小栗 崇資

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/01 03:12
 
アバター
研究者氏名
小栗 崇資
所属
駒澤大学
部署
経済学部商学科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
 - 
現在
駒澤大学 経済学部 商学科 教授
 

論文

 
「連結会計の変容と概念フレームワーク」
産業経理   68(2)    2008年2月
「現代株式資本の自己否定性―法・会計との交錯」
季刊経済理論   44(1)    2007年3月
「株式会社会計の構造―制度と計算の関係」
会計   170(5)    2006年6月
「社会科学としての会計学の位相―田中会計理論の検討」
東京経大学会誌   (250)    2006年3月
Functions of Accounting and Accounting Regulation
Critical Perspectives on Accounting   Vol.16,(Issue 2,)    2005年2月

書籍等出版物

 
『株式会社会計の基本構造』
中央経済社   2014年3月   
『アメリカ連結会計生成史論』
日本経済評論社   2002年3月   
総頁数
『内部留保の経営分析―過剰蓄積の実態と活用』
学習の友社   2010年5月   
『国際会計基準を考える―変わる会計と経済』
大月書店   2003年6月   
総頁数254中
『新世紀の企業会計論』
白桃書房   2001年7月   
総頁数326頁中

講演・口頭発表等

 
*
Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues   2000年10月   

競争的資金等の研究課題

 
日本福祉大学福祉社会開発研究所の福祉産業研究プロジェクト
*: 
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月
参加