福井 壽男

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/24 15:53
 
アバター
研究者氏名
福井 壽男
 
フクイ ヒサオ
所属
愛知学院大学
部署
歯学部 歯学科 歯科理工学講座
職名
特殊基礎研究教授,教授
学位
歯学博士(愛知学院大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1970年
 - 
1975年
愛知学院大学歯学部 助手
 
1975年
 - 
1980年
愛知学院大学歯学部 講師
 
1978年
 - 
1979年
カルフォルニア大学サンフランシスコ校歯学部 客員教授
 
1980年
 - 
2002年
愛知学院大学歯学部 助教授
 
2000年
   
 
-   豊橋技術科学大学 客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1970年
愛知学院大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2014年10月
日本歯科理工学会  副理事長
 
1980年
   
 
日本歯科理工学会  理事
 
2002年
   
 
日本歯科産業学会  理事
 
2003年
   
 
日本金属学会  第4部門 生体材料部門委員
 

受賞

 
2014年4月
日本歯科理工学会 矯正用チタンモリブデン合金製牽引スプリングにおける曲げ角度の効果
 
2014年4月
日本歯科理工学会 学会賞
 
2012年9月
日本金属学会 論文賞 Nb含有量を変化させた生体用Zr-Nb系合金の機械的性質および生体親和性
 
1978年
市村賞
 
1995年
日本歯科理工学会論文賞
 

論文

 
Ag-20Pd-12Au-14.5Cu合金のβ’相の硬さに及ぼす影響
福井 壽男
508 166-171   2012年   [査読有り]
福井 壽男
日本歯科理工学会   32(1) 59-66   2013年   [査読有り]
福井 壽男
日本歯科理工学会   31(6) 531-537   2013年   [査読有り]
Ag-Pd-Au -Cu 合金の硬さに及ぼすL1oの規則格子生成
福井 壽男
32 503-506   2013年   [査読有り]

Misc

 
歯科材料・器械   11(1)    1992年
歯科用金合金および金パラジウム銀合金の引張持性と疲労特性に及ぼす熱処理の影響
11(1)    1992年
金属の疲労
101    1992年
線クラスプ用金合金の機械的性質
100    1992年
日本顎咬合学雑誌   12(3) 91-96   1991年

書籍等出版物

 
明解歯科理工学(共著)
学建書院   1989年   
明解歯科理工学(共著)
学建書院   1993年   
最新歯科材料および技術・機器(共著)
シーエムーシー   2000年   

Works

 
生体材料と組織親和性
1995年
歯科用合金の機械的性質と臨床的定義
1994年
マルチインテリジェント イメージング システムの研究
1997年
生体用チタン合金の開発
1997年
三次元計測カメラ
2001年

競争的資金等の研究課題

 
歯科用合金の疲労特性
畜産技術開発事業
研究期間: 1970年   
高生体用Ti-Ta-Nb系合金の融解方法の研究-特に浮揚融解法について-
新規産業創出型産業科学技術研究開発
研究期間: 1997年 - 2002年
接写映像応用による三次元計測
民間学術研究振興費補助金
研究期間: 2000年   
高融点生体用特殊合金合金の溶製と連続鋳造システム技術の開発
新規産業創出型産業科学技術研究開発
研究期間: 2002年 - 2004年
歯周ポケット・根管長の自動計測用小型3次元カメラシステム開発
(経済産業省)重要地域技術研究開発
研究期間: 2005年 - 2006年

特許

 
3次元座標測定装置、および3次元座標測定方法
特開2003-279313
画像処理装置、画像処理方法、および画像処理プログラム
特開2003-281521