今村 隆寿

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/23 11:18
 
アバター
研究者氏名
今村 隆寿
 
イマムラ タカヒサ
所属
熊本大学
部署
大学院生命科学研究部(医)
職名
准教授
学位
医学博士(熊本大学)

経歴

 
1985年
 - 
1993年
 熊本大学 助手
 
1993年
 - 
1995年
  助手
 
1995年
 - 
1997年
  講師
 
1997年
 - 
2007年
  助教授
 
2007年
 - 
現在
 熊本大学大学院生命科学研究部(基礎系)分子病理学 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
熊本大学 医学研究科 
 
 
 - 
1979年
熊本大学 医学部 
 

委員歴

 
1999年
   
 
日本病理学会  評議員
 
2011年
   
 
日本病態プロテアーゼ学会  評議員
 
2000年
   
 
日本血栓止血学会  評議員
 
1999年
   
 
日本炎症・再生学会  評議員
 
1984年
   
 
日本生化学会  一般会員
 

受賞

 
1991年
奥窪医学奨励賞
 
1999年
熊本医学会奨励賞
 
2005年
日本病理学会学術研究賞
 

論文

 
Kariu T, Ikeda T, Nakashima K, Potempa J, Imamura T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   83(7) 1382-1384   2019年7月   [査読有り]
Yoneda M, Imamura R, Nitta H, Taniguchi K, Saito F, Kikuchi K, Ogi H, Tanaka T, Katabuchi H, Nakayama H, Imamura T
Oncology letters   17(1) 913-920   2019年1月   [査読有り]
Islam W, Fang J, Imamura T, Etrych T, Subr V, Ulbrich K, Maeda H
Molecular cancer therapeutics   17(12) 2643-2653   2018年12月   [査読有り]
Accumulation of HLA-DR4 in colonic epithelial cells causes severe colitis in homozygous HLA-DR transgenic mice.
Irie A, Imamura T, Michibata Y, Kubo T, Takeda N, Shibuya I, Sogo S, Araki K, Nishimura Y.
23 2121-2133   2017年12月   [査読有り]
Aeromonas sobria serine protease (ASP): a subtilisin family endopeptidase with multiple virulence activities.
Imamura T, Murakami Y, Nitta H
Biological Chemistry   398(10) 1055-1068   2017年10月   [査読有り]
Kariu T, Nakao R, Ikeda T, Nakashima K, Potempa J, Imamura T.
Journal of Periodontal Research   52(1) 89-96   2017年1月   [査読有り]
© 2016 John Wiley & Sons A/S.Background and Objective: Porphyromonas gingivalis is considered a major pathogen of chronic periodontitis, which also may be implicated with systemic diseases such as atherosclerosis. Secreted cysteine proteases, ging...
Hidetoshi Nitta, Takayuki Shimose, Yasunori Emi, Takahisa Imamura, Koji Ohnishi, Tetsuya Kusumoto, Manabu Yamamoto, Kengo Fukuzawa, Ikuo Takahashi, Hidefumi Higashi, Akihito Tsuji, Yoshito Akagi, Eiji Oki, Yoshihiko Maehara, Hideo Baba, Kyushu Study Group of Clinical Cancer (KSCC) ancillary study
Medical Oncology   33(11)    2016年11月
© 2016, Springer Science+Business Media New York.The C5a receptor (C5aR) expressed in various types of cancers is involved in C5a-induced cancer cell invasion. However, its role in gastric cancer has not yet been fully elucidated. Therefore, we st...
Yoshihiro Wada, Yoshihiro Maeda, Tatsuko Kubo, Ken Kikuchi, Masatoshi Eto, Takahisa Imamura
Oncology Letters   12(5) 3995-4000   2016年11月
© 2016 Spandidos Publications. All rights reserved.Patients with aggressive urothelial cell carcinoma (UCC) that undergo radical cystectomy or nephroureterectomy exhibit markedly high rates of disease recurrence and mortality. To select appropriat...
Kaida, T., Nitta, H., Kitano, Y., Yamamura, K., Arima, K., Izumi, D., Higashi, T., Kurashige, J., Imai, K., Hayashi, H., Iwatsuki, M., Ishimoto. T., Hashimoto, D., Yamashita, Y., Chikamoto, A., Imamura, T., Ishiko, T., Beppu, T., & Baba, H.
Oncotarget   7(51) 84798-84809   2016年10月   [査読有り]
Purpose: Anaphylatoxin C5α is a strong chemoattractant of the complement system that binds the C5α receptor (C5αR). The expression of C5αR is associated with poor prognosis in several cancers. However, the role of C5αR in gastric cancer (GC) is un...
Nitta, H., Shimose, T., Emi, Y., Imamura, T., Ohnishi, K., Kusumoto, T., Yamamoto. M., Fukuzawa, K., Takahashi, I., Higashi, H., Tsuji, A., Akagi, Y., Oki, E., Maehara, Y., & Baba, H.
33(118)    2016年10月   [査読有り]
Relation of anaphylatoxin C5a receptor (CD88) expression of urothelial cancer to poor prognosis of patients treated by radical cystectomy or nephronureterctomy.
Wada, Y., Maeda, Y., Kawano, Y., Kubo, T., Kikuchi, K., Eto, M.,IMAMURA Takahisa
Oncology Letters   12 3995-4000   2016年10月   [査読有り]
Imamura T, Yamamoto-Ibusuki M, Sueta A, Kubo T, Irie A, Kikuchi K, Kariu T, Iwase H
Breast cancer (Tokyo, Japan)   23(6) 885   2016年10月   [査読有り]
Tanaka T, Imamura T, Yoneda M, Irie A, Ogi H, Nagata M, Yoshida R, Fukuma D, Kawahara K, Shinohara M, Nakayama H
International journal of oncology   49(4) 1377-1384   2016年8月   [査読有り]
Maeda Y, Kawano Y, Wada Y, Yatsuda J, Motoshima T, Murakami Y, Kikuchi K, Imamura T, Eto M
Oncology reports   33(4) 1844-1850   2015年4月   [査読有り]
Kitamoto Y, Arizono K, Fukui H, Tomita K, Kitamura H, Taguma Y, Imamura T
PloS one   10(3)    2015年3月   [査読有り]
Tancharoen, S., Matsuyama, T., Kawahara, K., Tanaka, K., Lee, L-J, Machigashira, M., Noguchi, K., Ito, T., Imamura, T., Potempa, J., Kikuchi, K., & Maruyama, I.
PLOS ONE   10(2)    2015年2月
© 2015 Tancharoen et al.Background/Purpose: Lysine-specific gingipain (Kgp) is a virulence factor secreted from Porphyromonas gingivalis (P. gingivalis), a major etiological bacterium of periodontal disease. Keratin intermediate filaments maintain...
Akiyama T, Miyamoto Y, Yoshimura K, Yamada A, Takami M, Suzawa T, Hoshino M, Imamura T, Akiyama C, Yasuhara R, Mishima K, Maruyama T, Kohda C, Tanaka K, Potempa J, Yasuda H, Baba K, Kamijo R
The Journal of biological chemistry   289(22) 15621-15630   2014年5月   [査読有り]
Nitta, T., Murakami, Y., Wada, Y., Eto, M., Baba, H., and Imamura, T.
Oncology Reports   32(4) 1715-1719   2014年1月
Anaphylatoxin C5a indirectly fosters cancer cells through recruitment of myeloid-derived suppressor cells (MDS) for inhibiting antitumor CD8+ T cells and induction of neovascularization. We recently found activation of cancer cells by C5a directly...
Nakamura, H., Murakami, T., Imamura, T., Toriba, M., Chijiwa, T., Ohno, M., & Oda-Ueda, N.
Toxicon   86 107-115   2014年1月
Strong vascular permeability enhancing activity was found only in the venom of Gloydius tsushimaensis, in Tsushima island, Japan, when examined together with the venoms of G. blomhoffii snakes in several areas of Japan and of G.ussuriensis in Sout...
