安孫子 誠也

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/09 16:22
 
アバター
研究者氏名
安孫子 誠也
 
アビコ セイヤ
URL
http://www.abiko-seiya.sakura.ne.jp/index.html
所属
聖隷クリストファー大学
職名
名誉教授
学位
理学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
現在
 聖隷クリストファー大学名誉教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
東京大学 理学研究科 相関理化学
 
 
 - 
1964年
東京大学 理学部 物理学科物理学コース
 

委員歴

 
1992年
 - 
1994年
学生部長
 
2000年
 - 
2004年
図書館長
 

論文

 
プランク共鳴子は原子・分子による光吸収・放出機構のモデル化である
安孫子 誠也
科学史研究   52(265) 5-9   2013年3月   [査読有り]
石原純の前期量子論史における位置づけ―ボーズ統計、ド・ブロイ位相波、アインシュタイン量子条件に類する先駆的研究
安孫子 誠也
科学史研究   49(255) 143-151   2010年9月   [査読有り]
明治末・大正期日本における物理学と哲学の交流
安孫子誠也
科学史研究(日本科学史学会)   46(244) 231-240   2007年12月
Reply to Olivier Darrigol
Seiya Abiko
Historical Studies in the Physical and Biological Sciences (Univ. California P.)   Vol.35(1) 157-160   2005年
Seiya Abiko
Science & Education (Springer Verlag)   Vol.14, No.3-5, pp.353-365    2005年
On Einstein's Distrust of the Electromagnetic Theory: The Origin of the Light-Velocity Postulate
Seiya Abiko
Historical Studies in the Physical and Biological Sciences(Univ. California P.)   33(2) 193-215   2003年
On the Origin of Asymmetric Aging in the Twin Problem: Comments on M. Harada's and M. Sachs's View's
Seiya Abiko
Physics Essays   15(2) 172-175.   2002年
Einstein's Theories of the Fluctuation and the Thermal Radiation: The First Quantum Theory through Statistical Thermodynamics
Seiya Abiko
Historia Scientiarum (日本科学史学会)   10(2) 130-147   2000年
Einstein's Kyoto Address: "How I Created the Theory of Relativity"
Seiya Abiko
Historical Studies in the Physical and Biological Sciences (Univ. California P.)   31(1) 1-35   2000年
Lessons from Nursing Theories: Toward the Humanization of Technology
Seiya Abiko
AI & Society (Springer Verlag)   13, 164-175    1999年
Comment on "Reinterpretation of the Fitzgerald-Lorentz Contraction" by M. Harada and M. Sachs
Seiya Abiko
Physics Essays   12(3) 588-591   1999年
クラウジウスによるエントロピー概念の導入-"Verwandlung"の訳語問題に関連して
安孫子誠也
科学史研究   II-36(203) 157-161   1997年   [査読有り]
On the Chemico-Thermal Origins of Special Relativity
Seiya Abiko
Historical Studies of the Physical and Biological Sciences (Univ. California P.)   22(1) 1-24   1991年
Seiya Abiko
Journal of the Physical Society of Japan   56(7) 2332-2339   1987年
Seiya Abiko
Journal of the Physical Society of Japan   48(4) 1245-1253   1980年
Seiya Abiko
Zeitschrift fuer Physik B   39(1) 53-63   1980年

