杉谷 賢一

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/02 11:35
 
アバター
研究者氏名
杉谷 賢一
 
スギタニ ケンイチ
所属
熊本大学
部署
総合情報統括センター
職名
教授
学位
工学修士(熊本大学), 工学博士(熊本大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1992年
 熊本大学 助手
 
1992年
 - 
1994年
 熊本大学工学部(旧) 助手
 
1994年
 - 
2002年
 熊本大学 助教授
 
2002年
 - 
2004年
  助教授
 
2004年
   
 
 熊本大学総合情報統括センターネットコミニュケーション研究部門 教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
熊本大学 工学研究科 
 
 
 - 
1982年
熊本大学 工学部 
 

委員歴

 
2003年
 - 
2004年
 「熊本県電子申請受付システム開発業務委託」に係る入札方式方法の検討委員会 委員(2003-2004)
 
2003年
 - 
2004年
 大学評価・学位授与機構評価研究部調査研究協力者 協力者(2003-2004)
 
2004年
 - 
2005年
 「熊本県電子自治体共同利用センター等構築業務」に係る落札者決定に係る意見聴取
 

Misc

 
杉谷 賢一
The Transactions of The IEICE of Japan   E69(10) 1098-1103   1986年10月
Two kinds of cyclic switched-capacitor A/D converters using only one op-amp are presented. The effects of the nonidealities of the circuit such as a capacitor-ratio mismatch, an op-amp's offset voltage and a parasitic capacitance, on a conversion ...
New Switched-Capacitor D/D and A/D Converters Immune to Capacitor Mismatch
杉谷 賢一
The Transactions of The IEICE of Japan   E71(12)    1988年
Fumio Ueno, Takahiro Inoue, Kenichi Sugitani, Shinji Araki
Proceedings - IEEE International Symposium on Circuits and Systems   3 2813-2816   1988年12月
Two kinds of methods have been proposed to compensate or eliminate the capacitor mismatch of switched-capacitor A/D (analog-to-digital) and D/A converters. In the first method, a cyclic D/A converter with the facility of the automatic compensation...
A High-Accuracy Switched-Capacitor Pipelined Analog-to-Digital converter
杉谷 賢一
The Transaction of The IEICE of Japan   E72(12)    1989年
Fumio Ueno, Takahiro Inoue, Kenichi Sugitani, Shinji Araki
Proceedings of The International Symposium on Multiple-Valued Logic   195-201   1989年12月
A programmable switched-capacitor (SC) circuit, which can perform multivalued-to-binary (M/B) and binary-to-multivalued (B/M) conversions, is proposed. The circuit can be used as an interface between a binary logic system and multivalued logic sys...
Fumio Ueno, Takahiro Inoue, Kenichi Sugitani, Masaaki Kinoshita, Yutaka Ogata
Midwest Symposium on Circuits and Systems   2 748-751   1991年12月
A small-scale sigma-delta modulator for a sigma-delta A/D converter is presented. The proposed modulator employs a double-integration switched-capacitor architecture. The circuit configuration has low sensitivity to the process deviation of analog...
Inprovement of Parameter performance of SC Sigma-Delta Modulators
杉谷 賢一
IEICE Transactions   E76-A(6) 931-931   1993年
An Automatic Adjustment Method of Backpropagation Learning Parameters, Using Fuzzy Inference
杉谷 賢一
IEICE Transactions   E76-A(4) 631-631   1993年
Fumio Ueno, Takahiro Inoue, Kenichi Sugitani, Badur ul Haque Baloch, Takayoshi Yamamoto
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E76-A 631-636   1993年4月
In this work, we introduce a fuzzy inference in conventional backpropagation learning algorithm, for networks of neuron like units. This procedure repeatedly adjusts the learning parameters and leads the system to converge at the earliest possible...
Kenichi Sugitani, Fumio Ueno, Takahiro Inoue, Takeru Yamashita, Satoshi Nagata
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E76-A 931-939   1993年6月
Oversampled analog-to-digital (A/D) converters based on sigma-delta ΣΔ) modulation are attractive for VLSI implementation because they are especially tolerant of circuit nonidealities and component mismatch. Oversampled ΣΔ modulator has some point...
An Oversampled Sigma-Delta A/D Converter Using UGB Integrator with Gain-Error Compensator