Takahisa Imamura
Journal of Oral Bioscience   56(3) 81-85   2014年1月
Background Staphylococcus aureus is an important oral bacterium that enters the bloodstream following dental procedures, causing bacteremia. Infectious endocarditis occurs due to the invasion of blood-borne pathogens into the endocardium. S. aureu...
凝固炎症反応と病理組織
今村隆寿
救急・集中治療   26 696-701   2014年
Nitta, H., Wada, Y., Kawano, Y., Murakami, Y., Irie, A., Taniguchi, K., Kikuchi, K., Yamada, G., Suzuki, K., Honda, J., Wilson-Morifuji, M., Araki, N., Eto, M., Baba, H., Imamura, T.
Clinical Cancer Research   19(8) 2004-2013   2013年4月
Purpose: The anaphylatoxin C5a is a chemoattractant that induces leukocyte migration via C5a receptor (C5aR). There is emerging evidence that C5a is generated in the cancer microenvironment. We therefore sought C5aR expression and a direct influen...
凝固炎症反応の病理組織
今村隆寿
Thrombosis Medicine   3(3) 48-52   2013年
Wada, Y., Uchiba, M., Kawano, Y., Kai, N., Takahashi, W., Honda, J., Tanoue, K., Maeda, Y., Murakami, Y., Eto, M., & Imamura, T.
Journal of Medical Case Reports   6(1) 378   2012年11月
Introduction. Disseminated intravascular coagulation causes thrombotic tendency leading to multiple organ failure and occurs in a wide variety of diseases including malignancy. Disseminated intravascular coagulation is a latent complication in peo...
Murakami, Y., Wada, Y., Kobayashi, H., Hasegawa, M., Okamoto, K., Eto, M., & Imamura, T.
FEBS Letters   586(20) 3613-3617   2012年10月
ASP is a serine protease secreted by Aeromonas sobria, a sepsis-causing bacterium, and induces sepsis-mimicking disorders through plasma protein cleavage. The pathogen also secretes nASP that has a nick in the carboxy-terminal region. Compared wit...
Murakami, Y., Wada, Y., Kobayashi, H., Irie, A., Hasegawa, M., Yamanaka, H., Okamoto, K., Eto, M., & Imamura, T.
Biological Chemistry   393(10) 1193-1200   2012年10月
ASP is a serine protease secreted by Aeromonas sobria. ASP cleaves various plasma proteins, which is associated with onset of sepsis complications, such as shock and blood coagulation disorder. To investigate a host defense mechanism against this ...
凝固炎症反応関連の病理学
今村隆寿
Coagulation & Inflammation   6(2) 6-14   2012年
進行性腎盂尿管癌の臨床において手術に役立つ腎盂尿管の解剖(Gerota筋膜)
和田孝浩, 今村隆寿, 高橋渡, 河野吉昭, 本多次朗, 田上憲一郎, 仲西寿朗, 谷川史城, 前田喜寛, 中村圭輔, 江藤正俊, 桑原朋広
泌尿器外科   25 667-672   2012年
今村隆寿
日本血栓止血学会誌   23(3) 268-285   2012年
Takehisa Ohbayashi, Atsushi Irie, Yoji Murakami, Magdalena Nowak, Jan Potempa, Yasuharu Nishimura, Masanori Shinohara, and Takahisa Imamura.
Microbiology   157(3) 786-792   2011年3月
Staphylococcus aureus is the most frequently isolated pathogen in Gram-positive sepsis often complicated by a blood clotting disorder, and is the leading cause of infective endocarditis induced by bacterial destruction of endocardial tissues. The ...
凝固炎症反応と病理組織. 特集:明解DICのすべて - 基礎と診療最前線 -
今村隆寿
救急・集中治療   22(11-12) 1140-1144   2010年
内場光浩, 畑裕之, 今村隆寿, 安東由喜雄
日本血栓止血学会誌   21(9) 1-15   2010年
Inomata M, Ishihara Y, Matsuyama T, Imamura T, Maruyama I, Noguchi T, Matsushita K
Journal of periodontology   80(9) 1511-1517   2009年9月   [査読有り]
Yasuhara R, Miyamoto Y, Takami M, Imamura T, Potempa J, Yoshimura K, Kamijo R
The Biochemical journal   419(1) 159-166   2009年4月   [査読有り]
Uchiba M, Imamura T, Hata H, Tatetsu H, Yonemura Y, Ueda M, Wada Y, Mitsuya H, Ando Y
Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   16(2) 89-93   2009年   [査読有り]
Kitamoto, Y., Nakamura, E., Kudo, S., Tokunaga, H., Murakami, E., Noguchi, K., Imamura, T.
Clinica Chimica Acta   358 159-160   2008年12月
Wada, Y., Takahashi, W., Latifpour, J., Weiss, R. M., Matsumoto, K., Matsui, K., Yamada, G., & Imamura, T.
Reproduction, Fertility and Development   20 750-759   2008年9月
Endothelins (ETs) have been shown to have mitogenic effects on prostate cells in vitro. To study a relationship between ETs and prostate growth, we investigated expression of ET-1 and ET-3 and their receptors ETA and ETB in the dorsolateral (DLP) ...
Nitta, H., Imamura, T., Wada, Y., Irie, A., Kobayashi, H., Okamoto, K., Baba, H.
The Journal of Immunology   181 3602-3608   2008年9月
Aeromonas sobria causes pus and edema at sites of infection. However, the mechanisms underlying these effects have not been elucidated. C5a, the amino-terminal fragment of the complement 5th component (C5), mimics these events. To investigate the ...
Imamura T, Nitta H, Wada Y, Kobayashi H, Okamoto K
FEMS microbiology letters   284(1) 35-42   2008年7月   [査読有り]
A. Uehara, T. Imamura, J. Potempa, J. Potempa, J. Travis, H. Takada
Cellular Microbiology   10 1181-1189   2008年5月
Gingipains (HRgpA, RgpB and Kgp) are cysteine proteinases and virulence factors of Porphyromonas gingivalis, the major causative bacterium of periodontal disease. To study synergistic effects of gingipains and signalling via Toll-like receptors (T...
Kitamoto, Y., Taguma, Y., Arizono, K., & Imamura, T.
The American Journal of Kidney Diseases   51(4) 710-711   2008年4月
Uehara A, Naito M, Imamura T, Potempa J, Travis J, Nakayama K, Takada H
Journal of medical microbiology   57(Pt 4) 500-507   2008年4月   [査読有り]
Nitta H, Hirota M, Ohkado A, Motomura Y, Chikamoto A, Shibata M, Takamori H, Kanemitsu K, Imamura T, Yamamoto T, Baba H
Pancreas   36(2) 218-219   2008年3月   [査読有り]
Yoshihiro Wada, Ken Kikuchi, Hiroaki Kikukawa, Takahisa Imamura
NDT Plus   1 58-59   2008年2月
Wada Y, Kikuchi K, Imamura T, Suenaga T, Matsumoto K, Kodama K
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   15(2) 144-50; discussion 150   2008年2月   [査読有り]
Hidetoshi Nitta, Hidetomo Kobayashi, Atsushi IRIE, Hideo Baba, Keinosuke Okamoto and Takahisa Imamura
FEB S Letters   581 5935-5939   2007年12月
