森田 順也

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/27 16:22
 
アバター
研究者氏名
森田 順也
 
モリタ ジュンヤ
所属
金城学院大学
部署
文学部 英語英米文化学科
職名
教授
学位
教育学修士(東京学芸大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2013年12月
 - 
2016年12月
日本英語学会  大会運営委員
 

論文

 
「英語と日本語における文脈依存の語彙的刷新」
森田 順也
8 173-186   2013年   [査読有り]
「形態‐統語の相互関係と形態制約」
森田 順也
JELS   27 139-148   2010年   [査読有り]
「名詞化はどこで行われるか―反語彙主義モデル」
森田 順也
24 141-150   2007年   [査読有り]

Misc

 
"The+adjective nominal:Its grammatical and functional nature"
『金城学院大学論集』   Bulletin of Kinjo Gakuin University    2002年
語形成-その階層性と線状性
『英語教育』   34(4)    1985年
形容詞的な前置詞句
『英語教育』   34(13)    1986年
"John had the nerve to do so"構文について
金城学院大学   134    1990年
範疇の拡張-様態副詞類の「同音異義語」の場合-
『現代英語学の諸相』      1991年

書籍等出版物

 
『動詞の補部構造に 関する形態論的研究―名 詞化に伴う補部の継承性 の観点から』
森田 順也
晃学出版   2011年   
『語の構造と意味』
晃学出版   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
反語彙主義モデルに基づく形態‐統語関係の実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 森田 順也
形態論と統語論の相互作用に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 2002年 - 2003年
大規模ユーパスに基づいた英語の名詞化現象の実証的研究
その他の研究制度
研究期間: 2005年 - 2007年