鈴木 達也

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/15 22:13
 
アバター
研究者氏名
鈴木 達也
 
スズキ タツヤ
所属
南山大学
部署
外国語学部 英米学科
職名
教授
学位
Doctor of Philosophy(ワシントン大学), 文学修士(南山大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1990年
三重大学 講師
 
1990年
 - 
1992年
三重大学 助教授
 
1990年
 - 
2003年
南山大学 助教授
 
2003年
   
 
-   南山大学 教授
 
 
   
 
     
 

学歴

 
 
 - 
1988年
ワシントン大学大学院 言語学科 言語学
 
1982年4月
 - 
1984年3月
南山大学大学院 文学研究科 英文学専攻
 
1978年4月
 - 
1982年
南山大学 外国語学部 英米科
 

委員歴

 
1993年
 - 
1996年
日本英文学会中部支部  学会誌『中部英文学』編集委員
 

Misc

 
POSS-INGとACC-INGの選択について
南山英文学   9 61-80   1984年
名詞句とECP
南山英文学   12 55-72   1987年
The Structure of English Gerunds
University Microfilms International   x-197pp   1988年
文と名詞句のパラレリズムについて
フィロロギア   (21) 67-81   1989年
CP、DP、ECP:GB理論における英語名詞句の史的研究
近代英語研究   (6) 1-22   1989年

書籍等出版物

 
英語学用語辞典(共著)
三省堂   1999年   
米語会話きまり文句辞典(翻訳)
マクミラン ランゲージハウス   2000年   
エバー・アフター(翻訳及び語学的解説) 共同
スクリーンプレイ出版   2000年   

講演・口頭発表等

 
On Indirect Questions of English Gerunds
Tsing Hua-Nanzan Workshop on Movement and Interpretation   2006年   
The Structure of English Gerunds
日本英文学会中部支部第58回大会シンポジウム   2006年   
On the Structure of English Gerunds
The First Cambridge-Nanzan Syntax Workshop   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
動名詞の構造
研究期間: 1982年 - 2007年
統語論における連鎖について
研究期間: 1987年 - 2007年
日本語コピュラ構文の統語分析
研究期間: 1997年 - 2007年