The effect of a serine protease (ASP) secreted from Aeromonas sobria on plasma coagulation was investigated. Proteolytically active ASP promoted human plasma coagulation in a dose-dependent manner. Consistent with the preference for a factor Xa-sp...
Yasuo Yamazaki, Yuta Nakano, Takahisa Imamura, Takashi Morita.
Biochemical and Biophysical Research Communications   355 693-699   2007年4月
VEGF165 is a key regulator of angiogenesis and a potent vascular permeability factor. Using snake venom proteins as tools, we demonstrate the enhanced vascular leakage of VEGF by KDR-binding proteins. The snake venom-derived KDR-specific VEGF, vam...
Imamura, T., Kobayashi, H., Khan, R., Nitta, H., Okamoto, K.
The Journal of Immunology.   117 8723-8729   2006年12月
Aeromonas sobria causes septic shock, a condition associated with high mortality. To study the mechanism of septic shock by A. sobria infection, we examined the vascular leakage (VL) activity of A. sobria serine proteinase (ASP), a serine proteina...
T. Into, M. Inomata, M. Inomata, Y. Kanno, T. Matsuyama, M. Machigashira, Y. Izumi, T. Imamura, M. Nakashima, T. Noguchi, K. Matsushita, K. Matsushita
Clinical and Experimental Immunology   145 545-554   2006年9月
Chronic periodontitis is correlated with Porphyromonas gingivalis infection. In this study, we found that the expression of secretory leucocyte protease inhibitor (SLPI), an endogenous inhibitor for neutrophil-derived proteases, was reduced in gin...
Matsushita K, Imamura T, Tancharoen S, Tatsuyama S, Tomikawa M, Travis J, Potempa J, Torii M, Maruyama I
Journal of periodontal research   41(3) 171-176   2006年6月   [査読有り]
Matsushita K, Imamura T, Tomikawa M, Tancharoen S, Tatsuyama S, Maruyama I
Journal of periodontal research   41(2) 148-156   2006年4月   [査読有り]
Lai ZF, Imamura T, Koike N and Kitamoto Y.
The Journal of Biomedical Materials Research A   76(1) 81-85   2006年1月
Urokinase and plasmin appear to have antiinflammatory activity in some injury models, and urokinase immobilization has been clinically used to prevent thrombus formation in various implants, including intravenous in-dwelling catheters and subcutan...
Arginine-specific gingipains from Porphyromonas gingivalis stimulate production of hepatocyte growth factor (scatter factor) through protease-activated receptors in human gingival fibroblasts in culture.
Uehara A, Muramoto K, Imamura T, Nakayama K, Potempa J, Travis J, Sugawara S, Takada H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   175(9) 6076-6084   2005年11月   [査読有り]
Imamura, T., Tanase, S., Szmyd, G., Kozik, A., Travis, J., Potempa, J.
The Journal of Experimental Medicine.   201(10) 1669-1676   2005年5月
Staphylococcus aureus is a major pathogen of gram-positive septic shock and frequently is associated with consumption of plasma kininogen. We examined the vascular leakage (VL) activity of two cysteine proteinases that are secreted by S. aureus. P...
Neuropeptide release from dental pulp cells by RgpB via proteinase-activated receptor-2 signaling.
Tancharoen S, Sarker KP, Imamura T, Biswas KK, Matsushita K, Tatsuyama S, Travis J, Potempa J, Torii M, Maruyama I
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   174(9) 5796-5804   2005年5月   [査読有り]
[Alpha1-proteinase inhibitor: structure and functions].
Imamura T, Maeda H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   63 Suppl 4 81-87   2005年4月   [査読有り]
[Alpha1-acid glycoprotein: structure and functions].
Maeda H, Imamura T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   63 Suppl 4 88-92   2005年4月   [査読有り]
Imamura, T., Potempa, J., Travis, J.
Biological Chemistry   385(11) 389-396   2004年11月
Kinins are released from kininogens through the activation of the Hageman factor-prekallikrein system or by tissue kallikrein. These peptides exert various biological activities, such as vascular permeability increase, smooth muscle contraction, p...
Miyamoto, K., Kitamoto, Y., Tokunaga, H., Takeya, M., Ezaki, T., Imamura, T., & Tomita, K.
Laboratory Investigation   84(5) 1126-1136   2004年9月
Vascular endothelial growth factor/vascular permeability factor (VEGF/VPF) promotes the repair of injured vessels by stimulating angiogenesis. VEGF/VPF reportedly has cytoprotective activity but no study has shown the protective effect of VEGF/VPF...
[Tissue factor expression at the site of inflammation: a cross-talk between inflammation and the blood coagulation system].
Imamura T
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   52(4) 342-349   2004年4月   [査読有り]
[Evaluation of thrombin in urine as a real-time indicator of clotting activation in glomerulonephritis].
Kitamoto Y, Imamura T, Fukui H, Koga S, Tomita K
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   52(4) 350-354   2004年4月   [査読有り]
Kitamoto Y, Tomita K, Imamura T
Annals of clinical biochemistry   41(Pt 2) 133-137   2004年3月   [査読有り]
Nakamura, S, Imamura, T, Okamoto, K.
The Journal of Thrombosis and Haemostasis   2(2) 214-217   2004年2月
尿中トロンビン測定によるその病態生理学的意義の解明.
北本康則, 今村隆寿, 福井博義, 古賀震, 冨田公夫
臨床病理   52 350-354   2004年
炎症の場での組織因子発現-炎症と血液凝固反応のクロストーク
今村隆寿
臨床病理   52 342-349   2004年
今村隆寿
日本集中治療医学会雑誌   11 9-19   2004年
Potempa, J., Sroka, A., Imamura, T., Travis, J.
Current Protein & Peptide Science   4 397-407   2004年
Imamura, T., Travis, J. Potempa, J.
Current Protein & Peptide Science   4 443-450   2003年12月
Gingipains are trypsin-like cysteine proteinases produced by Porphyromonas gingivalis, a major causative bacterium of adult periodontitis. Rgps (HRgpA and RgpB) and Kgp are specific for -Arg-Xaa- and -Lys-Xaa- peptide bonds, respectively. HRgpA an...
Imamura, T., Kitamoto, Y.
American Journal of Physiology   285 G1235-1241   2003年12月
Enteropeptidase (EP) is a serine proteinase and activates trypsinogen to trypsin, thus playing an important role in food digestion. Nevertheless, the localization of EP is still controversial, likely due to a lack of studies using specific antibod...