杉谷 賢一
The Transactions of The IEICE of Japan   E77-A(7) 1179-1179   1994年
Kenichi Sugitani, Fumio Ueno, Takahiro Inoue, Takeru Yamashita
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E77-A 1179-1184   1994年7月
An integrator using UGB (unity-gain buffer) is proposed. The UGB has gain error. To improve the gain error of UGB in the integrator, a compensation technique of the gain error of UGB is proposed. Next, second-order ΣΔ A/D converter using UGB integ...
武蔵 泰雄, 朱 紅兵, 杉谷 賢一
学術情報処理研究   (2) 53-59   1998年
杉谷 賢一, 武蔵 泰雄, 松葉 龍一
学術情報処理研究   (6) 103-107   2002年
Traffic Analysis on a Domain Name System Server. -- SMTP Access Generatees Many Name-Resolving Packets to a Greater Extent than Dose POP3 Access. --
Yasuo Musashi, Ryuichi Matsuba, Kenichi Sugitani
J. Acad. Comput. Net.   6 21-28   2002年
Traffic Analysis on Mass Mailing Worm and DNS/SMTP.
MUSASHI Yasuo, SUGITANI Kenichi, MATSUBA Ryuichi
IPSJ SIG Notes, Computer Secuirty 19th   2002(122) 19-24   2002年
喜多 敏博,宮崎 誠,杉谷 賢一
電気学会教育フロンティア研究会資料   2002(1) FIE-02-1-FIE-02-1-5   2002年9月
武蔵 泰雄, 杉谷 賢一, 松葉 龍一
情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC)   2002(122) 19-24   2002年12月
Myparty、KLEZ、及びYarner. A等の大量メール送信型ワーム(MMW)の感染が拡大している時期に、DNS及びE-mailサーバ間の名前解決UDPパケットの流量について統計的に調査を行なった。我々の得た興味深い結果は以下の通りである: (1) SMTPアクセスが増加すれば、異常に大きなピークがDNS流量に現れる。(2) このピークの位置とSMTPアクセス量のピークの位置は一致する。(3) そのSMTPアクセス量のピークの位置とある利用者のSMTPアクセス量のピークの位置は一致す...
Statistical Analysis in Logs of DNS Traffic and E-mail Server.
MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
IPSJ SIG Notes, Computer Secuirty 20thaffic and E-mail Server.   2003(18) 185-190   2003年
Statistical Analysis in Log Files of Electronic-Mail Server and Domain Name System Server. SPAM Mail Generates Many DNS Query Packets.
MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
Journal for Academic Computuing and Networking   Vol.7(1) 5-11   2003年
テレビ会議とストリーミング配信を連動した地域連携支援システムの構築
喜屋武 毅, 太田 泰史,中野 裕司, 喜多 敏博, 松葉 龍一, 杉谷 賢一, 武藏 泰雄,右田 雅裕, 辻 一隆, 島本 勝, 木田 健, 入口 紀男, 秋山 秀典
学術情報処理研究   Vol.7 33-42   2003年
武藏 泰雄, 松葉 龍一, 杉谷 賢一
情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)   2003(18) 185-190   2003年2月
Frethem.K等の大量メール送信型ワーム(MMW)の感染拡大が進行している時に、DNS及びE-mailサーバ間のドメイン名前解決UDPパケットの流量およびメールサーバにおけるSMTP access logに関する統計的調査を行なった。我々の得た興味深い結果は以下の通りである:(1) MMWの感染したPC端末が増加すると、配送延期されたE-mail(stat=Deferred)数が増加する。(2) 配送延期されたE-mail数が増加すると見掛け上DNS名前解決(Dq)流量が増加する。これ...
武蔵泰雄, 松葉龍一, 杉谷賢一
第20回情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会   2003(18) 185-190   2003年2月
Frethem.K等の大量メール送信型ワーム(MMW)の感染拡大が進行している時に、DNS及びE-mailサーバ間のドメイン名前解決UDPパケットの流量およびメールサーバにおけるSMTP access logに関する統計的調査を行なった。我々の得た興味深い結果は以下の通りである:(1) MMWの感染したPC端末が増加すると、配送延期されたE-mail(stat=Deferred)数が増加する。(2) 配送延期されたE-mail数が増加すると見掛け上DNS名前解決(Dq)流量が増加する。これ...
宇佐川 毅, 杉谷 賢一
工学・工業教育研究講演会講演論文集   15 551-552   2003年9月
宮崎 誠,喜多 敏博,杉谷 賢一,秋山 秀典
電気学会教育フロンティア研究会資料   2003(21) FIE-03-23-FIE-03-23-16   2003年9月
喜多 敏博,宇佐川 毅,杉谷 賢一,中野 裕司,松葉 龍一,右田 雅裕,武藏 泰雄,入口 紀男,辻 一隆,島本 勝,木田 健,秋山 秀典
電気学会教育フロンティア研究会資料   2003(21) FIE-03-25-FIE-03-25-26   2003年9月
松岡 真二, 杉谷 賢一
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2004(0) 313-313   2004年
右田 雅裕, 杉谷 賢一, 入口 紀男
学術情報処理研究   (8) 17-24   2004年
Development of Automatic Detection and Prevention Systems of DNS Query PTR record-based Distributed Denial-of-Service Attack
MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
IPSJ SIG Technical Reports, Distributed System and Mangement 34th   2004(37) 67-67   2004年
Detection and Prevention of DNS Query PTR record-based Distributed Denial-of-Service Attack
MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
Proceeding for the 3rd International Conference on Information (Info'2004)   3 368-371   2004年
