藤井 教公

J-GLOBALへ         更新日: 11/03/29 00:00
 
アバター
研究者氏名
藤井 教公
 
フジイ キョウコウ
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科 思想文化学専攻 宗教学インド哲学講座
職名
教授
学位
文学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1993年
 常葉学園浜松大学助教授(経営情報学部) 助教授
 
1993年
 - 
1996年
 同大学教授 教授
 
1996年
 - 
2000年
 北海道大学文学部教授(文化価値論講座) 教授
 
2000年
   
 
- 北海道大学大学院文学研究科 教授
 
2000年
   
 
- 北海道大学大学院文学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
東京大学 人文科学研究科 印度哲学専攻
 
 
 - 
1983年
東京大学 人文科学研究科 印度哲学専攻博士課程単位取得満期
 
 
 - 
1975年
東京大学 文学部 印度哲学科
 

委員歴

 
1995年
   
 
日本印度学仏教学会  理事・評議員
 
2008年
   
 
日本印度学仏教学会  企画編集委員会委員長
 
1995年
   
 
日本仏教学会  理事
 
2009年
   
 
仏教思想学会  理事
 
1995年
   
 
北海道印度哲学仏教学会  常任理事
 

受賞

 
1989年
日本印度学仏教学会第31回学会賞
 

Misc

 
『聖徳太子事典』
柏書房      1997年
「天台智顗と『金光明経』」
『東洋の思想と宗教』   (12) 40-57   1995年
「近世初期における神儒仏三教の交渉」
『総合研究 近世における精神生活』   589-623   1996年
「『妙法蓮華経』 における仏種」
『勝呂信静博士古希記念論文集』   327-346   1996年
「天台智顗と 『勝鬘経』 」
『今西順吉教授還暦記念論集 インド思想と仏教文化』   411-422   1996年

書籍等出版物

 
『法華経』上
大蔵出版   1988年   
『聖徳太子・鑑真』(大乗仏典・中国・日本編16
中央公論社   1990年   
『法華経』下
大蔵出版   1992年   
藤井教公『文明の未來、その扉を開く』第9章<統合学術国際研究所編>
晃洋書房   2003年   
現代語訳 妙法蓮華經
アルヒーフ   2010年   

Works

 
「中国・日本仏教における仏性思想の受容と変容」
2005年
大乗『涅槃経』を中心とした仏教の平等思想と差別思想の起源と変遷の研究
1997年 - 1999年
仏教移入が及ぼした東アジアにおける世界観・人間観への影響の研究
2001年 - 2004年
東アジア文化圏における宗教的対立と融和に関する研究
2005年

競争的資金等の研究課題

 
中国如来蔵思想史研究、とくに天台智顗における如来蔵思想の形成とその位置づけ
研究期間: 1982年