Misc

 
アインシュタイン三大業績への道
安孫子誠也
科学史研究(日本科学史学会)   47 26-31   2008年
広重徹の武谷三段階論批判
安孫子誠也
物理学史ノート   (11) 109-125   2008年
「光速度不変の原理」は不必要か―J.ラディック『アインシュタイン特殊相対論を横取りする』批判
安孫子誠也
大学の物理教育(日本物理学会)   12(3) 130-136   2006年
桑木彧雄『絶対運動論』(1906)における相対運動概念
安孫子誠也
科学史研究(日本科学史学会)   45 185-188   2006年
第22回国際科学史会議(北京)におけるアインシュタイン関連企画
安孫子誠也
科学史研究(日本科学史学会)   45 61-63   2006年
前号『光量子論とアインシュタイン』へのコメント
安孫子誠也
大学の物理教育(日本物理学会)   11(3) 126-129   2005年
光速度不変の原理―ローレンツ‐ポアンカレ理論とアインシュタイン理論の本質的相違 、
安孫子誠也
大学の物理教育(日本物理学会)   11(1) 9-13   2005年
安孫子誠也
熱測定(熱測定学会)   32巻、3号、pp.110-117    2005年
20世紀初頭物理学における二つの研究伝統
安孫子誠也
科学史研究   43(231) 129-137   2004年
科学史におけるアインシュタインとボーア
安孫子誠也
科学史研究   40(220) 236-240   2001年
ヴィーンの変位則とプランク定数: 二つの研究伝統の立場からみた熱輻射論
安孫子誠也
物理学史ノート(物理学史通信刊行会)   第7号、29-38    2001年
アインシュタインの文書と旧版「京都講演」-板垣「アインシュタインとマイケルソンの実験」の批判的検討をかねて
安孫子誠也
科学史研究   39(216) 211-216   2000年
『NHKアインシュタイン・ロマン』における史実上の問題点
安孫子誠也
科学史研究   II-32(187) 162-165   1993年
特殊相対論の成立と化学熱学的源泉
安孫子誠也
科学史研究   27(168) 193-206   1988年
20世紀初頭物理学における二つの研究伝統に関する研究
安孫子誠也
平成8年度〜平成10年度文部省科学研究費補助金(基盤研究C(2))研究成果報告書      2000年
CO2温暖化懐疑論と予防原則
安孫子誠也
東海の科学史   (9) 1-8
沓掛俊夫氏による「CO2温暖化原因説の誤り」の問題点
安孫子誠也
東海の科学史   (8) 17-25   2008年
本誌第6号(2004年初春)収録の6論文への意見
安孫子誠也
東海の科学史(日本科学史学会東海支部)   7 31-37   2006年
「思考実験とは何か―発見への模索における役割」「光速度と相対性原理―思考実験を通してみた特殊相対性理論の成立」
安孫子誠也
数理科学(サイエンス社)   44(6) 5-11, 27-34   2006年
特殊相対性理論の成立をめぐる論争
安孫子誠也
日本物理学会誌   60(1) 57-58   2005年
演劇『コペンハーゲン』のヒット
安孫子誠也
日本物理学会誌   57(2) 121-122   2002年
広重徹の武谷三段階論批判をめぐって
安孫子誠也
東海の科学史   (5) 19-37   2001年
エネルギー概念の形成
安孫子誠也
理科教室(科学教育研究協議会編)   43(6) 6-15   2000年
可逆な物理法則についての一考察:プリゴジン『確実性の終焉』に関連して
安孫子誠也
東海の科学史   (4) 21-25   1999年
エントロピー論と生産の生態学化
安孫子誠也
別冊経済セミナー,エントロピー読本IV   40-48   1987年
DNAは生命のプログラムか?
安孫子誠也
東海の科学史   (3) 1-11   1996年
分子進化と散逸構造論
安孫子誠也
現代思想   15(7) 82-93   1987年
散逸構造論と物理学のメタモルフォーシス
安孫子誠也
現代思想   14(14) 46-53   1986年
生態系物理学と技術
安孫子誠也
別冊経済セミナー,エントロピー読本III   193-199   1986年
非平衡系におけるエントロピー概念
安孫子誠也
科学   55(4) 230-238   1985年
エントロピー低下機構としての光合成
安孫子誠也
科学   54(5) 285-293   1984年
科学史的にみた大学の理念-「学問の自由」「大学の自治」の成立とその意義
安孫子誠也
聖隷クリストファー看護大学紀要   1,73-85    1993年
S(サイエンス)T(テクノロジー)S(ソサエティー)教育の成立と課題
安孫子誠也
聖隷クリストファー看護大学紀要   (3) 133-142   1995年
フェミニズムと科学・技術論-21世紀の科学・技術へ向って
安孫子誠也
聖隷クリストファ-看護大学紀要   (4) 85-93   1996年
自己組織性と共生-共生の立場からみた治癒と看護
安孫子誠也
聖隷学園浜松衛生短期大学紀要   12,10-19    1989年
20世紀物理学の熱学・生理学的根源-その1,1905年まで
安孫子誠也
聖隷学園浜松衛生短期大学紀要   13,22-33    1990年
20世紀物理学の熱学・生理学的根源-その2,1905年から1940年頃まで
安孫子誠也
聖隷学園浜松衛生短期大学紀要   14,14-21    1991年

書籍等出版物

 
「第Ⅱ部 3.熱力学」「第Ⅲ部 1.[通史1]現代物理学の誕生」「2.アインシュタイン」
安孫子・岡本・小林・田中・夏目・和田著『はじめて読む物理学の歴史』ベレ出版   2007年   ISBN:978-4-86064-148-1
"Chap.5-5: The 2nd Stage of General Theory of Relativity"
J.Blackmore et al. eds., "Ernst Mach's Science - Its Character and Infuence on Einstein and Others," (Tokai Univ. P., Hadano) pp.151-163.   2006年   
“Chapter 4: The Origins and Concepts of Special Relativity” & "Chapter 8: Einstein and Quantum Theory";
M. Mamone Capria ed., "Physics Before and After Einstein" (IOS P., Amsterdam)   2005年   
『アインシュタイン相対性理論の誕生』
講談社   2004年   
"To What Extent Did Lorentz Predict the Existence of the Electron"
F. Bevilacqua & E. A. Giannetto ed. "Volta and the History of Electricity" (Hoepli, Milano)   2003年   

講演・口頭発表等

 
前期量子論に対する石原の貢献、および日本における量子論の受容
安孫子 誠也
2013年7月21日   
Jun Ishiwara as a Forerunner of Bose on Statistics, de Broglie on Phase-Wave and Einstein on Quantum Condition
XXIII International Congress of History of Science and Technology, Regular Session T09-02 Physics and Astronomy in the Contemporary Period (1800-), (Budapest)   2009年   
Einstein's Kyoto Address and the Reception of Relativity in Japan
XXII International Congress of History of Science, Symposium 1 In Commemoration of the Centennial Anniversary of the Creation of the Theory of Relativity (Beijing)   2005年   
The Light-Velocity Postulate: The Essential Difference between the Theories of Lorentz-Poincare and Einstein
7th International History, Philosophy & Science Teaching Conference, held at Winnipeg, Canada, on 31 July -2 August, 2003.   2003年   
Einatein's "Autobiographical Notes" as a Historical Literature
XXIth International Congress of History of Science, Mexico-City 8-14 July 2001   2001年   

競争的資金等の研究課題

 
石原純の科学観および相対論・量子論への貢献
研究期間: 2006年 - 2010年
大正期までの石原純の科学観と相対論・量子論への貢献を調べ、両者の関連性について考察する。また、昭和期における彼の科学観と科学ジャーナリストとしての活動を調べ、両者の関連性について考察する。
アインシュタインによる量子力学のコペンハーゲン解釈批判
研究期間: 2008年   
アインシュタインは現行の量子力学解釈に批判的だったと言われる。本研究は、アインシュタインは何が不満だったのか、何故不満に思ったのか、代わりにどのようなアイデアを抱いていたのかを明らかにしようとする試みである。