Statistical Analysis in Syslog Files in DNS and Spam SMTP Relay Servers
MATSUBA Ryuichi, MUSASHI Yasuo, SUGITANI Kenichi
IPSJ DSM Symposium Series   2004(3) 31-36   2004年
CMSの大規模講義への利用から得られたものと今後の方向性の検討
中野裕司,喜多敏博,,杉谷賢一,松葉龍一,右田雅裕,武藏泰雄,入口紀男,喜屋武毅,太田泰史,辻一隆,島本勝,木田健,秋山秀典
第2回日本WebCTユーザカンファレンス予稿集   17-22   2004年
Indirect Detection of Mass Mailing Worm-Infected PC terminals for Learners
MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
Proceeding for the 3rd International Conference on Emerging Telecommunications Technologies and Applicatications (ICETA2004)   3 233-237   2004年
全学無線LANシステムによるユビキタス環境の構築
右田 雅裕 , 杉谷 賢一 , 入口 紀男 , 喜多 敏博 , 中野 裕司 , 松葉 龍一 , 武藏 泰雄 , 辻 一隆 , 島本 勝 , 木田 健 , 太田 泰史 , 平 英雄 , 宇佐川 毅 , 秋山 秀典
学術情報処理研究   8(1) 17-24   2004年
Workaround for Welchia and Sasser Internet Worms in Kumamoto University
MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi, MORIYAMA Toshiyuki
Journal for Academic Computing and Networking   8(1) 5-8   2004年
DNS Query Access and Backscattering SMTP Distributed Denial-of-Service Attack
MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
IPSJ Symposium Series   2004(16) 45-49   2004年
喜多 敏博, 宇佐川 毅, 杉谷 賢一, 中野 裕司, 松葉 龍一, 右田 雅裕, 武藏 泰雄, 入口 紀男, 辻 一隆, 島本 勝, 木田 健, 秋山 秀典
大学教育年報   7 56-63   2004年3月
杉谷賢一, 松本慶
日本教育工学会論文誌   Vol. 27(Suppl.) 25-28   2004年3月
インターネットに代表される情報環境の急速な成長により,大量の情報が容易に入手可能となりつつある.それに伴い,学習に電子化された情報を用いることが多くなっている.しかしその反面,入手可能な情報量が人間の処理能力を超え,かえって効率が低下するという「情報過多(information overflow)」が深刻な問題となってきている.我々は,現在の情報検索・分類では,大量の情報の内容理解・関連性判断を行なうことは困難であり,これらを解決しなければ情報を有効に活用することはできないと考える.本研究...
松葉 龍一, 武藏 泰雄, 杉谷 賢一
情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT)   2004(37) 67-72   2004年3月
熊本大学のトップドメイン-セカンダリDNSサーバのsyslogについて統計解析を行った。我々の得た興味深い結果は以下の通りである: (1)大量メール送信型ワームに感染したPC端末はワーム活動中にAおよびMXレコードパケットをDNSサーバへ送信する。(2)乗っとられたUNIX系のPC端末等はspamリレー活動中にA、MXおよびPTRレコードをDNSサーバへ送信する。以上の結果、DNSサーバのログを監視するだけで大量メール送信型ワームに感染したPC端末を検知可能であることが示された。)The ...
武藏 泰雄, 松葉 龍一, 杉谷 賢一
情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT)   2004(77) 43-48   2004年7月
我々の大学のトップドメインDNSサーバが大量のDNS解決パケット送りつけられる分散型サービス妨害攻撃(DDoS)を受けている時、DNSサーバのsyslogを統計的に解析したところ次のような結果を得た: (1)DNS解決DDoS攻撃パケットは主に逆引(PTR)レコードで構成されている。(2)そのPTRレコードで解決するIPアドレスは、主として本大学の未使用のIPアドレスである。従って、未使用IPアドレスのPTRレコードを監視すれば、DNS解決型DDoS攻撃検知すること可能である。またそのDD...
Makoto Miyazaki, Kenichi Sugitani, Toshihiro Kita, Hidenori Akiyama
Proceedings of the Fifth International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, ITHET 2004   473-476   2004年12月
We have developed a simple E-mail application named Seemit which is designed for being used in information literacy courses. It has necessary and sufficient functions for an E-mail application, and it has been developed for the purpose of learning...
宇佐川 毅, 喜多 敏博, 杉谷 賢一
電気学会研究会資料 FIE   2004(29) 1-6   2004年12月
杉谷 賢一, 岸田 慎吾
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2005(0) 461-461   2005年
Yasuo Musashi, Seiji Hayashida, Ryuichi Matsuba, Kenichi Sugitani, Kai Rannenberg
APNOMS 2005 - 8th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium :Toward Managed Ubiquitous Information Society, Proceedings   574-585   2005年1月
The syslog messages of the top domain DNS (tDNS) servers in a university were statistically investigated when having receiving a large amount of DNS query packets like a distributed denial-of-service (DDoS) attack. Three types of DNS query-based D...
武蔵 泰雄, 松葉龍一, 杉谷賢一
情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT)   2005(83) 23-28   2005年8月
ある大学のDNSサーバに対する大量のDNSアクセスがあり、そのアクセスに含まれるAレコード型DNS区エリパケットのコンテンツについて調査した。その結果、(1)大量のメール送信型ワーム(MMW)のワーム活動やspamメール発信活動に関するAレコード型のDNSクエリパケットのコンテンツには、主として"mail" "smtp" "mx" "ns" "relay"および"gate" 等のキーワードが含まれていることが判明し、また、(2)スパイウェアやボットウィルスに乗っ取られているとPC端...
