足立 泰二

J-GLOBALへ         更新日: 08/01/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
足立 泰二
 
アダチ タイジ
所属
旧所属 大阪府立大学 農学生命科学研究科 農学環境科学専攻
職名
教授,名誉教授(宮崎大学)
学位
農学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1964年
 - 
1966年
京都大学農学部 助手
 
1966年
 - 
1972年
宮崎大学農学部 助手
 
1973年
 - 
1985年
宮崎大学農学部 助教授
 
1985年
 - 
1999年
宮崎大学農学部 教授
 
1999年
   
 
- 大阪府立大学大学院 教授
 

学歴

 
 
 - 
1964年
京都大学 農学部 農学科
 

委員歴

 
1980年
 - 
1995年
日本育種学会  幹事(シンポジウム委員・委員長)
 
1980年
   
 
Fagopyrum(国際ソバ学会誌)  編集委員
 
1998年
   
 
日本植物細胞分子生物学会  評議員
 
1993年
 - 
1995年
日本遺伝学会  評議員
 
1997年
   
 
SABRAO(アジア太洋州育種学会)  理事
 

受賞

 
1987年
ユーゴスラビア遺伝学会名誉会員
 
1998年
宮崎県文化賞
 

Misc

 
バヒアグラスのエンブリオジェニックカルスと細胞懸濁培養からの植物体再生
90,73-80    1993年
夏季条件下でのソバの生殖崩壊
109,304-312    1992年
種間交雑で得られたホモスタイル型自殖性ソバ系統と自家不和合性反応
近畿作物育種研究   46 17-19
Efficient regeneration from hypocotyls cultures of betalain for ming plaut, Portulaca sp, cv, 'Jeuel' Stmulatory ettect of thiol a guron
Plant Biotechnolgy   19(1) 57-61   2001年
CHEN L, OKABE R, GUAN L, ADACHI T
Plant Biotechnolog   19(1) 63-68   2002年

書籍等出版物

 
植物色素
養賢堂   1980年   
植物育種学概説
講談社サイエンティフィク   1987年   
植物の発生学
講談社サイエンティフィク   1995年   
植物色素研究法
大阪公立大学共同出版会   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
植物のバイオテクノロジー的手法を用いた育種障害の克服。
生物工学的手法を用いたソバの資源向上策
植物色素の生合成過程に働く遺伝子解析