Potempa J, Sroka A, Imamura T, Travis J
Current protein & peptide science   4(6) 397-407   2003年12月   [査読有り]
Tada, H., Sugawara, S., Nemoto, E., Imamura, T., Potempa, J., Travis, J., Shimauchi, H., Takada, H.
Journal of Dental Research   82 792-801   2003年10月
Cysteine proteinases (gingipains) from Porphyromonas gingivalis are considered key virulence factors of severe periodontitis and host immune evasion. Since expression of intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) on gingival epithelium is indispen...
Dulinski R, Suder P, Guevara-Lora I, Rapała-Kozik M, Potempa J, Silberring J, Imamura T, Travis J, Kozik A
Biological chemistry   384(6) 929-937   2003年6月   [査読有り]
Suthin K, Matsushita K, Machigashira M, Tatsuyama S, Imamura T, Torii M, Izumi Y
Journal of periodontal research   38(1) 90-96   2003年2月   [査読有り]
Imamura T
Journal of periodontology   74(1) 111-118   2003年1月   [査読有り]
歯周病菌Porphyromonas gingivalisトリプシン様システインプロテアーゼGingipainsの構造と病理作用.
今村隆寿
日本嫌気性菌感染症研究   33 8-17   2003年
Y. Kitamura, M. Yoneda, M. Yoneda, T. Imamura, S. Matono, Y. Aida, T. Hirofuji, K. Maeda
Journal of Periodontal Research   37 464-468   2002年12月
Porphyromonas gingivalis has been shown to attack host defense systems through proteolytic cleavage of a wide variety of members of the systems. In this study, we examined the ability of P. gingivalis culture supernatant to alter the expression of...
Imamura, T., Kaneda, H., Nakamura, S.
Laboratory Investigation   82(10) 1287-1295   2002年10月
The products of the blood clotting reaction, eg, thrombin and fibrinopeptides, have various proinflammatory activities and are suggested to modulate inflammation. The macrophage expression of tissue factor (TF), the clotting initiator, has been sh...
Hirano M, Nakamura S, Mitsunaga F, Okada M, Shimuzu K, Imamura T
The journal of gene medicine   4(5) 560-566   2002年9月   [査読有り]
Imamura T, Sugiyama T, Cuevas LE, Makunde R, Nakamura S
The Journal of infectious diseases   186(3) 436-440   2002年8月   [査読有り]
IImamura, T., Tanase, S., Hayashi, I., Potempa, J., Kozik, A., Travis, J.
Biochemical and Biophysical Research Communication   294(423) 428-428   2002年7月
Stimulated neutrophils produced vascular permeability enhancing (VPE) activity in the presence of high molecular weight kininogen (HMWK), which was inhibited mainly by a neutrophil elastase (NE) inhibitor or a bradykinin (BK) B2-receptor antagonis...
Tada H, Sugawara S, Nemoto E, Takahashi N, Imamura T, Potempa J, Travis J, Shimauchi H, Takada H
Infection and immunity   70(6) 3304-3307   2002年6月   [査読有り]
歯周病原因菌Porphyromonas gingivalisトリプシン様システインプロテアーゼ(ジンジパイン)と炎症.
今村隆寿
炎症と免疫   10 239-246   2002年
Imamura, T., Sugiyama, T., Cuevas, L. E., Makunde, R., Nakamura, S.
The Journal of Infectious Diseases   186 436-440   2002年
Imamura, T., Matsushita, K., Travis, J., and Potempa, J.
Antimicrobial Agents and Chemotherapy   45(10) 2871-2876   2001年10月
Extracellular cysteine proteinases, referred to as gingipains, are considered important virulence factors for Porphyromonas gingivalis, a bacterium recognized as a major etiologic agent of chronic periodontitis. We investigated the effect of tetra...
Imamura, T., Banbula, A., Pereira, P. J. B., Travis, J., and Potempa, J.
The Journal of Biological Chemistry   276(22) 18984-18991   2001年6月
The effect of 95- (HRgpA) and 50-kDa gingipain R (RgpB), arginine-specific cysteine proteinases from periodontopathogenic bacterium Porphyromonas gingivalis on human prothrombin activation was investigated. Each enzyme released thrombin from proth...
T. Imamura, S. Tanase, T. Hamamoto, J. Potempa, J. Travis
Biochemical Journal   353 325-331   2001年1月
The effect of two arginine-specific cysteine proteinases (gingipains R) from Porphyromonas gingivalis, an aetiological factor of adult periodontitis, on the activation of human factor IX was investigated in the presence of ethylene glycol, an acti...
霊長類胎盤構造の特徴:遺伝子治療薬剤の胎盤通過の視点から.
光永総子, 平野真, 清水慶子, 今村隆寿, 中村伸
霊長類研究   17 51-61   2001年
Imamura, T., Potempa, J., Travis, J.
Microbial Pathogenesis   29 155-163   2000年10月
Two major arginine-specific cysteine proteinases (gingipains R) from Porphyromonas gingivalis have been compared with regard to their potential participation in the pathology of periodontal disease. Both the high and low molecular mass forms, HRgp...
Sugawara, S., Nemoto, E., Tada, H., Miyake, K., Imamura, T., Takada, H.
The Journal of Immunology   165 411-411   2000年7月
Cysteine proteinases (gingipains) elaborated from Porphyromonas gingivalis exhibit enzymatic activities against a broad range of host proteins and are considered key virulence factors in the onset and development of adult periodontitis and host de...
歯周病原因菌Porphyromonas gingivalisトリプシン様システインプロテアーゼ(gingipains)の構造と病原作用.
今村隆寿
生化学   72 539-543   2000年
血漿プレカリクレインの新しい活性化機構. 特集:カリクレイン・キニン系の最近の進歩.
今村隆寿
血管と内皮   10 19-25   2000年
Hosotaki, K., Imamura, T., Potempa, J., Kitamura, N., Travis, J.
Biological Chemistry   380 75-75   1999年1月
In order to determine the effect of bacterial proteinases on activation of the protein C system, a negative regulator of blood coagulation, two arginine-specific cysteine proteinases (gingipains R) from Porphyromonas gingivalis, a causative bacter...
アレルギ−性炎症および細菌感染症における蛋白質分解酵素の病原作用とその機序
今村隆寿
熊本医学会誌   73 118-122   1999年
炎症と血液凝固
今村隆寿
血液アゴラ   6 9-20   1999年
Kozik, A., Moore, R. B., Potempa, J., Imamura, T., Rapala-Kozik, M., Travis, J.
The Journal of Biological Chemistry   273(50) 33224-33224   1998年12月
Coprocessing of kininogens by a mixture of human mast cell tryptase and neutrophil elastase was explored as a potential substitute for the kallikrein-dependent pathway for kinin generation during inflammation. Tryptase easily excised bradykinin fr...
Y. Kitamoto, T. Imamura, H. Fukui, K. Tomita
Kidney International   54 1767-1768   1998年11月