H.NAKANO , N.IRIGUCHI , K.SUGITANI , T.KITA , Y.MUSASHI , M.MIGITA , R.MATSUBA , Y.OHTA , T.Gobayashi , k.Tsuji , M.Shimamoto , T.Kida , T.USAGAWA , H.AKIYAMA
Proceedings of the 6th Information Technology Based Higher Education and Training (ITHET2005)   2005(F4B) 7-11   2005年12月
Kumamoto University implements basic courses of information technologies as required subjects of all faculties from 2002. They can be assumed as large-scale courses because there are approximately 1,800 learners respectively. They are managed by s...
松葉 龍一, 杉谷 賢一, 喜多 敏博
学術情報処理研究   (10) 15-20   2006年
Analysis of IPv6 Based DNS Query Traffic
NAGATOMI Hirofumi, LUDENA R. Dennis. A., MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
IPSJ SIG Technical Reports   2006(97) 23-28   2006年
A Threat of AAAA Resource Record-based DNS Query Traffic
MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
IPSJ Symposium Series   2006(12) 61-66   2006年
A DNS-based Countermeasure Technology for Bot Worm-infected PC terminals in the Campus Network
LUDENA R. Dennis. A.,NAGATOMI Hirofumi, MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
Journal for Academic Computing and Networking   10(1) 39-46   2006年
Detection of Bot Worm-Infected PC Terminals
LUDENA R. Dennis. A.,MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
Proceeding for the 4th International Conference on Information and the Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology   4 148-151   2006年
Abnormal DNS Query Traffic from IPv6 based DNS Clients
NAGATOMI Hirofumi,LUDENA R. Dennis. A., MUSASHI Yasuo,MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
Proceeding for the 9th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium, Management of Convergence Networks and Services   9 601-608   2006年
喜多 敏博,宮崎 誠,中野 裕司,杉谷 賢一,秋山 秀典
電気学会論文誌 A   126-A(7) 623-628   2006年
喜多 敏博, 宮崎 誠, 中野 裕司, 杉谷 賢一, 秋山 秀典
電気学会論文誌. A, 基礎・材料・共通部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A, A publication of Fundamentals and Materials Society   126(7) 623-628   2006年7月
We have developed a simple e-mail application named Seemit which is designed for being used in information literacy courses. It has necessary and sufficient functionality of an e-mail application, and it has been developed for the purpose of learn...
Toshihiro Kita, Toshihiro Kita, Makoto Miyazaki, Makoto Miyazaki, Hiroshi Nakano, Hiroshi Nakano, Kenichi Sugitani, Kenichi Sugitani, Hidenori Akiyama, Hidenori Akiyama
IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials   126 623-628   2006年7月
We have developed a simple e-mail application named Seemit which is designed for being used in information literacy courses. It has necessary and sufficient functionality of an e-mail application, and it has been developed for the purpose of learn...
宇佐川 毅, 入口 紀男, 中野 裕司, 杉谷 賢一, 武蔵 泰雄, 喜多 敏博
工学・工業教育研究講演会講演論文集   18 446-447   2006年7月
永富 洋文, デニス・アルトナ・ルデニャ・ロマニャ, 武藏 泰雄, 松葉 龍一, 杉谷 賢一
情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT)   2006(97) 25-30   2006年9月
とある大学のDNSサーバにおけるIPv6ベースのDNSクエリパケットの流量について統計的解析を行ったところ、次の様な結果を得た。(1) IPv4ベースのセキュリティインシデントとの同期や、(2) IPv6のみを介してセキュリティスキャンの前準備をしている痕跡が見られた。これらの結果は、IPv6についてもIPv4の場合と同様に、ネットワーク流量を監視する必要があることを示している。We investigated statistically on the IPv6 source IP addr...
Tsuyoshi Usagawa, Tsuyoshi Usagawa, Kenichi Sugitani, Toshihiro Kita, Norio Iriguchi, Masahiro Migita, Ryuichi Matsuba, Yasuo Musashi, Hiroshi Nakano, Hiroshi Nakano
7th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, ITHET   647-651   2006年12月
