山田 雅彦

J-GLOBALへ         更新日: 07/10/16 00:00
 
アバター
研究者氏名
山田 雅彦
 
ヤマダ マサヒコ
所属
旧所属 熊本大学 大学教育機能開発総合研究センター
職名
教授
学位
文学博士(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1985年
九州大学 文学研究科 西洋史学
 
 
 - 
1980年
九州大学 文学部 史学
 

委員歴

 
2001年
   
 
九州西洋史学会  委員会委員
 
1994年
 - 
1999年
市場史研究会  事務局長
 
2003年
   
 
九州西洋史学会  理事
 

Misc

 
中世都市のトロフの発展と地域流通
西洋史学論集   22,17-36    1984年
シャンパーニュの初期年市をめぐる諸問題
西洋史学   136    1985年
西欧中世都市の起源と年市-A.ロンバールジュルダンの最近の業積をめぐって-
市場史研究   2    1986年
北フランス中世盛期の都市・農村関係に関する研究-1960年以降のフランス学界
史学雑誌   95(1)    1986年
フランドル年市初期史の再構成に向けて-研究史とヘントの事例研究-
市場史研究   6    1989年

書籍等出版物

 
13世紀初頭の流通税表に見るサンスの流通構造-シャンパーニュ大市近接地域における都市と農村
九州大学出版会   1988年   
洋書につき和文名はなし
1991年   
西欧中世史(中)-成長と飽和-(共著)
ミネルヴァ書房   1995年   
ヨーロッパの都市と市場
佐藤次高・岸本美緒編『市場の地域史(地域の世界史第9巻)』山川出版社   1999年   
中世中期フランドル伯領における魚介流通:流通税表を素材としてみたスヘルデ河流域部のニシン流通を中心に
中村勝責任編集『市と糶』中央印刷出版部   1999年   

Works

 
第31回市場史研究会共通テーマ「農村市場研究の現状と展望」問題提起と総括責任担当
1999年 - 2000年
TBS連続番組「世界遺産」1回分「ブリュッヘ歴史地区」の監修
2002年
市場史研究会誌『市場史研究』第14号〜第19号編集責任
1994年 - 1999年
西欧中世における小経営統合に関する研究:家族経営・市場・制度
1995年 - 1997年
日本中世・近世における生産力表示の系統的把握のための基礎的研究
1997年 - 1998年

競争的資金等の研究課題

 
ヨーロッパにおける通過税制度と社会的合意
中世ヨーロッパにおける都市・農村関係
中世ヨーロッパにおける国家の構造と機能
大学教育における教養教育の改革
研究期間: 2003年 - 2005年

経歴

 
1985-1986 日本学術振興会奨励研究員 1986 福岡女子短期大学非常勤講師 1988-1989 日本学術振興会特別研究員 1988-1989 九州帝京短期大学非常勤講師 1989-1992 熊本大学 専任講師 1990-1991 福岡大学商学部 非常勤講師 1992-2000 熊本大学 助教授 1993-1996 熊本短期大学 非常勤講師 1994 鹿児島大学 非常勤講師 1996-1997 熊本県立大学 非常勤講師 1997-1998 九州大学 非常勤講師 2000 大阪大学 非常勤講師