Misc

 
【徹底ガイド DICのすべて 2019-20】 (IV章)病態生理と病理 凝固反応と感染・炎症・免疫
今村 隆寿
救急・集中治療   30(臨増) 123-128   2018年11月
<point>▼炎症部では凝固反応が起こっており、その結果フィブリン沈着がみられる。▼炎症部に浸潤した好中球やマクロファージが発現する組織因子が、血管外に漏出した血漿(滲出液)中の凝固因子の活性化反応を誘導して凝固が起こる。▼炎症・免疫反応による凝固反応の誘導だけでなく、凝固反応、特にトロンビンに炎症・免疫反応の修飾作用があり、両者には相互作用が存在する。▼尿トロンビンは、急速進行性糸球体腎炎の診断・治療効果判定・スクリーニングに有用である。▼炎症部では、マクロファージや線維芽細胞などが産...
T. Imamura, T. Kambara
Advances in experimental medicine and biology   247 B 67-72   1989年12月
Kallikrein inhibitor in plasma (KIP) was purified, and the share in the kallikrein inhibitory capacity of guinea pig plasma was estimated by depletion of the inhibitory activity of KIP with anti-KIP IgG. And KIP was characterized the inhibitory ac...

書籍等出版物

 
Microbial protases: Relevance to the inflammatory response.In: Proteases and their receptors in inflammation
Springer   2011年   
α1-酸性糖蛋白質:構造と機能.
日本臨床社、臨床免疫   2005年   
α1-プロテアーゼインヒビター:構造と機能.
日本臨床社、臨床免疫   2005年   
組織因子(tissue factor, CD142)の基礎と臨床:TFのゲノム特性および好中球TF.
中外医学社、図解血栓・止血・血液学-21世紀の国民病・血栓症制圧のために.   2005年   
組織因子(CD142)と炎症.
臨床病理レビュー:DIC 診断・治療に対する戦略的プロジェクト - 診断基準の改訂、および最新の検査と治療-   2004年   
組織因子(CD142). 臨時増刊号 虚血性心疾患と臨床検査.
Medical Technology   2004年   
組織因子(CD142)と炎症. DIC 診断・治療に対する戦略的プロジェクト
臨床病理レビュー   2004年   
Gingipain R.in Handbook of Proteolytic Enzymes, 2nd edition
Elsevier Academic Press   2004年   
歯周病原因菌Porphyromonas gingivalisの蛋白質分解酵素ジンジパインの構造と
先端医療技術研究所出版   2000年   
The major plasma kallikrein inhibitor in guinea pig plasma with contrapsin-like nature.
Plenum Publishing   1987年   
Movement of plasma proteins in delayed hypersensitivity skin sites.
Excepta Medica   1987年   