For the quality assurance of IT literacy, the IT based learning environments and e-Learning courses have been intensively developed. University implements "The Basic Course of Information Technologies A and B" as required subjects of all fresh stu...
右田 雅裕, 杉谷 賢一, 松葉 龍一
学術情報処理研究   (11) 14-22   2007年
Crash of NIS Server Generates Unusual DNS Query Traffic
LUDENA R. Dennis A., NAGATOMI Hirofumi, MUSASHI Yasuo, TANIGUCHI Katsunori, OOMURA Nobuaki, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
Proceedings for the 2nd International Conference on Innovative Computing Information and Control (ICICIC2007)   B15-07 1-4   2007年
Threats of Unusual DNS Query Traffic from NIS Clients
LUDENA R. Dennis A., NAGATOMI Hirofumi, MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
IPSJ SIG Technical Reports, Distributed System and Mangement 45th (DSM45)   2007(38) 95-98   2007年
Detection of Bot Worm-Infected PC Terminals
LUDENA R. Dennis A., MUSASHI Yasuo, MATSUBA Ryuichi, SUGITANI Kenichi
Information   10(5) 673-686   2007年
Entropy Study on MX Resource Record-Based DNS Query Packet Traffic
LUDENA R. Dennis A., MUSASHI Yasuo, SUGITANI Kenichi
IPSJ Symposium Series   2007(13) 21-26   2007年
DNS based Security Incidents Detection in Campus Network
LUDENA R. Dennis A., MUSASHI Yasuo, SUGITANI Kenichi
Proceedings for the 1st International Workshop on Intelligent Networks and Intelligent Systems (IWINIS2007)   1 673-686   2007年
中野 裕司, 喜多 敏博, 杉谷 賢一, 松葉 龍一, 右田 雅裕, 武藏 泰雄, 入口 紀男, 字佐川毅
情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE)   2007(101) 5-10   2007年10月
Java言語のオンライン学習を支援する目的で、Web ブラウザのみで Java applet に関する演習を行えるツールを開発してきた。CAS による SSO でCMS との認証連携、ソース編集後その場で結果が確認できる機能等を既に実現したが、コース分けや他のオンライン演習ツール(ActionScript等)との連携、CMS によってはそのまま課題として提出できる機能等を追加・改良を加え、実際の遠隔eラーニング授業に利用したので報告する。We developed an online tra...
LUDENA R. Dennis A., MUSASHI Yasuo, NAGATOMI Hirofumi, SUGITANI Kenichi
Proceedings for the 7th International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT2007)   7 592-595   2007年12月
We statistically investigated on the unusual big DNS resolution traffic toward the top domain DNS server from a university local campus network in April 11th, 2006. The following results are obtained: (1) In April 11th, the DNS query traffic inclu...
全学共通情報基礎教育におけるe-Learning の活用と地域社会・国際貢献事業への展開
宇佐川毅, 入口紀男, 中野裕司, 杉谷賢一, 武蔵泰雄, 右田雅裕, 久保田真一郎, 喜多敏博, 松葉龍一, 北村士朗
教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集   40-41   2008年
e ラーニングにおける学習活動把握へのWebOS 応用の可能性
伊藤恒, 中野裕司, 杉谷賢一
教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集   88-89   2008年
Implementing Virtualization and Virtual Network Computing in NVLab, a Web-Based Computer Networks Laboratory
Muhammad WANNOUS, Hiroshi NAKANO, Kenichi SUGITANI
教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集   478-479   2008年
IMS対応Web履修管理ツールの開発
中野裕司, 合林享, 杉谷賢一, 喜多敏博, 宇佐川毅
情報処理学会研究グループ報告(第9回CMS研究会)   (9) 83-90   2008年
SSOによるLMS連携Web時間割システムの開発
中野裕司, 杉谷賢一, 喜多敏博, 松葉龍一, 久保田真一郎, 右田雅裕, 武藏泰雄, 入口紀男, 木田健, 辻一隆, 島本勝, 志村友行, 宇佐川毅
情報処理学会研究グループ報告(第9回CMS研究会)   (9) 79-82   2008年
学習ポータルと大学ポータルをどう実現するか?
中野裕司, 松葉龍一, 喜多敏博, 杉谷賢一, 宮崎誠, 根本淳子, 井ノ上憲司, 鈴木克明
第24回日本教育工学会全国大会講演論文集   375-376   2008年
Implementing Virtualization and Virtual Network Computing in NVLab, a web-based Computer Networks Laboratory
Muhammad Wannous, Tsuyoshi Usagawa, Hiroshi Nakano, Kenichi Sugitani and Toshihiro Kita
The 6th Kumamoto University Forum   58-59   2008年
WebOSのeラーニングプラットフォームとしての活用に向けた機能改善
伊藤恒, 中野裕司, 杉谷賢一, 永井孝幸
情報処理学会研究グループ報告第10回CMS研究会   (10) 23-26   2008年
巨大クラスにおけるWebCTを用いた提出課題の評価について
杉谷 賢一, 久保田真一郎, 右田 雅裕, 喜多 敏博,中野裕司, 北村 士朗, 松葉 龍一, 入口 紀男, 武藏 泰雄,永井 孝幸, 平 英雄, 野尻 紘聖, 油田 健太郎
