液センター研究部 職員(医療系)
 
1987年
 - 
1989年
 九州大学理学部化学科 研究員
 
1993年
 - 
1994年
 アメリカ合衆国 カンザス大学 その他
 

学歴

 
 
 - 
1986年
九州大学 薬学研究科 薬学
 
 
 - 
1981年
九州大学 薬学部 製薬化学科
 

委員歴

 
2004年
   
 
日本薬学会  九州支部庶務幹事
 
2004年
 - 
2005年
日本薬学会  代議員
 
2008年
 - 
2010年
日本薬学会  「Biol. Pahrm. Bull」編集委員
 
2010年
   
 
日本薬学会  九州支部庶務幹事
 
2004年
   
 
日本分析化学会  九州支部幹事
 

Misc

 
M. Yamaguchi, N. Kuroda, K. Zaitsu, Y. Ohkura
Analytica Chimica Acta   135(2) 313-318   1982年
Phosphorescence from 3,4-dihydroxyphenyl derivatives in basic solution and its use for the assay of epinephrine and nprepinephrine in urine
M. Yamaguchi, N. Kuroda, Y. Ohkura
Chem. Pharm. Bull   30 4557-4561   1982年
N. Kuroda, M. Yamaguchi, J. Ishida, Y. Ohkura
Chem. Pharm. Bull   31(8) 2913-2916   1983年
M. Yamaguchi, N. Kuroda, Y. Mibuchi, M. Takehara, Y. ohkura
Bunseki Kagaku   32(5) 161-164   1983年
N. Kuroda, H. Nohta, Y. Ohkura
Analytica Chimica Acta   175 163-169   1985年

書籍等出版物

 
「IV-7X線分析法(蛍光X線,粉末X線)」 分析化学II(改訂第4版) (分担執筆)
南江堂   1997年   
「X-2中和滴定」分析化学I(改訂第4版)(分担執筆)
南江堂   1997年   
「4. Reagent for CL Detection」Modern derivatization Method for Separation Sciences(分担執筆)
John Wiley & Sons Ltd.   1999年   
「7・4 食品添加物」衛生薬学(初版)(分担執筆)
廣川書店   1999年   
「7・5 食品衛生試験法の項目と原理」衛生薬学(初版)(分担執筆)
廣川書店   1999年   

講演・口頭発表等

 
Simultaneous determination of antioxidative activities against superoxide anion and nitric oxide by sequential injection analysis with chemiluminescence detection
The XIIth International Symposium on Luminescence Spectroscopy   2006年   
Development and application of sensitive semimicro column HPLC with peroxyoxalate chemiluminescence detection for determination of MDMA related compounds in hair
The XIIth International Symposium on Luminescence Spectroscopy   2006年   
Simultaneous determination of amphetamine related compounds in human plasma by high-performance liquid chromatography with peroxyoxalate chemiluminescence detection
The international Association of Forensic Toxicolohgist 45th International Meeting   2007年   
Hair analysis of morphine after administration to rat by HPLC-fluorescence detection
The international Association of Forensic Toxicolohgist 45th International Meeting   2007年   
Development and application of an HPLC-FL method for determination of N-substituted piperazines
The international Association of Forensic Toxicolohgist 45th International Meeting   2007年   

Works

 
血液凝固第 VIII因子の凝固活性識別抗体の作成とその酵素免疫測定法への応用
1992年 - 1993年
アデニン関連化合物の HPLC - 化学発光検出システムの開発と生体試料分析への応用
1994年 - 1995年
過シュウ酸エステル化学発光-写真検出を利用した核酸プローブ法の遺伝子診断への応用
1995年 - 1996年
新規アリールボロン酸誘導体の合成とそのルミネセンス試薬としての分析化学的応用研究
1998年 - 1999年
蛍光性アリールボロン酸を標識試薬に用いるアリールハライドの新規高感度定量法の開発
2001年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
ルミネセンスを用いる生体成分の高感度計測
研究期間: 1991年   
分離分析の高精密化に関する研究
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 1995年