講演・口頭発表等

 
前立腺癌におけるC5a-C5a受容体系の機能解明
今村隆二, 今村隆寿、北川さき, 米田雅一, 神波大巳
第28回泌尿器分子細胞研究会   2019年2月23日   
Prostate cancer promotion via the C5a-C5a receptor system.
今村隆二, 今村隆寿, 北川さき, 米田雅一, 神波大巳
35th Japan-Korea Urological Congress   2018年12月7日   
前立腺癌進行におけるC5a-C5a受容体系.
今村隆二, 米田雅一, 神波大巳, 今村隆寿
第77回日本癌学会学術総会   2018年9月28日   
C5a-C5a受容体系は癌促進に関連し治療標的となる可能性がある.
今村隆寿、米田雅一, 今村隆二, 新田英利
第77回日本癌学会学術総会   2018年9月27日   
内因性C5aによる癌浸潤亢進と癌C5a受容体発現の臨床的関連性.
今村隆寿、今村隆二, 米田雅一
第107回日本病理学会総会   2018年6月22日   
高感度ELISAによる微量尿トロンビンの検出.
北本康則, 小林剛. 今村隆寿, 田熊淑男
第61回日本腎臓学会学術総会   2018年6月8日   
アンギオポエチンライク4の発現は口腔扁平上皮癌の予後マーカーとなりうる.
田中拓也, 尾木秀直, 吉田遼司, 廣末晃之, 福間大喜, 川原健太, 松岡裕一郎, 坂田純基, 有田英生, 中嶋光, 今村隆寿, 中山秀樹
第76回日本癌学会学術総会   2017年9月30日   
癌促進におけるC5a-C5a受容体系:マウスと臨床病理学的データを使った研究.
今村隆寿, 米田雅一, 今村隆二, 中山秀樹
第76回日本癌学会学術総会   2017年9月29日   
糖尿病性腎症早期の患者尿トロンビン濃度測定による糸球体炎症の評価.
北本康則,今村隆寿,田熊淑男,有薗健二,北村洋, 小林剛, 田熊淑男
第60回日本腎臓学会学術総会   2017年5月27日   
C5aの癌転移促進と内因性C5aによる同種浸潤亢進
米田雅一, 中山秀樹, 今村 隆寿
第106回日本病理学会総会   2017年4月28日   
Endoplasmic reticulum causes ulcerative colitis-like severe colitis in the homozygotes of HLA-DR4 transgenic mice.
Irie. A., Michibata, Y., Kubo, T., Imamura, T., Takeda, N., Araki, K., Shibuya, I., Sogo, S., & Nishimura, Y.
第45回日本免疫学会学術集会   2016年12月24日   
大腸上皮細胞の小胞体ストレスがHLA-DR4トランスジェニックマウスのホモ接合体に発症する大腸炎の病因である.
入江 厚、今村 隆寿、道端 弥生、久保 多津子、竹田 直樹、澁谷 功、十河 真司、荒木 喜美、西村 泰治
第25回日本組織適合性学会大会   2016年10月23日   
C5a-C5a受容体は癌転移を促進し、癌微小環境C5aは癌浸潤を亢進する.
今村隆寿, 米田雅一, 河野吉昭, 中山秀樹
第75回日本癌学会学術総会   2016年10月7日   
糖尿病性腎症進行期におけるトロンビン尿増加は糸球体炎症の腎傷害進行への関与を示唆する.
北本康則, 今村 隆寿, 北村洋, 田熊淑男, 有薗健二
第59回日本腎臓学会学術総会   2016年6月19日   
尿上皮癌アナフィラトキシンC5a受容体発現は根治手術後患者の予後不良を示唆する.
今村 隆寿, 前田喜寛, 和田孝浩
第105回日本病理学会総会   2016年5月14日   
Aberrant accumulation of HLA-DR and reduced mucin production in colonic epithelial cells of HLA-DR4 transgenic mice and ulcerative colitis patients.
Irie. A., Imamura, T., Michibata, Y., Kubo, T., Takeda, N., Shibuya, I., Sogo, S., Araki, K., & Nishimura, Y.
16th International Congress of Immunology   2016年4月23日   
前立腺癌細胞におけるWnt/β-catenin-Survivin axis の生物学的意義.
河野吉昭, 中田小百合, 入江 厚, 元島崇信, 前田喜寛, 鹿瀬島裕, 今村隆寿, Robert Kypta, 江藤正俊
第74回日本癌学会学術総会   2015年10月10日   
C5a受容体は根治手術を受けた侵襲性尿上皮癌患者の補助療法の必要性を示唆する.
今村隆寿, 和田孝浩, 前田喜寛, 江藤正俊
第74回日本癌学会学術総会   2015年10月9日   
大腸上皮細胞の小胞体ストレスがHLA-DR4トランスジェニックマウスのホモ接合体に発症する大腸炎の原因である.
入江厚,道端弥生, 久保多津子, 今村隆寿, 竹田直樹, 荒木喜美, 江藤正俊, 渋谷功, 十河真司, 西村泰治
第24回日本組織適合性学会大会   2015年9月11日   
癌治療標的標的分子の探索-C5a受容体とプロテアーゼ.
米田雅一, 中山秀樹, 岩瀬弘敬, 今村隆寿
日本プロテオーム学会2015年会JHUPO第13回大会   2015年7月24日   
糸球体腎炎における尿トロンビン濃度と血漿thrombin-antithrombin複合体濃度の乖離.
北本康則, 有薗健二, 今村隆寿, 北村洋, 菅井久子, 田熊淑男
第58回日本腎臓学会学術総会   2015年6月6日   
乳癌アナフィラトキシンC5a受容体発現と癌進展・患者低生存率との関係.
今村隆寿,指宿睦子, 末田愛子, 岩瀬弘敬
第104回日本病理学会総会   2015年5月1日   
病理組織にみる血液凝固反応と炎症・免疫反応のクロストーク. [招待有り]
今村隆寿
急性期管理血漿分画フォーラム in Nagoya   2015年3月14日   
Wnt/β-catenin signaling pathway is a potential target for castrate-resistant prostate cancer therapy.
第73回日本癌学会学術総会   2014年   
Positive-relation of breast cancer cell anaphylatoxin C5a-receptor expression to cancer progression.
第73回日本癌学会学術総会   2014年   
副腎皮質ステロイドによる糸球体腎炎治療効果の尿トロンビン測定によるモニタリング.
第36回日本血栓止血学会学術集会   2014年   
胃癌細胞アナフィラトキシンC5a受容体発現と癌進展との関係.