情報処理学会研究グループ報告第10回CMS研究会   (10) 55-58   2008年
CAS統合認証の情報基礎教育用メールソフトSeemitへの応用
宮崎 誠,喜多 敏弘,中野 裕司,杉谷 賢一,秋山 秀典
情報処理学会研究グループ報告第10回CMS研究会   (10) 15-18   2008年
Dennis Arturo Ludeña Romaña, Hirofumi Nagatomi, Yasuo Musashi, Katsunori Taniguchi, Nobuaki Oomura, Ryuichi Matsuba, Kenichi Sugitani
Second International Conference on Innovative Computing, Information and Control, ICICIC 2007      2008年2月
We investigated statistically on the unusual DNS query traffic from several DNS clients like Linux servers and/or PC terminals in the campus network of a university. The interesting results are: (1) The DNS query traffic includes several keywords ...
Dennis Arturo Ludeña Romaña, Kenichi Sugitani, Yasuo Musashi
International Journal of Intelligent Engineering and Systems   1 17-21   2008年3月
The DNS query traffic from the inside and the outside of the campus network in a university was statistically investigated through January 1st, to July 31st, 2007. The following interesting results are obtained, as follows: (1) The unique source I...
久保田 真一郎, 吉田 知樹, 武蔵 泰雄, 杉谷 賢一
情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT)   2008(37) 53-58   2008年5月
Web ベースの学習管理システムを利用する講義や情報科学に関する講義の増加により学生,教員が教育用端末を利用する機会が多くなっている.学生は端末室の空き状況の情報に関心があり,教員は講義中の利用者の情報に関心がある.また,これだけ多くの端末利用者の動向調査は教育用端末環境の充実に努める管理者にとって大切な情報である.同じ教育用端末室の情報であるにもかかわらず,学生,教員,管理者の各ユーザに必要とされる情報の形式は様々である.われわれはこれらのニーズに応えるため,教育用端末利用履歴データーベ...
久保田 真一郎, 吉田 知樹, 武蔵 泰雄, 杉谷 賢一
電子情報通信学会技術研究報告. ICM, 情報通信マネジメント   108(24) 53-58   2008年5月
Webベースの学習管理システムを利用する講義や情報科学に関する講義の増加により学生,教員が教育用端末を利用する機会が多くなっている.学生は端末室の空き状況の情報に関心があり,教員は講義中の利用者の情報に関心がある.また,これだけ多くの端末利用者の動向調査は教育用端末環境の充実に努める管理者にとって大切な情報である.同じ教育用端末室の情報であるにもかかわらず,学生,教員,管理者の各ユーザに必要とされる情報の形式は様々である.われわれはこれらのニーズに応えるため,教育用端末利用履歴データーベー...
デニス・アルトゥロ・ルデニャ・ロマニャ, 杉谷 賢一, 久保田 真一郎, 武藏 泰雄
情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT)   2008(87) 1-6   2008年9月
2007 年 4 月 1 日~2008 年 7 月 31 日の期間について学外からのとある大学のトップドメイン DNS サーバへの DNS クエリパケットの流量のエントロピー研究を行ったところ、次の様な結果を得た。 (1) 期間中送信元 IP アドレスに関する流量エントロピーの増加と同時に DNS クエリキーワードに関する流量エントロピーの減少が度々観察されることから、そのキャンパスネットワーク上では、ランダムスパムボットが現在も尚存在し、活動していることを示しており、また (2) 学外の...
Dennis Arturo Ludeña Romaña, Shinichiro Kubota, Kenichi Sugitani, Yasuo Musashi
Proceedings - The 1st International Conference on Intelligent Networks and Intelligent Systems, ICINIS 2008   205-208   2008年12月
We carried out an entropy study on the DNS query traffic from the outside of a university campus network to the top domain DNS server when querying about reverse resolution on the PC room terminals through April 1st, 2007 to April 30th, 2008. The ...
中野 裕司, 喜多 敏博, 杉谷 賢一
情報教育研究集会講演論文集   2009 409-412   2009年
久保田 真一郎, 杉谷 賢一, 武藏 泰雄
学術情報処理研究   (13) 24-31   2009年
北村 士朗,宇佐川 毅,杉谷 賢一,中野裕司,喜多 敏博,入口 紀男,松葉 龍一,武藏 泰雄,右田 雅裕,久保田 真一郎
コンピュータ&エデュケーション   25 12-17   2009年
多様なシステムの連携によるオンライン学習支援環境の構築 ― SSO,ポータル,LMS,eポートフォリオ等の有機的連携 ―
中野 裕司, 杉谷 賢一, 右田 雅裕, 武藏 泰雄, 入口 紀男, 久保田 真一郎, 宇佐川 毅, 喜多 敏博, 松葉 龍一, 井ノ上 憲司, 北村 士朗, 根本 淳子, 鈴木 克明
第57回九州地区大学一般教育研究会議事録   137-142   2009年
久保田 真一郎, 古川 誠一郎, 副島 慶人, 川村 諒, 杉谷 賢一
情報科学技術フォーラム講演論文集   8(4) 175-177   2009年8月
Dennis Arturo Romaña Ludeña, Shinichiro Kubota, Kenichi Sugitani, Yasuo Musashi
International Journal of Intelligent Engineering and Systems   2 11-18   2009年9月
We carried out an entropy study on the DNS query traffic from the outside of a university campus network to the top domain DNS server when querying about reverse resolution on the PC room terminals through April 1st, 2007 to April 30th, 2008. The ...
Kazuya Takemori, Dennis Arturo Ludeña Romaña, Shinichiro Kubota, Kenichi Sugitani, Yasuo Musashi
ICINIS 2009 - Proceedings of the 2nd International Conference on Intelligent Networks and Intelligent Systems   246-249   2009年12月
We carried out an entropy study on the DNS query traffic from the Internet to the top domain DNS server in a university campus network through January 1st to March 31st, 2009. The obtained results are: (1) We observed a difference for the entropy ...
Dennis Arturo Ludeña Romaña, Kazuya Takemori, Shinichiro Kubota, Kenichi Sugitani, Yasuo Musashi
ICINIS 2009 - Proceedings of the 2nd International Conference on Intelligent Networks and Intelligent Systems   250-252   2009年12月
Currently, the network security appliance is one of the most important research topics in IT security. The use of log files for further security analysis was proven their importance in the development of a three DNS query traffic based detection m...
Kazuya Takemori, Dennis Arturo Ludeña Romaña, Shinichiro Kubota, Kenichi Sugitani, Yasuo Musashi
International Journal of Intelligent Engineering and Systems   2 35-42   2009年12月
We carried out an entropy study on the DNS query traffic from the Internet to the top domain DNS server in a university campus network through January 1st to March 31st, 2009. The obtained results are: (1) We observed a difference for the entropy ...
右田 雅裕,杉谷 賢一,久保田 真一郎,武藏 泰雄,入口 紀男,喜多 敏博,松葉 龍一,辻 一隆,島本 勝,木田 健,宇佐川 毅,中野 裕司,
学術情報処理研究   14(1) 48-55   2010年
オープンソースeポートフォリオmaharaの画像閲覧プラグインAlbumboxの開発
久保田 真一郎,杉谷 賢一
教育システム情報学会第35回全国大会発表論文集   295-296   2010年
公開型自己モニタリングを利用したオンライン講義の実践
久保田 真一郎,杉谷 賢一,入口 紀男,喜多 敏博,北村 士朗,武藏 泰雄,松葉 龍一,永井 孝幸,右田 雅裕,中野 裕司,
日本教育工学会第26回全国大会発表論文集   791-792   2010年
川村 諒,副島 慶人,久保田 真一郎,古川 誠一,杉谷 賢一
情報処理学会研究報告   8(51) 1-4   2010年2月
KIAI 事業の平成 21年度実証実験として,宮崎県美郷町で行われた地理的条件不利地域の災害時に対応する情報通信インフラ網の構築実験において,無線 LAN 網を構成するアクセスポイントを搭載したバルーンの位置推定を試みた.その際に,思うような観測データが得られず,位置推定が困難であった.本研究では,その観測データをもとに分散および相関関係を考察し,ノイズを含む観測データから位置を推定するに十分なデータを抽出し位置推定を行った結果を報告する.In the practical situatio...
中野 裕司,杉谷 賢一,久保田 真一郎,右田 雅裕,武藏 泰雄,入口 紀男,宇佐川 毅,喜多 敏博,松葉 龍一,永井孝幸
Proceedings of the 1st Annual IEEE Engineering Education Conferences   1(1) 153-158   2010年7月
We developed a web-based time schedule system as an important feature of the university portal along with our university's long-term ICT (Information and Communication Technologies) plan. By using the system, students and professors can get their ...
Yasuo Musashi, Florent Hequet, Dennis Arturo Ludeña Romaña, Shinichiro Kubota, Kenichi Sugitani
2010 IEEE International Conference on Information and Automation, ICIA 2010   1284-1288   2010年8月
We statistically investigated the total PTR resource record (RR) based DNS query request packet traffic from the Internet to the top domain DNS server in a university campus network through January 1st to December 31st, 2009. The obtained results ...
副島 慶人, 川村 諒, 久保田 真一郎, 古川 誠一, 杉谷 賢一, ROTHHUT Elies Emile
電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信   110(199) 83-86   2010年9月
現在,屋内ではGPSによる位置情報取得が困難であるため,センサネットワークや無線LANのアクセスポイントを用いた位置情報を取得する研究が行われている.Radimらの研究において,センサネットワーク環境下で位置推定を行う場合,歩行者の影響により推定精度が向上するという結果が報告されているが,無線LAN環境において同様の研究は行われていない.そこで本研究では,熊本大学にすでに設置されたAPを利用し,PCの位置推定を行い,その推定結果に対して歩行者が及ぼす影響について検証を行った.その結果,歩行...
Masaya Kumagai, Yasuo Musashi, Dennis Arturo Ludeña Romaña, Kazuya Takemori, Shinichiro Kubota, Kenichi Sugitani
Proceedings - 3rd International Conference on Intelligent Networks and Intelligent Systems, ICINIS 2010   645-648   2010年12月
We performed statistical analysis on the total PTR resource record (RR) based DNS query packet traffic from a university campus network to the top domain DNS server through March 14th, 2009, when the network servers in the campus network were unde...