第103回日本病理学会総会   2014年   
Anaphylatoxin C5a release by cancer cell membrane serine protease: Cancer cell auto-activation via C5a-receptor and formation of the microenvironment favorable for cancer progression.
4th International Symposium on Carcinogenic Spiral.   2014年   
Novel HLA-DR4 transgenic mice that spontaneously develop colitis with serious defects in lymphoid organs.
第42回日本免疫学会学術集会   2013年   
Frequent expression of C5aR in metastatic renal cell carcinoma (mRCC) and the biological role of C5a-C5aR system in mRCC.
第72回日本癌学会学術総会   2013年   
Anaphylatoxin C5a activities favorable for cancer progression.
第72回日本癌学会学術総会   2013年   
細菌プロテアーゼ:多才な病原因子.
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会   2013年   
リンパ組織の重症不全と炎症性大腸炎を自然発症するHLA-DR4トランスジェニックマウスの解析.
第22回日本組織適合性学会大会   2013年   
Novel HLA-DR transgenic mice that spontaneously develop colitis with serious defects in lymphoid organs.
15th International Congress of Immunology.   2013年   
去勢不応型前立腺癌特異的プロテアーゼの探索.
第102回日本病理学会総会   2013年   
Novel HLA-DR transgenic mice that spontaneously develop colitis with serious defects in lymphoid organs.
6th International workshop of Kyoto T Cell Conference.   2013年   
転移性腎細胞癌におけるC5a受容体の発現および生物学的意義について.
第22回泌尿器分子・細胞研究会   2013年   
Urine of AKI patients promotes metanephrotic cell growth and recovery of renal function after ischemic-reperfusion injury in mouse.
52th Annual Meeting of The American Society for Cell Biology.   2012年   
Anaphylatoxin C5a enhances human cancer cell motility and invasiveness via aberrantly expressed C5a-receptor (CD88).
52th Annual Meeting of The American Society for Cell Biology.   2012年   
AKI患者尿中の腎傷害回復促進活性.
第59回日本臨床検査医学会学術集会   2012年   
黄色ブドウ球菌プロテアーゼ・スタホパインのフィブリノゲンとコラーゲン分解作用.
第57回日本口腔外科学会総会・学術大会   2012年   
Frequent expression of C5aR in metastatic renal cell carcinoma.
32th SIU Congress 2012   2012年   
Aberrant expression of C5aR in metastatic renal cell carcinoma.
The 29th Japan-Korea Urological Congress   2012年   
血漿中での細菌プロテアーゼ-α2-マクログロブリン複合体形成の測定.- Fluorescence Correlation Spectroscopy (FCS) -
第17回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会   2012年   
AKI患者尿中の腎傷害回復促進活性―胎仔腎器官培養と動物モデルを用いた解析.
第55回日本腎臓学会学術総会   2012年   
Aberrant expression C5aR in metastatic renal cell carcinoma.
107th American Urological Association (AUA) Annual Meeting   2012年   
Enhancement of human cancer cell migration and invasion by anaphylatoxin C5a via aberrantly expressed C5a-receptor.
Digestive Disease Week (DDW)   2012年   
癌細胞のアナフィラトキシンC5a受容体発現とC5aによる癌細胞運動性活性化および浸潤亢進
第101回日本病理学会総会   2012年   
Degradation of fibrinogen and collagen by staphopains: Implications in impaired plasma clotting and tissue destruction caused by Staphylococcus aureus infection.
7th International Symposium of Proteolysis   2011年   
電気化学的歯周病関連酵素ジンジパインの検出:新しい歯周病診断法
日本分析化学会第60年会   2011年   

Works

 
健康管理及び食品管理のための酵素活性検出システム技術の開発
2004年 - 2005年
疾患の原因となる酵素のセンシング技術の開発
2008年 - 2009年
タンパク質分解酵素センシング技術のがん診断への可能性検証
2007年 - 2008年
拠点形成研究B「プロテオミクスを基盤とした病態システムズバイオロジー教育研究拠 点の構築」
2011年 - 2014年
遅延型アレルギー反応におけるマクロファージ酵素と抑制物質との相関に関する研究
1986年 - 1987年