書籍等出版物

 
WebCT,学務情報システムSOSEKI,教育用PCシステムのデータ同期
2004年   
公開講座におけるオープンソースLMSの活用
情報処理教育研究集会論文集   2004年   
半導体生産におけるGAを用いた生産計画支援ツール
電気関係学会九州支部連合大会論文集   2004年   
教育用端末を用いたPCクラスタの基礎的検討
2005年   
熊本大学での全学規模のe-Learning講義と成績評価
九州地区大学一般教育研究会   2005年   

講演・口頭発表等

 
ネットワークに対応したノートシステムの開発
平成13年度電気関係学会九州支部連合大会   2001年   
SMILによる学習用VODコンテンツ作成
平成13年度電気関係学会九州支部連合大会   2001年   
2分探索木を全域的に平衡化する並列アルゴリズム
平成13年度電気関係学会九州支部連合大会   2001年   
Multicomponent Proton Spin-Spin Relaxation of Fibrin Gel with Magnetically Oriented and Randomly Oriented Fibrin Fiber Structures.
47th Annual Meeting of MMM   2002年   
Effects of Fibrin Fiber Orientation on T2 Relaxation of Fibrin Gel.
24th Annual Meeting of BEMS   2002年   

Works

 
スイッチトキャパシタ回路を用いた連想記憶回路のハードウェア化の研究
1985年 - 1986年
ファジィ論理連想記憶演算回路システムとその応用
1988年 - 1989年
スイッチト・キャパシタを用いたニューラルネット学習回路
1989年 - 1990年
OTAを用いた高速アナログ演算回路のニュ-ロ・ファジイシステムへの応用研究
1992年 - 1993年
集積化可能なスイッチトキャパシタ・ニューラルネットワーク学習回路
1992年 - 1993年