競争的資金等の研究課題

 
口腔癌におけるC5a-C5a受容体系の癌促進作用解析と標的治療への応用
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 尾木 秀直
口腔癌におけるANGPLT4の機能解析と治療標的としての評価
学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 田中 拓也
癌促進C5a-C5a受容体系の臨床を含めた総合的解析および癌標的治療法への応用
日本学術振興会: 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 今村 隆寿
プレニル化フラボノイドの新規歯周病治療薬としての有効性評価
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 狩生 徹
がんに関する研究
ファイザー: ファイザーアカデミックコントリビュション
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 今村 隆寿
がんに関する研究
ファイザー: ファイザーアカデミックコントリビュション
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 今村 隆寿
CRISPR/Cas9系を用いた大腸炎自然発症マウスの原因遺伝子領域の同定と解析
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 入江 厚
がんに関する研究
ファイザー: ファイザーアカデミックコントリビュション
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 今村 隆寿
癌微小環境因子としてのC5aの癌促進解析とC5a-C5a受容体標的治療法の確立
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 今村 隆寿
次世代シーケンサーを用いた高悪性度乳がんを引き起こす新規体細胞変異の探索
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 狩生 徹
がんに関する研究
ファイザー: ファイザーアカデミックコントリブーション
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 今村 隆寿
がんに関する研究
ファイザー: ファイザーアカデミックコントリビュション
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 今村 隆寿
ホルモン不応性前立腺癌特異的分泌プロテアーゼの生成・同定と癌治療への応用
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 和田 孝浩
放射能標識とプロテオミクスによる白血球細胞表面のジンジパイン標的分子の解析
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 大林 武久
細菌プロテアーゼの病原性に関する研究
ファイザー: ファイザーアカデミックコントリビュション
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 今村 隆寿
癌プロテアーゼのアナフィラトキシンC5a産生による癌自己活性化経路解析と治療応用
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 今村 隆寿
疾患関連酵素の蛍光性基質による検出システムの開発
(有)ペプチドサポート: 産学連携委託事業
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 今村 隆寿
細菌プロテアーゼ抑制を基盤としたグラム陽性菌敗血症治療法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 今村 隆寿
タンパク質分解酵素センシング技術のがん診断への可能性検証
福岡県産業・科学技術振興財団: 福岡県産業•科学技術振興財団委託事業
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 今村 隆寿
腎癌患者の予後予測のモノグラム作製とインターフェロン療法の研究
大塚製薬: 奨学寄付金
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 今村 隆寿
腎癌患者の予後予測のモノグラム作製とインターフェロン療法の研究
アストラゼネカ: 奨学寄付金
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 今村 隆寿
健康管理及び食品管理のための酵素活性検出システム技術の開発
(財)新機能素子研究開発協会: 地域新生コンソーシアム研究開発事業
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 西野憲和
ブドウ球菌プロテアーゼ病理作用解析を基盤とした感染症病態機序の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 今村 隆寿
ハブ毒阻害因子応用開発研究
国土交通省: 奄美群島振興開発 事業
研究期間: 1999年4月 - 2006年3月
Aeromonas sobriaセリンプロテアーゼの病理作用の研究
共同研究
研究期間: 2005年   
カフ付カテーテル長期埋植におけるウロキナーゼ固定化の効果の研究
ユニチカ: ユニチカ医学研究助成金
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 北本 康則
腎疾患マーカーとしての尿中プロテアーゼ活性の研究
官民連携共同研究
研究期間: 2004年   
歯周病菌プロテアーゼの細胞機能修飾作用・解析を基盤とした炎症慢性化の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 今村 隆寿
黄色ブドウ球菌システインプロテイナーゼの病理作用の研究
国際共同研究
研究期間: 2003年   
プロテアーゼカスケード制御を基盤とした新規歯周病治療法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 松下 健二
好中球エラスターゼ産生血管透過性亢進因子の同定とその作用機序に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 今村 隆寿
サルモデルにおけるベクターの安全性・有効性評価実験系の開発
厚生労働省: ヒトゲノム・再生医学等研究事業
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 中村 伸
歯周囲炎治療薬としてのDX-9065aの研究
第一製薬: 第一製薬 医学研究助成金
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 今村 隆寿
肥満細胞放出蛋白質分解酵素トリプターゼとキマーゼの起炎作用の研究
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 今村 隆寿
細菌性プロテアーゼによる血液凝固誘導作用の研究
バイオダイナミックス研究所: バイオダイナミックス研究 振興会研究助成金
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月    代表者: 今村 隆寿
花粉中のヒスタミン放出因子の精製およびその作用機序の研究
バイオダイナミックス研究所: バイオダイナミックス研究 振興会研究助成金
研究期間: 1996年4月 - 1997年3月    代表者: 今村 隆寿
花粉中のヒスタミン放出因子の研究
バイオダイナミックス研究所: バイオダイナミックス研究 振興会研究助成金
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月    代表者: 今村 隆寿
延型過敏反応発現におけるマクロファージ由来凝固因子の機能と役割
熊本大学医学部: 奥窪基金
研究期間: 1991年4月 - 1993年3月    代表者: 今村 隆寿
歯周病原因菌Porphyromonas gingivalisプロテアーゼの病原作用解析による歯周病病態解明と治療法への応用
国際共同研究
研究期間: 1993年   
遅延型過敏反応におけるマクロファージ由来凝固・線溶系酵素と内因性抑制物質の機能の研究
文部科学省: 科学研究費補助金 奨励研究(A)
研究期間: 1991年4月 - 1992年3月    代表者: 今村 隆寿
遅延型過敏反応におけるマクロファージ酵素と内因性抑制物質との相関に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 奨励研究(A)
研究期間: 1990年4月 - 1991年3月    代表者: 今村 隆寿
遅延型過敏反応におけるマクロファージ酵素と内因性抑制物質との相関に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 奨励研究(A)
研究期間: 1989年4月 - 1990年3月    代表者: 今村 隆寿
遅延型過敏反応におけるマクロファージ酵素の起炎作用に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 奨励研究(A)
研究期間: 1998年4月 - 1988年3月    代表者: 今村 隆寿
遅延型過敏反応におけるマクロファージ酵素の役割に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 奨励研究(A)
研究期間: 1987年4月 - 1988年3月    代表者: 今村 隆寿
遅延型過敏反応におけるマクロファージ由来酵素に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 奨励研究(A)
研究期間: 1986年4月 - 1987年3月    代表者: 今村 隆寿

特許

 
腎臓・泌尿器疾患の診断方法
5481662